« 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント | トップページ | バーレーン 2-3 日本、いろんなコメント »

2008年8月30日 (土)

アビスパ 2-2 鳥栖、いろんなコメント

20080830,J2第33節

●篠田善之監督(福岡):
・後半の入り方を注意するように。前がかりにならないようにしよう
・足を止めないで攻めていけ
・フィニィッシュで終わるように

●岸野靖之監督(鳥栖):
・前半の気迫を最後まで緩めるな
・相手は点を取りたがっている。DFラインでボールを回すときは要注意

●篠田善之監督(福岡):

Q:試合を振り返って
「勝ちゲームを落としたということです。前半に失点してしまったのは計算外でしたけれども、最少失点で帰って来いというのは最低限の目標だったので、前半は狙い通りだったと思います。後半に入ってから一気に得点を挙げるというパターンで考えていたので、ゲームの流れ的には非常に良かったと思います。ただ、1点のビハインドを背負って後半に入る戦い方というのは、非常にパワーを使いますし、選手たちにも、いつも0で帰って来いといっているんですけれども、それが出来ていないということは、非常に苦しいと思っています。追いついたこと、さらには逆転する力を見せたことなど、彼らは非常にいいパフォーマンスを見せてくれたと思いますが、結果は引き分けということで、上位陣に対して勝点を詰め寄ることが出来なかったのは非常に残念です。ただ、下を向く必要はないと、また選手たちには伝えました。諦める気持ちは全くないし、次の仙台とのゲームに向けていち早く切り替えて、守備の修正を地道にやっていきたいと思っています」

Q:得点を期待して起用した城後選手が2得点を挙げました。彼に対する評価を教えてください
「非常にいいパフォーマンスだったと思います。前半は前がかりになってしまって、真ん中を空けてバイタルエリアを使われたことはよくなかったですけれども、それ以外のパフォーマンスは非常に良かったと思います。しかも2得点を挙げたということで評価しています。ただ、彼には90分間ピッチに立って欲しいなと思っているんですけれども、それだけのパワーを使わせてしまったということに反省しています」

●岸野靖之監督(鳥栖):

Q:試合を振り返って
「先制した時点で勝つ、そういうチームにしなければいけないと思います。ミスから失点して、逆転されて、いつもならそこで振り切られるんですけれども、気持ちが引き分けにつながったのかなと思います。ただ、僕の中では、アビスパとの試合での引き分けは負けだと思っています。鳥栖の方が勝てる力はあるし、非常に残念です。ただ、試合が終わった後に何人かの選手が倒れていましたけれど、力を出し尽くした試合でした。常に勝つゲームで、そういうことを続けたいと思います」

Q:前半から2人のFWの関係がよく、中盤の押し上げも早かったように感じます。監督からは、どのような指示が出ていたのでしょうか
「アビスパのボランチは守備に来るときにボールに喰らいついてきて、そのときにFWがマンマークの形になっているのが分かっていたので、プレッシャーがかかっても、かわしながらタイミングを合わせてFWに入れろと指示していました。両サイドも、バランスに関係なく上がってくるので、もう少しいい形で入れたかったんですね。1点を取った後に、もう少し焦らして、1-0の時間を少しでも長くしていれば良かったんですけれども、自分たちのミスで崩れてしまいました。今年のアビスパとの試合は、全て自分たちから弱いところを見せてしまいました。そこをしっかりと直していかないと、強いチームにとやったときに失点してしまいます。常に失点0でいけるようにしないといけません。1点を取ったら2点目を取る。それをやりたいと思います」

Q:船谷選手がゴールを決めました。彼に対する評価を教えてください
「鳥栖に来て、まだフル出場がなかったので、今日はそれを見たいと思っていました。彼には、90分間、どこまでやれるかわからないけれども、自分の中で、苦しくなったときでも、もう一歩動くことを考えてやってくれと、それを続けてくれと、そうすることで試合の中で走れる力がつくからと言いました。最後の最後までファイトしてくれたと思います。彼のゴールが勝利に結びつけばよかったんですけれども、それは次で果たしたいと思います」

Q:今日は多くのサポーターが来ていました。残り11試合になりましたが期待をしていると思います。サポーターに一言お願いします
「引き分けでしたが、自分の中では負けたと思っています。ただ、これで全てが終わったわけでもないので、次の試合で勝点3を取って、こんなことでへこたれずに選手を引っ張っていきたいし、選手とともに戦いたいと思います。サポーターの声援は僕にとって力になるので、それをいつも胸に刻んで、次の試合で勝点3を取りたいと思います。皆さんの声援は力を与えてくれました」

●城後寿選手(福岡):
「2ゴールは嬉しい反面、勝てなかったので悔いが残ります。次は自分で決めて勝ちたいと思います。点を取れたことで、これをきっかけに変わることが出来ればと思っています。立ち上がりはよかったんですが、そのあとはボールに触れない時間が続いたので、このままではいけないと思って前へ出ました。自分のパフォーマンスは50点。先制点を決められたのは僕のせいだし、大きな展開や、裏への飛び出しが出来ずに残念でした。守備では1対1の対応とか、アプローチのスピードが遅いところが課題です。それを改善すれば、いいサッカーが出来ると思います。昇格はまだ狙えると思うので、全力で戦います」

●吉田宗弘選手(福岡):
「結果が全ての大事なゲームで、勝てなかったことはすごく悔いが残るゲームでした。ただ、前半に失点したあとは1-0で凌いで、後半に逆転したことは、チームとして評価できる部分だし、そこは自信を持っていいんじゃないかなと思います。勝ちきれなかったですが、チャンスも作れたし、気持ちの部分では伝わってくるものもあったので、それを前向きに捉えて、次に生かすことが大事だと思います。ただ、1失点目も、2失点目も、もう少し寄せていればという思いもあるので、そういう部分を練習から意識を高めて取り組んでいきたいです。まだ何も決まったわけではないし、諦めないで続けていくことです。今日以上のゲームを続けていくことです」

●大久保哲哉選手(福岡):
「前半は相手に合わせたサッカーをしてしまいました。中盤でミスがあったり、前線に収まらなかったり。それでも、後半は篠田監督になってからの、いつものサッカーが出来たと思います。後半に2得点挙げる力は確実に付いたと思うので、それは続けていかなければいければと思います。けれど、やはり2失点してしまっては・・・。2失点目はアンラッキーな面もあったが、そこで何とか凌げるようにもしなければいけないと思います。何とか勝ちたかった試合でした」

●布部陽功選手(福岡):
「後半くらいのサッカーが出来ていればと思います。前半の相手のハイプレッシャーに対して、どれだけ我慢できるかというのが課題だったと思います。手応えはあったと思いますし、シュートはGK正面というのが多かったですけれども、あそこへ入っていけたのはいいことだと思いますし、あとは細かい精度の部分だったと思います。鳥栖の3位という順位と、今シーズンの安定した戦い方が、最後に出たかなと感じました。でも悔しかったです。失点シーンは、その場面だけではなく、その前のプレーは同だったのかと言うことを全員が感じなければいけないし、自分自身も、もっと寄せられた部分だったと思います。少しのところで追いつかれて勝ちきれなかったです。悔しかったです」

●久藤清一選手(福岡):
「今日は2トップに仕事をさせすぎたと思います。全部あそこに入ったときにキープされて、そこを起点にされていたので、もう少し強く、何もやらせないくらい行かないときついかなと思います。1失点目は、CFに簡単にボールが入ってしまうので、ズルズルと下がってしまって、空いたスペースを使われてしまいました。あそこは、もう少し駆け引きして欲しかったですね。点をしっかり取っていれば。逆転した後に、もう1点がしっかり取れていれば良かったですね。2失点目はアンラッキーだし。でも相手の2トップですね。あそこでやらせすぎたのが一番の問題だったと思います。(鳥栖とのダービーは負けなしでしたが?)。勝たなければ意味がないです」

●金信泳選手(鳥栖):
「前半は、攻守共に頑張れたが、後半に入って運動量が落ちた。鳥栖の求めている守備をできたと思うが、続けることをしないといけない。前半に相手選手をフリーにしてしまうこともあったので、そこをなくしていきたい。ゴールも求められているが、次に頑張ります」
●廣瀬浩二選手(鳥栖):
「もう少し、仕事が出来る選手にならないと・・・。ワンチャンスは必ずあるので、そこを決めれるように練習します」

●鐡戸裕史選手(鳥栖):
「前半にもう1点取れていれば、流れは変わったと思う。仕掛けていって取られるようではいけない。交わしていけなければ、早めにクロスを選択するなど、判断をもっと早くしていきたい」

●飯尾和也選手(鳥栖):
「引き分けは負けと同じ。逆転されて、いつもならそのまま負けていたところを、気持ちを切らさずに追いつくことができたので、そこは次につながると思う。前からいけていたときは、良い時間帯だったと思うので、そこを長く続けるようにしたい」

●パクチョンヘ選手(鳥栖):
「正直、久しぶりの試合だったので、緊張よりはみんなに合わせることで頭が一杯だった。もう少しやれたと思う。本当に悔しい」

●レオナルド選手(鳥栖):
「久しぶりのゴールだったが、試合に入ったら何としても点を取りたいと思う気持ちがあったので、あのボールが得点につながったと思う。あの得点で、次の試合はもう少しゴール前で冷静になれると思うので、次も決めたい。チームが勝てなくて、悔しい」

●藤田祥史選手(鳥栖):
「浮き球の処理や高さなど、相手のほうが勝っていて一杯一杯だった。前半に前からいけた時間帯は良かっただけに、引き分けは悔しい」

●船谷圭祐選手(鳥栖):
「逆転されても焦りは無かったが・・・。FKはイメージどおりだった。壁を越えた瞬間は、『入ったかな』と思ったが・・・。得点は、中が空いていたので切り返して右足で打った。後半の立ち上がりが大事」

●日高拓磨選手(鳥栖):
「1失点目は、ヘディングでバーを越えるイメージでクリアしたが、GKとかぶってしまった。引き分けは負けに等しいのでとても悔しい」

|

« 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント | トップページ | バーレーン 2-3 日本、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

サガン鳥栖2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 2-2 鳥栖、いろんなコメント:

« 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント | トップページ | バーレーン 2-3 日本、いろんなコメント »