« 10節:アビスパ 1-3 東京V、20120427、いろんなコメント | トップページ | 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント »

2012年4月30日 (月)

11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント

●城福浩監督(甲府):
・ポジションをしっかりとり、いつもやっている事をやること。
・イライラしないでプレーし続けること。
・後半最初から全力でプレーすること!

●前田浩二監督(福岡):
・前半よりももっと集中しよう!
・ボールと逆サイドのポジショニングに気をつけよう!
・セットプレーは早く!

●城福浩監督(甲府):
「非常に悔しいゲームになりました。このホームスタジアムで応援して下さる皆さんと勝点3を喜び合いたかったのに勝点1で終わって悔しい。ゲームはこれからしっかりと考えないといけないが、決定的なシュートのところで今の印象で言うと少し思い切りが足りなかったように感じている。ボールを運んでそこからの迫力ではこのチームはもっともっとやらないといけない。もちろんポゼッション率を高めてもっとゴール前に運ぶ回数も多くしないといけないが、ゴール前に運んだ後の思い切りや強引さはこのチームが抱える一つの課題。少なくとも次の試合についてはこの意識だけでも変えて臨みたい」

Q:(フレッシュな選手で)モビリティを出したいと話していたが、特に後半にそれは出せたのか
「前半の入りは悪くなかったと思う。決定的なチャンスもあって、ただ大きいボールで押し込まれた。最初の相手のチャンスで点を取られたという意味で、前半の最後はあまり良くなかった。後半はピンバと永里の立ち位置を変えてそれは悪くなかったと認識しています。自分の中ではあのままのメンバーでもう少し続けるべきか、交代選手のさらなるモビリティを促すフレッシュさに賭けるか決断が難しかったが、後者を選んだ。その意味で新しい選手を出してモビリティがあったのか、課題は残った試合です」

Q:3枚目のカードについて
「言える範囲ですが、ダヴィの近くにもう一人選手がいてほしくて青木に期待した。その前の柏も相手陣深くで揺さぶっていい形を作れていたのでそこから突き崩してほしい選択肢。最後は攻め込む時間が長くなると思ったので、サイドバックでもっとワイドを取ってもっと中の人数を増やして攻め込みたかったが上手くいかなかった」

●前田浩二監督(福岡):
「アウェイに乗り込んで1-1。多くのファンに勝点1をプレゼントできたと思います。10,070人のお客さんが入った関心の高いゲームだったと思います」

Q:戦う気持ちを出せた試合になったのか?
「とても選手が頑張ってくれたと思います。コンディションはお互いに一緒なので言い訳にはならない。その中でアウェイに乗り込んで選手たちが思う存分力を出してくれて、彼らの真摯なプレーがベンチにも伝わって感謝しています」

Q:3枚目の交代カードについてはどう考えていたのか
「後半最初のCKで失点しました。これは想定内でもあり、想定外でもある。そのなかでどう2点目を取りに行くのか、どう1-1でゲームを終わらせるのか常に考えていました。途中、坂田、木原で背後を突いて相手も嫌がっていた。西田の選択肢もあったが、時を待っていた。我慢して3枚目を切らなかった。最後は3枚目を切ってバランスを崩すことがリスキーだったので、最低勝点1を取ることで割り切りました」

●片桐淳至選手(甲府)
「早い時間に同点に追いついて甲府のサッカーに持って行けるのに最後のところで点が取れずに引き分けになる流れを変えられない。でも、決定機を作れていないわけではない。フル出場したのは今シーズン初めて。結果を出したかったが、たまには自分らしさを見せられたと思います。でも、もっと出来なきゃおかしいと思っている自分がいる」

●ダヴィ選手(甲府)
「勝点1は残念な結果。アウェイで勝って、ホームで勝てない。サポーターに申し訳ない。チームで考えてもっと勝点3にこだわらないといけない。最近ホームで勝っていない。みんなもっとアグレッシブにプレーしないと駄目。シュート数がいつもより少ない」

●保坂一成選手(甲府)
「後半もう一つ崩せなかった」

●荻晃太選手(甲府)
「(失点シーンは)クロスを上げる選手へのアプローチが少し遅く、ディフェンスラインのスライドが少し不十分だったと思う。自分自身もニアが空いていると思っていたが、中を充分に確認する余裕がなかった。でも落ち込んでも仕方がない。順位が近い相手と戦えることをプラスのモチベーションに変えていきたい」

●坂田大輔選手(福岡)
「(ゴールシーンは)ニアのスペースを消されないように中でタメを作って入った。トレーニングから城後とニアで合わせている。イメージ通りにニアでピンポイントで合わせてくれた」

●鈴木惇選手(福岡)
「立ち上がりから福岡が点を取るまでは甲府に勢いがあったと思う。でも、全体的にはイメージ通りの試合展開だった時間が長かったと思う。球際の厳しさは最後まで出せたと思う。今節もセットプレーから失点したことは反省点」

|

« 10節:アビスパ 1-3 東京V、20120427、いろんなコメント | トップページ | 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント:

« 10節:アビスパ 1-3 東京V、20120427、いろんなコメント | トップページ | 12節:アビスパ 1-1 大分、20120503、いろんなコメント »