« 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント | トップページ | 25節:水戸 4-2 アビスパ、20120722、いろんなコメント »

2012年7月15日 (日)

24節:山形 3-1 アビスパ、20120715、いろんなコメント

●奥野僚右監督(山形):
・相手の展開にしっかり対応し、前を向かせない守備をしよう。
・ピンチのあとはチャンスが来る。攻守を早く。
・守備のサポートを信じて、スライドとバランスを保つこと。

●前田浩二監督(福岡):
・判断を早く!
・距離を大事に!
・辛抱強く!

●奥野僚右監督(山形):

「今日はベンチからだいぶ大声を出し続け、喉の調子はよくないので静かに話させていただきます。今日、1万1275名という多くの方にゲームを観戦していただいて、応援をいただきました。自分たちがやってきた仕事に対する期待の高さと同時に、モンテディオを愛するみなさんの数の多さというものに非常に力をいただきました。これからの戦いというものは、ますますみなさんとともに歩んでいくことになりますけれども、そういったものを自分たちは背負っていくと同時に勇気に換えて、これからも試合に、またトレーニングに取り組んでいきたいなと思います。
ゲームに関して言いますと、相手が非常に組織的に整備されたチームであり、個々の選手たちも力があります。膠着状態が続くのは予想してましたけれども、そこで慌てることなく隙をうかがう作業というのを前半、選手が積極的に仕掛けていけたんじゃないかなと思います。そういったなかで、やはり自分たちの強い部分であるセットプレーからの得点。それも、とても膠着したものが見受けられた一瞬の隙を突く、自分たちの強みを発揮するという作業ができた、そして1-0で後半へ折り返すことができたということで、非常に自分たち自身、落ち着きとノッていけるものがあったと思います。
後半に入っても、そこから相手を少しでも上回る気持ちであったり、球際の厳しさ、また正確なプレーというものが、徐々に相手のバランスを崩す結果、そして最後のあきらめない姿勢というものが、クロスボールにつながり、またそこへ信じて詰めていた選手がゴールを決める。そういう作業が、今日は後半に入っても続けられたんじゃないかなと。3得点を挙げたあとに多少押し込まれる部分はありましたけれども、出ている選手たち皆がバランスを崩すことなく、また慌てることなく、相手の攻撃を受けながらもまたチャンスをうかがう姿勢、そしてチャンスになったら飛び出していくというしたたかさも出ました。1失点はしましたものの…1失点は完全に僕の采配ミスになります。それ以前に石川選手が打撲で痛んでいたところ、それをしっかりと把握して交代してあげられなかったという部分、自分自身の采配ミスだと思います。しかしながら、その1失点したあとも、残り10分、また相手の攻撃をしのぎつつ、前に攻め残っている人を自由にさせない動きと、自分たちが決定的なチャンスをつくっていけた。チャンスの数で言いますと、今日は非常に多かったと思います。前半から通すとかなりの本数、ギリギリのプレーというものが増えてきたんじゃないかと。対戦が一巡して、2回目の対戦になってきているわけですけれども、これからこの2回目の対戦は、ひとつずつ自分たちの目の前にいる相手から勝点3を奪っていく作業になっていくと思います。順位表を見ますと、上にいるチームというのはこれからまだ対戦があるチームで、それ以外のチームというのも自分たちが勝ちきることによって自分たちの上には来ない。そういう姿勢で、またこれからもホーム・アウェイ変わらず戦っていきたいと思っています。
余談になりますけれども、明日(16日)はモンテディオ山形の「トップ・アカデミー交流会」で、モンテディオ山形に関わるすべての選手たち、保護者のみなさん、そういう方たちが一堂に会して交流を深めるイベントがあります。なかなかそういうイベントは行われないわけですけれども、『これがモンテディオ山形だ』という、また結束を固くして、そこにはサポーターのみなさんは残念ながら参加していただけませんけれども、核となる部分の絆を強く手を握り合ったうえで、輪をもっと強固なものにし、輪を広げていきたいなと思っています。とにかく、今日は本当に多くのみなさんに、このような天候のなか来ていただいて、また声援を送っていただいたこと、よろこばしい限りです。ありがとうございました」

Q:後半戦に入ってから初勝利、それをホームで挙げることができたことで、これからの戦いを考えても大きな点になると思いますが?
「いつでも変わらずやろうと取り組んでおりますけれども、やはり自分たちがこのホームゲームで力をいただいて、勢いをつけられたところを全面に活かしたうえで、また次はアウェイの戦いになってきますけれども、アウェイでいい成績・結果を残してまたホームに帰ってくる、そういう良い循環というものを生んでいきたいと思います」

Q:2トップにして、中盤の厚みから連動性が増したことで、今日は3ゴールが生まれたと思います。そのあたりはどういうところがよかったのでしょうか?
「それほど深い意味はなく、調子のいい選手で結果をしっかりとつくってきている、トレーニングからやりきっている選手たちをつなぎ合わせるのが僕の仕事だと思っております。ですから、形だったりシステムだったり、特にそこまでのこだわりは持っておりません。調子のいい選手を配置した、そのときに2トップという選択になったと理解していただければいいと思います」

Q:サイドチェンジが非常に効果的でしたが、後半戦に向けて大きな武器になりますか?
「サイドチェンジはいつでも心がけています。横への揺さぶりと縦への…横と縦、幅と深さというのが、やはり相手のゴールに近づいていく、ゴールを決めるためには必要だと思っております。今日は効果的にサイドチェンジをするという作業を、チームの全員でビルドアップから取り組むことができたんじゃないかと。当然、そこには前にくさびに入る選手たちがいますし、ワイドにボールを受ける選手もいますけれども、そこに連動性がなければなかなかサイドチェンジという形には持ってこれない。そういう部分は、とても選手たちがうまく、柔軟にやってくれた部分であると思います」

Q:今日は機能して連動したと思いますが、結果的にこうなった理由は?
「自分たちが、今いる位置を非常にチャンスだととらえた、そういう部分だと思いますね。順位で言うと、今節が終わる前は5位でした。トップとの勝点差もそう遠くはなかった。この位置にいることは、自分たちが抜け出すチャンスだという認識を自分は持っていましたし、選手にも伝えていました。そこのチャンスを生かすも殺すも自分たちしだいなわけで、そのチャンスを生かすにはどうすればいいかというと、自分たちが積極的にプレーすることに尽きると思うんですね。そういう姿勢を前面に選手たちが、勇気をもって実行してくれた。そこに尽きるんじゃないかなと思っております」

Q:永田選手も今日はとてもよかったと思いますが、監督にはどのように映りましたか?
「彼にしましても最近よくなったわけでなく、ずっと春のキャンプから積み上げてきたものが、今自分に還ってきていると思います。信頼して信用して起用しているわけであって、何も不安もなければ心配もしていません。当然の活躍だと思っています。彼のいいところを前面に押し出してくれたというところが、みなさんからの評価だと思いますね。僕は何も心配しておりませんし、ふつうどおりだという認識でいます」

Q:秋葉選手がトップ下に入ったというところの評価をお願いします。
「トップ下に入ったという表現が、またいつものように適切かどうかわかりませんけれども、『どちらかというと前のほうでプレーしてほしい』という要求以外は、ほとんど彼に任せてます。ですから、彼が危険なところを察知するのと同時に、チャンスだというものを察知しながら、そこも流動性であったり、自由にチームのために献身的にプレーしてくれたということがすべてだと思いますね。2列目からも飛び出すし、間でも受けるし、守備でも貢献する。彼だけじゃない作業ですから、ほかの人と関係を持ちながら、そういうプレーを彼はやってくれたと思います」

●前田浩二監督(福岡):

「雨のなか、多くのサポーターに来ていただいたにも関わらず、勝点3をゲットすることができませんでした。本当に多くの方に来ていただいたんですけども、声援に応えることができずに、本当に申し訳なく思っています。結果のほうは1-3となりましたけれども、明らかに山形のほうが勢いがありましたし、逆に勢いをつけさせたのも我々次第だったのではないかと思ってます」

Q:立ち上がりの15分くらいまでは悪い試合ではなかったと思いますが、終わってみれば完敗という形になりました。山形と福岡の今日の試合での大きな差、どんなところにそうなってしまった要因がありますか?
「ひと言で言えば、忍耐力の差だと思います。お話のように、立ち上がりがよく、そこを相手にしのがれたというところと、我々が…選手に聞いてみないとわからないですけれども、ほっとしたのか、それとも相手がそこを修正してきたのか、というところがポイントかもしれないです。僕の見た感じで言うと、ちょっと安心してしまったのかなと思います」

Q:今日の山形は4-4-2にシステムを変えましたが、そこがどのように映りましたか?
「前期の戦いでも同じようなフォーメーションで臨んできたので、またいろんな情報も集めていくなかで、4-4-2というのは想定していました。ただ、4-4-2という数字の問題ではなくて、ほとんど3トップ気味の布陣だったのではないかなと僕は思っています」

Q:これまでの試合を観ていると、後半の入り方が悪いところがありますが、後半の入りが悪いことで、具体的にどのような修正が必要になってきますか?
「ひと言で言うと、詰めのところだと思います。簡単にクロスを上げさせないとか、そこでスライディングしておけばとかいうところが問題で、そこは明らかに山形との違いだったと思っています。ただ、そういうところを選手ができていないということに関しては、私の責任だと思っています」

●秋葉勝選手(山形):
「1点先に取れて、最近は追いつかれることがあるのでもう1点取って、というのをみんなで意識してやっていました。ゲームをやってみても、いいところにこぼれたり、僕らのほうが球際が強かったりしてたので、そういうのはよかったと思います。しっかり動けたのでよかった」

Q:得点シーンは?
「亮太(永田)が頑張ってくれて、いいところにこぼしてくれたので、あとはしっかり枠に入れることだけ考えました。亮太に感謝したいと思います」

Q:今日のプレーで意識したことは?
「どんどん動いてボールを引き出して、間とか裏とか狙いながら、顔を出して引き出そうかなと思いました」

Q:間で受けても、それほどプレッシャーを感じていないように見えましたが?
「そうですね。前回もこういう感じのフォーメーションで戦って、そういうイメージがありました」

Q:1列前になったことで、どんなことを意識しましたか?
「攻撃に重点を置いてやるということです。あとは、守備でサボった部分もありますし、そういうのをなくしていければなと思います」

Q:シーズン自己ベストの6点目ですが、5点目から間隔が空きましたね。
「なかなか取れない時があったので、意識しました。今日は取れる雰囲気があったので。…まあ、いつも雰囲気はあるなと思ってますけど(笑)、取れてよかったです」

Q:これで前回の福岡戦の悔しさは帳消しになりましたか?
「勝点2を逃しているので帳消しにはならないですけど、その気持ちを常に持って、また戦っていきたいなと思います」

Q:最近2試合と今日の試合の違いは?
「いい感じで連動して崩せたり、ボールが出てきたりしてるので、そういうのはいいと思います」

●前田和哉選手(山形):
Q:ヘッドギアなしでのプレーでしたが?
「邪魔になると思って。2回ぐらい傷口に当たりましたけど、でも大丈夫でした。『痛い、痛い』と言っていられないので。でも、ほとんど完全にくっついてるので、気にせずやれました」

Q:序盤は相手に間を通されたりというシーンが多かったですが?
「そうですね。4-4-2の菱形だったので、どうしてもバズ(宮阪)の両脇が結構空いてしまいました。そこをバズに声をかけるなり、自分たちがケアするなりという対応が、ちょっと遅かったですね。相手は足が止まっているせいかあまり来なかったので、うちが追加点を取ってラクに進められましたけど、そこは課題ですね。自分が行くのか、バズに任せるのかというところは明確にしないといけないです」

●永田亮太選手(山形):
「自分の持ち味はディフェンスなので、まずディフェンスできっちり抑えて、そこからいい攻撃につなげればいいと思いました。まずはディフェンスで中盤でやらせないというのは、自分が入ったことのプラスだと思うので、そこは意識しました」

Q:アシストのラストパスは、右足のアウトサイドでしたが?
「パッと見て、相手のセンターバックが結構勢いよく戻ってきてたので、左でまっすぐ出すより、右で出すほうがいいのかなと。一瞬の判断でした。センターバックが見えたので、マイナスのほうがいいかなと。(秋葉)勝さんは見えてなかったです。センターバックを見て判断しました」

●中島裕希選手(山形):
「今日はこういう姿勢で行ってくれと言われていたので、『これでもかこれでもか』と。それだけ行けという姿勢でというのはミーティングから言われていたし、監督の思いに対して僕たちも強い気持ちで表現できた。それが勝利につながりました」

Q:中盤が1枚増えたことで、FWとして前に行きやすかった部分はありましたか?
「今日はFWに入ってから、2列目の選手が本当に運動量が多くて飛び出してくれたし、みんなで前に前に行く姿勢というのが90分通して出せました」

Q:3トップと2トップでは、中島選手の動き方が変わりますか?
「変わらないですけど、2トップになることでサイドの裏に抜け出す回数が増えたし、前のプレーが増えました。3人のときは、足元でもらって前を向いて勝負というのが多かったので、そういうところが変わったかなと思います。どちらでもやるのが自分なのですが、自分のプレーが今日はできてました」

●堤俊輔選手(福岡):
「立ち上がり、入りはよかったんですけど、そこから徐々に相手のペースになった。ミスからの失点というのがあって、全体的にそれが続いて、あまりいいゲームとは言えなかったです」

Q:後半はサイドバックのポジションを上げて点を取りに行っていたと思いますが?
「もちろん前からいこうという話はチームの中でしていました。そのなかで、ミスからカウンターでやられてしまったので、特に修正しないといけないと思います。やっちゃいけないミスなので、改善していきたいです」

Q:サイドチェンジまではスムーズに行けていましたが、そこから先が?
「そうですね、サイドまでは行くんですけど、最後なかなかフリーで打つ場面もないし、チャンスもつくれていない。選手それぞれがゴールに向かって意識しないといけないかなと思います。立ち上がりだったり、途中で何本かいい崩しからシュートまではいけてたので、あとは決めるところをしっかり決めれば、もっともっと自分たちのペースで進められると思います。決めるところを決めないと今日みたいなゲームになっちゃうと思うので、ゴールを決めきってやっていかないといけないかなと思います」

|

« 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント | トップページ | 25節:水戸 4-2 アビスパ、20120722、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24節:山形 3-1 アビスパ、20120715、いろんなコメント:

« 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント | トップページ | 25節:水戸 4-2 アビスパ、20120722、いろんなコメント »