« 2013 J2 第20節 福岡 2-0 愛媛(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第22節 福岡 1-0 群馬(レベスタ) »

2013年6月29日 (土)

2013 J2 第21節 長崎 0-0 福岡(長崎県立)

2013年6月29日(土) 18:03キックオフ[ 観客 6,971人 ]
長崎県立総合運動公園陸上競技場

●高木琢也監督(長崎):
・スピードをコントロールして攻めていこう
・背後を常に狙っていこう
・相手も変わってくる前半の事は忘れよう

●マリヤンプシュニク監督(福岡):
・積極的に前へ
・1対1を厳しく
・連携して

●高木琢也監督(長崎):

「いろんなことが考えられる試合でした。勝敗、内容、点が入らなかった、でも相手にカウンターをさせなかったなど本当にいろんなことを考えさせられる試合でした。ただし前節は神戸さんに勝てなかったので今節はポイント1を積み重ねられたのは良かったと思いますし、(勝点)1か3かという議論になるかと思いますが、ゲームの内容からしたら3がふさわしいのかもしれません。ただ、勝負で言うと簡単にポイントを3つくれるようなチームではなかったですね。で、福岡さんに関していうと、非常にオーガナイズされているし、ここ最近のゲームは良いというスカウティングをしていたので、相手のプレーをさせなかったと言うのは我々の力だった。往々にして、こういう展開だと0-1で負けてしまうことが多いが、私はこの試合の結果を基本的にポジティブに考えています。連戦で北九州とやらなければいけないが、この試合のパフォーマンスは良く働くと思います。できなかった点は次のゲームに結び付けれればと思います」

Q:前半からプレスを厳しく行っていったが?それは指示ですか?選手の気持ちが入っていたからですか?
「短く言うと両方です。ホームゲームですので自分たちのスタイルを出して行きました。気候的にも前から行きやすかった。相手もビルドアップでリズムを作ることができるチームですので。絶対前から潰しに行った。畳み掛けてほしいと言う感覚を持っていました」
Q:これで全クラブとの対決が終わりましたが、前半戦の総括はいかがですか?
「逆に如何でしょうか(笑)」

Q:個人的には素晴らしい戦いを、毎回観させて頂いております。
「僕の感想はあっという間に終わったと言う印象があります。プレシーズンから比較的チームの戦術だったり、選手に求めるものに関しては早い段階でフィットする状況があったので、その状況でゲームに入れたので、その積み重ねが今のようなポイントや積極性に繋がったと思います。ただし2周り目は上手くいかないチームもたくさん出てきます。そこで、同じことの繰り返しも当然必要になってくると思います。また、我々も少しずつ何かを変化していかなければならないでしょう。その何かは今、私が少しずつ変化をつけて行っている段階です。
前半に関しては出来すぎだったと思います。スタジアムに来てくれるサポーターやファンにも感謝しています。ここから本当に皆さんの力が必要になるので、またお借りしたいと思います」

Q:セットプレーの精度についてどうでしたか?
「雨風や相手のマークなど微妙なものが影響しました。そこは言葉で言い表せないのでなんとも言えないが、本当に今日のゲームは良くできたと思います」

以上
●マリヤンプシュニク監督(福岡):

「前半、我々のチームは良くなかったです。後半になっていいプレーができるようになりました。2、3回いいチャンスがありました。長崎も1回いいチャンスがありました。試合の内容は素晴らしかった。長崎とアビスパの選手に賞賛の声を挙げたい。

長崎の監督にはにおめでとうと言いたい。長崎はサプライズという存在。我々はもっとハードワークしなければならない。選手のキャラクターや個性で考え方を変えるのは難しい。でも少しずつ向上している。
前半戦の感想は5段階評価なら3点です。というのは、伸びしろがいろいろな所にある。私も向上しなければならない。もちろん選手も」

●山田晃平選手(長崎):

「前半は相手のサイドハーフやサイドバックがあまり上がってこなかったです。自分はゴール前まで行けましたが、得点には繋がらなかったです。後半は相手の右サイドバックの選手が替わって、前半よりタイトに来るかと思ったけれど、そこまで変わらなかったです。クロスを挙げれましたが、得点には繋がらなかったので、良くはないですね」

●井上裕大選手(長崎):
「ダービーと言うことで激しい試合になるということは想像していましたし、戦術ではなく球際やハードワークを徹底してやると言うことを気がけて試合に望みました。
(相手のアンカーの両脇のスペースを攻略していましたね?)今週一週間はそういう練習をしてきましたし、ここ数試合のうちで一番前を向いてプレーできました。
(点が取れなかったことに関しては?)最後の精度という部分が問題になってきます。ただ、結果的に見たら引き分けですが、試合の内容は一番いい試合ができたという手応えがあります。みんな前を向いています。勝ちに繋がる引き分けだと思います。
(繋がるというと具体的には何になりますか?今日足りなかった部分は?)やることは変わらないですし、しっかり後ろから繋げる部分はつなげるし、セカンドボールや球際の部分、そういったハードワークは僕らはできるし、継続していく部分になると思います。
(個人的にここまでを振り返ってどうですか?)ほとんどの試合にスタメンで出させてもらって監督をはじめスタッフの方には感謝しています。3位という順位ですが、今後もしっかりと気を引き締めて行きたいです」

●山口貴弘選手(長崎):
「終始、長崎らしさが出ていた試合でした。点だけが足りませんでしたが、次に繋がる試合でした。
(DFとして無失点というのは?)今日は長崎にたくさんチャンスがありながらも得点を奪えず、逆に点を取られてしまうというような可能性もある試合でもありましたが、その中で無失点に抑えれたということは良かったです。何とか一点とって勝ちたかったですけれども。
(相手のFWは裏を狙ってきましたが?)スピードある選手がいるので、まずはそこに出させないということを心がけていたので、なかなか(ボールが)入らなかったです。全体でいい守備ができました。
(ここまでを振り返って如何ですか?)21試合という経験をみんなで積んでチャレンジしながらここまで成長していると思うので、どんどんチャレンジしていきたいですね。
(サプライズと言われていますが?)それぞれが自分の役割をししっかりこなしているから、この結果に繋がったと思います。あとは精度の部分にこだわっていきたいですね」

●尾亦弘友希選手(福岡):
「前半は相手にボールを握られ過ぎて自分たちのプレスではめ込むことができなかった。自分たちでもっとポゼッション率を上げて相手に握らせないようにしないといけなかった。もっと前からプレスに行くっていうところもピッチでやっている選手たちで良くないと感じたら自分たちでそういう風に切り替えてやれるようにしていかないといけない。前半はズルズルと相手のリズムに飲まれて打開策を見つけられなかった。そこは成長していかないといけないところ。前半を見れば長崎の勝ちゲームのような印象だったと思います。後半はこっちにもチャンスがあったのでそこで決め切る力が自分たちには必要。守備も押し込まれましたけど神山を中心に粘り切ることができたのでこの勝点1を無駄にしないように次のホーム戦が大事」

●岡田隆選手(福岡):
「引いて守るときにポジションを取ってそこで終わりっていう形になりがち。そこからどういうプレーができるか。引いてからどこで奪うのかっていうところをみんなが共通理解をもってやらないと引いて守るっていう形だと難しくなる。ピッチの中で相手のストロングなところ、ウィークなところをしっかりと見極めてどこでボールを奪うのかっていうのをやらないといけない。ピンチも多かったし、相手の精度に助けられたところもありますけどギリギリのところで寄せるとか体を張るっていうところはできたと思うし、結果として0だったので守備の良い部分も出せたと思う。ただ、シュートは打たれているのでその本数というのはもっと減らしていかないといけないと思います」

●神山竜一選手(福岡):
「前半は自分たちに勢いがなかったし、相手の勢いに飲み込まれてしまった。後半は自分たちらしく前からプレスに行き出してリズムが出始めたと思うし、前半は相手に余裕を与え過ぎてしまった。前半の戦い方は本当に良くなかった。リズムが良くないときに前からプレスに行くようにするのかそこは頭を使ってやらないといけない。誰がそういうスイッチを入れるのか、そこを気づいてやれるようになればもっとチームとして良くなると思う。今日の守備でも相手の3バックのサイドが持ったときにコースを限定しながら奪いに行くっていうのはミーティングでもあったんですけどそこで誰がファーストディフェンスに行くのか曖昧になった。GKとして失点しなかったことは嬉しいけど、でも、勝点3を目指していたのでそこが取れなかったのは課題。今日は雨も降っていたし、相手もこぼれのところを狙って詰めてきていたので前にこぼさないようにっていうのは集中していた。最後は(岡田)隆が体を張ってカバーしてくれたところもあったし、全員でカバーし合えた。そういう良いところは出せたのかなと。長崎は良いチームだし、前半は前で起点を作られて押し込まれた。ホームで対戦するときはしっかりと借りを返せるようにしたいと思います」

|

« 2013 J2 第20節 福岡 2-0 愛媛(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第22節 福岡 1-0 群馬(レベスタ) »

アビスパ2013関連コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013 J2 第21節 長崎 0-0 福岡(長崎県立):

« 2013 J2 第20節 福岡 2-0 愛媛(レベスタ) | トップページ | 2013 J2 第22節 福岡 1-0 群馬(レベスタ) »