« 山形 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-4 C大阪、いろんなコメント »

2008年10月15日 (水)

日本 1-1 ウズベキスタン、いろんなコメント

20081015
岡田武史
どうしても勝ち点3を取りたい、しかもホームゲームだったので、結果が引き分けというのは、非常に残念です。後半に関して、チャンスを作ったけれども決められませんでしたが、これを続ける以外にないと思っています。
 ただ少し悔やまれるのが、前半、相手が思った以上にプレッシャーをかけてきました。その時、少し憶病というか、相手の前でパスを回してバックパスという形が非常に多かった。それでハーフタイムに、もう少し早めに前のポジションに入るように指示をしました。それで結構、前にボールが入るようになった。その意味で、前半もう少しアグレッシブに前に出ていれば、チャンスは増えていたかもしれないと思いました。長いワールドカップ予選はいろいろなことが起こると思います。ただ、勝ち点1を取って、何も内容的に悲観することはないと思います。次のカタール戦はアウエーですが、また勝ち点3を取りに行きたいと思います。

――最初、選手が憶病になっていたということだが、プレッシャーをかけてくるのを想定していなかったか? あるいは相手の方が日本をよく研究していたということか?

 ウズベキスタンが前半からああいう戦い方をしたことは、今までありませんでした。負けているときはあるんですが。ただ、(ウズベキスタンは)後がないので、スカウティングの段階では、前からプレッシャーをかけてくる可能性はあるのかなと。ただ、そうした場合、1試合はもたないだろうという分析はしていました。日本が相手だからということではなく、ウズベキスタンはこれからずっと、ああいう形でやっていかざるを得ないのではないか、と思っています。

■前半から闘莉王に上がれと指示したわけではない
――前半に残念なところがあったということだが、この試合に向けての準備で悔いの残るところはないか?

 われわれは、自分たちのやり方を通じてレベルアップしていくしかない。その中で、ウズベキスタン戦に向けて、試合に対する準備、メンタルの面も含めて、ちょっと緊張するくらいの感じで(試合に)入っていったが、それに対して特に悔いていることはないです。

――前半から闘莉王の攻撃参加があったが、上がった後の戻りの部分でディフェンスがバタついたところはなかったか?

 前半、闘莉王が行っていたといっても、そんなに上がりっぱなしということではなくて、流れの中で、またはセットプレーの後に残る形だったと思います。特に前半から闘莉王に上がれと指示したわけではないですが、闘莉王が上がった際にはボランチが1人、しっかりカバーするようにと、周りの選手には指示していました。そのことによって、ディフェンスがバタついたり、ピンチになったとは思っていません。失点のシーンは、彼は後ろにいましたし、味方のパスが相手に当たって戻っているときでした。

――2試合終わって勝ち点4という結果をどう評価するか?

 もちろん(2試合で)勝ち点6を取りたいということでやっています。「引き分けでOK」と考えて入った試合もありませんから、そういう意味では非常に残念です。ですが、サッカーの試合ですから(勝ち点3を)取りたいけれど取れなかった、また次にチャレンジする、ということだと思っています。

――同点の場面で稲本を入れた意図は? 中村憲を入れることは考えなかったのか?

 香川が90分間持たないだろうということがひとつ。それと前の方でどうしても起点を作りたかった。それで遠藤を上げたいということ。それでもし点が入らなかったら、ラストで闘莉王を上げることを考えていましたので、その時に稲本がいないと闘莉王を上げられない。そういうことを総合的に考えて、先に稲本、そして最後にFWの選手を入れ替えるというプランを考えて、憲剛が選択肢から外れました。

――若い選手2人を入れたが、その評価は?

 若いからとか、経験があるなしにかかわらず、闘莉王を1枚上げただけであれだけ迫力が出るという意味では、まだまだ(若い選手たちには)進歩してもらわないといけないと思いますが、まずひとつ、物おじせずにあれだけボールに触れて、チャンスにも顔を出していました。シュートにも顔を出していました。そういう意味では、本当によくやってくれたと思っています。

――結果が伴わなかったのはコンセプトが浸透し切れていないからか、あるいはどういうところに課題があると思うか?

 サッカーの試合とは、結果が出なかったからといって、すべてコンセプトが悪いとか、そういうものではないと思っています。われわれがやろうとしていることは、決して間違っていないと思っていますし、おそらくウズベキスタンはこれまでの3試合の中で一番攻めることができなかった試合だったと思います。(ウズベキスタンは)負けている試合の方がいくつもビッグチャンスを作っていますので。その中で、逆にわれわれは(勝ち越しの)1点を取れなかったと。ただ、それだけのことだと思っています。

――最後の時間、リスクを冒してパワープレーに出たが、勝ち点4で悪くないとするなら、あそこまでリスクを冒すべきだったか?

 相手の16番のシャツキフが下がって、15番(ゲインリフ)が入ったことで、高さに対する脅威が減りました。それとともに、両サイドも下がって、引き分け(狙い)で、もしできたらカウンターで1点という戦い方をしてきました。15番に対しては、阿部で十分に対応できると判断したので、それほど大きなリスクを冒したとは思っていないです。

カシモフ監督
まず試合は興味深く、厳しいものだった。昨日も言ったが、われわれは2敗して後がなかった。何とか勝ち点が欲しかった。日本が相手ということで、しっかり守備をしなければならず、忍耐が必要だったが、耐えたことで何とか結果を出せた。

――FWのシャツキフを代えた理由は?

 われわれは勝ちたかった。後半にも彼は大きな仕事をしたが、ゲインリフはテクニックがあったので代えた。

――かなり日本を研究していたようだが、イメージどおりだったか?

 確かに日本について研究したが、いかんせん時間は少なかった。それでも今回、われわれの選手たちは、私が指導したことをやってくれた。中村俊については心配していた通り、左足で素晴らしいパスを出した。前半に、素晴らしい彼のプレーとわれわれのミスがあって失点してしまった。神様が少し味方してくれたのかもしれないが、私は選手たちが(目標を達成)できると信じていた。いずれにせよ、勝ち点を得られたことで選手たちも元気づけられた。今後もワールドカップに向かって頑張っていきたい。

――同点になってからの攻撃だが、パワープレーに持ち込むことは考えなかったのか?

 日本にも背の高い選手がいる。2番(中澤)と闘莉王。日本はパスを回して(ボールを)キープすることがうまい。そのようなチームに対し、パワープレーからボールを失うことはできないと思った。選手にはボールをコントロールするように言った。たとえ200%のコンディションであっても、パワープレーでボールを失うべきではないと判断したので、ボールをコントロールするように指示した。

■ジーコの情報の一つ一つが非常に役立った
――アウエーでも前線からプレスを掛けていた。引いて守備を固める選択肢はなかったのか?

 守るといっても90分間ずっと守るわけにはいかない。それにわれわれは勝ち点が欲しかった。多少は危険を冒しても(前線から)プレスしないと勝ち点は取れない。攻撃にも力をかけないと勝ち点は得られないと考えた。

――カタール、オーストラリアと比較して、日本の攻撃の印象はどうか?

 カタールにもオーストラリアにも素晴らしいFWがいる。比較するなら日本の方が強いと思う。オーストラリアは英国スタイル。日本がより強い理由は、中盤がほかのチームより素晴らしいからだ。私自身は中盤でボールをコントロールする日本のスタイルが好みだ。

――ジーコのアドバイスは有効だったか?

 ジーコとタシケントで話したが、彼の情報の一つ一つが非常に役立った。

*玉田圭司(名古屋グランパス)
日本―ウズベキスタン 前半、同点ゴール決め、大久保(16)と抱き合い喜ぶ玉田。右は駆け寄る香川=埼玉スタジアム【共同】「FWとしてはやりやすくなっている」

長い戦いを、負けちゃいけないと思いながらやっていくしかない。チームは良くなっていると思うし、チャンスも作れていた。前はセットプレーだけだったから。そう考えるとFWとしてはやりやすくなっている。まだまだやるべきことはあるけれど。問題は……なかったら勝っていたと思う(笑)。次の試合は1カ月後にあるので、切り替えていくしかない。

■田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)
「次につなげれば意味のある勝ち点1」

(失点シーンは)難しかった。最後は間に合うと思っていたけど、あれがいっぱいいっぱい。(相手の)ボールも良かった。ああいうところで点を取られるのは、試合では十分にあり得ること。前半に何とか追いついたけれど、後半に点が取れなかったのは残念。もう一度、みんなで力を合わせていかないと。次につなげることができれば、意味のある勝ち点1になると思う。

■香川真司(セレッソ大阪)
「自分自身、工夫が足りなかった」

 予想以上にプレッシャーも激しさもあったし、つぶされることが多かった。自分自身、工夫が足りなかった。俊さん(中村俊)のところからチャンスができていたし、もともと右が起点なので、右サイドが攻撃的になるのは分かっていました。

■遠藤保仁(ガンバ大阪)
「崩しは問題ない」

 ビッグチャンスは何度かあったから、それを入れるようにすればいい。崩しは問題ない。サイドからチャンスがあったし、もう少し落ち着いてやれれば。今日はホームなので、どうしても前に行きがちだった。
 ウズベキスタンは、前半立ち上がりに(前から)来ていたけれど、フィジカル的に脅威は感じなかった。ある程度、前から来ることは予想していた。立ち上がりは日本のミスが多くて、リズムをつかみ切れなかった。でも後半は落ち着いてできた。(前半にミスが多かった理由は)単純に技術的なミス。ピッチが濡れていてパスがすごく速くなっていたので。

■興梠慎三(鹿島アントラーズ)
「割と通用すると思った」

 相手が引いていてスペースがなかった。(ベンチから見ていて)相手はスピードがなかったので、前を向けたら行けそうだと思ったけれど、なかなか自分のプレーができなかった。後半、チャンスを決めていたら3-1くらいのスコアになっていた。決定力は日本だけの課題ではない。自分自身としては、割と通用すると思った。

■中村俊輔(セルティック/スコットランド)
「下を向く必要はない」

(ウズベキスタンは)ワントップで、8番(ジェパロフ)が引き気味になって中盤を厚くしていてプレッシャーもきつかった。勝てれば良かったけれど、チャンスもあったし、質の高い場面もあった。下を向く必要はない。全体的に質が上がっているし、迷わずに自信を持って突き進めば結果は付いてくる。(攻撃の)形が作れていないとか、それぞれが悪かったとかではない。
 香川君はあの年代にしてはすごい。横のドリブルは効いている。でもあまり(ドリブルで)つっかけずに、はたいたりすればもっといいところもある。

 失点場面は、闘莉王が競った後、阿部ちゃんが(中に)絞れれば良かった。ボランチは、(監督から)片方が少し前に行けとハーフタイムに言われた。それで後半からハセ(長谷部)が少し前に行った。2トップは、2人とも一緒に動き出して、相手のストッパーがいる場所に入って行ったりしていた。連動がうまくいったら、ゴールシーンみたいに(完全に)崩していないのに(ゴールが)入ると思う。

■稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)
「ずいぶん日本のことを研究していた」

 後半、向こうはかなり引いていたし、時間稼ぎもしていた。ずいぶん日本のことを研究していたと思う。(出場にあたって指示されたのは)闘莉王を上げるので、そのカバーと8番(ジェパロフ)のマークをするように言われた。阿部が中に入っていたときは(左も)カバーしていた。(攻撃に関しては)闘莉王のこぼれ球を狙うしかなかった。個人的にはもっと出たかったけれど、出場できたのはプラスになった。

■内田篤人(鹿島アントラーズ)
「勝ちにいった結果だから仕方がない」

 勝ちたかった。でも、勝ちにいった結果がこれだから仕方がない。最後にW杯にたどり着けるなら、途中は(内容がよくなくても)いい。(自分のプレーは)まあまあ。普通が一番。(相手を抜くシーンもあったが)上背がある外国人は、日本人よりも抜きやすい。前半に何度かあったけれど、もっと低いボールをうまく使えるようにしたい。

■岡崎慎司(清水エスパルス)
「不完全燃焼という感じ」

 得意な形でプレーできなかった。(引き分けという)結果は悔しいし、不完全燃焼という感じ。(チームに戻ったら)もっとうまくなろうという気持ちで、これからも練習していきたい。


|

« 山形 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-4 C大阪、いろんなコメント »

岡田武史(A代表)関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本 1-1 ウズベキスタン、いろんなコメント:

« 山形 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-4 C大阪、いろんなコメント »