« 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント | トップページ | 14節:アビスパ 1-1 山形、20120513、いろんなコメント »

2012年5月 3日 (木)

12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント

●前田浩二監督(福岡):

・反応をもっと早くしよう!
・もっとセカンドボール歩をひろっていこう。
・もっと仕掛けていこう。

●田坂和昭監督(大分):

・3トップがもっと中を切ろう。
・ボランチは、もっとプレッシャーを厳しくいこう。
・逆サイドは、もっとしっかりと絞らないとやられるから、しっかり絞ろう。
・攻撃は悪くないから続けていこう。
・笛がなるまで、しっかりプレーを続けよう。
・意地の見せどころだ。意地を見せよう。

●前田浩二監督(福岡):

Q:試合を振り返って。
「皆さん、こんばんは、前田です。結果としては1-1だったんですけれど、我々の目指すサッカーという点では、選手たちは最後まで信念を持ってやってくれました。契約書に例えて言うのであれば、『勝利』という最後の所にサインを書き納められなかった、詰めの部分だけの差で1-1になってしまいました。それでも、選手はファイトしてくれたと思います」

Q:今日は高橋選手を変えて、西田選手を先発に起用しましたけれど、その意図を教えてください。
「1点目はコンディションがいいということ。2点目は、しっかりとボールが収まって攻撃の起点になるということ。中盤でボールを受けてから、より前線に押し上げていく段階で西田の起点が必要だと考えていましたが、彼のところでしっかりと溜めて、よりアタッキングサードの方へのプッシュアップを狙っていました」

Q:いいゲームだったと思います。しかしながら、目標を達成するためにはホームゲームでは勝点3を取るとことが必要だと思います。足りなかったものは何でしょうか?
「それはゴールですね。あとは私の詰めの部分ではないでしょうか。選手は、日々成長を重ねていますので、後は私自身が、選手を見て高めていくというところが、得点や、流れにつながってくるのではと考えています」

Q:中2日で迎える栃木戦について、どのように修正し、どのような戦いをしたいと考えていらっしゃいますか?
「アウェイに乗り込んで違う戦いをするつもりはありませんし、これまでにやってきたことを信念を持って取り組んでいくと選手には伝えましたし、また、サブやメンバー外の選手も含めて、一体となって戦って行くということだと思います」

●田坂和昭監督(大分):

Q:試合を振り返って。
「まず、アウェイにも関わらず沢山の方に応援に来ていただき、またホームのような雰囲気を作っていただいたことに、本当に感謝したいと思います。勝てはしませんでしたが、非常に厳しい連戦の中で、お互いに疲れを感じさせることなく、互いに走り合い、球際では競い合い、見て下さった方には、ハラハラするゲームだったのではないかと思います。よくダービーでは勝っていないと言われますが、そういう意味でも、特に今日の試合は勝とう、アウェイだけど、連戦の中だけれど、みんなで力を合わせて勝とうという話しをして試合に臨みました。前の試合からの短い期間の中で、今日やろうとしたことは随所に出ていましたし、守備では最後のところで体を張って守るシーンがありましたし、勝点3は取れなかったですけれども、次の試合につなげるための貴重な勝点1だったと思っています」

Q:前節と比較して先発メンバーが大幅に入れ替わりましたが、その狙いと評価を聞かせてください。
「メンバーを変えたのは疲労の部分もありますが、前節の熊本との試合から、より攻撃的に、自分たちでボールを動かしながら後ろから運んでいく、ポゼッションしながら攻めに行くということを狙いたかったので、敢えてイ ドンミョンを3バックの右において、フレッシュな安川を左において、ということでした。石神を前においたのは、クロスを狙ったり、サイドチェンジを使いたかったので、それがポジションを変えた意図です。ドンミョンは、少し守備のところが怪しいなというのはありましたが、攻撃のところでは起点になっていましたし、オーバーラップは迫力がありました。安川は今季初先発だったんですけれど、彼の良さである。球際の強さ、高さ、前線へのフィードというところは評価できるのではないかと思います

●坂田大輔選手(福岡):
「あまりにも早い時間帯での怪我だったので、様子を見ようと思ってプレーしていました。どうやってそうなったのかは、あまり覚えていません。
(Q:それでも1点に絡みましたが?)
動けなかったですからね(笑)。ボールが来て、城後がいいところに来てくれたので、結果的にゴールが生まれました。後半は試合に出ていなかったですけれど、あれだけチャンスがあって点が取れなかったので、みんな思うところがあると思う。次は勝点3を取りたいですね。
(Q:次の試合は?)
1日経って痛みがひけば全然問題はない。今日はダッシュが出来なかったんですけれど、ダッシュさえ出来れば、基本的には問題はない」

●西田剛選手(福岡):
「監督からは、前で起点になってからゴールに飛び込むというのは自分の特長でもあるので、それを何回も出して行けと言われました。(ヘディングシュートのシーンは)ちょっと入りすぎたかなと。もうちょっと余裕を持って入っていければ、いい態勢でヘディングが打てたと終わってから感じました。あと少しというシーンが多かったのですが、そのあと少しが自分の力の足りないところだと思いました。練習からそれを意識して、残り10センチの距離を埋めていきたいですね。
(Q:先発したことでチームの一員になれた実感は?)
いえ、ゴールして勝利に貢献して初めてチームの一員になれたんだと感じることが出来ると思っています。怪我から復帰して、途中出場して、そして今日は先発してと、少しずつですけれど段階は踏めていると思うので、後はゴールを取って勝利に貢献し、それを続けていくことだと思っています。やることははっきりしているので、コンディションを切らさずに、いい準備をしていきたいです」

●城後寿選手(福岡):
「勝点2を失ったように感じています。失点しましたれど前半の内に追いついて、後半その勢いのまま試合に入れたし、チャンスも数多く作れました。けれども、決めるところで決めないと、こういう試合になると改めて感じさせられた試合でした。この気持ちを次につなげなければいけないと思います。5連戦のうち4試合が終わって勝点2というのは、自分としては想定外。次の試合に勝っても勝点5にしかならず、これからの戦いが厳しい状況になったと感じています。けれど、先のことを考えても仕方がないので、とにかく栃木に勝って、その後の1週間で、どうやって勝点3を取るかということを考えながらプレーできるようにしたいと思います。
守備については、今日は(西田)剛が入ったことで前線からボールが追えていたし、ボールもキープしてくれるので、前線からの守備が機能した。中盤で上手くボールを奪って、そこから自分たちのショートカウンターのような形が何回も出来たので、次の試合でもしっかり続けたいと思います。ただ、失点したシーンはセットプレーからだし、今までも何回もやられている。何かしらの改善をしなければいけないと感じています」

●木原正和選手(福岡):
「流れが大分に傾いていたので、自分の特長であるドリブルで仕掛ける、裏へ抜ける、そういうシーンを数多く作って流れを変えようと思って試合に入りました。監督からの指示は、思い切ってやってこいと一言だけだったのですが、それでかえって自分の気持ちが吹っ切れました。この前の初ゴールがいい形で決められて、早く2点目を決めたいので、今日はどんどん狙っていこうと思っていました。今度はしっかりと決め切りたいです」

●村井慎二選手(大分):
「勝点3が取りたかったので、素直に悔しいです。ここのところ負けていないので、ある程度の自信はありました。でも福岡はいいチームだったので、内容のあるサッカーは出来なかった。前半のうちに2点目を狙っていたんですけれども、取った後にすぐに失点してしまったことが、振り返ればもったいなかったなと思います。為田とコンビを組んで勝ちたかった。でも、結果は出ませんでしたが、出来た部分は多かったと感じています。すぐに試合がありますので、まずは体のコンディションを整えること。連戦では、それが一番大事だと思うので、しっかりと整えたいと思います」

●阪田章裕選手(大分):
「福岡の2トップは、両方ともスピードがあるので、基本的なことではありますけれど、自分1人だけではなく、最終ラインの3人と両ウイングも合わせて、チャレンジ&カバーをしていこうということで試合に臨みました。福岡はクロスボールが多く、結局中へ入れられて失点した。そこは修正しないといけない部分だと思います。これからもクロスを入れてくるチームは多いだろうし、そこでやられていると勝てないので、みんなで修正したいです」

|

« 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント | トップページ | 14節:アビスパ 1-1 山形、20120513、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント:

« 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント | トップページ | 14節:アビスパ 1-1 山形、20120513、いろんなコメント »