« 201103アビスパ森下統括インタビュー記事 | トップページ | 日本プロサッカー選手会が労組化へ [2011年3月9日8時48分 紙面から] »

2011年3月 5日 (土)

20110305:アビスパ 0-3 新潟、いろんなコメント

●篠田善之監督(福岡):

・後半の入り方に注意しよう
・DF4人のラインを合わせよう
・攻撃の時はしっかり押し上げて厚い攻撃をしよう

●黒崎久志監督(新潟):

・開幕戦とはこういうものだ。慌てずに、しっかり状況判断してゲームを進めよう
・バランスを取ることを忘れないように
・自信を持ってボールをしっかり動かしていけ。アクションを起こしていくこと

●篠田善之監督(福岡):

「0-3という結果は残念な結果でした。自分たちとしてはホームで勝って終わりたかったですけれども、次に向かって気持ちを切り替えたいなと思っています。試合の方は、いい時間帯もあったし、いい飛び出しも見せることが出来たのではないかなと思っています。このゲームで一番重要だったのは先制点でしたが、自分たちが一瞬の隙を突かれて背後を取られ、そこから失点してしまったというのは、今後また見つめ直さないといけないかなと思います。それでも、そこから耐えて、また持ち直したかったんですけれども、それが出来ずに、2失点目、3失点目と、ズルズル行ってしまったことは残念でした。とにかく、次に向けて切り替えることと、あの時間帯に自分たちが 何をするべきだったかということを、1人、1人が考えて、とにかく、次に向けて準備をしたいなと思っています」

Q:5年ぶりのJ1の舞台でしたけれど、実際に戦ってみて、どのような印象をお持ちですか
「やはり、雰囲気も違いますし、とても気持ちのいい場所だなと思いました」

Q:前半はやりたいサッカーが、ある程度やれた部分がありましたが、改めて手ごたえを挙げるとしたら、どの部分でしょうか。
「左サイドの関係は非常に良かったんじゃないかなと思います。ドリブルで運んだり、2人の関係はベンチから見ていてもスムーズでした。ただ、最後のクロスのバリエーションや、中に入り込む人数というところで、今日は物足りなかったですね。けれど、攻撃ではいい部分を見ることが出来ましたし、(成岡)翔も退場をしてしまいましたけれど、自分の持っている者を出してくれたなと感じています」

Q:課題としては、後半のサイドからの対応というものがあったと思うんですが、アビスパから見て右サイドから崩されるのはある程度覚悟の上だったと思うんですけれども、ああいう形で崩されるのは予想外と言ったところですか?それとも、しょうがなかったという部分でしょうか?
「しょうがないで済ませてしまってはいけないんですけれども。相手の左サイドにはチョ ヨンチョルが攻め残りのような形で張っているのは分かっていたんですけれども、そこに入るボールの質と、彼の個の突破は非常に脅威に感じました。1対2の状況を作ろうとはしていましたけれど、彼の強引さだったり、見ていても嫌な選手だなと感じていました。その部分は、もっとスライドを早めたり、いろんな対応策を詰めながら、とにかく、次につなげたいなと思っています」

Q:個の強さを持った外国籍選手や、代表選手は、あのような攻め残りをすると思うんですが、そういったところで、チームとしてトータルで守備をするということを今の時点で考えると、どのようなことになるのでしょうか。
「今の時点で考えられることは、自分たちのサッカーをきっちりとやること。得点を挙げることをまず考えたいなと思っています。守りのこと考えるのではなくて、ゴールを奪えなかったということが、今日のの試合では少し反省すべき点であると思っています。守備の面では、相手が攻め残りをしているのであれば、その前にできるスペースをもっと活用したりと、今の時点では考えています」

Q:今日は中盤で、取ろうとして取れない、キープできそうでキープできないという印象がありますけれど、監督は、球際の面については、どのような印象を持たれましたか。
「もちろん、簡単には取れないというのは分かっていました。ただ、自分たちとしては、めちゃくちゃにやられたという印象はなくて、このサッカーの精度を上げていけば、やっていけるんじゃないかなと。簡単ではありませんが、そういう印象を、いま自分は持っています」

●黒崎久志監督(新潟):

「開幕戦ということで、すごく楽しみにしていた部分と、うちの場合はメンバーが変わって多少不安な部分もあったんですけれども、結果的に勝つことが出来て、不安な部分は多少なりとも振り払うことが出来ました。また、沢山の方たちが応援に来てくれた中で勝点3を持って帰れれるのはとてもうれしいですし、次はホームでやるんですけれども、今日の勝利で勢いを付けてやれるんじゃないかと思います」

Q:後半途中に小林選手と鈴木選手を代えたところで配置を大きく変えましたけれど、あれはどういう判断だったんでしょうか。
「1-0のリードという難しい状況だったんですけれども、あの配置はキャンプからずっと取り組んでいたという理由もありますし、小林の状況も考えて、あのタイミングで配置を変えたということです。それが結果的に上手く言ったという部分もありますね」

Q:キャンプ中から早い攻撃を目指して取り組んできたと思いますが、その成果は出たとお考えですか。
「点の取り方自体はサイドから崩したものだったんですけれど、前半からも速さの部分で何回かチャンスも作っていましたし、全体的には意識はできていたかなという部分はあると思います。その精度を、もっと、もっと高めていかなくちゃいけないと考えています。今日のゲームでは、うちのスピードにアビスパさんが対応していた部分もあって、あんまり出なかったと言えば、出なかったですね。でも、いい攻撃が何度か出来ていたので良かったとは思っています」

Q:今日のブルーノ・ロぺス選手に対する監督の印象を教えてください。
「やはり、ブラジル人選手のメンタリティというか、そういうものがあって、本番に強い選手だなというのが第一印象です。もっと、もっと、良くなると思います」

Q:今日は新潟の左サイドと、福岡の右サイドの攻防が鍵だったと思うんですけれども、監督は、サイドの攻防について、どのようにご覧になっていたのでしょか。
「右サイドに拘わらず、今日の試合はサイドの攻防が鍵になるなということは、試合前から選手に話していました。相手もうちがサイドを突いてくるというのが分かっていて、ボールを奪った後、サイドを上手く一発で狙ってくるとか、カウンターを仕掛けることをしてきていていました。そして、前半は、ボールの取られ方が悪いために、上がった後ろのスペースを使われていたというのがありました。けれど、後半に入ってからは、サイドの攻防では、ほぼ、うちが運動量のところで圧倒することが出来て、それが得点に結びついたと思っています」

成岡翔選手(福岡):
「前半は、狙い通りに裏に抜ける速い攻撃が出来たので、後半に入るにあたって、もう1回、ひとつになれたら良かったんですけれども、早い段階で0-1になって、それで相手が落ち着いてしまって、向こうのリズムになってしまったという印象です。相手のDFラインと中盤の間に立ってボールをもらおうとしているんですけれども、ボールが入ってこなかったら、もう1回切り替えて、もらえるところに動けばいいので、運動量を増やして、味方との距離感を良くして、もっとボールを引きださないと、見方も自分も苦しいと思うので、そこは課題です。
(退場処分については?)チームのみんなに迷惑をかけたし、次の試合も出られないので、本当に申し訳ないと思っています。期待されていたのに、何も残さないでピッチを去るのは本当に悔しかったし、レッドカードをもらうのは、人生で初の経験だった。あの段階で退場したのはいけませんでした」

●キム・ミンジェ選手(福岡):
「日本のパスを主体にしたサッカーや、リスタートが早い気が抜けないサッカーというのは、普段の練習から意識していたので、ほぼ想定内でプレーできたと思います。韓国は、まずはフィジカルありきのサッカーなので、それと比較すると、フィジカル面ではKリーグと比べれば、少し穏やかだったように思います。個人としては、できたところも、できなかったこともありますが、総評価ということで言えば、デビュー戦にしては、無難にやれたんじゃないかとという思いはあります。けれど、チームが負けてしまったので、非常に残念です。攻撃面に関しては、攻撃参加について、少なくとも自分がやりたいことはできたと感じています。逆に課題は、今日に関して言えば、クロスの質が少し良くなかったというのがあるので、ラストパスの精度、次のプレーへの精度など、次の試合に向けて頑張らないといけないと思っています」

●中町公祐選手(福岡):
「3-0になってしまうと、空気はイマイチのところがありましたけれど、試合が終わった後、ロッカールームでは選手からネガティブな発言は出てこなかったので、リーク戦ですから切り替えてやっいけばいいかなと思います。けれど、後半の立ち上がりとかに失点してしまうと、バタバタと行ってしまうので、それは割けないといけませんね。相手の外国籍選手は、多少、迫力はありましたけれど、そういう相手と戦わなければいけないので、そこは、1人で駄目なら2人でというように、組織としての守り方を身につけなければいけないのかなと思います。修正すべき点はありますけれども、そうやって昨シーズンもやってきたので、引きずらないことが大事だと思います」

●千葉和彦選手(新潟):
「最初のうちは、アビスパがロングボールを使ってリズムを作っていましたが、うちがサイドを起点にして突破したり、ワンツーなどでチャンスを作っていたので、妥当な結果と言えば、妥当な結果だったと思います。けれど、今日はオフサイドも取れなかったし、危ない場面も作られたし、ラインの上げ下げを修正しないといけないです。ラインを高くしてコンパクトにした中で速く攻めるというのがスタイルなので、そこは、去年同様にやっていきたいところだし、まだ良くなる部分はあると思います。勝つということがチームが成長するために必要なことだし、今日は勝点3が取れたので、これを自信に変えて、また次のホームでしっかり勝って、いい波に乗れるようにしていきたいですね」

●本間勲選手(新潟);
「前半は、ちょっとルーズボールのところだったり、競り合いの部分で負けていた部分があったので、そこをもう一回見直すことと、チャンスは必ず来るから、それを決めようということをみんなで話し合って後半に臨みました。まずは素直に、勝ててホッととしています。昇格してきた相手だったので、負けられないプレッシャーがあったことは確かなんですけれども、そのプレッシャーをはね返して勝つことが出来て良かったと思います。失点も0で抑えられましたけれど、後ろの選手と話し合って、リードしている時も0で抑えようと言っていたので良かったなと思います。
次はホームで戦えるので、ホーム開幕戦で、今日のようにいいゲームをして、勝利して、またサポーターの皆さんと喜び合いたいと思います」

|

« 201103アビスパ森下統括インタビュー記事 | トップページ | 日本プロサッカー選手会が労組化へ [2011年3月9日8時48分 紙面から] »

アビスパ2011関連コメント&記録」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20110305:アビスパ 0-3 新潟、いろんなコメント:

« 201103アビスパ森下統括インタビュー記事 | トップページ | 日本プロサッカー選手会が労組化へ [2011年3月9日8時48分 紙面から] »