« 9節:徳島 0-4 アビスパ、20120422:いろんなコメント | トップページ | 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント »

2012年4月27日 (金)

10節:アビスパ 1-3 東京V、20120427、いろんなコメント

●前田浩二監督(福岡):
・ファーストディフェンスのアプローチを、もっと早くすること。
・セカンドボールをもっと拾っていこう
・相手のスペースを、もっと突いていこう

●川勝良一監督(東京V):
・前半は、良く攻められている。後半はさらにシュートの意識を持って思い切って行こう
・運動量は落とさずに出し切ろう!

●前田浩二監督(福岡):
「こんばんは、前田です。1-3で負けました。選手たちは頑張っていたと思うんですけれども、喧嘩で負けたということです。以上です」

Q:喧嘩で負けたと言うことでしたが、もう少し分かりやすく教えていただけますでしょうか
「向こうの土屋選手、西選手、森選手、途中から入ってきた巻選手という経験のある選手の、ワンプレーのパンチ力と言うか、簡単に言うと、バーンと行った時に、他の選手のテンションが上がっていきますよね。そういうひとつ、ひとつの球際のところはサッカーにおいては、いろんな反応がおこりやすいところですけれども、そういったところで一歩引いてしまうとか、そういうところだと思います。これは僕が就任して感じたことなので、まだ改善出来ていないのは私の責任だと思っています。ただ、少しずつ成長しているので継続していきたいと思っています」

Q:2失点目、3失点目がクロスのようなボールがそのまま入ってしまったような形になりましたが、ああいう形が続いたことに関して、監督として、どのように考えていらっしゃいますか?
「どちらにも同じようなことが言えると思いますが、俺が止める、俺が抑えるというところだけのシーンだと思います。具体的に言ったら、ボールへの寄せとか、この前のゲームで良かった点が一瞬ズレたと言うところですけれども、今は続けていくしかありません。選手も感じていると思います」

Q:選手たちは一生懸命に戦っていると思うのですが、ファイトしようという姿勢を上手く表現できなかった試合だったと思います。それはやはり、発展途上のチームだからなのでしょうか
「何度もお話させていただいているように、受け身からのカウンターというところから、自らアクションを起こして突破するとか、アクションを起こしてボールを奪いに行くというところへチャレンジしようという目標を掲げてやっていますので、もう一歩、前へ出る勇気とか、仕掛ける勇気とか…。今日は仕掛けの部分で相手に先手を取られてしまったなと言う風に思っています。サッカーにおいては仕掛けるというところがすごく大切だと思うので、これからもチャレンジしていきたいと思います」

●川勝良一監督(東京V):
「勝てるゲームを落として連敗中ということでしたし、この前(湘南戦)の試合は、前半は攻めると言うよりも、守るという意識が高かったので、今日の試合前には、攻めながらディフェンスする、強く攻めようという意識を持ってゲームに入ろうと。細かい戦術的なアドバイスよりも、前に攻めるということを何回も選手たちに話してゲームに入りました。芝がスリッピーでしたけれど、技術的な面では、うちの選手たちは問題はないし、攻めようという意識も強く、そして、よく攻めてくれました。出来れば、前半に3、4回チャンスがあったので、それを決めてくれたら、後半はもう少し楽に出来たと思いますけれども、連敗中にありがちな少し消極的になるというシーンもなかったので、これを繋げていきたいと思います」

Q:対福岡という意味では注意されたところはありますでしょうか
「いえ、特別にありません。どことやってもシステムとか、選手を代えるということはありません。ただ、湘南戦の前半とかは、攻めるという姿勢を出せなかったので、それを選手たちに伝えました。うちの一番の良さというのは強く攻める姿勢で、それは同時に、ディフェンスしているのと同じ行為なので、そこを最後まで全員でやって行こうということです」

●坂田大輔選手(福岡)
「(ゴールシーンは)自分がポジションに入るときにはニアサイドを切らないようにという感覚があるので、当てれば、あのコースに行くというのはあります。上手く足に当てること、そして、自分がセンタリングに対して入っていくときには、ニアより越してしまったらゴールには入らないので、そこは常に意識しています。(試合の結果は)自分たちの時間帯もありましたけれど、この前の徳島戦と比べて明らかに短いことは分かっていました。ただ、FWはゴールを取ることで流れを変えることが出来るポジションですし、自分が何とか前半のうちに1点を取っていれば流れも変わったと思うので、それは残念です。連戦になると内容もそうですけれど、大事なのは、とにかく勝点3。今日もそうでしたけれど、対戦相手は自分たちの上に居るチームなので、価値としては勝点3以上のものがあるので、とにかく勝点3だけを意識してプレーしなくてはいけません。失点しない。点を取る。当たり前のことですけれども、それを心がけて戦っていきたいです」

●古賀正紘選手(福岡)
「アビスパの一員として、このスタジアムでプレーできたことに関しては感動しましたし、今までいろんなチームに在籍しましたけれど、その中でも、一番心に来るものがあったので、自分の中では大きな出来事でした。試合の方ですけれども、チームが上手くいっていない時に、後ろからコントロールするべきところで、もっとコントロールすべきだったと思っています。前半は、本当に何もない形で終わってしまいましたし、その中でも、0に抑えなければいけなかったんですけれども、そういう意味では、最悪に近い前半だったと思います。自分たちがやるべきことをやらないで負けるのは最悪の状況に近いと思うので、チーム全体が後ろから責任を持って声を出すべきかなと試合を終わって思いましたし、そこは選手間で確認していたことでもあります。自分たちがやるべきこと、当たり前のことを当たり前にやる、それが大事だと思います。次の甲府戦では、もう一度、自分たちのサッカーがどういうものかを意識してやっていきたいですね。そして、結果として失点0で抑えたいと思います」

●成岡翔選手(福岡)
「中盤で相手の方が上手かったですね。回されてしまいました。守備に割く時間の方が長かったです。(自滅と言うよりも相手のペースに引き込まれた?)自分の感覚ではそうです。もうちょっと守備のプレッシャーとか積極的にやっていかないと、上手い相手からはボールを奪えないので、守備のところで、もっと思い切って行ったら良かったかなと思います。次ですね」

●飯尾一慶選手(東京V)
「すごく大事な試合だとみんな思っていたし、3連敗は絶対に出来ないと思ってやっていたので、立ち上がりから攻撃的に行けました。守備への切り替えは毎試合、毎試合早かったので、それを継続しながら、後は点を取るだけという形で練習してきましたが、それを前半から出すことが出来たので良かったです。福岡は早い攻撃が多いし、ヘディングも強い選手が多いので、足下につないでいこうと話して、自分は裏へ飛び出していく意識を持ってプレーしました。攻撃ではジョジマールがニアに入ってくれて、阿部ちゃんがこぼれ球に反応して、自分を加えて3人でも点が取れるし、逆に8人かけても点が取れるというのがチームとして目指しているところだと思うので、いろんなバリエーションが持てれば、それがいいと思っています。今日から連戦が続きますが、福岡という強い相手にまず勝てたので、これを続けてやっていかなければいけないと思います」

●土屋征夫選手(東京V)
「梶川も何試合かボランチで出ていたし、いい選手ですし、シンプルにボールを動かすように言って、彼もシンプルにボールを動かしてくれました。また、和田が掃除役のような形でしっかり締めてくれて、いいコンビでやってくれていたので、DFラインはすごく楽でした。ジョジマールも前線で体を張ってボールを収めてくれたし、チーム全体で良く戦えた試合だったと思います。両サイドも上がってチャンスメイクしていたし、その過程でボランチの2人がボールを良く動かしていて、中盤で上手く動かせたからこそサイドが空いてきたので、そういう部分では、自分たちのやりたいサッカーが出来たと思います。また、1失点してしまいましたけれど、つなぐだけが自分たちのサッカーではないし、しっかりとしたDFもやらないと負けてしまうし、その部分でも、みんな前からしっかりとディフェンスしてくれた試合だったと思います」

|

« 9節:徳島 0-4 アビスパ、20120422:いろんなコメント | トップページ | 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10節:アビスパ 1-3 東京V、20120427、いろんなコメント:

« 9節:徳島 0-4 アビスパ、20120422:いろんなコメント | トップページ | 11節:甲府 1-1 アビスパ、20120430、いろんなコメント »