ザッケローニ(A代表)関連コメント

2010年10月13日 (水)

韓国戦後、選手コメント:20101013

■長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)

「本当に強くなっている」

 ヨーロッパでやっている若い選手が非常に良くなっているし、それプラスヨーロッパの(クラブ所属の)選手に刺激を受けてJでプレーしている若い選手がね、岡崎とかがすごく刺激を受けている。相乗効果じゃないけど、今、日本サッカー界の未来は明るいんじゃないかと。頼もしく感じますね。
(ドイツという高いレベルの中でプレーして)やっぱり僕個人としては、こういうアジアの強豪といわれるチームとやると、ヨーロッパでプレーしている意味を強く感じられる。だけど今日もシュートを外してるし、最後の点のところは個人なんで、そこをもっと伸ばしていかないといけない。惜しい場面まではいくけど、そこから最後のところで崩し切れないってのはあった。ゴール前の冷静さは僕個人の課題でもあるし、日本の課題でもあると思います。
 みんな特に前の選手なんかは自信を持ってプレーしてるし、相手にとってはみんなが怖い選手だと思う。そのへんは本当に強くなっているというか、そういう怖さみたいのはどんどん出てきてると思う。みんなが伸びてきているというか、(香川)真司とかもそうだし、前田さんも本田(圭)もすごく良かったし、松井さんなんかも非常に若い選手に負けていられないって気持ちが出ていたと思うし、そのへんがすごく頼もしい感じがします。

続きを読む "韓国戦後、選手コメント:20101013"

| | トラックバック (0)

韓国戦後、両監督コメント:20101013

韓国代表チョ・グァンレ監督会見

■特に日本の守備の組織力が高くなった

 韓日戦はいつも緊張がある。選手が賢くプレーできたら、もっとファンを楽しませることができた。今日の結果は少し残念だ。

――チョ・ヨンヒョンが3バックで前の位置だったことについて。それからボランチのシン・ヒョンミンとポジションが重なったのではないか(韓国人記者)

続きを読む "韓国戦後、両監督コメント:20101013"

| | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

韓国戦前日、両監督コメント、20101011

韓国代表チョ・グァンレ監督&イ・ヨンピョ会見

これが73回目(実際には70回目)の韓日戦である。われわれの先輩も決して怯むことなく日本と戦ってきた。われわれ(現役の代表)選手も皆同じ気持ちでいる。韓日の友情のためにも、明日の試合は必勝態勢で臨むのが正しいと思う。

――通常、試合前日は非公開だが、今日は公開されて昨日は非公開となった理由は?(韓国人記者)

続きを読む "韓国戦前日、両監督コメント、20101011"

| | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

アルゼンチン戦後 選手コメント:20101009

■長谷部誠(ボルフスブルク/ドイツ)

「メッシは2人で行っても止められない」

 新しいチームの最初だし、勝てたことがすごくうれしい。この4、5日くらい結構詰めてやったけど、少しはできたかなという手応えもある。アルゼンチンみたいに個人個人では守れないし、1人に頼らないで全員守備全員攻撃を掲げている。相手をサイドに出させてチームとして連動して守備をしていくことを合宿でも徹底していた。(メッシへの対応は)やっぱり1人じゃ止められないことがあらためて分かったし、2人で行っても止められない。最後にやられないように意識して守った。(カウンターが増えたが)練習でも監督は君たちの技術は高いし、パス回しも一流だと言っていた。でも攻撃はやっぱりゴールを意識しないといけない。合宿を通してとにかく前に早くボールを出すことを意識してやったので、取ってからの形もうまくいった。手数をかけていたら相手も引いてきて組織を作られるので難しい。そういう意味で今日は良かった。
■香川真司(ドルトムント/ドイツ)

続きを読む "アルゼンチン戦後 選手コメント:20101009"

| | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

アルゼンチン戦後、両監督コメント:20101008

ザッケローニ監督会見

わたしにとって(日本代表監督としての)デビュー戦だったが、結果には満足している。それより選手たちが、この合宿で自分が言ってきたことをどれだけピッチで表現してくれるか見ていたが、特にそこに満足している。アルゼンチンはスペインと一緒で最強のチームだと思っている。非常に強敵ということで、試合のアプローチまでは緊張していた。試合前に選手たちに言ったのは、この試合に勝ちたいのであれば、チーム力で上回るしかない。そういうことを伝えた。それからサポーターの皆さんに感謝したい。本当に12番目の選手としてサポートしてくれた。ありがとうございます。

続きを読む "アルゼンチン戦後、両監督コメント:20101008"

| | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

アルゼンチン戦前、監督会見、20101007

ザッケローニ監督会見

現時点では緊張はしていないが、もしかしたら明日はデビュー戦なので緊張してしまうかもしれない。心境的には今は落ち着いている。明日、この合宿をしている招集したメンバーがどうアルゼンチンと戦うか、非常に興味がある。合宿中の選手の協力、態度には感銘を受けている。

――就任時に「チャレンジ」と言っていたが、明日の試合はどんな試合にしたいか?

 わたしにとって最初の合宿における一番の目的は、自分のやりたいサッカーを伝えることだった。クラブと違って代表は時間がないからだ。アルゼンチン戦、韓国戦で期待したいのは、いいプレーをすること。そこで結果が出れば何よりだ。「チャレンジ」ということについては、すべての試合がチャレンジと言える。チャレンジするからには結果を残したい。

続きを読む "アルゼンチン戦前、監督会見、20101007"

| | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

日本代表メンバー発表 ザッケローニ監督会見 ・アルゼンチン戦 国際親善試合・韓国戦:20100930

■前回の2試合で招集された選手をベースにしようと考えた

原 これから10月8日のアルゼンチン戦、10月12日の韓国戦のメンバーを発表したいと思います。おかげさまで10月8日のアルゼンチン戦のチケットは完売となりました。本当にありがとうございます。この場を借りて、サポーターの皆さん、キリングループ各社様、アディダス様、それから日本代表をサポートしてくれている企業の皆様に心からお礼を言いたいと思います。
 テレビ放送は、アルゼンチン戦はTBS系、韓国戦はフジテレビ系列にて全国放送の予定です。チケットを買えなかった方はテレビの前から声援を送ってもらいたいと思います。
 今回の試合はザッケロ-ニ監督の最初の試合になります。いい試合をやってくれることを僕も期待しています。彼らコーチ陣がいい成果を出せるように、全面的にサポートしていきたいと思います。

続きを読む "日本代表メンバー発表 ザッケローニ監督会見 ・アルゼンチン戦 国際親善試合・韓国戦:20100930"

| | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

日本代表ザッケローニ監督、新スタッフ来日囲み会見:20100917

登壇者:
アルベルト・ザッケローニ(日本代表監督)
ステファノ・アグレスティ(コーチ)
エウジェニオ・アルバレッラ(フィジカルコーチ)
マウリツィオ・グイード(GKコーチ)
ジャンパオロ・コラウッティ(テクニカルアシスタント)
■日本とイタリアのテクニカルスタッフ同士の意識をすり合わせる

ザッケローニ 皆さん、こんばんは。これから、わたしのテクニカルスタッフを紹介したい。ヘッドコーチのステファノ・アグレスティ。彼とは1984年からずっと一緒に仕事をしている。次に、見ていただければすぐ分かる、フィジカルコーチのエウジェニオ・アルバレッラ。彼とは4年前から仕事をしている。それから一番左にいるのがGKコーチのマウリツィオ・グイード。1994年からわたしのチームのGKを見てもらっている。最後にジャンパオロ・コラウッティ。彼は主にスカウティング、それから育成年代の情報収集もお願いしようと思っている。

続きを読む "日本代表ザッケローニ監督、新スタッフ来日囲み会見:20100917"

| | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

グアテマラ戦後:■楢崎正剛(名古屋グランパス)「リストから外してくださいと合宿の最初に伝えた」20100908

代表の競争ですか? いや、僕はあれですよ。リストから外してくださいと、この合宿の最初に原さんに伝えました。意見を尊重してくれたんですけど、ちょっと待ってくれよ的なニュアンスはありましたね。ワールドカップ(W杯)が終わってからずっと考えていましたし、ただ、監督も決まっていなかったのであまり迷惑はかけられないなと思ったので、こっちに来てからになったんですけど。4回W杯に出て、幸運なことに20歳から代表に選ばれて、いろんな経験をさせてもらって、感謝しているし、何かこれから返していかないといけないなと思っています。今回の試合は試合でそういう気持ちもあるけど、原さんにはこの合宿は頑張ってくれと言われていたし、代表としての責任感をしっかり持って最後までやろうと。闘莉王とは最後に一緒にできると思っていたんですけど、逃げられちゃったので(笑)。

続きを読む "グアテマラ戦後:■楢崎正剛(名古屋グランパス)「リストから外してくださいと合宿の最初に伝えた」20100908"

| | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

原技術委員長「バランスの取り方、安定感が素晴らしい監督」 日本代表新監督就任会見の囲み取材:20100831

サッカー日本代表の新監督に決まったアルベルト・ザッケローニ氏は31日、東京都内のホテルで就任記者会見を行った。以下は会見後、原博実技術委員長の囲み取材におけるコメント。
■モチベーションを考えると十分やってくれる

(候補者リストは3人だったのか)今だから言い訳で言うわけじゃないですけど、確かに小倉会長、大仁副会長にはリストを見せましたが、その3人に決まったというわけではなくて、そのリストの中から「この3人に絞ります」ではなく、「この3人からあたります」ということ。今だったらあたりやすいというか、この人はすぐに会えるという意味です。交渉といっても1回では決まらないし、いろいろ話しながら、また会える人がいれば会う、というふうにしながら情報を集めて、できるだけ手は持っていながら「この人だけ」というのではありません。だから「3人」ということが独り歩きして(話題が)大きくなってしまったのかなと思います。

続きを読む "原技術委員長「バランスの取り方、安定感が素晴らしい監督」 日本代表新監督就任会見の囲み取材:20100831"

| | トラックバック (0)