« 北京五輪、3決、なでしこ 0-2 ドイツ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント »

2008年8月23日 (土)

広島 4-0 アビスパ、いろんなコメント

20080823,J2第32節
●ペトロヴィッチ監督(広島):

2-0は非常に危険。
しっかりと集中して、後半は新しいスタートを切ろう。
コントロールした闘いをすること。
3人目の動きを意識すること。

●篠田善之監督(福岡):

DFラインのマークの受け渡しを速くして、サイドを起点に攻めよう。
0-2で負けているので、多少リスクを負っても、早く1点をとろう。

●ペトロヴィッチ監督(広島):

「福岡は調子がよかったし、難しい試合になると思っていた。また、私自身も、あるいは記者の皆さんもそうだったと思うが、甲府戦に負けた後に選手たちがどういう試合をしてくれるか、興味深い試合だったと思う。
ただ、あの試合は確かに負けはしたけれど、その負けから学ぶべきことがある。選手たちは、しっかりと負けから学習し、前向きに試合に向けて臨んでくれた。
立ち上がりから、いいコンビでコントロールしてくれた。試合の進め方や動きもよかった。危険な走りもしてくれた。勝つべくして勝てたと思うし、大量点を取るのは難しいと思っていたが、それもできてよかった。
チームを代表して、サポーターに感謝したい。90分を通して、選手を後押ししてくれた。素晴らしい勝利だったと思う。ただ、まだ我々には12試合、残っている」

Q:久しぶりに森崎和幸選手をボランチで起用しましたが。
「個人の評価をこういう公の場でするのは、私のスタイルには合わない。ただ私も、そして記者の皆さんも、カズをボランチで起用して、ストヤノフとの縦のコンビができれば、チームとしていい形で試合をつくれることはわかっている。そういう形ができなかったのは、主に怪我人が多かったことによるものだ。
選手は与えられたポジションでチームのために働くことが仕事だし、今日はチームとしての勝利だったと思う」

Q:選手個々の評価はしたくないという監督に恐縮なのですが、高柳一誠選手の印象をお聞かせください。
「(笑)。まあ、一誠が素晴らしい選手だということは、何度もコメントしたとおり。彼はまだまだ弱いところがあるが、今日はしっかりとプレーしてくれた」

Q:3000人の人文字については?
「試合前は中で試合に向けて集中していたので、残念ながら人文字は見ていない。ただ、選手たちはしっかりと見ていたと思う。選手たちがいい動きをしていたのは、そのおかげもあったのかもしれないですね」

●篠田善之監督(福岡):

「結果は見てのとおり、負け試合です。ボールの取られ方も悪かったし、ミスからの失点だったし、失点した時間帯も厳しいものがあった。試合の流れをつくれなかった。ただ、ボールを失ったことは何度かあったが、いい時間帯の中でいいビルドアップからフィニッシュまで持っていけた。それは、続けていきたい」

Q:守備のポイントはどう指示していたのか。
「まず、全体として構えてしまった。闘い方としては、盛田のところにプレスをかけていこうという約束事だったのだが、それがうまくできなかった。あとは、ボールを奪った後、もう少し自分たちがボールを持つ時間帯を長くしたかった。FWにボールが収まらないと攻めにつながらない」

Q:タレイを45分で交代させましたが。
「対面の李漢宰選手の前後の動きに、体力を奪われてしまった。また、タレイも久藤も下がってしまうと、守備に7人~8人も割いてしまうことになる。なので、中払にはボールを奪って前に出て行くことをポイントにして投入した」

Q:監督就任後、初敗戦となったが。
「修正点が守備にあるのは明白。これまでと同じように、正しいポジションからスタートさせることを続けて、地道にやっていきたいと思う」

Q:ミスからの失点が多いが。
「個々のミスについては、コミュニケーションの問題もあるし、その1つ前のパスを出されたシーンはどうだったのかも合わせて、考えないといけない。ただ、サッカーにミスは付きもの。できるだけ、そこを小さくできるよう、みんなとやっていきたい」

●柏木陽介選手(広島)
「(得点シーンは)右サイドの(李)ハンジェさんが(服部)公太さんにパスを出した時、前に行くしかないと思って走った。GKの間にボールが入って、チョンと蹴ったら裏を取れた。粘り強く走ったことがゴールにつながったと思う。
3点目のアシストは、縦に抜けた時に(高萩)洋次郎くんが見えていたから、岐阜戦でアシストしてくれたし、借りを返すつもりでパスを出した。ただ、GKの位置を考えれば、シュートも打てたと思うけれど(笑)。
今日の勝利は、すごくよかったと思う。そしてこのチームは、誰が入ってもいいサッカーができることを証明した。(森崎)カズさんがボランチに入るとやっぱり違うし、(高萩)一誠くんもよかった。アオちゃん(青山)や(森崎)浩司さんも戻ってくるし、これから、しんどいポジション争いが始まると思う」

●槙野智章選手(広島)
「先制点の場面は、(服部)公太さんと完全にアイコンタクトができていたし、(佐藤)寿人さんが前に走って相手を引きつけてくれたから、フリーになれた。自分がゴールを決めたけれど、みんなで決めたゴールだった。
今日は、みんながハードワークできたし、気持ちを1つにして泥臭いゴールを生んだ。相手どうこうよりも自分たちのサッカーをやろうと思ったし、だから自分も後ろから数的優位をつくろうと積極的に前に出た。そういう場面を甲府戦ではつくれなかったから。
ただ、今日の試合は今日で終わり。次に向けて、地に足をつけて闘いたい」

●高萩洋次郎選手(広島)
「いい形で点が取れたし、いい形で試合を運べた。ゴールのシーンは、(柏木)陽介が顔をあげて見てくれたので、前に走った。ただ、ゴールは0.9が陽介のもの。僕は0.1です。
ここ2~3試合は動けていなかったし、いいところで走れていなかった。ただ、今日は裏にも出やすかったし、よかったと思う」

●中払大介選手(福岡)
「右サイドからの攻撃ばかりで、左サイドの枚数が少なかった。負けていたから縦のボールが多くて、横パスがなかった。だから、あまりいい感じで、自分のところにパスが入ってこなかった。
こんな恥ずかしい試合をしてしまったし、4点のうち3点はミスから。最初の1点も、広島の佐藤寿人選手のチェックを外したところから決まった失点。広島のように上位のチームになってくると、細かいミスも見逃さずに得点に結び付けてくる。そこが、ウチとの差だと思う。そういう隙を見せてはいけないし、鳥栖戦(8/30@レベスタ)もそういうミスを見せたら、僕らは絶対にやられると思う。隙を見せずにやらなければいけない。
サポーターも、最後は涙を流していたし、応援してくれている彼らに情けない思いをさせてしまった。次は、レベルファイブスタジアムを、喜びに溢れるスタジアムにさせなければいけない。
ここ数試合ずっと失点しているのは、相手のうまさもあるかもしれないけど、自分たちのミスからの失点がすごく多かった。今日はそのミスが、全て得点に結びついてしまった。守備はどれだけ守っても、1つのミスで失点してしまうし、90分間ずっとミスをせずにやり続けることが大切。修正しなければいけないと思う」

●柳楽智和選手(福岡)
「2シャドーのマークの受け渡しが、うまくできなかった。サイドハーフが(後ろに)吸収されてしまったし、相手も高い位置を狙ってきていたから、そこで相手の攻撃を受けるのに疲れてしまった。後半の最初は、前からいければよかったんだけど…。
次は出場停止ですが、しっかりと練習から声を出して、いい練習相手になるようにがんばります」

|

« 北京五輪、3決、なでしこ 0-2 ドイツ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島 4-0 アビスパ、いろんなコメント:

« 北京五輪、3決、なでしこ 0-2 ドイツ、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 湘南、いろんなコメント »