« 20120304:アビスパ 2-1 熊本、いろんなコメント | トップページ | 20120317:湘南 3-1 アビスパ、いろんなコメント »

2012年3月11日 (日)

20120311:町田 0-1 アビスパ、いろんなコメント

●オズワルドアルディレス監督(町田):
・前半はいい出来だった。後半はボールをもっとつないで攻めよう
・ボールを奪ったら、素早くFWへ入れて、フィニッシュ(シュート)まで行って終わろう

●前田浩二監督(福岡):
・シンプルにプレーする事
・相手の裏を狙おう
・ファーストボールへのアプローチを早く
・セカンドボールを確実に拾おう

●オズワルドアルディレス監督(町田):
「自分達のやったサッカーに対して、喜んでいます。自分たちの方が良かったのではないでしょうか?彼らのGKがとてもエクセレントだったと思います。しかしながら自分達の内容はよかったと思います。もっと多くは今の時点では注文していません」

Q:開幕戦よりボールがよく回った要因と、マーシャル選手のプレーについて?
「ボール回しもそうですが、まず戦いをきちんと挑んだ、ということにあると思います。アグレッシブな球際での部分があったからだと思います。そこの部分でまず、最初の試合に比べて良かったと思います。でも彼は足元でもっともっと大切にすることが良さなので、今日は彼の試合ではなかったと思います」

Q:前節はベンチにいなかった小川巧選手を途中から起用した意図は?
「攻撃的にやりたいという、チーム全体の思いでそうしました。DFを一人出して、そこに入れましたが、攻撃的に行くという意味合いです」

Q:先制された後にどういう指示を出したか?
「今のまましっかり続けていこうと。とてもチャンスも多かったですし、続けていこうということを伝えました。私はチームの内容をとても喜んでいます。何度かシュートがバーにも当たりましたし、そういう意味ではよかったと思ってます。後半に関しては、彼らのカウンターに十分用意するようにと伝えました。坂田選手を中心にとても速い選手がいるので、その点を選手には言いました。小川が左サイドもやりましたけれど、本当はもう少し前の選手だと思います」

Q:鳥取戦の抱負について?
「今日のサッカーを続けるということです。サッカーを、フットボールをしたいと思います」

●前田浩二監督(福岡):
「皆さんこんにちは。前田です。皆さんご覧のように、今日は私たちも、町田さんの方も、目指すべきサッカーのスタイルというのをできなかったというのが、正直な感想です。我々が一発決めて、ご覧のような内容、結果になった、そんな展開でした。試合前は今日は3月11日ということもあって、被災者の方々にサッカーを通して、何かできればなということを伝えて、一つになって頑張ろうということを伝えました」

Q:思うようなサッカー最後までできなかった原因は?
「一番はピッチコンディションです。ただ、環境のことに関しては、何も変えることはできないので、気持ち的にしっかり受け入れて、どのようなサッカーできるかということ、を試合前から話をしました」

Q:町田ゼルビアの印象は?
「アルディレス監督が目指すサッカー、町田が取り組んでいるサッカーというものが、徐々に浸透しているという風に感じました」

Q:前節からスタメンを2名入れ替えて、サブにFW登録を入れなかった意図は?
「私が考えるベストメンバーの定義は、前の試合で勝ったから固定するというのでなく、その週のトレーニングでコンディションのいい選手、というのを考えてます。11人中2人が変わったわけですけど、コンディションがいい選手、試合に出たい、勝ちたいという選手ということでこのメンバーを選びました。サブについては簡単です。それに見合う選手がいなかったということ」

Q:チームの修正点、改善するべき部分は?
「一人一人の距離感、特にFWと中盤の距離が広がったということ。ボランチとワイドの距離感が広がったことだと思ってます。ただ縦に早くなることで、その辺の距離感はある程度は覚悟をしていました。ただ思った以上に町田のプレッシャーが強く、町田さんは割り切って奪ったら前というのを徹底されていた。それが我々の間延びした要因になったと思っています」

●田代真一選手(町田):
「先週は最初からバタバタして、苦しくなってしまった。今週は球際でアグレッシブに行くというのをチームの目標としてやっていた。先週よりいいゲームができたと思います。
(マリノスで一緒にプレーした坂田大輔選手について)長いボールを蹴ってきた時の、そこの動き出しは、さすが坂田さんだなと思いました。
今日は別に下を向く内容じゃない。内容が悪くても1点取って勝ちに持っていくところは、アビスパとゼルビアの違いだなと思いました。
(長いボールが多かったけど?)そうですね。それで前半は相手の裏が取れたり、攻撃のタメができたり、うまくいってた部分があった。単調になってしまったけれど、そんな悪くなかったと思います。監督の指示ももちろんあったんですけど、本当はつなぎたいはず。ピッチコンディションがよくなかったので…。
今日は町田からサポーターに大勢来てもらったのに、勝点を取れなかったから残念な思いをさせてしまったけど、自分達は前を向いてアグレッシブにやっていきたい。内容がよくても勝たなきゃ意味がないので、次は結果を求めて、もっと貪欲にやっていきたいです」

●平本一樹選手(町田):
「今日はみんな前を向いてつなぎだしたし、前のところでボールを持てていた。最初に僕のチャンスがあって、ああいうとこ決めないと…っていう感じですね。
連敗はちょっとキツい。でもまぁまだまだJリーグを経験してない選手も多い。初戦より今日の方が内容もよかったし、そういうところで少しずつ自信がついてくれば、チームとしてよくなっていくと思います。だからこそ最初のところで決めたかったんですが、ダメでした」

●太田康介選手(町田):
「試合前に監督から言われていたのは、アグレッシブに戦えということと、セカンドボールを意識しろだったので、その部分はリズムが作れたのかなと思います。
勝又がいい動き出しで抜けてくれるので、(長いパスが)通ったから良かったですけど、なるべくなら下で色々崩していきたいと思っている。今日は長いボールが多かったかなと、やっていて、思いました。
野津田はホームですので、慣れ親しんだグラウンドでやることはアドバンテージだと思う。そこで自分達のサッカーが出せればいいかなと思っています。
決めるだけという部分も結構あったので、今日に関しては五分に戦えたんじゃないかと思います。本当にちょっとしたところだったので、それで勝敗が決まってしまったので、勿体ないというか…。
(マーシャル選手は)物怖じしないタイプなので、今日もすんなり試合に入っていたので、心強いですね」

●庄司悦大選手(町田):
「前半は自分がボールを触って、何とか組み立てることができたけど、後半は少し触る機会が減ってしまった。前後半を通してボールを触りにいかなくてはならないので、まだまだだと思います。
一人一人やることが明確になって、愛媛戦よりやりやすさはあったし、よかったと思う。ロングボールを蹴ることが多かったので、次はもっとつないで崩していきたい。
(明確になった点は)北井のポジションが愛媛戦は曖昧だった。今日は4-4-2で北井が左、僕が右に固定された。
連敗しているので、次は勝たなければいけない試合だと思う。結果を求めて、勝ちを目指して全員でやっていきたい」

●相澤貴志選手(町田):
「皆さんご覧になった通り、チャンスが多かったのは町田だと思う。最後のところを決めていれば…という感じで、チームとして自信にもなっていくと思う。(結果を出せば)チームとしてやっていることは間違ってないと証明できると思う。『いいサッカーをしてるだけ』になってしまうのが、決めるか決めないかの所ですね。
コンパクトにしてやった方が自分達のボールでサポートしやすいし、相手にプレッシャーも掛けやすい。(相澤選手が)裏のスペースをある程度ケアしてあげないと、自分達のやりたいことはできないので、そこはやっていきたいですね」

●薗田淳選手(町田):
「勝点3を奪うという意味では、相手の方が経験的に上なのかなと思う。試合巧者ぶりは見習わないといけない。ウチもまだJ2で2試合しかやっていないので、負けたけど悲観することはない。福岡は熊本戦の時にいいサッカーをしていたし、スピードを生かして裏を狙ってくるのは分かっていた。そこは予測したポジショニングで、ケアはしていました。
ただ自分とマサ(田代真一)のところで、ラインを止める部分と付いていく部分に、違いが出ているなというのが今日も何回かまだあった。背後から出たボールに対して、どちらが付いていくかという確認もしていかないとならない。
(セットプレーは)相手がゾーンディフェンスだったので、かなり入ってきやすかったし、ボールもいいボールが上がっていた。点が取れない時は、FKやCK はもらって欲しいなと思っていました。セットプレーは僕に限らず合っていたので、裏に勝又選手が抜けた時、CKを狙っていいのかな?という気はしてて、僕も試合中にCKを取ってくれとは伝えていました。
(前節はオウンゴールがあったけど)そういう時はあまりネガティブにならないようにしているし、コンディション的にもこれからだと思っている。この1週間は別メニューでフィジカルもやらせてもらっていたので、前回より体が動くという意味ではポジティブにやれていた」

●勝又慶典選手(町田):
「僕自身は相手の背後を狙っていました。ピッチの状態もあまりよくなかったこともあり、まず相手の陣地に入ってから攻撃する、前向きな状態でプレーすることを意識していました。相手のラインが高く、前は強いですけど裏が空いていたので、そこで起点を作ってうまく攻めたいなという気持ちがありました。
監督の今日の最初の指示が、とにかくアグレッシブに戦うというところでした。そこは前節とかなり違ったと思います。ただこういう試合を勝てるようにするのが、今後の課題かなと思いますし、福岡は上でやってきた経験があるなと思います。1-0で終われるっていうのは、思っているよりも難しいし、リスクを冒さずにきっちりしてきたので、試合巧者だなと思いました。
今やっているサッカーは間違っていないと思いますし、チームコンディション、全体のプレーは良くなっている。下を向かずに、次は結果として勝利が欲しいなと思います」

●津田和樹選手(町田):
「4-4-2は慣れ親しんだシステムなので、やりやすい部分があって、しっかり役割分担もできていた。どこで崩れた、どこがしっかり守れているというのも見えていたし、フォローもしやすかった。そこは凄くよかったと思います。
(自分のプレーは)ミスが多くて、失点にも絡んでしまったので、ふがいない出来だった。ドリブルでサイドを駆け上がるシーンもあったけど、全体としてミスが多く、自分のところで落ち着かなかったのは残念です。
『蹴ることも必要』というのは監督も言ってますし、取られ方が悪いと失点にも絡んでくる。取られてはいけないところは、蹴ってもいいと言われています。高い位置を取った時に、しっかりつないでいこうという明確な意思はありますが、それ以外の部分は自己の判断で、危ないと思えば裏に蹴ってもいいと言われている。あまり手前でばかり受けると、相手も楽だし、1回引かせてから手前で受ければつなぎやすいところが出てくる」

●鈴木惇選手(福岡):
「流れが悪くて自分たちがやりたいサッカーが出来ていなかったので、とりあえず流れを引き戻すために力を抜いて打ったら入ったので、大きなゴールだったと思います。今日は、フィニィッシュに入る前の段階が出来ていなくて、ゴール前へ運んでフリーになったのは、あの場面くらいしかなかったので、ここはパスを出してカウンターを受けるよりはシュートと決めていたので良かったです。悪いなりに我慢して、みんなで体を張って1点を守りきったというのは、僕たちがやりたいサッカーではありませんが、(J1へ)上がるためには勝点3点が必要なので、それに勝って行けば流れが出来て、自分たちのサッカーが出来ることが多くなるかも知れませんし、結果と言う意味では、すごく大きな勝ちだったと思います」

●木原正和選手(福岡):
「今日はFW登録がなかったので途中から準備はしていました。個人的には入り方は良かったのですが、緊張もあって息が上がってしまったので、今後は、もっと流れを変えられる選手になりたいなと思います。戦い方としては、僕たちのサッカーであるパスをつなぐサッカーは難しいなと感じていたので、ハーフタイムには、みんなで意思統一をして割り切って戦おうということでした。町田はホーム初戦ということでいいサッカーをしていて、僕たちは初めてのアウェイで上手くいかないところもありましたが、こういう厳しい試合でも勝点3を取れたことは大きいと思っています」

●高橋泰選手(福岡):
「試合前からピッチの状態は分かっていましたけれど、自分たちがやりたいサッカーが出来る状態ではなかったので、前に蹴って、セカンドボールを拾ってというサッカーになるだろうと思っていました。ただ、試合の入り方が良くなかったために、より我慢する時間が長くなってしまったと感じています。1点入ってくれたので、後半は割り切って、1点を守る時の試合をしようとピッチの中で話していました。試合後に監督も言っていましたが、今日は引き分けでも仕方ない試合内容でしたし、終始押されてもいましたけれど、最終的に勝ったのはうちなので、そこは評価できる所じゃないかと思います」

|

« 20120304:アビスパ 2-1 熊本、いろんなコメント | トップページ | 20120317:湘南 3-1 アビスパ、いろんなコメント »

アビスパ福岡2012関連記録&コメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20120311:町田 0-1 アビスパ、いろんなコメント:

« 20120304:アビスパ 2-1 熊本、いろんなコメント | トップページ | 20120317:湘南 3-1 アビスパ、いろんなコメント »