« アウグス党党首との「サッカーの戦術を規定するのは人の英知でなく用具」に関しての議論 | トップページ | 「サッカー選手はまともに話す事ができない」発言の清宮克幸氏についての考察材料リスト »

2011年1月24日 (月)

【2011シーズン始動!】福岡:新加入選手記者会見(11.01.24)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00112919.html

●森下仁之 チーム統括部長:
「昨年からアグレッシブに、ハードに、スピーディに戦っていくことをコンセプトにしてチームを編成し、監督をはじめ選手たちが結果を出してくれました。今シーズンは戦う場所がJ1になりますが、その舞台でも変わらずにやっていこうということが基本的な考えです。
補強のポイントとしては、積極的に仕掛けられる選手、動きの量がある選手、そして、色々なポジションをやっていける選手の3つをベースにしました。それぞれに特長を持った選手たちですが、希望通りに獲得できたのではないかと思っています。外国籍選手に代表されるような大型補強はしませんでしたが、1人の選手に頼るのではなく、チー全体をレベルアップ出来る選手を獲得し、選手層を厚くすることが、今後のアビスパにとって必要だと考えて、今シーズンの補強を行いました」

「まず1人ずつ、選手の名前と特長を説明させていただきます。

背番号2、DFのキム・ミンジェ選手です。彼は豊富な運動量が持ち味で、左利きのキックの精度、パワーを持った選手で、非常に期待しています。
背番号4番は和田拓三選手。彼も攻守に激しく動ける選手で、左右両方でプレーできるほか、CBでのプレーも経験があります。
13番、小原章吾選手。愛媛から移籍の選手です。DFラインをコントロールして、危険を予測して的確なカバーが出来る選手だと思っています。
14番、松浦拓弥選手。ジュビロ磐田からの移籍です。スピードに乗ったドリブルが持ち味です。J1を戦う中で、恐らく下げられる場面が多くなると思うんですけれども、その中で、ゴールまでの長い距離を自分でドリブルで持ち上がってくれる選手だと思っています。
19番、成岡翔選手。同じくジュビロ磐田からの移籍で、技術的に高いものを持っていて、ゴール前にも入っていけますし、ゲームをコントロールできる選手です。
21番、清水範久選手。彼も運動量とスピードが武器で、何よりも、ジュビロ、札幌、横浜FMで多くの経験があり、優勝経験もあって、勝つことを知っている選手です。彼の経験は、チームに大きなものをもたらしてくれると期待しています。
24番、FWの重松健太郎選手です。ストライカーというのは彼のためにあるような言葉ではないかと思います。また、ゴールに向かって常にプレーするだけではなく、前線からの守備の運動量もある選手です。
また、今日はいないんですけれども、浦和レッズユースから加入する畑本時央選手。若い選手ですけれども、落ち着いてビルドアップができますし、タイミングのいいヘディングは彼の武器ではないかと思います。
そして、28番、牛之濱拓選手。アビスパ福岡のユースからの昇格です。豊富な運動量と縦に仕掛ける積極的なプレーでゴールに向かってプレーできる選手です。以上です」

●篠田善之監督:
「今シーズン、J1の舞台で戦う上で、新たに9名の選手が新たに入ってくれて非常に期待しています。

去年は、よりハードに、スピーディに、アグレッシブにと、サッカーをやってきましたが、それを、より向上させるための、そして、人間的にもしっかりした選手を補強できたのではないかと思います、昨年に引き続き契約を更新してくれた選手、そして、新たに加わってくれた9名の選手とともに、スタッフが一丸となって、J1の舞台でひと暴れしたいなと思っています。チーム作りはこれからですが、新しく入ってきた選手の特長を活かせるように、自分としても、チームとしても、これからトレーニングをやっていきたいと思っています。

我々のスタイルとしては、背後を取り続けること、間でボールを受けること、そしてゴール前での決定機をより多くできるようにすることで、それを引き続き取り組んでいくつもりです。そのためには、判断のスピードと質を上げていかないといけませんが、それができる選手が揃ってくれたと思っています。また、目標ラインは置かず、目の前のゲームに勝つことに集中して戦っていきます。もちろん、上位を目指して戦っていくことはプロとして当然のことですが、何位だったらいいとか、残留を目指すという言葉を発するとかいうのではなく、とにかく、目の前の試合に集中してやっていくことをしっかりと考えてやっていきたいと思います。

南米や、ヨーロッパの選手がいないという指摘はありますが、それとは関係なく、いまのチームで日本のトップリーグでチャレンジできる喜びを自分が感じながら、選手にもそれを肌で感じてもらいながら、そして結果を出すことを追求していきます。そのためには何をしなければいけないのかというチャレンジだと思いますが、そこにやりがいを十分に感じているし、自分たちはそれが出来ると信じています」

●キム・ミンジェ選手:
「みなさん、こんにちは。韓国から来たキム・ミンジェといいます。アビスパ福岡に自分を呼んでもらって感謝してます。自分の技術と、今まで大学でプレーしてきた経験を活かして、アビスパ福岡の勝利に貢献したいと思います。アビスパ福岡は、初めてクラブに来た時から、皆さん親切で、アットホームな印象を持っています。昨年の試合は何試合か見ましたが、自分のプレースタイルに合っているのではないかと思い、加入を決めました。自分の持ち味である豊富な運動量や、キックの精度、パワー、そして韓国人特有の闘志を期待されていると思うので、その持ち味を発揮できればと思っています。今年からJ1で戦うに当たって、福岡の皆さんが、アビスパ福岡を応援して句けれる姿を期待しています。よろしくお願いします」

●成岡翔選手:
「移籍は初めての経験ですが、みんなが気軽に声をかけてくれて、すんなりと打ち解けることが出来ました。中盤での組み立てに参加しながらゴール前に入ってスルーパスを出したり、シュートを打つのが自分の特徴なので、J1に昇格したアビスパ福岡で、自分のストロングポイントをたくさん見せたいと思っています。今年1年間、厳しい戦いが続くと思いますが、サポーターの皆さんの声援が僕たちの力になると思うので、ぜひ、スタジアムに足を運んでいただいて、応援してください」

●小原章吾選手:
「アビスパ福岡に加入できたことを非常に嬉しく思っています。移籍してきたからには、ポジション争いに勝って、試合に出て、チームに貢献するつもりです。去年対戦した経験から、アビスパはチームとして非常にまとまっていて、ハードワークをするチームだという印象を持っています。自分もチームの一員として、自分の特長をピッチの上で発揮したいと思っています。厳しい戦いになると思いますが、サポーターの皆さんと戦っていければと思っています。一生けん命プレーしますので、よろしくお願いします」

●清水範久選手:
「アビスパに対しては、ホームスタジアムが素晴らしく、その場所で、サポーターと一緒に、とてもいい雰囲気を作っているチームだなという印象を持っています。他のチームで見ていた時から、やってみたいところだなと思っていました。グランドの中での行動やプレーで自分の経験を伝えて、その経験を活かして、アビスパの勝利に少しでも貢献できるようにプレーしたいと思っています」

●牛之濱拓(うしのはま たく)選手:
「小学校のころからアビスパでプレーしてきて、自分も、このピッチ、このチームでプレーしたいと思っていました。そのチームに加入することができて非常に嬉しいです。自分の特長は、走って、走りまくることなので、これからも、運動量を活かして、どんどんアグレッシブに走って頑張ります。そして、早くレベスタのピッチに立てるよう、走ることでアピールしていきたいです。よろしくお願いします」

●重松健太郎選手:
「非常にいい人たちばかりで、チームメイトも、サポーターも、暖かく受け入れてくれたと感じています。前線からの守備と、ゴールに向かうプレーが自分のストロングポイントなので、それを、しっかり発揮し、得点を取るのがFWの試合なので、そこをしっかりとやりたいと思います。精一杯、頑張ります」

●松浦拓弥選手:
「自分の特長であるドリブルを、アビスパの勝利のために発揮したいと思っています。自分のプレーを見せて、自分はこういう選手だということを積極的にアピールして試合に出たいと思っています。一生懸命に頑張るので、応援をよろしくお願いします」

●和田拓三選手:
「去年は千葉に在籍してアビスパと対戦したんですけれど、サポーターの皆さんも含めて、チームとしてまとまっているなという印象を持っています。自分の特長である攻守に渡って躍動するプレーと、組み立てや、ゴールに関わるプレーを見せて、福岡のために全力でプレーします。よろしくお願いします」

|

« アウグス党党首との「サッカーの戦術を規定するのは人の英知でなく用具」に関しての議論 | トップページ | 「サッカー選手はまともに話す事ができない」発言の清宮克幸氏についての考察材料リスト »

アビスパ2011関連コメント&記録」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【2011シーズン始動!】福岡:新加入選手記者会見(11.01.24):

« アウグス党党首との「サッカーの戦術を規定するのは人の英知でなく用具」に関しての議論 | トップページ | 「サッカー選手はまともに話す事ができない」発言の清宮克幸氏についての考察材料リスト »