« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月18日 (水)

2002年日韓W杯、韓国の「誤審」「審判買収問題」メディアまとめ

収支決算!ワールドカップ、別冊宝島Real39(2002年11月2日発行)より

★★日本が書いた語った「韓国の正体」(山崎浩一)
・もともとW杯が始まる前からいろいろと因縁や伏線はあった。名称問題、キャラクター問題、ポスター問題など、韓国は日本にさまざまな要求をしてきた。それに対して日本が譲歩するといったお決まりのパターンがまたしても繰り返された。日本の神経を逆なでするような下地がじわじわと醸成されてきたところへ、例の「誤審」問題が起こった。そういういきさつがまずベースとしてあった。
・ポーランド戦もかなり怪しい反対がありました。ポーランドが弱すぎて目立ちませんでしたけど。また試合前にポーランド宿舎に韓国サポーターが押しかけて、選手を寝かせなかったという行動もあった
・アメリカ戦では、スケートのパフォーマンスがありました。あれを見て「なんてしつこい粘着紙綱奴らだ」とあきれら人が結構出てきた。しかも念入りに計画してやっていた
・露骨な判定があった最初の試合がポルトガル戦。ただ、ここまでは「まあ、こんなこともあるんじゃないか」とみんな思っていた。「これはただのホームタウンディシジョンだ
ぐらいで、裏に何かがあるとまではまだ考えてなかった。ある意味で許容範囲内だった。
・イタリア戦は強烈でした。これで「とにかく日本と同じじゃ我慢できないんだな、連中はどんな手段も使うんだな」という共通認識ができ始めましたね。露骨な判定が2試合続くと、さすがにみんなおかしいと思うわけですよ。試合開始直後にいきなりPKがあったり、同じ程度のファウルをしても、イタリアにはイエローカードが出るのに韓国のほとんどは全部見逃しだった。「韓国が勝つことになっているのかもしれない」そういう疑惑が一気に生じたんですね。そういう風に見てなかった人が「テーハミング、ドドンガドンドン!」になってたかもしれないけれど、ある程度サッカーを見たことがある人は、韓国のサッカーやイタリアの実力、それから過去の審判のトラブルを知っていますから、これは「アレ」かと思うわけですよ、要するに「出来レース」かと。ネットでは大騒ぎになってましたし、サッカーファンの間でもこのことは普通に語られていました。

続きを読む "2002年日韓W杯、韓国の「誤審」「審判買収問題」メディアまとめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

世界のサッカークラブ:ホームタウン平均人口(ヨーロッパ&南米)

ヨーロッパ&南米の主な都市とクラブを適当にピックアップ

1位・サンパウロ他(サンパウロ)、1115万人
2位・CSKA他(モスクワ)、1047万人(市域)
3位・アーセナル他(ロンドン)、828万人
4位・フラメンゴ他(リオデジャネイロ)、609万人
5位・ヘルタ・ベルリン(ベルリン)、343万人
6位・Rマドリッド(マドリッド)、326万人
7位・ボカ&リーベル(ブエノスイアイレス)。303万人
8位・ローマ&ラツィオ(ローマ)、272万人
9位・パリSG(パリ)、217万人
10位・HSH(ハンブルク)、174万人

続きを読む "世界のサッカークラブ:ホームタウン平均人口(ヨーロッパ&南米)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月現在:Jクラブのホームタウン人口順位

*出典:WIKI:複数ある場合は中心都市&町のみを加算(千の位は四捨五入)

1位:FC東京&東京V:895万人(東京特別区部)
3位:横浜FM:411万人:(369万:横浜市&42万;横須賀市)
4位:横浜FC:369万人(横浜市)
5位:C大阪:267万人(大阪市)
6位:名古屋:227万人(名古屋市)
7位:京都:194万人(147万:京都市、8万:城陽市、19万:宇治市、7万:京田辺市、8万:長岡京市、5万:向日市)
8位:札幌:190万人(札幌市)
9位:湘南:171万人(22万:厚木、10万:伊勢原、20万:小田原、24万:茅ヶ崎、17万:秦野、26万:平塚、41万:藤沢、5万:寒川町、3万:大磯町、3万:二宮町)
10位:神戸:154万人(神戸市)
11位:福岡:148万人(福岡市)
12位:川崎:143万人(川崎市)
13位:岡山:130万人(71万:岡山市、48万:倉敷市、11万:津山市、県内全域)
14位:千葉:124万人(28万:市原市、96万:千葉市)
15位:浦和&大宮:123万人(さいたま市)

続きを読む "2012年1月現在:Jクラブのホームタウン人口順位"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »