« デンマーク vs 日本】岡田武史監督&オルセン監督コメント | トップページ | パラグアイ vs 日本:選手コメント(20100629) »

2010年6月25日 (金)

デンマーク vs 日本:選手コメント(20100625)

●長友佑都選手(F東京)
「やべえ、今、最高ですね。北京の時にあれだけ悔しい思いをして、この気持ちはずっと世界で晴らすしかないと思ってやってきたし、日々積み重ねて努力してきたつもり。それがホントにチームが1つになって、個人としてもその中にいられたってことは幸せですね」

Q:原動力になったのは北京世代でしたね?
「北京世代は悔しい思いをして、あの時の悔しさを忘れていない。その悔しさがあったからこそ、今に生きてるってのがある。もっともっと強く僕らが引っ張るくらいの気持ちでいきたいです」

Q:最初10分間はデンマークも違う布陣で来たが?
「でも、すぐ変わりました。問題なかったです。日本も何分くらいだったかな。変えました。監督から僕に伝わって、僕がみんなに伝えました」

Q:最初の布陣はデンマーク用だったのか?
「そうです。やってたんですけど、10分くらいでプレスがはまらない感じだったんで、いつものポジションに戻ってやりました。相手が日本の空いたスペースに入り込んできた場面もあったけど、すぐ修正できたから全然問題なかったです」

●岡崎慎司選手(清水)

Q:ゴールシーンを振り返って
「(本田)圭佑に出してもらって決められたゴールだったんですけど、自分もあそこにいられたことがよかった。これで乗っていければと思います」

Q:最近の不調について
「自分としては深く考えなかったし、ずっとうまくはいかないと思っていた。こういうことが自分が成長するきっかけになると思うし、なにか意味があったと思うので。ワールドカップの直前に外れたことも、全てが意味があること。それを含めて、またアグレッシブにできている。奮起するじゃないけど、海外のレベルに自分ももっと追いついて追い越したいと思うから、貪欲さもさらに上がったと思う」
Q:大久保嘉人が反転したところは見えていたか?
「はい、見えてました。圭佑からのパス? 来るかどうか見てなかったけど、来そうかなっていうのはあったし、自分が後ろ気味になったのもよかったと思う。まあ、ワールドカップでゴールを決めることがこんなに大変なことかとわかったし、決められたことは自信につながると思います」

●大久保嘉人選手(神戸)
「デンマークは前がかりになったから、ポジション的に前目に取っていた。そうすればカウンターに行けるかもしれないから。
僕らはベースがあるんで、あとは頑張るだけです。これは一発勝負の大会だから、このやり方で全然問題ない。普通にやっていたら勝てない。これが一番適しているんじゃないかなと思います」

Q:次はパラグアイ戦だが?
「パラグアイ強いですよね。これからでしょうね。パラグアイの試合は見たかな。あんまり見てないですね。強いですよ。激しいし、ずる賢いし、厳しいと思います。
今日の試合は、デンマークは攻めないといけなかった。やりたかったのはロングボールを早めに入れてって形だっただろうから、そこは俺たちがブロックを作って守れればいいと思っていた。あの早い時間帯のうちに点を入れられたらわかんなかった。相手のチャンスもあったから、びびってましたけど、よかったです。日本に2点入って、いける感じはありました」

●遠藤保仁選手(G大阪)
「FKは壁も甘かった。今日に関しては普通に蹴りました。練習では半分遊びながらやってましたけど、伸びるなっていう感触はあったんで、極力抑えてけ蹴りました。曲がるっていっても、そんなには曲がらないんで」

Q:FKの蹴り方を調整したのか?
「昨日も多少なりとも参考にしました。(本田)圭佑が蹴りたいと言ったのを制した? 圭佑は1本目決めてたんで、俺に蹴らせろみたいな感じ。この大会は直接がなかったんで、決めたいなと思いましたし」

Q:日本の武器になっていますね
「そうですね。ぺナルティエリア付近でファウルをもらえれば蹴れるし、相手が脅威に感じてくれればいいと思います。圭佑がオレ蹴りたいって言ったけど、オレ蹴るわと。蹴った時間にああ入るなと思いましたし、入ればそれで100点だと思います。追加点でしたし、非常にダメージになったかなと思います」

●田中マルクス闘莉王選手(名古屋)
「パワープレーがあるとは予想していたし、もっと早い時間帯に来るんじゃないかと思っていた。まあ、いろいろ予想した中で最後まで切らさない気持ち、必ず競る時は勝って競るってことを考えてやりました。どっちが競っても負けてもカバーに入ることも非常によかったと思う」

Q:ベントナーのマークについては?
「最初はオレのサイドに来ることのが多かったけど、途中から逆サイドに行った。まあ、やっぱりサイドバックで競るような狙いを持ってたと思う。オレと(中澤)佑二さんとで声を掛け合いながらやりました」

Q:阿部選手を含めて、バイタルエリアを空けませんでした
「いろんなことに対応できる3人がいるんでね。阿部ちゃんも9(トマソン)を見ることが多かった。9の動き出しっていうのは僕にとっては怖かった。何回かいい動き出しをされたし、チャンスになってたし、あそこをしっかり抑えるのが大事だった」

Q:攻撃でも1本、いいシュートがありましたが?
「とりあえずセットプレーで2点取ってくれたんで、最後まで失点しないことを心がけた」

●長谷部誠選手(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)
「ホントにうれしいですね、今までやってきたものが報われた感じがします」

Q:円陣が長かったようですが?
「そうですか。みんなそれぞれ言いたいことがあって、言ってたら長くなったんです。僕は何も言ってないです」

●川島永嗣選手(川崎F)
「後ろにやらないって気持ちもあったし、自分がボールにタッチすればチームを救えるってのもあった」

Q:味方とぶつかったが、大丈夫だったか?
「大丈夫だと思う。今日は向こうが攻めなきゃいけなかったところで自分たちが守りに入らなかったし、向こうが攻めてきたスペースをうまく使って自分たちが攻撃できたのが大きかった。
自信? やっぱり結果はすごく大事だと思うし、プレーの中で自信を持てるし、次の試合も自信を持って臨めると思います。この大会はなかなかできる経験じゃないし、次も頑張りたいです」

●本田圭佑選手(CSKAモスクワ/ロシア)
Q:あまり喜んでいなかったように見えたが?
「なかなか喜べないんでね。それが自分でも不思議で。もっと喜べるかなと思ったんですけどね」

Q:抑えているわけではない?
「みんなジャンプした時に、行くタイミングを失ったというか。まあ、まだ上があるからでしょうね」

Q:次戦はパラグアイが相手だが?
「もう自分の中では切り替えてます。しっかり準備して、どれだけ疲れを取れるか。それに尽きると思います」

Q:優勝宣言をしていたが?
「どうなんですかね、自分との格闘でしょ。弱い自分もいるし、でも行けると思ってる自分もいる。いつもそのせめぎ合いですよ。でも公言しないと弱い自分がどんどん大きくなっていくから。僕はそれで自分のメンタルをコントロールしますけど、それがしっかりできた時にはパラグアイ戦も素晴らしい戦いができると思います。そういってもそんなに時間がないんで、どれだけいい準備をできるか、そこですね

●本田圭佑選手(CSKAモスクワ/ロシア)マンオブザマッチ会見コメント(10.06.25)
●本田圭佑選手(CSKAモスクワ/ロシア)
「今日の勝利についてはうれしいですけど、思っていたよりも喜べていなかったのが、自分でも不思議です。でも、日本にとっても大きな勝利なので、喜びたいなと思います」

Q:2点目の遠藤選手のFKの際、どんなことを話していたのか?
「『行っていいか』とはヤットさん(遠藤)にも確認しましたけど、ヤットさんも行きたいと。僕が1点取っていなかったらケンカになっていたかもしれないです」

Q:喜べなかった理由は何か?
「試合前は今日はすごく大事な試合だと認識していましたし、勝てばうれしいだろうなと思っていたんですけど。なぜ喜べないかは、まだ上には上がいるという、そこからくるんじゃなかなと。ひとつひとつ、その上のステップに挑戦していきたい。それができるチームに、徐々になりつつあるのではないかと思います」

Q:3点目はシュートを打てる状況だったが、あえてパスを選択したのはなぜか。岡崎に点を取らせたいという思いがあったのか?
[そういうことはないですけど、試合前にオカ(岡崎)とは『おれも取るからお前も取れよ』と話をしていて、結果的に2人とも取れたのはよかったとは思いました。ただマイナス面でいうと、あそこで2点目が取れないのが、おれがストライカーになれない理由だと思います」

Q:1点目のFKの狙いと、決まったときの気持ちは?
「自分の役割は何かを考えた時に、点を取ること、チームのために前線でボールをキープすること。すごいシンプルな役割だとわかっていたので、それをしっかり徹底することができ、そして結果を残せたのはよかったなと思います」

Q:今までの2回の試合より、日本がアグレッシブに戦った理由は?
「監督の指示がすべてですが、試合前に監督からしきりに『守るんじゃない。攻めにいかないと絶対に勝てないぞ』と。そういうふうに、選手に気持を入れてくれていたので、それが功を奏して素晴らしい結果につながったんじないかと思います」

|

« デンマーク vs 日本】岡田武史監督&オルセン監督コメント | トップページ | パラグアイ vs 日本:選手コメント(20100629) »

岡田武史(A代表)関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク vs 日本:選手コメント(20100625):

« デンマーク vs 日本】岡田武史監督&オルセン監督コメント | トップページ | パラグアイ vs 日本:選手コメント(20100629) »