« 34節:アビスパ 1-1 町田、20120917、いろんなコメント | トップページ | 36節:アビスパ 1-1 横浜FC,20120930、いろんなコメント »

2012年9月23日 (日)

35節:熊本 3-1 アビスパ、20120923、いろんなコメント

●高木琢也監督(熊本):
・ワイドにポジションをとって攻める方が攻めやすい。
・チェンジサイドを狙っていけばチャンスが出る。
・暑いからこそ、マイボールを大事にすること。

●前田浩二監督(福岡):
・もう少しテンポを速くボールを回そう。
・ファーストDFをしっかりやること。
・FWにボールが入った時しっかりサポートすること。

●高木琢也監督(熊本):
「九州ダービーがホームで2戦行われた中で、2戦ともいいゲームをしてくれたと思いますし、サポーターの方々にも非常に感謝したいと思います。リーグ戦も終盤に入った中で、ホームでのダービーの2勝というのは、我々にとって大きな力に変わっていくと思います。今日は、先に取ってまた取られた中で、選手たちがいいゲームをやってくれたなと思います。
内容について、前節と違う内容のゲームをやったという意味では、得点が動いた中で失点してしまったんですが、早くゴールした後のリカバーというか、スコア的には1-0なんですが、あの時間から1-0という感覚は持たない方が選手たちは良かったかもしれない。もう1回スタートのつもりで、もっともっとアグレッシブにプレーするということが、点を取った後はやや欠けてしまったのかなとは感じました。その後はまた勝ち越すわけですけども、福岡をどう攻略するかということで言うと、攻守においてのいいシーンを、選手たちが理解してやってくれたことで生まれた得点もあったのかなと思います。
そういう意味で、今シーズンずっと言っていますけれど、全体の意思疎通というか、守備でも攻撃でもいろんなものを共有してフィニッシュまで持っていく、その共有度合いがチーム全体に浸透しているなというのが、この2試合で感じることです。
残りホームは今日の試合も含めて4試合、リーグ戦も残り少なくなってきますので、継続してできるように、我々は日々のトレーニングで努力して、しっかり準備したいと思います」

Q:左サイドバックに原田選手を先発で起用しました。(トレーニングで負傷した)筑城選手の事情もあったかと思いますが、今シーズンはあまりない起用だと思います。選択肢としては片山選手もあったかと思いますが、片山選手をベンチにおいて原田選手でスタートして狙いを教えてください。
「筑城のこととは別に、理由は3つあります。1つは、福岡の攻撃のひとつの形として、今日は尾亦が入っていましたけど、キムなど左利きのクロスを挙げる選手がいて、逆サイドには城後がいる。前回の対戦、開幕戦でもかなり警戒はしていたけどやられていた経緯があったり、ゲームを分析する中でもそのポイントは抑えなくてはいけないということで、(原田)拓の方が(片山より)上背があって、フィジカル的にも城後に対応できること。もうひとつは、福岡の守備でサイドにスペースができるということで、今日はもっとやってほしかったんですけど、クロスも含めて、彼の左足のチェンジサイドのボールからそこを衝いていきたかったというのが2つめの理由です。3つめは、僕が彼を口説けたということです。彼が(サイドバックでの出場を)決断してくれたことが、最大の理由です。実は、今回に限らず話はしていたんですけど、本人がなかなかうんと言ってくれなかった。それを口説けた、彼が納得してくれたというのが、いちばんの理由です」

Q:試合を決める働きをした北嶋選手のプレーについて、印象は?
「準備がしっかりできていたということが素晴らしいなというのがひとつ。ゴールシーンは(原田)拓のクロスももちろん良かったんですけど、(入ってきた)ボールに対して『こういうシュートを打つんだな』というのが、2点とも自分で納得できるプレーをするのはさすがだなと思いました。2点目でも非常にターンが早くて、その後もワンステップで蹴るというボールの置き方も良かったと思います。今日だと齊藤和樹や(高橋)祐太郎とか、FWの選手は我々のチームにもたくさんいますけど、非常にお手本になるようなシーンだったなと、納得できるようなゴールだったなと。感心しました」

Q:スタンドも湧きましたし、北嶋選手が得点するとチーム状況も良くなるのかなと感じましたが、そのあたりはいかがでしょうか?
「彼自身もなかなか点が取れなくて、辛いという言葉は合わないかもしれませんけど、点が欲しい、そして早くホームゲームで点を取りたいという気持ちは人一倍あったと思います。トレーニングの後もしっかりシュート練習をやっていますし、あれだけのキャリアを積んでいても、そうやって努力することによって結果を出す、そういう姿というのは若い選手にお手本になると思います」

●前田浩二監督(福岡):
「多くの方に来ていただいて感謝しています。結果を残せなかったことで、残念な気持ちでいっぱいです」

Q:同じような失点が続いています。理由はともかく、どう減らしていこうとお考えですか?
「やっている選手は一生懸命やっていると思いますし、私も指導しています。ただ、今日の前半、始まって1分も経たない時間、それから終了間際、普段の練習から伝えているところでやられてしまうということで、残念です。1点目も3点目も、経験のある選手のマークのズレ、それから1対1の強さや粘りという根本的な所だと思います。トレーニングでは厳しい内容で練習していますけども、相手もそれを上回るトレーニングをしてくると思うので、そこは本質的な部分だと思っています」

Q:数字上、自動昇格もなくなり、プレーオフも厳しい状況です。残り試合、どういう風に戦っていきますか?
「現実的なところ目標には到達できなくても、残り7試合をしっかり考えていくと、クラブあっての我々ですし、それを支えていただいているファンやサポーター、スポンサーの方、そういう支えがあってやれている。周囲の方々のためにも、今まで積み上げてきたものをしっかり出していく、それを繰り返していくしかないと思います。ただ現実問題として失点が(リーグで)2番目に多い。それはディフェンス陣だけでなく1人1人の意識だと思いますし、それにこだわってトレーニングをやるしかないと思います」

Q:来季を見据えた戦いになるのか、今のベストを尽くすということか、いかがでしょうか?
「私も来季のことは分かりませんし、今年まずベストをつくすことだと思います。やはり基礎、それは精神面の部分だったり戦術的な部分でも基礎を作らなければ、毎週同じことの繰り返しだと僕は思っています。今勝てていないということで自信を失いがちですけど、根気強くやっていくだけだと思います」

Q:失点シーンを振り返ると、対応のミス等もあると思いますが、カバーが側にいないとか、1対1になる場面が多いように思います。そうやって守ろうとしているのか、そうなってしまうことも含めて周りとの連携ができていないのか、どうなんでしょうか?
「最後はボールになって来ると思うのですが、ファーストディフェンダーが決まっているか決まっていないかでしょうし、あとは一瞬のポジションの取り合いで差が出ていると思います。そういうところの駆け引きでやられてしまう、そういうところの差だと思います」

●北嶋秀朗選手(熊本)
「長かったです。やっとゴールが取れて、ひとつの責任を果たすことが出来た。これが始まりで、終わりじゃないという気持ち。やっとチームの力になれたというか、目に見える結果を出せずに自分自身も苦しんだので、嬉しかった。今日は絶対決めるんだと、決めないことはあり得ないという気持ちでいた。それが5分のプレーであれ、絶対取るんだという覚悟を決めていた」

Q:これまで得点がなかったのは自分だけの問題ではなく周りとの連携等もあったと思うが?
「自分自身は3人抜いて決めるような選手ではなく、味方のアシストが必要なので、自分の好きな形でのゴールを決めるには、タイミングを逃さないことやクロスボールの質も重要。(原田)拓ちゃんがあのタイミングであの質のボールを上げてくれたというのは、自分にとって大きかったし、こういうゴールを決めたいというイメージを見せることができたという意味でも、今後につながると思う」

Q:ヘディングのコースについて。
「GKの位置が、少し寄ったのが見えたので、クロスが入る時にセンターバックが少し離れているのも分かっていたし、そのボールに対してGKが僕からみて右に寄ったのが見えたので、そこに打てば入るという確信はあった」

Q:2得点目は?
「タケ(武富)のいい守備と、トリッキーなパスが効果的だったし、パスを出した後に動いてマークをはがしてくれたことで、落とすという可能性を相手の選手も持ったと思う。タケの守備と動き出しが大きかったと思う」

●高橋祐太郎選手(熊本)
「(先制点の場面は)練習通りのセットプレーで、自分の感覚通りに身体が動いて反応できた。コースまでははっきり見えていなかったけど、ふかさずに叩きつけることをイメージして、いいコースに行ったと思う。その後も自分たちの流れに持って行きたかったけど、個人的にも前半で負傷して交代してしまったし、内容としては納得いかないけれどダービーで勝てたことがいちばんだと思う。(福岡には)大学の先輩、後輩がたくさんいて楽しみにしていたので、交代してしまったのは悔しいけど、チームが勝ったことは嬉しい」

●原田拓選手(熊本)
Q:サイドバックでの先発について、監督は「口説いた」と話していたが?
「去年もやっていたけど、あまり自分の中でもいいイメージがなかったので『やめた方がいいです』という感じで断っていた。でも今回は(筑城)和人のケガもあるし、『じゃあ今回はやります』という感じで引き受けた」

Q:2点目のアシストを決めました。
「でも自分のサイドバックのイメージは全然違うので、やっぱりやめた方がいいと思います(笑)。結果につながったのは良かったけど、あんまり上がれていないし。トラップして顔を上げると、DFの間でキタジ(北嶋)さんが駆け引きしているのが見えて、DFとGKの間に早いボールを入れようと思って入れたら、キタジさんがいいポジションに入ってくれた。練習でもすごくいい動きをしているから、そういうイメージはあった。キタジさんがロアッソに来て初めてのゴールに貢献できて良かった。早く取らせたいというのもあるし、取ってくれたら盛り上がるのも分かっていたから、良かった」

●武富孝介選手(熊本)
「今日はあんまり良くなかったです。今年いちばんというくらい自分の中では良くなくて、ボールが足につかなかった。できることをやろうとは思っていたけど、ドリブルでも思い通りに運べないことが多かったので、それ以外でシンプルにプレーして、ディフェンスを頑張ろうと試合中に切り替えた」

Q:3点目のアシストについて。
「キタジ(北嶋)さんが走っているのが見えたのでそのままつけて、ワンツーをもらうつもりだったんですけど、キタジさんがうまいコントロールして、そのまま入ったので良かった」

Q:残りに向けて。
「皆言っているけど、しっかり準備して、戦うところで戦っていけば結果はついて来ると思う」

●南雄太選手(熊本)
「サポーターの皆さんが福岡に勝ちたい気持ちが強いというのはこのチームに来てからずっと感じていたし、開幕戦で負けていて勝点も1つしか違わないので、勝ちたい気持ちは強かったし、いい勝ち方ができたと思う。2-1で止めることができて、その後得点が入ったので、流れを変えるプレーをすることは意識していて、今日はそういうプレーができたと思う」

Q:北嶋選手のゴールについて。
「そろそろ取ると思っていたし、どこにボールが欲しいのかキタジ(北嶋)もすごく呼びかけていたし、周りも取らせたいという思いはあって、それがかみ合ってきていることは練習でも感じていた。でもそのチャンスをものにするのは、改めてすごいなと感じた。熊本に来てから苦労していることやいろんなジレンマと戦っているのは見てきていたし、1つゴールが入れば流れは変わると思っていた。それだけの力のある選手なので、1つ入ればと思いながら見ていた。今日それが取れて、もっともっと期待したい」

●古賀正紘選手(福岡)
「立ち上がりにリスタートからやられたというのは、ただ、ただ、自分たちの首を締めているだけですし、そのあと1点を返したところまでは良かったが、その後の試合内容は、攻撃にしても守備にしても、簡単なミスが多すぎて、自分たちのリズムになる前に自らリズムを放棄しているという形だった。ああいったことを続けていては勝つのは難しいと思う。まずは簡単なミスをなくすことが一番大事。あれだけミスが多いとリズムに乗れないし、試合に勝つのは難しい。サッカーにミスはつきものだが、その回数を減らして、その質を上げないと、同じような試合が続いてしまうと思う。とにかく、練習から、しっかりと意識してやっていくしかない」

●鈴木惇選手(福岡)
「失点の仕方が淡白な試合が続いている。今日は熊本が前からガンガンくるところを耐えて、自分たちから守備をして、得点も出来て、最悪、前半は1-0で良かったんが、そこで守りきれないところが課題。90分の中で絶対にミスをしてはいけない時間帯でミスしたり、失点してはいけない時間帯で失点したので、その部分は改善しなければいけない。個人の問題については、1人1人が意識を高めなければいけないし、プレーするのは選手なので、中で声を掛け合ってやっていくしかない。今日は悪いながらも1点取るまでは『しっかり我慢』という言葉も出ていた。でも、アディショナルタイムに失点したことで、がっくりしたまま後半に行ってしまったというのも今日の反省点。今までやってきた結果が今の順位だと思うが、とにかく前を向いてやるしかないので、次の試合に向けて、どうしたら勝てるのかということを1週間かけて準備したいと思う」

●高橋泰選手(福岡)
「個人的には楽しみしていた試合で、スタメンで出られると分かった時から、いい準備をして臨もうと思っていたので、試合に入るまでは、いい緊張感と、いいリラックス状態を保っていた。けれど、やはり最初のプレーで失点してしまうと…。1-1になってからは、ボールを支配して相手陣地でサッカーをしていた時間が長かったので、あそこで2点目を取っていれば試合は決定的になったと思うが、決定的な形というのはなかったので、もう少し、前へ前へという姿勢を出すべきだったかなと。同じ九州内にホームタウンがある相手だし、今日勝てば順位を逆転できる試合だったので勝ちたかった…。ボールを支配している時間はあるので、それをゴールにつなげる部分が課題。それは継続して取り組んでいきたいと思う。守備の部分での課題は『球際の対応』という部分だと思うが、個の部分、1対1のところで負けてしまうと、なかなか勝ちには結び付けるのは難しいと思う」

|

« 34節:アビスパ 1-1 町田、20120917、いろんなコメント | トップページ | 36節:アビスパ 1-1 横浜FC,20120930、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35節:熊本 3-1 アビスパ、20120923、いろんなコメント:

« 34節:アビスパ 1-1 町田、20120917、いろんなコメント | トップページ | 36節:アビスパ 1-1 横浜FC,20120930、いろんなコメント »