« 21節:横浜FC 1-1 アビスパ、20120624、いろんなコメント | トップページ | 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント »

2012年7月 1日 (日)

22節:アビスパ 1-0 愛媛、20120701、いろんなコメント

●前田浩二監督(福岡):
・切り替えをはやくすること
・奪った瞬間、はやく攻撃を仕掛けること
・ハードワークしていこう

●バルバリッチ監督(愛媛):
・守備の対応の仕方を修正しよう
・セカンドボールに対する予測をしっかりすること
・ボールを持ったら落ち着いて外から仕掛けよう

●前田浩二監督(福岡):

「こんばんは、前田です。雨の中、多くの方に見に来ていただいて感謝しています。北九州戦後、3試合引き分けていたので、選手とともに、そして、皆さんとともに勝つことを目標に掲げて戦いました。タフなゲームでしたけれども、選手たちが頑張ってくれたと思います」

Q:監督は常々、いまはチームが変化する中でのプロセスにあると言われていますが、その観点から、今日の試合で良かった点と、今後、引き続き取り組んでいかなければならないと感じた点について教えてください。

「良かった点は、なかなかリズムが掴みづらかった中で、我慢強くやってくれたというところがひとつと、トレーニングでやってきたことが試合に出てきているというところです。たとえば、我々は、奪った瞬間に攻撃に移るということを後期に向けてトライしているところですが、堤がインターセプトして坂田にスルーパスを出してGKに弾かれたシーンがありましたけれど、あの場面は、それが出たシーンでした。それと、引いた相手に対して意図的に崩すシーンもいくつか出てきたところも良かった点だと思います。守備に関しては、今日のキーポイントは向こうのボランチのトミッチ選手をどう抑えるかといことだったので、そこへボールを入れさせないというところでは、いくつかやられたシーンがあったとは言え、みんなが意思統一をして、ボール方向に絞って、連動していくというところは、いつものゲームよりは出来たと思います。継続して取り組んでいかなければいけないという点では、切り替えの瞬間というところが、今日はいつもよりも遅かったと思っています。あとは、フィニィッシュの精度、もしくはクロスの精度を上げていくというところだと思います」

Q:キムミンジェ選手は久しぶりの先発でしたが、先発起用の意図と、彼にもっと求めたいところは何かを教えてください。

「ひとつ尾亦の負傷ということがありました。ただ、ここのところは尾亦が頑張っていましたけれど、左サイドはいい競争が出来ていますし、ミンジェもしっかりと準備していましたし、ミンジェが試合に出られなかったのは本人に負傷が連続したという理由でした。彼に求めたいことは、まだプロ選手として2年目なので、しっかりと自分のコンディションを整えるということと、時間帯によっては、クロスを上げた方がいいのか、もう一回、サイドチェンジをやり直した方がいいのかというところで、ゲームの流れを読めるようになることです。守備に関しては、かなり良くなってきているので、もう少しボールへの寄せ、あと90センチ寄せるということを、もっともっと意識していけば、彼も自信がついてくると思います」

Q:今日は後半戦の巻き返しに向けて非常に重要な1戦だったと思います。その試合で城後選手ゴールで勝点3を取ったことに関して監督はどのような感じていらっしゃいますか?
「選手が結果にこだわって、流れを把握してゲーム進めたことが良かったと思いますし、今までは、大事な試合や均衡した試合で一歩下がるというメンタリティもありました。そういう意味では、今日の試合は内容としては満足のいくものではないと思うんですけれども、こういう試合をモノにするということは、精神的にも、チームが一つの方向に向かうという観点からも、非常に重要な1勝だったと思います。また、我々はセットプレーも含めて、どこからでも点が取れるようにトレーニングしていますが、そういう意味でも、この前の試合では泰(高橋)、今日は城後、そして坂田も足が完治しつつあり、コンディションもかなり上がっていますし、他の選手も含めて、みんなに期待したいと思っています」

●金守智哉コーチ(愛媛):

「全体的にパワー不足という試合でした。まずはブロックを作って守備をしていこうという形で入ったのですが、ブロックを作るまではいいんですけれども、そこから誰がファーストディフェンダーとしてプレスをかけるのかが明確ではなく、相手にとって怖い守備が前半に出来なくて、ズルズル下がってしまってセカンドボールを拾われて、ああいう失点という形になってしまいました。前節のヴェルディ戦は逆転勝ちだったんですけれど、あそこからもう1点を取ってというところが出来なかったのは、まだまだチームとしての力の足りない部分だと思っています。後半の始めに決定的なチャンスがあったんですけれども、あそこで入るか、入らないかというところで大きな違いもあったと思います。今日は、球際の部分であったり、ファーストディフェンダーを明確にするという部分では、アビスパの方が徹底してやっていたと思いますし、普通に負け試合だったなと感じています」

Q;監督のハーフタイムコメントでは守備を修正しようというものでしたが、具体的にどのように修正されたのでしょうか?
「前から行こうと言うよりも、スライドの部分で修正しようとハーフタイムのミーティングで言われたんですけれども、スライドの部分はある程度修正出来たと思います。けれど、向こうが1点勝っている分、相手はブロックを引いてカウンターてという形に必然的になると思うので、前半からしっかりした形で出来ないと、チーム力のこともあり、中々取り返しのつかない試合になると思いますし、後半に立て直したと言うよりも、ああいう試合になるなという感じがしています」

●高橋泰選手(福岡):
「結果が出たので、まずは良かったと思います。前半は、相手の間に付けて、相手を真ん中に寄せて、サイドを崩してという理想通りの形から点が取れましたし、自分たちのやりたいサッカーも出来ましたし、チャンスも多く作れたので、やっていて楽しかったですね。逆に後半は相手が攻勢に出て、それを受ける時間が長くなってしまいましたけれど、それでも耐えて、自分たちの前でシュートを打たせるという形を作って、決定的に崩されるシーンを作らなかったので、我慢強く戦えたのかなと思います。あとは耐える時間を少なくして、攻撃する時間を増やしていくというのが、今日出た課題だと思います。最近は城後や翔(成岡)が中へ入ってきてくれてマークを分散してくれるので、自分としてはフリーな状況で受けられるシーンが増えてきているので、チームとして機能してきているなと感じています。今シーズンは、いい内容の次はあまりいい試合が出来ていないという状況が続いているので、ホームで2回出来るという状況を活かしたいです。今日の試合で、後半戦はいいスタートが切れたと思えるためには、やはり連勝することが必要だと思うで、喜ぶのは今日だけにして、明日から次の試合に向けての準備をしっかりやりたいと思います」

●城後寿選手(福岡):
「今日のゴールの50%はミンジェおかげです。自分が点を取ることでチームが勝てたので、凄く嬉しいですし、後半戦は自分にとっても、チームにとっても結果が求められているので、そのスタートで点が取れたというのは、前向きに捉えていいのかなと思います。2010年シーズンも、結構苦しんで昇格したというイメージがありますが、今自分たちは同じ状況にぶち当たっていると思うので、そういう意味でも、あの時と同じように勝点を積み重ねていけば昇格する可能性はあると思います。とにかく、前半戦勝てなかった相手と、引き分けた相手に勝って行けば勝点を積み重ねられると思うので、どんどんと勝点3を積み重ねていきたいです」

●キム ミンジェ選手(福岡):
「オーバーラップは自分の得意とするところなので、自信を持って仕掛けていました。試合前に城後から『いいボールを上げてくれ』と言われていたので頑張りました。狙い通りの形でした。(城後選手は50%はミンジェ選手のゴールだったと言っていましたが?)ただ、自分としては、あまり満足の行くクロスではなく、あれは城後が上手くいれてくれたごーるでした。これからも、もっといいボールを入れて、自分のクロスでチームが点を取ってくれたら嬉しいです。でも、自分のポジションは守備のポジションですし、久しぶりの先発だったので攻守に渡って意識を高くプレーしていました。これからも連勝を目指して戦って行きたいです」

●浦田延尚選手(愛媛):
「こういう拮抗した試合を取れないですね。悪くないサッカーをしていて、主導権を握っている時間もあるんですけれども、それでも勝てない。原因が技術なのか、精神的な部分なのか、ちょっと分からないです。前半はセカンドボールを拾えずに押し込まれたり、攻撃で2次攻撃につなげられず厚みがありませんでした。後半はセカンドボールへの意識を高くして主導権を握ったんですけれど、そこで1点を取る強さがありませんでした。アウェイで弱いのは、戦い方が悪いわけじゃないと思います。今は良いサッカーで終わっていますが、勝つためには死ぬ気で走ったり、球際で厳しくプレーすることなどが必要。上位チームとやるときにはそうした面が出ますが、下位との試合でそれが出せず、勝てないことが多いので、毎試合、上位と戦うような気持ちでやらないといけません」

●小笠原侑生選手(愛媛):
「(83分の)FKは決めないといけませんでした。得意な位置だったので…。求められているのは、点を取っての勝利が一番だと思いますが、今日は交代で出て、上手く試合の流れに入れたと思います。ただ、こういうときに結果を出さないといけません。試合に出してもらっているのに結果が出ていないので、早くゴールを取りたい気持ちがあります。6位以内に入れば、昇格のチャンスがありますが、上に行くには連勝が大切。残り20試合あるので前向きに取り組んで、一つひとつの試合を戦っていければいいと思います。今年はチームでやりたいことができているし、今日も後半はウチの形を出していけました。そういう意味でも、今年は力があると思います」

|

« 21節:横浜FC 1-1 アビスパ、20120624、いろんなコメント | トップページ | 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 22節:アビスパ 1-0 愛媛、20120701、いろんなコメント:

« 21節:横浜FC 1-1 アビスパ、20120624、いろんなコメント | トップページ | 23節:アビスパ 1-3 徳島、20120708、いろんなコメント »