« 日本 1-1 ウズベキスタン、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 0-0 横浜FC、いろんなコメント »

2008年10月19日 (日)

鳥栖 1-4 C大阪、いろんなコメント

20081019
●岸野靖之監督(鳥栖):
・ボールを奪ったら広いサイドを使う。
・中盤では複数でボールを奪いに行く。

●レヴィークルピ監督(C大阪):
・酒本とジウトンはもっとクロスを上げていこう。
・DFの3人は安定しているのであわてないように。
・フィジカルがきつくても何とかハートで乗りこえよう!

●岸野靖之監督(鳥栖):

「負けた試合なんで、非常に残念。結果は1-4だが、サガン鳥栖も強い。順位はうちのほうが上。まだまだ、俺たちの方が強い」

Q:守備で相手のサイドに追われ押し込まれてしまい、攻撃に入ることができなかったが?
「その通り」

Q:センターバックが引き出されて、サイドDFが中の対応に追われてしまったが?
「その通り」

Q:ハーフタイムに修正はできなかったのか?
「指示はそこのところをした。こちらが注意しているところを突かれて失点してしまった。そこは再度確認する。しかし、我々のゲームプランを修正する必要なはい。選手は最後まで点を取ろうと頑張った」

●レヴィークルピ監督(C大阪):

「6位という順位を考えると、勝たないといけない試合だった。今季の勝利の中で、特別な勝利。目指すサッカーができて、昇格争いに残ることができた。ミスもあったが、システム変更が機能した。攻撃の時間が長く、守備の時間が短かった。今晩は、昇格争いに残ったことを考えながらゆっくり眠れる」

●室拓哉選手(鳥栖)
「全然いいところがなかった。完敗や。前半の終了間際に先制されてしまって、本当に悔しい。もう少し、早く指示できていれば防げたかもしれない。中盤でつながれ、後半にも流れを止められず、本当に悔しい」

●高橋義希選手(鳥栖)
「先制点を取られた時間が悪い。C大阪の選手がうまいことはわかっていたし、フォーメーションを変えたことも知っている。その中で、どのようにして攻撃をするのか、どこを守るのかを正しく判断しないといけなかった。少し下がり過ぎて守備に入ってしまった。前半、もう少し耐えておくと流れは変わったと思う」

●柴小屋雄一選手(鳥栖)
「絶対に勝つつもりで試合に臨んだのだが…。耐える時間をもう少し長く続けないといけない。前半の最初はいい流れだったので、そこからを耐えないと。残り6試合の中で、勝たないといけない試合だったのに、内容が内容だけに…」

●山城純也選手(鳥栖)
「中盤で振られてしまって、動かされてしまった。振られる前につぶしに行くのか、振られたところで誰が付くのかハッキリしていなかった。C大阪のボランチに簡単にやられてしまった」

●島嵜佑選手(鳥栖)
「義希(高橋)と圭祐(船谷)を下げすぎてしまった。そのせいで、奪った後に良いポジションに人がいなかった。個人と個人の戦いをもう少し強くしていかないといけない。相手をゼロで抑える中で、粘り強いサッカーをできるようにしていきたい」

●廣瀬浩二選手(鳥栖)
「今日は、一番良くない時間帯での失点が全て。立ち上がりの良い時間帯で流れをつかんで押し切らないといけない。ミスで相手に流れが行ってしまった。今日みたいな試合をしていると、どこが相手でも勝てない。前がかりになってからの失点はある意味仕方ないが、2点目を取られてはいけない」

●羽田憲司選手(C大阪)
「昨年から、しっかりと守ればカウンターで点が取れる形はできていた。それが今日の試合でできたということ」

●香川真司選手(C大阪)
「勝たないといけない状況で、気持ちが入っていた。メンバーやシステムが変更されても問題なくできた。先制点を取ることはできたが、それまでもチャンスが多かったので…。この勝利は、勢いが付くと思う」

●濱田武選手(C大阪)
「うまく裏を取ることができたし、うまくボールをさばけたと思う。これくらいボールが動かせると楽しかった」

●乾貴士選手(C大阪)
「鳥栖が前から来ることはわかっていたので、うまく裏を取ることができた。1トップ2シャドーだったけど、パスを出すところはわかっていたし、信じて動けばパスは出てきた」

|

« 日本 1-1 ウズベキスタン、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 0-0 横浜FC、いろんなコメント »

サガン鳥栖2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖 1-4 C大阪、いろんなコメント:

« 日本 1-1 ウズベキスタン、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 0-0 横浜FC、いろんなコメント »