« 2013 J2 第27節 福岡 2-3 東京V(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第29節 福岡 2-1長崎(レベスタ) »

2013年8月11日 (日)

2013 J2 第28節 G大阪 1-0 福岡(万博)

2013年8月11日(日) 18:03キックオフ[ 観客 13,440人 ]
万博記念競技場

●長谷川健太監督(G大阪):
・強い気持ち、勝とうという気持ちわもっと出そう!
・相手の背後を狙っていこう。

●マリヤンプシュニク監督(福岡):
・ボールをしっかり回す。
・動き出しを素速くする。

●長谷川健太監督(G大阪):

「しんどい試合でしたがよく最後、勝ち切ったと思います。本当に苦しい時間帯があり、最後、福岡の方も死力を尽くしてきましたが、その中でサポーターの声の後押しもありましたし、暑い中で勝ち切ることができ、ひとつの目標である60に到達できた。また次の試合に向けて、次の目標に気持ちを切り替えて気持ちを引き締めて札幌戦に向けての準備をしていきたいと思います」

Q:ロチャ選手3試合で4得点。監督の評価は?
「本当によくやってくれている。ゴールはもちろん、前線で起点になってくれていますし、今日は守備のところでも、きちっと流れを汲んでやってくれた」

Q:宇佐美選手が前にいて、ロチャが少し下がって守備をしているシーンが長かったのですが、あれは指示ですか?
「いえ、お互いに状況を見てだと思います」

Q:2トップがこなれてきたなという風に思いますか?
「まだ2トップの関係で、というところはなかなかうまくいっていないのかなという感じはします。まだやり始めて時間的にも長くないので、もう少しお互いの距離感などがうまくとれればと思います。(宇佐美は自由に動いていますが制約はない?)そうですね」

Q:遠藤にマンマークを付かれた。その中で大森選手が効果的に動いて攻撃の中心になっていた。評価は?
「前半は(大森)晃太郎くらいしか背後を狙う選手はいなかったですが、彼のフリーランというのも攻撃の起点になってくれたし、守備のところでも非常にきいていたと思います。後半1発チャンスがあって、ロチャに出さずに2点目を決めてくれたらよかったが、いま前への推進力というところで、非常にチームにとってはいい動きになっていると思います」

Q:神戸が負けて勝点差が開いた。残り3分の1にきたが、いよいよという高まりはどうなんでしょうか。
「まだないですね。ずっとそうですが、神戸云々より、自分たちの勝点の目標を、水準をクリアしていく事のほうが大事だと思っているので。それには、言い方は難しいですが3期目に入るにあたって、ここで60をクリアしておくことを目標に入って戦ってきましたので。今日は苦しい試合でしたし、内容はまだまだ満足できるないようではないですが苦しい試合を全員で勝ったのは非常に大きいと思います」

●マリヤンプシュニク監督(福岡):

「私の選手に対してはおめでとうと言いました。彼らは素晴らしい試合をしました。私は彼らのパフォーマンスに関して満足しています。まず最初に3回ほど決定的な得点機会がありました。後半に関していえばほぼガンバとほぼ同等にやり合えたと思っています。
ガンバさんはJ2の中でもベストチームでJ1に昇格すべきチームだと思っています。なので、質の違いはかなり大きいと思います。ですが、今日のピッチ上でのプレーでは我々は平等に戦っていました。前後半に関して我々はしっかりとゲームをコントロールし、得点機を作り出しました。遠藤に関しても我々はしっかり止めることができました。
ただ最初の失点に関して言うと、カバーリングというところで戦術的なミスを犯してしまった。なのでガンバさんにも勝利に対しておめでとうと言いたい。我々に対してしっかりと得点機会を活かして得点しました。逆にうちはそれをゴールに繋げる事ができませんでした。でも気温の高さを考えても、我々はハイテンポな試合をしたと思います。観客の皆さんがこの試合を楽しまれたという風に私は思いたい」

Q:今日はいつもと違うところが2つあり、金森選手を左サイドバックに置き、城後選手を遠藤選手のマンマークに付けましたが、いい点もありましたが、デメリットも多かったように見えましたが監督はいかがですか?

「私の意見とは違います。今日遠藤が活躍したところを見ましたか?私は彼が試合に出ていたかどうかを疑いたいと思っています。イコール、城後はいい仕事をしたと思います。宇佐美や大森がプレーしていたのを見ましたか?私にはそうは見えていなかった。イコール金森がいい仕事をしたということだと思います。もちろん意見は意見として受け止めます」

Q:福岡はいい試合をしたということでしたが、点を獲れず、点を獲られた。その差はどういうところに感じましたか?

「予算の違いです。ロチャ、宇佐美、遠藤、今野、大森、という選手を我々が獲得できる予算があれば我々ももっといいプレーができたのじゃないかと思います。ただ、意見はあると思うので、そこは本当にリスペクトしています。ガンバさんが27試合で58得点したということは毎試合12得点あげていることになります。ですが我々は29得点で1試合に1約1得点です。尾亦や、岡田などの守備的な選手もいますが彼らは大森や宇佐美のようなスピードは抑えることはできないだろうと考えましたので、日本ではもしかしたら受け入れ難い物があるかもしれませんが、スピードのある金森を左サイドバックに使いました。両サイドバックに、三島や金森といった速い選手を入れることで相手のスピードを抑えたと思います。彼らはまだ19才ですが、彼らは年齢を感じさせないくらいいいプレーをしました。遠藤選手というのは国内で戦う選手の中で3本指に入るような選手です。彼を放っておくとFK、普通の流れから、PK、またCKからと得点を狙える選手です。ですが今日は彼は特にプレーをさせてもらえなかったはずです。そう考えると城後は素晴らしいプレーをしたと思います。我々はガンバさんより8本多くシュートを打ち(※公式記録ではG大阪9本、福岡13本)、1本はバーを叩きました。3回ほど惜しいシュートもありました。そこで惜しかったところを運がなかったと表現できるかもしれませんが、私に言わせれば、それは我々の質が足りなかったということだと思っています。なのでガンバにはおめでとうと言いたい。残りシーズンをうまく過ごしてもらってJ1での健闘を祈ります。ただ福岡の選手に対して私は非常に誇りを持っています。私の意見で言わせてもらうと彼らは素晴らしいプレーをしました」

●遠藤保仁選手(G大阪):
「(かなり暑くてしんどい試合だったと思いますが)内容はあまりよくなかったですが、勝ち切れたので、勝点3もとれましたし、悪いなりに、勝ち切る試合が出来てよかったと思います。
(ロチャ、宇佐美選手が入って時間が経ちましたが、点も取ってくれているし、連携がはまってきている感じはありますか?)少しずつですけど、特にロチャのプレースタイルは誰も分からないまま最初は入っていたので、完璧にとは言えないけど、プレースタイルも分かって来たし、彼のストロングポイントもわかってきたので。彼自身も点を獲って結果を出せているのは素晴らしいことだと思いますし、それは(宇佐美)貴史にも言いましたが、貴史もチャンスメイクなり、フィニッシュにもよく絡むので、更らに後ろとの連携が高まっていけばよりいいコンビネーションが築けるのかなとは思います。
(7試合ぶりの完封について)もちろんゼロに抑えられるのはいいことだと思いますが、ただ、4-3でも1-0でも同じプラス1なので僕は攻めて2点目、3点目を取りに行きたいという気持ちが強いですが、ただ、何度か危ない場面がありつつチーム全体としてもゼロで勝ち切れたのは良かったし、これをたくさん続けていけば、より強い、堅いガンバになるんじゃないかと思います。
(今日で勝点60に到達しましたが)目標としているサイクルで勝点を獲るのは非常にいいことですが、算数ではないので。勝点は獲れるだけ獲りたいっていうのが理想だし、最低限の勝点、監督が考えている数字は獲れたので、そのペースを崩さずにやっていけば終わった時に一番上で終われる可能性も高くなると思うので。少しでも勝点を積み重ねて更にハイペースで積み上げていけたらとは思います。苦しんでも勝点を積み上げていけたらと思います。
(今日、城後選手にマンツーマンで付かれる形になりましたが、どんなことを考えながらプレーしていましたか?)そうですね、ポジションチェンジをしながら、でもそれでもずっと付いてきたので、あまり気にせずにやっていましたし、僕も何もしていないし、城後くんも何もしていないので、10:10でやっていた感じになったし、城後くんの攻撃力がもったいないなって思っていました」

●内田達也選手(G大阪):
「厳しい試合でしたが勝てたことはすごいよかった。(遠藤選手がマンマークで付かれた中で周りの選手はどういうことを意識していましたか?)前半から全体的にみんながボールを動きが少なかったので。後半に入る前もしっかり積極的にボールに絡んで、という話しはしていました。ヤットさんにああやって一人付いていたので、周りがもっと動いてっていう声はかけていたんですが、暑さもあってうまくサポートできなかったというのはありました。
(ですが苦しい試合を勝ち切れたのは大事なことですね?)そうですね、ここのところ失点も多かったので、ゼロっていうのはすごいよかったと思います。
(久しぶりにボランチで出始めた。リズムとれてきた?)守備の面でしっかりボールのところには…間に入って来たボールとか読んでというか、狙えていたので、そういう部分は出せたかなと思います。
(ボランチの仕事の分担は?)どっちが守備的っていうのはなくて、しっかり二人でバイタルを消してっていう意識で、攻撃にもどっちがっていうことではなくて、チャンスがあったらいけるほうがいくっていう感じでやっているので。
(自分にボールが入った時にできるだけ速く前にボールをつけようという意識は持てている?)一応前にというのは意識していたんですが、試合前から福岡がハイプレッシャーというのは頭に入っていたので、そういうのでちょっと…前を見る前に1タッチでセンターバックに返しちゃったりっていうシーンもあったので、そういうところでもう少し余裕をもって、(相手が)来ていない時は、前を向いて、っていうシーンをもっと増やせればもっとリズムよくガンバが回せたと思うので、そのへんは今日の課題だったと思います」

●藤春廣輝選手(G大阪):
「(暑い中よく走りましたね)そうですね。でも配分とかは特に考えてないです。それを考えだすとシーン、シーンで100%が出せなくなるので。交代選手もいますし、最初から足が攣ろうが100%でいくっていう…出ている時間は常に100%でやるっていう意識でした。
(しんどい時間もありましたが、ゼロで抑えられたのは良かった)そうですね。ゼロで抑えられたのはDFラインにとっては良かったです。
(遠藤選手がマンツーマンで付かれていた。当ててもらって、という動きが出来なかった)そうですね。ヤットさんがマンツーで付かれていたので縦に出してっていうことは出来なかったので、出すところがなくて探すっていう風になってしまっていました。遠いところから裏に走るっていうのは意識的にやっていましたけど…今ちゃん(今野)からもいいボールが出ていましたしね。ただ、マンツーでついている分、相手の城後の攻撃も全然なかったですし、逆の意味で助かっていたところはありました。城後の攻撃力は僕としては脅威と思っていたので」

●ロチャ選手(G大阪):
「(ブラジルでは父の日ですが何か子供さんから言われたりしましたか?)普段から点を獲るように要求されているので今日も同じように要求されました。サポーターがよく歌を歌ってくれていますが、それを息子は一日中歌っているらしいです。今日は家族も試合を観に来ていました。
(目の前でゴールをとれて尚更嬉しかったのでは?)嬉しいし、点を獲れたことも嬉しいのですが、勝利しないと意味がないので何より勝てた事が嬉しいです。
(攻撃だけではなく守備の貢献も高かったですね)ブラジルから海外に出た06年から、ヨーロッパでもそういう守備の貢献は言われていて、攻撃の前に守備をということを要求されていて、日本でもそうなので、普段の練習からそれは意識しています。
(それはゲームコンディションが上がってきたことも影響しているのでしょうか?)そうですね。来日してから1ヶ月ほどフィジカルをしていて、あとは試合感だったのですが、今日で3試合目ですが後もう少しで100%ですね。
(突破の姿勢が増えたのもコンディションが上がってきたからでしょうか?)それはあります。また監督からも裏への突破や間のスペースに顔を出す事は要求されているので。
(ベンチにいた丹羽選手も呼んでゆりかごダンス。シナリオとして決めていたのですか?)正直、本当はサポーターに向けた違うパフォーマンスをしようと思っていたのですが、今回、本人からも言われていたし、やってみたらどうかなってあの瞬間に思って本人を呼んでやりました」

●城後寿選手(福岡):
「遠藤選手をマークしながらもそこから攻撃にパワーを持って出て行けたらよかったんですが、前にいっちゃうとその分遠藤さんも攻め残るというか、そういう感じになるのである程度セーブしながらやっていました。
(途中から遠藤選手は割り切って逆サイドにいったりもしていましたが、それでも付いていっていた。どこにいっても付いていくように言われていたんですか?)受け渡しはいいとはいいと言っていましたが、結構嫌がっていたので自分の判断で付いていっていました。(遠藤選手のマークにおいて一番気を遣ったところは?)前にいきなり出て来たりするので、そういうのは注意していましたし、ボールをもっても前にパスを出せないようにしたり、でも、いろいろな意味で賢い選手だと思ったので、自分もそれを吸収して自分のプレーに活かしていけたらと思います」

|

« 2013 J2 第27節 福岡 2-3 東京V(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第29節 福岡 2-1長崎(レベスタ) »

アビスパ2013関連コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 J2 第28節 G大阪 1-0 福岡(万博):

« 2013 J2 第27節 福岡 2-3 東京V(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第29節 福岡 2-1長崎(レベスタ) »