« 20110605ナビスコ:磐田 2-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 20110615:神戸 0-0 アビスパ、いろんなコメント »

2011年6月11日 (土)

20110611アビスパ 0-3 セレッソ、いろんなコメント

●篠田善之監督(福岡):

・イージーなミスをなくそう
・前にボールが入った時はサポートを早くすること
・全員で声を掛け合おう!!

●レヴィークルピ監督(C大阪):

・前半は思い通りのサッカーが出来ている。このまま後半に入っていこう
・相手はリードされているので積極的に来ると思うが、自分たちのサッカーをやれば大丈夫

●篠田善之監督(福岡):

「ホームゲームで、こういう結果、内容になって非常に残念です。サポーターのみなさんに申し訳ないなと思っています。C大阪の中盤の2列目のプレーヤーに対して、うちのボランチが自分たちのDFラインに吸収され、マルチネスと中後選手に対してプレッシャーに行けず、前半はボールを取りに行けなかったことがすべてではないかと思います。それと、今日のゲームはミスが非常に多かったです。今シーズンに入って一番ミスが多く、一番内容の悪いゲームをしてしまいました。選手1人、1人が見つめ直す部分と、チームとして私も含めてしっかりと考え直さなければいけないなと改めて思いました。後半は、その部分を少し修正して相手のボランチに行こうということでやりましたが、前半の終了間際の失点が大きく響いて、また徐々にミスが増え、3点目を奪われるという試合でした。今日のゲームは非常に悔しい思いを選手たちはしていますが、ゲームはどんどん、どんどん次に進みますので、とにかく切り替えて次の試合に選手を送り出したいなと思います」

Q:シーズン当初に見られていた、高い位置からボールを奪いに行って攻撃に転ずるという形が、先週の磐田戦に引き続き見られなくなっているような気がしますが、それは相手との力関係によるものでしょうか?
「もちろん、どのチームにも技術の高い選手がいるので、そういう側面もありますが、まずは、うちのボランチが、守備で前に仕掛ける時の同時性が悪いために、前から行けないという現象が起こっているのかなと思います。チームの技術の差は明らかですけれども、そこで下がってしまうと。余計にボールを奪いに行けないシチュエーションになってしまいます。勝てていないこととか、いろんな精神状態があってボールに奪いに行けないのか、そこは選手と話してみないと分かりませんけれども、その部分は、我々としては、今後も活かさなければいけない部分だと思っています。前へ出ていけないのは、そこがひとつの要因になっていると思います」

Q:スタンドから見ていても単純なミスが多いと感じましたが、それはどういった原因があるからなのでしょうか?
「これという答えはないですけれども、ひとつは勝てていないという状況が精神状態に影響して、ビクビクさせてしまうというか、ミスをしたくない、確実にしたいという思いがピンチを招いているのではないかと私は見ています。技術的なミスや、判断のミスもありますけれど、そういった精神的な部分が一番響いているんじゃないかと感じています」

Q:厳しい試合でしたが、その中でも収穫と思える部分はあったでしょうか?
「ハーフタイムに前から行こうということを言って15分位は見られた点。あるいは、前半の立ち上がりはC大阪のスペースを上手く突けていたんですけれども、先に先制点を与えたことで、どんどん小さくなってしまって、そこは反省しなければいけませんけれども、立ち上がりにC大阪のウィークポイントは突けていたので、短い時間ですけれども、そこは評価したいと思います」

Q:厳しい状況ですけれども、監督として、どういう手を打とうと考えていらっしゃいますか。
「ひとつはスタートのメンバーを考え直さなけれは行けないということ。いま動ける選手をしっかりと見極めて、あるいは、出場機会の少ない選手たちのモチベーションを借りる、あるいはシステムの変更は大きくはないですけれど、もう一度、守備のところでは修正をして、守備から攻撃の自分たちのストロングポイントを出せるようにしたいと思います」

●レヴィークルピ監督(C大阪):

「みなさん、こんにちは。C大阪として今日のゲームをまとめると、非常に攻守のバランスの良いゲームだったと思います。しっかりと守った上で、攻撃で自分たちの持ち味を出し、3-0という結果を出すことが出来ました。今日のゲームの目的をしっかり果たせたことは評価していいと思います。とことん勝利にこだわるスピリットというものを、これからの試合でも大切にしたいと思います」

Q:ACLではベスト8進出を果たしましたが、Jリーグにおいては、ここまで勝ち星がありませんでした。今日勝ったことで何か変わってくる部分はあるとお考えでしょうか?
「私は、Jリーグでなかなか勝利につながらなかったのは、偶然の部分もあったと思います。Jリーグでも比較的安定した試合はずっと出来ていましたが、それが引き分けで終わっていたという側面があったと思います。ただ、おっしゃる通り、今日の勝利で流れが変わると思いますし、これからも、まずいい練習をして、9月のACL準々決勝に向けて、いい準備をしていきたいと思っています」

Q:今日の清武選手のプレーについて、評価を聞かせてください。
「今日の試合も含めて、彼は、ここ数試合で活躍し、チームに大きく貢献してくれていると思います。言ってみればアップグレード。ワンランク上のレベルの選手になりつつあると思います。それは今回オリンピック代表に選ばれた山口、扇原にも言えることだと思います。ただし、清武に今一番求めたいのはメンタルの部分です。決して、自分を見失うことなく、セレッソにおいても、代表においても、自分のサッカーをするということに集中して欲しいと思っています。それが出来れば、香川真司と同じ道を歩むことが可能だと思います」

Q:トレーニングでは4-4-2の布陣でやっていましたが、今日の試合で4-2-3-1に戻した理由は何でしょうか?
「練習の中で、そういった形を使っていたのは、オプションを増やすという意図がありました。こういった戦術的な変更を加えたシステムでもプレーすることが可能になれば、当然、対戦相手にも迷いが出ると思うので、練習の中では、そういった形も取り入れていました」

●岡本英也選手(福岡):
「ミスが多いゲームでした。あんなミスをしていたら勝てないです。1点目の取られ方も、またセットプレーからでしたし、入れられた時間も早かったですし、前半1-0で耐えなければと思っていたんですけれども2点目も入れられて。やっぱり、0-2で折り返したらきついです。後半、ボランチが相手の中盤に行けるようになって、それで高い位置から行けるようになったシーンがあったんですけれど、試合の中で、自分たちで修正できるようにならないと行けないと思いました。とにかく勝点1でも取らないと、このままズルズル行ってしまいますし、少しでも早く勝点が欲しいです。泥臭くてもいいので、勝点にもっともっとこだわって、しっかりやらないといけません。まだまだです」

●松浦拓弥選手(福岡):
「久しぶりに何もできなかった試合でした。うちらしさもまったく出なかったし。単純なミスが多いというのも、その原因のひとつでした。守備で競らなくてもいいボールを競って、そのこぼれ球を拾われて2次攻撃を受けたりとか、攻撃のとっかかりの部分でのミスが多く、いい攻撃も出来ないし、カウンターも受けやすい。それが今日の試合で流れを作れなかった原因ではないかと思っています。大事に行こうという思いが非常に分かりやすいプレーにつながっているというのもあるし、全員が同じ絵を見て攻撃出来ていないというのもある。今日はチャレンジするところが出来ていなかったというのがありました。今日はやってはいけない試合を見せてしまったという思いがあり、サポーターには本当に申し訳ないと思っています」

●城後寿選手(福岡):
「自分とボランチとの関係があまり良くなくて、相手に自由にされたという感じがあります。今日は見ている人に気持ちが届いていなかったし、外から見ている人に何も伝わっていなかった。自分たちはスペシャルなチームじゃないので、1人1人がもっとハードワークをしなくちゃいけないと感じました。特に前半はその思いが強いですね。今日は取った後にミスが多く、コーチングスタッフからは相手のサイドバックの背後を上手く突いて行こうという話だったんですけれども、ボールが保持出来なさ過ぎて、裏へ飛び出す機会もありませんでた。2本くらいつなげれば裏も狙えたと思うので、相手がプレッシャーに来ても、もっとみんながボールに関わることが出来たら、もう少し簡単につなげたんじゃないかなと思います。切り替えるしかないですね」

●清武弘嗣選手(C大阪):
「うちと福岡だけが勝てていなかったので、ここで絶対に負けるわけにはいかなかった。試合前からも気合が入っていてすごくいい雰囲気でしたし、絶対に勝つと言う気持ちでした。この流れを継続して、代表でも結果を残したいです」

●茂庭照幸選手(C大阪):
「今日は先制点を喫しないように、入り方を慎重に、なおかつアグレッシブに、そのためにサイドバックとボランチの距離をコンパクトにしようということで入りました。どんな相手でも、今日のような気迫のこもった守備、攻撃的な守備というのを当たり前のようにやりたいし、そうすれば早い時間帯での失点もなくなるし、もっと勝ち星を重ねて行けると思います。今日は中後が周りを良く見てスペースを埋めてくれたし、今日はあいつのおかげで中盤は随分助かったと思います。勝ったことで気が楽になったというか、さあ、これからだとか、みんなそれぞれに思うことはありますけれど、チームにとっては大きな一歩になったと思います」

|

« 20110605ナビスコ:磐田 2-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 20110615:神戸 0-0 アビスパ、いろんなコメント »

アビスパ2011関連コメント&記録」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20110611アビスパ 0-3 セレッソ、いろんなコメント:

« 20110605ナビスコ:磐田 2-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 20110615:神戸 0-0 アビスパ、いろんなコメント »