« 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント | トップページ | 13節:栃木 2-0 アビスパ、20120517:いろんなコメント »

2012年5月13日 (日)

14節:アビスパ 1-1 山形、20120513、いろんなコメント

●前田浩二監督(福岡):
・攻守ともに連動していこう
・しっかりプレスすること
・足を止めずに、もっと動かしていこう

●奥野僚右監督(山形):
・相手の裏を狙うプレスに気をつける
・こぼれ球の対応に気をつける
・ミスをしたら、みんなでカバー。ボールを奪われた時の切り替えをしっかりする

●前田浩二監督(福岡):
Q:主導権を握っていた試合でしたが、先制点を奪われてから、ガラッとチームが変わってしまったように感じました。監督は、どのようにご覧になっていましたか?
「立ち上がりは我々の方が、ロングスロー、あるいは1本のパスでチャンスを得て、そこで我々のリズムになりかけたというところで、それを自分たちの力で掴み取らなくてはいけませんでした。その中で、相手から背後に1本のパスを蹴られて失点を喫したわけですが、サッカーは駆け引きのスポーツで、やられる、やられたのスポーツですから、やられたときに慌てずに対応していく力が必要なのですが、そこは、まだ我々のチームとして足りないところですし、それが身に着くように取り組んでいるところです。早く解決しなくてはいけないと思っています」

Q:城後選手と高橋選手の交代の意図を教えてください。
「城後が足をつっていたということがひとつ。そして、高橋と西田はヘディングが強く迫力がありますから、ミンジェとオ チャンヒョンを入れて、サイドをえぐって、中で頭で合わせるという狙いでした」

Q:後半に入ってからはアビスパが流れを引き寄せて、スローインから1点を取りましたが、前後半では、どこが違ったのでしょうか
「ハーフタイムに伝えたことは、今まで我々がやってきたことをやろうということでした。具体的に言うと、守備の面ではコンパクトに保って、ハイプレスを仕掛け、ファーストディフェンダーに連動していくということ。ボールへの寄せが足りないと話しました。攻撃に関しては、城後を入れたことで長いボールを入れるだけの単調な攻撃が見られたので、前に当てる、サイドに振る、そして背後を取るという、今までやってきたことをシンプルにやろうということでした。前半の終わりからリズムを掴みかけてきたので、その感触の間にプレーしようと。ただ、ボールへの寄せは足りないと伝えました」

Q:今日の引き分けは評価しているのでしょうか?それとも、勝ちきれなかったということで反省すべき試合だということでしょうか?
「どちらもあるんじゃないでしょうか。ホームで勝点3を取れなかったことは、とても悔しかったですし、私の力不足だと思っています。ただ、我々はリスクを背負って攻撃に出ていったわけですから、その中で2点目を奪われなかったこと、攻め続けたという点については、選手の頑張りを高く評価したいと思います。今は順位というよりは、自分たちのサッカーを築き上げて勝っていくことを目標としているので、もっと、もっと自信を持って選手を送り出していきたいし、選手にもやってもらいたいと思っています」

●奥野僚右監督(山形):
「今日の試合において、選手たちの技術的な部分であったり、戦う姿であったり、90分間、ホイッスルが鳴ってから、鳴り終わるまで、その戦いぶりにとても成長を感じて満足しています。結果的には勝点1ということになりましたけれど、自分たちにとっては、勝点1以上のものが感じられた試合になりました。前半に先制点を挙げて、後半に追いつかれるという試合ではありましたが、ベンチを含めた18人それぞれが、それぞれの役割を果たしてくれましたし、また、途中交代の選手のプレーもとても満足がいくもので、流れを変えることができ、中の選手たちを助けようという意識も感じられました。アウェイの難しい試合ではありましたが満足しています」

Q:福岡に押し込まれる部分もあったように思いますが、そこから再び流れを引き寄せました。
「サッカーはボールを奪い合うスポーツですから、当然、ボールを保持しているチームが攻撃に移るシーンが多くなってきます。その点で、前半は自分たちが難しいプレーを選択してボールを失うことが多かったので、後半はシンプルにやろうという話をしていました。ただ、相手の個人技の部分や、組織としてどのようにやろうかという部分も明確であって、また、福岡さんは1点のビハインドという状況でしたから積極的に出てこられたというのがありました。振り返れば、相手に流れが行っている時の自分たちの戦い方が確実に出来ているんじゃないかなと思っています。そして、ひとつのプレーをきっかけに、また流れを自分たちに引き寄せる作業ができてきたなと。各自が、どこが危ないのか、どこが起点になっているのかというところを把握して、上手く消し始めて、自分たちの流れを引き寄せたという感じでした」

Q:交代選手2人(太田徹郎、廣瀬智靖)が流れを引き寄せたのも、今日の収穫のように思いますが。
「彼らがキャンプの時から見せ続けているプレーを自分は知っています。そして、彼らはチャンスに自分のプレーを出し切る作業と、チームの中で自分が生きる作業を精一杯やってくれたと思っています。そういった部分が、相手に対して優位に立てたということだと思います。試合に出す時は何の心配もしていませんでした」

●尾亦弘友希選手(福岡):
「失点シーンは、まだまだ改善の余地がありますし、パスを出された選手もプレッシャーに行けてなかった点や、セットプレーも失点はしてませんでしたけれど、やられている部分も多々あったというところも、改善すべき点だと思います。ただ、改善すべき点は明確になってきているので、その部分を少しずつ埋めていけばいいチームになっていくと思います。今日の相手が首位だということは、自分たちも首位にいれる力を持っているということだと思うので、歯車がかみ合えば、内容も、結果も付いてくるし、課題や、最後の部分を改善していけば、十分に上位を狙える位置に行けると思いますし、それだけのポテンシャルも持っていると思います。正直に言って、ホームだったので勝ちたかったというのはあるんですけれども、負けなかったということを前向きに捉え、改善点は選手で話し合いながら、トレーニングや試合の中で改善していきたいと思います」

●城後寿選手(福岡):
「失点したことでチームがガクッと来て、周りもそういう雰囲気になってしまったのですが、良くない雰囲気が周りに伝わるのは良くないことだと思いますし、悪い状況の時に、いかにいいプレーをするかが大事だと以前から思っていたので、前線からプレスに行って、後ろの選手にいい影響を与えられればと思ってプレーしていたのですが、もう少しハッキリしたプレーをしなければいけないと思います。割り切ってやらないと、どんどん失点を喰らうんで、練習から、そういう状況を想定してやらないといけないと思います。得点シーンは、ロングスローから古賀さんが上手く落としてくれて、なんとなくボールが来そうな感じがしていました。流れの中からの得点ではありませんでしたけれど、得点を決めることが出来たことについては満足しています。ただ、後半にもう一つチャンスがあったので、そこを決め切らなければ、やはり勝てないなというのが印象です。全体的に見て、どうしようもなく悪かったとは思わないので、決めるべきところを決める、強く行くところを行くというところを、もう少し詰めていければ勝点3には近付いて行けるんじゃないかと思います」

●末吉隼也選手(福岡):
「失点シーンは、なんでもない2列目からの飛び出しからのもので、それを受け渡したんですけれども、GKとDFのどちらが処理するかというところが曖昧になって失点してしまいました。そこはハッキリしたプレーが必要だったと思います。前半はそれ以外にピンチはなかったので、もったいない失点でした。ここのところ、0で抑えている試合が少ないし、1-0で勝てるチームが本当に強いチームだと思っているので、簡単に失点しすぎたなと感じています。それを取り返せたのは良かったんですけれど、そこで勝ち越す位の試合をしていかないと上位には行けないと思います。いま、アウェイ、ホームに関係なく勝っていないので、栃木戦はイレギュラーな試合ですけれども、21分で絶対に逆転するんだという気持ちを見せて戦いたいし、富山戦は栃木戦に次いで連勝し、そしてホームに帰ってこれるように頑張ってきたいです」

●太田徹郎選手(山形):
「同点の時に交代したので、まず点を取ることを考えてピッチに入りました。あそこで決め切られないと強くなれないと思うので、しっかりと決め切れるようになりたいと思います。今まで引き分けに終わっていた試合でも、最後に決定的なチャンスがあったりしたので、そこを決められる選手になりたいです。次はホームの試合なので、勝点3を取れるように、しっかりと準備したいと思います」

●廣瀬智靖選手(山形):
「ピッチに入る時に細かい指示はなく、取り合えず暴れて来いという感じでした。ですから、自分の持ち味であるドリブルとか、ラストパスを出していければと思って試合に入りました。持ち味が出せた部分はあったので、もっと最後の精度を詰めていきたいなというのがあります。徹(太田)と二人で、今日は距離感を大事にしてプレーしようと言っていたので、それは出来たと思います。次はホームゲーム。勝利するだけです」

|

« 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント | トップページ | 13節:栃木 2-0 アビスパ、20120517:いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14節:アビスパ 1-1 山形、20120513、いろんなコメント:

« 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント | トップページ | 13節:栃木 2-0 アビスパ、20120517:いろんなコメント »