« 徳島 2-0 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 甲府 0-1 アビスパ、いろんなコメント »

2008年11月23日 (日)

アビスパ 2ー2 愛媛、いろんなコメント

20081123
●篠田善之監督(福岡):

・攻守の切り替えを速くしよう
・サイドチェンジを速くしていこう
・相手のあいているスペースを上手く使っていけ
・1対1では負けないように

●望月一仁監督(愛媛):

・相手が前から来たときはサイドのバイタルエリアに飛ばして、相手のコートでポゼッションしていこう
・ディフェンスラインのコントロールは今の感じでやっていこう
・流れはいいので、このまま続けていこう

●篠田善之監督(福岡):

「引き分けで非常に残念です。立ち上がりに愛媛が前から来るというのは分かっていたんですけれども、そこで落ち着くことができませんでした。失点のところもそういったところからでしたし、そのことで後半に入ってさらにパワーを使わなければならなくなりました。
後半の立ち上がりに相手の足が止まるというのは読んでいたので、そこで一気に行こうと指示を出し、選手たちはそれを忠実に実行し、役割を果たして逆転してくれた事に関しては非常に評価しています。ただ、アクシデントで退場してしまったのは仕方のないことなんですけれども、そこで追いつかれてしまうのは、まだ力のない証拠だと思います。1人減った中でもしっかりとブロックを作って、30分間我慢すれば勝点3が来たんですけれども、そこができなかったのは非常に残念です。
しかし、全体的に見て、立ち上がりが悪いだとか、いろんな問題があるんですけれども、選手たちは90分間よく走ったし、最後まで諦めずにプレーしてくれたと思います」

Q:1ヶ月間試合がなかったことは、立ち上がりの悪さに影響したんでしょうか
「リーグ中断期間が1ヶ月近くあって、確かにそれがないとは言い切れないんですけれど、そのための準備はしてきたつもりです。また、実際の試合とトレーニングマッチは違うので、多少の影響はあったかも知れません。でも、それは言い訳にしかならないので、まだ自分たちに力が足りないということだと思います」

●望月一仁監督(愛媛):

「前半は自分たちのサッカーができたんですけれども、後半立ち上がりの10分間のところがもったいなかったなと思います。いつもはそこで終わってしまうところを、よく挽回して追いついたとは思いますけれども、勝ち試合を落としてしまった感じです。でもここのグラウンドでは勝試合も、勝点も取っていなかったのですが、初めて勝点を取れましたし、次は勝って歴史を作っていきたいなと思います。来年に向けて、それが宿題だと思います」

Q:後半の入り方が悪かったということですが、要因はどこにあったのでしょうか。

「自分たちのボールのところでシンプルにやりきって終われればよかったんですけれども、自分たちがよくなったところで、ちょっとリズムを悪くして、そこから流れが悪くなってしまいました。ですから、欲張らずにシンブルにサッカーをやっていかなければいけないなと思いました」

Q:前半は非常にいいサッカーをされていましたが1点し取れませんでした。そのあたりはいかがでしょうか。

「ちょっと止まってしまうような感じがもったいないなと感じました。自分たちの流れがいいのに止まってしまってリズムを崩していたので、もう少しボールを動かしながら、もうちょっとシンプルにやれればいいのになと。1点をリードして、ゆっくり、ゆっくりというリズムになってしまったので、その辺で、畳み掛けられるように持っていけたらなと思います。まあ、その辺が、まだまだ課題だということだと思います」

中村北斗選手(福岡):

「勝って終わりたかったので、それができずに残念です。前半、自分たちのサッカーができなかったので、そこは反省点です。今日はできるだけボールに触ることを意識したんですけれども、あんまり触れなくて。後半は1人少なくなってしまってやり方も変わったので、そこは守りきりたかったんですけれども。とにかく、勝で終わりたかったなという気持ちです。失点は取られ方が悪くてやられているし、2点目も取られ方が悪くてというミスからのものなので、そういうミスをなくしていかなければ、勝ちにはつながらないと思います。まずはアウェーで勝って、最後にホームでやれるので、しっかりと準備して勝にこだわったプレーをしたいと思います」

●鈴木惇選手(福岡):

「アシストをできたのは良かったんですけど、失点は自分のミスから始まったので、チームに貢献しても、一方で迷惑を掛けては意味がないので、次はしっかりとプレーしたいです。アシストもうれしかったですけれども、失点を取り返したというホっとした気持ちでした。でも、アシストもゴールも大事ですけれども、チームとして0に抑えるという部分に、もっと貢献したいです。
残された試合は、来年につなげるとかいうことではなく、目の前の試合に勝つという気持ちでやりたいと思っています。お客さんが一杯来てくれたのに今日のような試合をしてしまったことは、すごく申し訳ないですけれども、残り2試合あるので、必ず毎試合、毎試合、いい試合をして、サポーターの皆さんに満足してもらいたいと思います」

●城後寿選手(福岡):

「1ヶ月ぶりというのがあって、立ち上がりは硬くなるかなとは思っていたんですが、中々リズムが作れませんでした。愛媛が前から来るのは予測していたんですが、自分たちのサッカーをさせてもらえずに相手の思う壺になったということと、もっとつなげるところをつなげばよかったのに、それができなくて残念です。ところどころで自分の良さが出せたところもあったんですけれども、最初から最後まで、試合を通して自分の良さをは出せなかったので、今日は悔いが残った試合でした。受身に立ってしまったら、ああいう形になってしまうと思うので、毎試合、挑戦者のつもりでやらないと勝てる試合も勝てないし、こういった試合になってしまうと思うので、やはり、最初が肝心だと思います。次の試合は最初からいきたいです」

●大木勉選手(愛媛):

「前半は良かったと思います。でも、前半、僕のなんでもない横パスをしっかり出していれば確実に入っていた場面だったので、そこは反省しなくちゃいけないところです。
後半は、やり方を変えたわけではありませんが、結果的に10分くらいの間に2点を取られてしまったので良くなかったということだと思います。勝てた試合を落としたとも言えますが、逆転されたのを追いついたのは大きかったと思うし、良かったと思います。みんな周りが自分の動きに付いてきてくれるし、それに自分も付いていかなければいけないし、守備の面では連動してボールを奪えるようになったので、その点はすごく良くなっているところです。あとは最後の所、もっと精度を上げていかなければいけません」

●江後賢一選手(愛媛):

「アシストのシーンは、真ん中を使ってサイドを空けようと思ったんですけれども、それが結果的に良かったですね。前半は相手が食い尽き気味だったこともあって、中盤が作らなくても前のところへボールが入れば、それだけで形になったところがあったんで、シンプルにやっていたらいい結果につながりました。でも、やはり点を取られたあとは雰囲気は良くなかったですね。1-0だったので後半は引き締めて入ろうと思っていたし、相手のクロス自体もそれほど良くなかったんですが、ちょっと気の緩みというか、入れられなくていいシーンで点を取られてしまいました。2点目につながったロングシュートも、ぽっかりとスペースが空いてしまったところで打たれて。きちんとやっていれば問題のないところだったので、そういうところをきちっとやっていきたいです」

|

« 徳島 2-0 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 甲府 0-1 アビスパ、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 2ー2 愛媛、いろんなコメント:

« 徳島 2-0 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 甲府 0-1 アビスパ、いろんなコメント »