« 20120311:町田 0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | なぜか、ほとんど報道されない「なでしこ近賀選手」のケガ:2012年3月 »

2012年3月17日 (土)

20120317:湘南 3-1 アビスパ、いろんなコメント

●曹貴裁監督(湘南):
・守りに入らない。
・前半と同じように試合に入っていこう。
・疲れた選手から代えていく。

●前田浩二監督(福岡):
・落ち着いてプレーすること。
・我慢強く戦おう。
・サイドをうまく使って攻撃すること。

●曹貴裁監督(湘南):

「雨のなか、足元の悪いなか…と結婚式で使うような言葉を言いますが、サポーターの皆さんが応援してくれて、それが選手の力になったんじゃないかと思います。相手が10人になってから、ハーフタイムにほんとうに色気を出さないでシンプルに湘南らしさを貫こうと言ったんですが、おおむね交代で出た選手も含めてそういった我々の狙いを最後まで出し続けられたのではないかなと思います。ただ、シュートを打てる場面で打たなかったり、後半の残り10分ぐらいはセカンドボールに対して足が止まっていた場面もあったので、そのへんはまだ我々の甘さかなと、次の試合に向けて課題が出たというふうに思います」

Q:3試合全部雨ですが、コンディションを保つのが難しいと思いますが。
「雨を降るなと言っても降っちゃうんで…でも雨がそんなに苦手だとはうちのチームは思っていません。そういうこともあるし、いい準備をしようと話している。できれば晴れてくれたほうが、お客さんがたくさん来てくださるのかなと思いますが。こんどの試合が晴れることを個人的には祈っています」

Q:今日もアディショナルタイムにゴールが生まれた。最後の粘りについてはいかがですか。
「もっと早く取れればいいんですが、そういかないのがサッカー。ただ最後までゴールを奪いに行こうという姿勢が選手たちに見えたのは監督としてうれしく思いますし、1点取られたあとも、やられるんじゃないかという空気よりももう1点取って決めるぞという空気がグラウンドのなかにあったのは選手たちの成長じゃないかと思います」

Q:先発で前の2人を代えましたが、狙いは。
「勝ったから同じメンバーでいくわけじゃないと就任当初から話しているので、今日のゲームに臨むコンディショニングと組み合わせの問題、あとはゲームプランで2人を入れ替えてやった。それ以外には理由は特にない。27人全員が戦力だと話しているので、そのなかで2人が代わって新しく出たというだけで、またこんどはこの2日間の状態を見てメンバーを決めようと思っています」

Q:3試合連続得点している岩上選手については。
「選手全員が今チームとして目指すものをやろうとしているなかで彼の得点は目立っていますが、そこに至るまでに周りがつくったことのほうがチームとしては大事なので、祐三ひとりが頑張っていて勝ちに繋がっているというわけでは決してないと思います」

Q:中2日で岐阜戦ですが、それについては。
「しっかりビデオを見て相手の分析をした上で、この2日間でできるだけのことはやっていきたいし、中2日と時間の短いほうがキャンプから積み上げてきたトレーニングの成果が出るんじゃないかなと個人的には思っているので、つぎの試合も全力でしっかり準備をして臨みたいと思います」

Q:交代は疲れが見えたから代えたのでしょうか。
「どういうふうにゲームに入り、どのように終わるかというプランのなかで2人がベンチから行ったというだけで、決して、今日は大介(菊池)が出てないが全然悪いわけではないので、次また全力でパワーが出せるようなメンバーを組んで、今日メンバーに入ってない選手にももちろんチャンスがありますし、そういうことも含めて考えていきたいと思います」

Q:3連勝で現時点で首位ですが。
「あ、そうなんですか…全く何とも思わないというか、まだ3試合なので、3試合でリーグが終了するなら喜んでもいいんでしょうけど。たぶん湘南は3回勝たないだろうと思う人がたくさんいたと思うので、その意味では少しはよかったのかなと思いますが、調子に乗ればすぐに3連敗するだろうと思われると思うので、謙虚に行きます」

Q:3連勝は出来過ぎですか。
「出来過ぎでも予想通りでもないですね。監督初めてなので、3回やって3回勝とうなんてそんなおこがましいこと最初から考えてないので、一戦一戦勝つためにやってきた結果が今回の3連勝というだけで、もしかしたら3連敗だったかもしれない。ただ結果というのはあるが、湘南らしさを失わず、湘南として大事にしていることを全力で出そうと選手には言っている。その意味ではこの3試合は選手たちがよくやってくれていると思います。結果がどちらに転ぶかは今日の試合でも分からないところがありましたし、それについてはたまたま勝っているだけというところもあるので、今も選手たちに話してきたが、力があるわけではないよと、私自身についてもそういうふうに思っているので、何度も言いますが、足元を見てしっかり地に足つけてやっていこうと思っています」

Q:失点0に抑えられなかったこと、セカンドボールを取られたことに関してはどのように思いますか。
「戦術的なことは詳しく言えないこともありますが、2-0で勝っていてこのまま行けるだろうと選手が少しずつ横着している部分があの時間帯にあったので、それでやられた。本当なら追いつかれると思うんですよね。それを勝ちに繋げたのはいい部分なんですけど、京都戦も1点目セルフジャッジをしてやられてしまった。今回もあの時間帯にやるべきことをやらなくて失点してしまったということで、本来なら勝点を失うところを勝ってそれを学べるというのは、その意味では我々は恵まれていると思いますし、次節に向けて、時間帯ややっていいプレー悪いプレーをあの失点からしっかり学ばなければいけないと思っています。

Q:PKは遠藤選手が蹴りましたが決めていたんでしょうか。
「決めていました。あいつは19歳ですが、見たら30歳ぐらいの顔をしているので、いいんじゃないでしょうか」

Q:代表合宿に行ってて違和感はなかったのでしょうか。
「代表合宿に行くのはいいことだし、抜けていたのは2日間。疲れもあるでしょうけど、点を取ればそれもなくなるんじゃないですか」
Q:マセナ選手の見通しは。
「もうちょっとしたら戻ってきてくれると思います。スタートとサブのメンバーを決めるのも本当に寝られないぐらい大変なので、そこをできればやりたくないと個人的には思いますが(笑)やらなきゃしょうがないので、それはツライですね」

●前田浩二監督(福岡):
「アウェイ2連戦で平塚に来ましたが、序盤湘南の勢いと、我々がファーストボール、セカンドボールに行けなかったこと、狭い局面で相手のサッカーに付き合ってしまったこと、奪われ方が悪く湘南さんにペースを掴まれて先取点を許してしまった。その後カウンターを狙って同点を狙っていたが、0-2となってしまった。選手たちがその後頑張って1点返して盛り返したが、ご覧のように3点目を取られてゲームは終わってしまったというのが今日の内容と結果だと思っています」

Q:厳しい試合ではありましたが、前半、全体でボールを囲みながらうまく耐えて守っていた印象もありますが。
「守備に関しては、それぞれの距離感が広く、あいだを通され、背後を突かれていたというのが私の印象です。一人ひとりの距離感と、そのまえにボールへのアプローチが遅い分、相手に揺さぶられてしまったというのが私の印象です」

Q:後半すぐに鈴木選手が交代になりましたが、負傷ですか、戦術的理由ですか。
「負傷、アクシデントです。(次の試合に出られるかの診断は)今からですね」

Q:石津選手、畑本選手が公式戦初出場でしたが、2人について感想をお願いします。
「2人ともキャンプ前から調子は上がってきていた。とても戦術理解も早く、石津に関しては得点能力に長けている選手なので、もっといいタイミングで投入させてあげたかったが、よく落ち着いてプレーできたと思っています。畑本に関しても、アクシデントのなか、彼がやってきたことはチームの利益になってくれたと、2人とも評価したいと思っています」

●遠藤航選手(湘南):
「前半は1タッチで繋ぐなど自分たちのテンポをつくれたと思う。チャンスがあるなかで決め切れなかったけど、いい時間帯に1点取れたことはよかった。10 人になって割り切って下がった福岡に対して、自分たちはボールは回しているけど前に行けないことが多かった。そこは課題です。(3試合連続複数得点について)90分通して点を取りに行く姿勢をみんなが持っていることが複数得点に繋がっていると思う」

●高山薫選手(湘南):
「(素早いリスタートについて)攻守の切り替えとかは調子がいい悪いに関係なくできることなので意識している。それが得点に繋がったのはうれしい。(失点について)相手のスイッチが入った時に、うちは足が止まっていたかもしれない。3試合を通じて全体的には少しずつよくなっていると思う。ただ守備の場面で、振り返ると危なかったシーンなどがあるので、そういうことがないようにしていきたい。個人的には攻撃にアイデアを出してバリエーションを増やしていきたい」

●馬場賢治選手(湘南):
「3点目を取って勝ち切れたことは、最後まで走れる湘南の証明になったかなと思う。アディショナルタイムまで点を取れる走力と気持ちが自分たちにはある。(ゴールについて)いいボールで、合わせるだけという感じでした。(途中出場について)ベンチから見ている時も、自分がピッチに入った時も実感したけど、前と中盤でボールを動かせたので、足元で受けるのか裏に出すのかをしっかり使い分けようと話していた。(失点以降)相手が押せ押せになったとき、もっと声を出したり、繋ぐだけでなく割り切って裏へ蹴ったりすることも大事。これは2戦連続感じていることです」

●尾亦弘友希選手(福岡):
「湘南はシステムが特徴的。オーソドックスじゃないのでマークしづらかった。前半の終わりの失点とひとり退場になったことで難しいゲームになってしまった。ひとり少ない状況で2点目を許してしまったことも痛かった。前半ビルドアップをもっとやりたかったけど、相手の素早いプレッシャーもあり、支配できなかった。つぎに向けて改善していきたい」

●高橋泰選手(福岡):
「前半は相手にやりたいことをやられている時間が多かったですが、相手のミスもあって、0に抑えていた。決定的にやられていることは少なかったけれど、ひとり減ってPKで失点したので、あのプレーがもったいなかった。後半は、1失点のままでいって同点を狙っていたんですが、次の1点を取られてしまったのが後半の全てでした。攻撃面での課題は組み立ての部分。もう少し相手の陣地でプレーすることと、崩してフィニィッシュまでというシーンを多くしたい。いま大事なことは、連敗しないこと、今日出た課題をどこまで修正できるかということ、そしてコンディションをいかに整えるかだと思います」

●岡田隆選手(福岡);
「前半の最初は、セカンドボールへの反応や、はめ込んで奪うことは出来ていたと思うんですけれど、奪った後というところでは、もう少し僕のところで、前に急ぎすぎないで、マイボールの時間を使いながら相手の隙を突いていくサッカーをするべきだったなと思っています。ちょっとした判断のところで前に急ぎすぎて、相手に奪われて、相手のリズムになってしまった。千葉戦も厳しい戦いになると思いますが、今日、自分たちが出来なかったボールを動かしてというところでは、もっともっとチャレンジしていかないといけませんし、球際、セカンドボールへの対応はもっともっとしっかりやっていきたいと思います」

|

« 20120311:町田 0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | なぜか、ほとんど報道されない「なでしこ近賀選手」のケガ:2012年3月 »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20120317:湘南 3-1 アビスパ、いろんなコメント:

« 20120311:町田 0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | なぜか、ほとんど報道されない「なでしこ近賀選手」のケガ:2012年3月 »