« 20111119:山形 0-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 201112久藤&マコ対談、アビスパ関連事項まとめ(週刊SD、1144号より)&エルゴラインタビューも追加 »

2011年11月26日 (土)

20111126:アビスパ 1-2 浦和、いろんなコメント

●浅野哲也監督(福岡):

・もう少し前線からプレッシャーをかけて行こう。
・中央で時間を作ってサイドをもっと使って行こう。
・全体的には悪くないので粘り強く行こう。

●堀孝史監督(浦和):

・もう一度、自分たちのやるべきことをしっかり整理しよう。
・いい時間帯に追いつけたので、もう一回集中して、このゲームをものにできるよう、45分間、しっかり戦っていこう。

●浅野哲也監督(福岡):

「ありがとうございました。ホーム最終戦ということで、選手たちは本当によく最後まで、1人少ない中でもゴールを目指して、あるいはゴールを守ろうと必死に戦ってくれたと思います。これが本来の我々の戦いではなかったかと今は思っています。ただ、やはり結果が出なかったということは何か原因があるわけで、まだ今シーズンのラストゲームであるC大阪戦が残っていますから、そこに向けて、そういった部分を含めながら、そしていつものように準備をして、勝つためにトレーニングをしていきたいと思います」

Q;まだ1試残っています。次で勝利をつかむために何かをするとしたら、どのようなことに取り組みたいと思われますか?
「特別なことはできませんし、時間もありませんが、自分たちが優勢な流れの時に、いかにゴールという形を残すかというところ。ゴール前まで運べても、結局はゴールを奪えない。崩しまでは、比較的スカウティング通りにみんながやってくれたんですが、やはり、最後のアタッキングサードのところでのアイデアだったり、質をもっと高めたいなと思います。もちろん、C大阪をスカウティングした中で、違った戦い方する可能性もありますが、我々としては、試合の流れが我々にあるときに、いかに得点が取れるか。そこを、もう1回洗い直してトレーニングに活かしたいなと思います」

●堀孝史監督(浦和):

「試合が始まる前から、今日は福岡のホーム最終戦ということで、当然、相手はアグレッシブに来るということを考えて、それに向けて自分たちで準備してやろうと言うことで試合を進めました。立ち上がりに少し落ち着かない時間がありましたが、選手たちがしっかり修正をして勝点3を取ることができ、大きい1勝だったと思います。選手たちは本当に最後まで戦ってくれて、何とか勝利を掴んだので、後1試合ありますから、それに向けて準備したいと思います」

Q:エスクデロ選手の負傷交代からリズムが崩れたように思いますが、ハーフタイムでの修正点は、どのようなところだったまでしょうか?
「いま言われた通り、交代を機にリズムを崩してしまったので、その原因が何なのかということを、攻撃面、守備面両面に渡って選手たちに伝えました。それを彼らが修正して自分たちの意図するゲームをするようになったことが、今日は一番大きかったなと思います」

Q:具体的にお話いただける部分はありますでしょうか?
「常にコンパクトな守備をしようということ。組織でしっかり守るということを、もう一度確認したこと。それと、自分たちの攻撃の始まりというものを、相手のプレッシャーに対して明確にしていこうということです」

Q:まだ決まったわけではありませんが、事実上、就任当初の目標であった残留を決定づけた試合だったと思いますが、今日の勝利について、どのように感じていらっしゃいますか?
「まだ1試合残っていて100%ではありませんから、絶対に油断することなく進めていきたいと思います。ただ今日の1勝はクラブ全員で力を合わせて勝ち取った1勝だと思いますので、それを無駄にしないように次に向けて準備するだけです」

●田中誠選手(福岡):
「自分自身すっきりしている所はあるんですけれど、実感はないですね。来年から、練習場へ通って、スタジアムに行って試合をするという生活リズムが変わるんですが、それもなってみないと分からないなという感じです。みんなには助けられた部分も多いですし、最後は胴上げまでしてもらって感謝していますし、本当に幸せ者だと思っています。
今日はホーム最終戦ということもあったし、『マコさん、今日は主役だから頑張ってよ』と言ってくれたし、試合中も、そういう空気を感じたし、本当にいい後輩を持ったと思っています。先発で出場する以上、勝利に貢献するつもりで臨み、結果としては逆転負けしてしまいましたが、チームとして、今日の試合内容は悲観するものではないと思っています。同時に、シーズン当初から、こういう戦いが出来ていたら結果は変わっていたなと思うと本当に悔しいですね。来年はJ2での戦いになりますが、しっかり練習して、みんなで切磋琢磨して、早い段階でJ1に復帰してほしいと思っています。自分は磐田と福岡でプレーしたので、福岡は、これからも応援させてもらうつもりです」

●岡本英也選手(福岡):
「今日はホーム最終戦ということもありましたし、降格は決まってしまいましたが、恥ずかしい試合は見せられないと選手全員が思っていました。試合は負けてしまいましたが、戦う気持ちは見せられたのではないかと思います。この前の山形戦をいい形で勝てたので、今日もいい形で入れて良かったと思っていましたが、中々上手くいきませんでした。先制点を取ることはできたんですけれど、前半終了間際の失点が大きかったと思います。先制点のシーンは、個人的にシュートを打っていなかったので、とりあえず打って流れをつかもうと思っていたんですが、それが入って良かったと思います。ただ、ゴールはしたんですが、違う場面でもチャンスはありましたし、それを決め切れないと、こういう結果になるんだと実感しました。あと1試合残っていますが、このメンバーで戦える最後の試合になりますから、練習からしっかりとやって勝てるように頑張るだけです。また、今シーズンは2桁得点を目標にしていますが、まだチャンスはあると思うので、貪欲に狙って行きたいです」

●山形辰徳選手(福岡):
「相手のサポーターも、いい雰囲気を作ってくれていたので、あの中でやれて良かったと思います。今日は楽しかったです。振り返れば、どの試合も想い出せるし、個々でやったことは、本当にこの先の力になると思います。このクラブで成長出来たと思うし、このクラブをさるということは、これから先も成長していけると言うことだと思うので、このクラブには感謝して、先に進みたいと思います。来週もまた試合があるので、そのために練習から準備して、最後はみんなで笑って終わりたいと思っています。サポーターの皆さんには、いつも後押ししてくれて、本当にこのピッチでやるのが楽しかったし、感謝しています。最後の1試合に勝てるように準備しますので、是非、最後まで厚い後押しをお願いします」

●鈴木啓太選手(浦和):
「(試合を終えて?)今日は勝点3以外考えていなかった。結果が出て良かったです。(試合に臨むにあたっては?)福岡は失うものが何もないということで、慌てないことを意識しながらプレーしていました。あとは積極的にゲームをコントロールして攻撃をしていこうと。(前半終了間際に貴重な同点ゴールが決まったが?)前半から続けていた部分が実った。あのゴールでゲームの流れを引き寄せることができた。
(大勢のサポーターが来ていたが?)今シーズンはなかなか良い試合を見せることができなかったが、それでもこれだけの人が福岡まで見に来てくれるということに対して責任を持たないといけなかった。(残留争いの)プレッシャーもあったが、勝点3を取ることができて、非常に大きいと思う。明日の(甲府の)結果次第ですが、まだ1試合残っていますから良い準備をしたいです」

●柏木陽介選手(浦和):
「(貴重なゴールだったが?)いいところ(ポジション)に入っていた。ただ、トラップがうまくいかなくて、打ちにくかったが、気持ちの部分でゴールにつながってくれた。個人的にもそろそろ決めないといけなかった。時間帯も含めて、価値のあるゴールだったと思います。個人的には2点目につながるパスもあったが、ミスも多かった。
(ほぼ残留が決まった状況については?)レッズに来てから結果を残せていなくて、しんどかった。何のためにチームに来たのか…。サポーターの人は助っ人と思ってくれていたと思うが、申し訳なかった。残留することはできたとしても、何もできていないとも思う。でも、この2年間で強くしてもらった部分もあるし、まだ最終節が残っている。全力で戦っていきたい」

|

« 20111119:山形 0-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 201112久藤&マコ対談、アビスパ関連事項まとめ(週刊SD、1144号より)&エルゴラインタビューも追加 »

アビスパ2011関連コメント&記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397145/43257486

この記事へのトラックバック一覧です: 20111126:アビスパ 1-2 浦和、いろんなコメント:

« 20111119:山形 0-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 201112久藤&マコ対談、アビスパ関連事項まとめ(週刊SD、1144号より)&エルゴラインタビューも追加 »