« 26節:アビスパ 0-3 草津、20120729、いろんなコメント | トップページ | 28節:アビスパ 1-3 湘南、20120812、いろんなコメント »

2012年8月 5日 (日)

27節:岐阜 0-3 アビスパ、20120805、いろんなコメント

●行徳浩二監督(岐阜):
・マークの確認をしっかりすること。
・ボールをもっと受けること。
・パスコースをたくさん作ること。

●前田浩二監督(福岡):
・ラインコントロールをしっかり。
・セカンドボールを拾うこと。
・ファーストDFをはっきりと。

●行徳浩二監督(岐阜):

「一週間、守備のトレーニングをして、相手のシステムに対応することをした。試合の流れは少しディフェンシブになると思ったが、最初にサイドから失点。こうなると点を取りに行かなければいけなくなり、バランスを崩した。ボールを奪った後に、前々回からアブダが加入して、最初の大分戦で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。機能してくれたと思ったが、前回はあまり機能せず、足元でボールを受けてそこでつぶされる。今回も所々いいプレーはしたが、チーム全体で彼を使い切れなかった。サイドからスペースに飛び込んだりするトレーニングをしたが、結局ボールを支配できない。ボールを奪ってから組み立てられず、ビルドアップできない状況でアブダにボールを入れてしまっていた。途中橋本を入れてボールを受けさせて、散らすことを狙った。チャンス作ったが、最後の精度の問題が出た。新井の起用に関しては、2点取られて厳しくなったが、新井をどうやって入れようと考えて、一回もやっていない3バックにしたが難しかった。多くの方が来てくれたのに、0-3でいいところを見せられず、本当に情けない試合をして申し訳ないと思っています。次に向けてしっかりと準備をして、勝点を取りに行きたいと思います」

Q:アブダ選手がうまくパフォーマンスを出せなかったのか、周りの問題か。どちらでしょうか?
「両方だと思います。それとトレーニングをしているが、現場に通訳がいないので、コミュニケーションが非常に難しい。僕もポルトガル語をしゃべれるわけではないので、しんどいところはあります。コミュニケーションの問題があると思います」

Q:佐藤選手が1トップの時とアブダ選手が1トップの時。どちらがフィットしているのでしょうか?
「アブダは大分戦では機能をしましたが、それ以外は厳しい。(佐藤)洸一も調子がいい時は起点になるし、調子が悪ければ全く収まらない。安定した試合運びをしないといけないので、競争させないといけない。洸一と違ってアブダは後ろが困った時の逃げ場にならない。彼らが出来ること出来ないことが全然違うので、比べるのは難しいが、チームとしては位置を変えたり、システムを変えながら、勝点の取れるチームにしたいと思っております」

●前田浩二監督(福岡):

「夏休みとあって多くの子供たち、ファンの中でプレーさせてもらって感謝しています。アウェイにもかかわらず来てくれた福岡サポーターには、本当に感謝しています。これまで勝ちを見せられなかったので、3-0はサポーターと一体となっての勝利だと思いますし、選手にも感謝したい」

Q:前節と先発3人入れ替えましたが。
「3人はトレーニングから調子が上がっていた。あと、我々のサッカーにスパイスを入れて、積極的に仕掛ける選手を前と後ろに持ってきた。末吉はパスをできるし、積極的な選手を生かすパスを出せるので起用した」

Q:前回と違って岐阜はアブダ選手が加入しています。岐阜の攻撃の変化は感じましたか?「(アブダは)情報ではトップに入りながら、縦横に流れる印象。初めての対決で、ウチのサミルとかつて一緒にやっていたので、彼から情報をもらった。力強い選手だと注意喚起をしました。彼が前線で起点を作って、そこから2列目が追い越していくのが岐阜の特徴。フリーにさせないように、みんなが注意深くやりました。前回よりはカウンターに注意したが、我々がしっかりと出来た印象があります」

Q:これまでは前に仕掛ける姿勢があったが、今日はいつもより時間を使って攻めていました。
「試合前に映像を見て我々のいいところを出そうとした。点取られて焦ったり、後半になると別のチームになる。それをせずに自信を持って90分間自分たちのサッカーを続けて行こうとした。闇雲に蹴ることなく、しっかり繋いでやってくれた。これまでやってきたことを自信を持ってやってくれたと思います」

●西田剛選手(福岡):
「こういう状況(4連敗)だったので、先制点を取ったのが、うちにとっては大きかったです。チームに大きな勇気を与えることが出来たゴールだったと思います。今日はみんなから声が出ていたし、いつも以上に一体感があったので、それが、こういういい形につながったんだと思います。何よりも、ここのところ失点が続いた中で、0で抑えて勝てたというのが大きかったですね。でも、これで次のホームで勝てなかったら意味がないので、きちんと休養して、練習から一体感を持った取り組みをして、ホームの湘南戦(8/12)を迎えたいですね。でも、いい形で勝ったのは間違いないんですけれど、ここで満足することなく、改めてチームしても、自分自身も気持ちを引き締めて、勝ち続けなければ上に追いつけないという状況をしっかりと認識して、湘南戦に臨みたいです」

●鈴木惇選手(福岡):
「勝点3だけが欲しかったので、90分終わって3-0という結果には満足しています。攻め急いで点が取れず流れが悪くなるという試合が続いていたので、今日はボールを支配しながら落ち着いてゲームを進めるということを意識していました。自分とスエ(末吉)が主導権を持ってプレーできたのと、SBの選手もそれに応えて上がるタイミングを自分たちでコントロールしてくれて、それがいい形での先制点につながったと思います。(2点目のシーンは)自分は本調子ではなかったんですけれど、不思議なもので、こういう時に限って点が入るものですね。結果として大きな点になったのでよかったです。あの時間帯は、こちらの運動量も落ちて、失い方も悪い時間帯だったので、自分が決められたことはもちろん、あそこで仕掛けてファールをもらってくれた大介(石津)も、しっかり仕事をしてくれたと思っていますし、みんなで耐えて奪った2点目でした。次の湘南戦は、どのような試合になるか分かりませんが、自分たちが悪い時間に失点をしないということと、悪い時間帯でも点を取るというように、悪い時間帯にどうするかがポイントだと思っています」

●石津大介選手(福岡):
「ここ数試合、自分のプレーが出来ずにモヤモヤしていたんですけれど、少しは自分の良さも出たし、試合にも勝てたので良かったと思います。3点目は、普段の練習や紅白戦の時から(西田)剛さんと話していたことが、今日、結果に表れたので、それは凄く良かったです。そして、連敗が止まったことにもホッとしています。ただ、結果的には、自分のプレーが得点につながって、自分の良さも出たんですけれど、自分は結果を出さなければいけないポジションなので、個人的には納得できないものもあります。次こそは自分のゴールで勝ちたいです」

●服部年宏選手(岐阜):
「今日はたくさんのお客さんが入ってくれたのに、結果を出せず残念です。1点先に獲られましたが、時間はあったので、後半45分で取り返せると思っていましたが、こっちに流れを引き戻せませんでした。今日もいろんなミスがあったので、チームで見直していかないといけない。改善点は山ほどあって、見直していかない点が多いと思います」

●アブダ選手(岐阜):
「いいプレーが出来ずに、残念です。気持ちを切り替えて、次の試合に臨みたいと思います。今日はゴールを目指しましたが、サポーターにゴールをプレゼントしたかったのにできませんでした。次の試合ではゴールを決めて、サポーターにプレゼントをしたいです。サポーターの声援は凄く聞こえて、モチベーションを上げてくれました。本当にそれに応えられなかったのが悔しい。気持ちを切り替えて練習していきたいと思います」

●李漢宰選手(岐阜):
「これだけのサポーターに来てもらったのに、負けてしまって大変申し訳ない。決して自分たちが悪い流れだったわけではなかったので、気持ちを切り替えて1点入ればまだわからないと思っていた。しかし、今日はいい守備が出来なかった。良い守備が出来なかったので、良い攻撃が出来なかった。そこはもっと集中していかないといけない。試合後にサポーターの皆さんから厳しい声もありましたが、それはプロである以上、真摯に受け止めないといけない。これだけの人が集まって、ホームで戦って0-3はとても不甲斐ないので、そこは真摯に受け止めて、下を向かないようにチーム一丸となって、アグレッシブな姿勢を見せないといけません。やられてから攻撃をするようではダメ。全員で一丸となって、よりアグレッシブに出来るようにやっていきたいと思います」

|

« 26節:アビスパ 0-3 草津、20120729、いろんなコメント | トップページ | 28節:アビスパ 1-3 湘南、20120812、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27節:岐阜 0-3 アビスパ、20120805、いろんなコメント:

« 26節:アビスパ 0-3 草津、20120729、いろんなコメント | トップページ | 28節:アビスパ 1-3 湘南、20120812、いろんなコメント »