« 党首の視聴率「夢の10桁(10%台という意味)」発言にツッコミを入れてみました(笑) | トップページ | 20110423清水1-0アビスパ、いろんなコメント »

2011年4月 2日 (土)

20110402チャリティマッチ、アビスパ 3-2 鳥栖、いろんなコメント

●篠田善之監督(福岡):
・簡単なミスをなくそう
・攻守の切り替えを速くしよう
・守備の時、連動して動こう

●尹晶煥監督(鳥栖):
・パスコースを消す動きをもっと速くに
・もっと声を掛け合っていこう
・全体的には悪くないのだから、ミスで苦しくなることのないように

●篠田善之監督(福岡):

Q:試合を振り返って。
「チャリティマッチを九州のクラブが一つになってやろうと取り組んでいること、選手たちが、その試合に向かって全力で戦ってくれたこと、そして何よりも、サポーターの皆さんがスタジアムに足を運んでくれたことに嬉しく思います。そして、こういった行動が被災地の方たちに届けばいいなと思いました。ゲームに関しては、いろんな問題点がありますけれど、攻守においていくつかの課題が見えたので、非常にいい90分間だったと私は思っています。とにかく、こうしたゲームをどんどんやってクラブが良くなって、さらには被災された方たちをサポートできるように頑張りたいなと思います」

Q:この時期なので、試合をしながら課題を見つけるということだったと思いますが、その中で、特に気になっている点と言えば、どういったところでしょうか?
「失点のところだけを言えば、バイタルを使われたり、簡単なミスからのものでした。特に、前半の20分までは簡単なミスが非常に多かったです。今週1週間は、かなりハードなトレーニングをしていて、体が重いとか、いろんな問題がありましたけれど、それを抜きにしても、単純なミスが多く、長いボールからのカットインに対しては、あまりいい守備ではなかったと思います。一番気になるのは、守備へのスイッチが入るタイミングが非常にばらけているということで、そこは修正していきたいと思っています。攻撃に関しては、いい守備が出来ないがために、いいサポートもできていません。そういった課題に取り組みながら、自分たちはどういったサッカーをするのかということは、はっきりしているので、そこに向かって、残された期間をトレーニングしていきたいなと思います」

●尹晶煥監督(鳥栖):

Q:試合を振り返って
「今週もチャリティマッチということで、被害にあわれた地域の1日も早い復旧と、被害にあわれた方が1日も早く笑顔を取り戻してくれることを願っての試合でした。その中で、対戦相手がアビスパということで、うちにとっては、いろんな意味合いからライバルと言える相手との試合でしたが、両チームとも非常にいいゲームをしてくれましたし、結果的には我々が負けてしまいましたけれど、いろんな勉強になったゲームだったと思います」

Q:早坂選手のできが非常に良かったように思いますが?
「早坂に関しては、どこのポジションに入ってもチームのためにプレーできる選手の一人で、ここ最近、さらにいろんな部分で高い意識を持って取り組んでくれていますし、今後、もっと、もっと、上に上がってこれる選手かなと見ています」

Q:最後は、岡本選手をDFラインに入れて3-4-3のシステムを試されていましたが手応えはいかがでしょうか?
「ああいうシステムは取り組み始めて日も浅いですし、ゲームで試すことも少ないんですけれども、一つではない複数のシステムや戦術に、選手たちが順応することは、チームのためだけではなく選手のためにもなると思いますし、いまいろんなやり方に取り組みながらやっています」

●重松健太郎選手(福岡)
「自分は途中から入ったので、リズムを変えて、『自分たちが行けるぞ』と感じられるプレーをしないと意味がないし、そういう意味では、自分が入ってから流れが変わってゴールが取れたのはチームとしては良かったと思います。ただ、個人にも結果が付いてきてほしいなと思っています。前に向くことが相手のDFにとっては一番嫌なことですし、ゴールに向かうことで相手が食いついてきて、いろんな駆け引きが活きると思うので、まずはゴールに向かうのが自分のスタンスだし、今後も、やり続けていきたいと思っています。点を取りたいという気持ちは常にあるので、もっとシュートを打てる場面があったと自分では反省しています」

●神山竜一選手(福岡)
「後半に追いついて逆転勝ちできたのは良かったと思いますけれども、やはり、先に失点してしまったのは課題ですね。そこは修正しなければいけないと思います。自分や後ろの4枚がもっと声を出せれば修正できる部分だと思う。特に2失点目はもっと早く声を出せれば(キム)ミンジェも対応できて失わなかった点なので、そこはきっちりとやっていきたいです。でも、今日は前が点を取ってくれて、そこは収穫の部分だと感じています。出ている選手はしっかりと自分の役割を果たしてくれているので、後はやはり声だと思います。それで防げる失点はあると思うので、常に90分間を集中して、僕を含めて声を出していけば失点は減るんじゃないかと思います」

●田中誠選手(福岡)
「後半はいいリズムでやれたんですけれども、ここ数試合は入り方が悪いところがあるので、もう1回、同じ誤りを繰り返さないようにやっていかないといけないですね。前が行っているのに後ろが行っていないとか、相手にフリーで回されて、取りどころがはっきりせずにズルズルと守りに追われて、悪い方向悪い方向に行くという形になっている。どこでボールに行くのか、どこでボールを取るのか、守備のタイミングについて、みんなで話し合うことが必要だし、練習で煮詰めていきたいと思います。後半に失点した後くらいからはうまく行くようになりましたけれど、前から相手との距離感を縮めてもらって、相手のパスの方向を限定するということを、もう少ししっかりやっていきたいですね」

●永田亮太選手(鳥栖)
「疲れてしまったからなのか、パスミスが多くなってきて、2失点目をしてからガタっときてしまってので、そこをチームとして修正していきたいです。トップ下のポジションではいろんな動きを試そうと思ってやりましたが、いくつかいい動きもできたので、そこの精度を上げて、回数を増やしていければいいと思います。攻撃では、何回かいい形が作れていたし、そういう場面が増えてきているので、そこは収穫だと思います。再開までに、あと何試合か練習試合が組まれているので、それを通してチーム状態を良くしていければいいと思います」

●木谷公亮選手(鳥栖)
「今日もたくさんのお客さんが見に来てくれて、もっといい試合を見せたかったというのがあります。自分の失点も含めてミスも多かったので、そこは次の試合で同じことを繰り返さないようにやっていきたいですね。いい流れの時間帯もありましたけれど、せっかくの得点の後に、ああいうミスから失点してしまうと、ああいう展開になってしまうので、そこは本当に反省して次の試合に活かしたいです。いいチーム状態を維持できれば一番いいですけれども、ずっと同じ状態を維持するというのは難しいので、ひとつ、ひとつ課題をクリアしながら、(リーグ戦再開の)23日に一番いい状態に持っていけるようにしたいと思います」

|

« 党首の視聴率「夢の10桁(10%台という意味)」発言にツッコミを入れてみました(笑) | トップページ | 20110423清水1-0アビスパ、いろんなコメント »

アビスパ2011関連コメント&記録」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20110402チャリティマッチ、アビスパ 3-2 鳥栖、いろんなコメント:

« 党首の視聴率「夢の10桁(10%台という意味)」発言にツッコミを入れてみました(笑) | トップページ | 20110423清水1-0アビスパ、いろんなコメント »