« 湘南 2-1 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 広島、いろんなコメント »

2008年5月11日 (日)

アビスパ 0-3 広島、いろんなコメント

20080511J2第13節
●リトバルスキー監督(福岡):
・3バックは安定しているが、2回くらい、2列目から入ってこられて乱れるシーンがあった。
・DFは3バックだけではなく、中盤もカバーに入らなければいけない。
・サイドから攻撃していけ。

●ペトロヴィッチ監督(広島):
・我々は1-0でリードしている。もっと落ち着いてゲームを進めよう。
・コントロールした中で戦うこと。
・後半、相手は前がかりに来る。そのできたスペースを狙っていいくこと。
・走って、戦って、次の1点を取りに行こう。

●リトバルスキー監督(福岡):
Q:試合を振り返って。
「サンフレッチェといういいチームと、我々は苦しい状況の中で戦ったわけですが、こういう結果になってしまいました。今日の試合の勝敗を分けた要因は、攻守においてペナルティエリア内での違いでした。その部分で相手が我々を上回ったということだと思います。選手たちは必死に流れを変えようとして、3バックのシステムでコンパクトに試合を進めていたんですけれど、自分たちが置かれている状況の影響からか、前半は少し硬かったところもあったように見えました。そんな中、サンフレッチェに前半のうちにいい形から1点を取られてしまったので、後半は我々は攻撃的にプレーしなければならなくなりました。

後半に入って、大久保、黒部と2回の決定機があり、それが決まっていればという思いがありますが、その後にセットプレーから2失点目を喫してしまいました。その後、マイクをいれて、サイドを突破してからマイクをターゲットにクロスを上げようと指示しましたが、彼が入ったことで、ダイアゴナルなロングボールが多くなってしまいました。3失点目は我々の右サイドを突破されたものですが、このシーンは、ペナルティエリア内での力の差を見せられたものでした。

次の横浜FC戦には、久藤清一、マーク・ルダンらが復帰してくれることを望んでいますが、彼らがチームに合流することで、チームにいい影響が生まれることを期待しています。それと、鈴木惇選手は1点ビハインドという状況があったため、田中佑昌選手と交代させましたが、決して彼が悪いプレーをしていたということではないし、その時点照りの状況で代えざるを得ませんでした」

Q:1失点目は仕掛けてきた相手を誰もマークをしなかったことがきっかけになり、2点目はセットプレーからぺナの中央の選手をフリーにし、3点目は人数が足りているのに簡単に突破されてからの失点でした。いつもと同じような失点パターンですが、どうやって改善していこうとお考えですか?
「1点目は、相手が仕掛けてきたときにリアクションが遅くて付いていけなかったことが失点につながったもので、もっと早くリアクション出来るようにしなくてはいけません。セットプレーに関しては、マンマークの相手は決まっていますが、ゲームの中でわずかな気の緩みを突かれて失点をしてしまっているので、我々が出来ることは、練習の中で、繰り返し、繰り返し、集中力を維持しながら対応できるようにするということです。3点目に関しては十分に人は足りていたんですけれども、1対1の局面で相手が我々を交わしたことで生まれたゴールでした。1対1の局面だけを見れば相手が上回っていたということです。しかし、カバーリングについては修正しなければならない部分があると思います。1対1の場面を作られても、周りの選手が助け合って守るということをしなければなりません。グループとして守備をしなくてはいけません。たとえば、前半の山形辰徳選手のようにカバーリングをしっかりとして周りの選手を助けていましたが、そういうことが必要です」

Q:今日は3バックで臨みましたが、上手くいったとお考えですか?
「今の状況と、結果を出さなければいけないということを考え、選手と話し合ったのですが、選手たちは3バックの方がやりやすいということでしたので、選手たちがやりやすい環境を作らなければいけないということで3バックで臨みました。サンフレッチェはいいチームですし、リズム感のあるやりづらい相手ですから、それも3バックに変えた理由でもありますが、システムをまた戻すという意図はなく、今後は3バックを続けていくつもりです。サンフレッチェ戦は準備期間が4日間しかありませんでしたが、今後、続けていくことでいい結果が出せるようになることを望んでいます」

Q:今日を含めて3試合で今後のことを決めるという中で、厳しい結果になってしまいましたが。
「私自身は最善を尽くしていつつもりです。厳しい状況の中で、いかにいい形でチームをピッチに送り出そうかということしか考えていません。それはこれからも変わりません。その結果を見て社長が判断を下すと思います」

●ペトロヴィッチ監督(広島):
Q:試合を振り返って。
「最後は3-0で勝ちましたけれども、福岡さんはいいチームですので、うちにとっては難しいゲームだったと思います。それに福岡にはいい監督がいらっしゃいますし。前半は相手の2トップの1人が中盤に下がってくることで、我々は問題を抱えました。しかしながら、ゲームを通しては、ゲームをコントロールして、いいサッカーが出来たと思います。皆さんが見て楽しめる、そういうサッカーではなかったかと思います。私はどの監督にもリスペクトを持っているつもりです。いま福岡さんは上手くいっていませんが、リトバルスキー監督が、この状況を打開できることを望んでいます。いま福岡さんは厳しい状況ですけれども、ここは素晴らしいスタジアムですし、大勢の観客の方も来てくれていますので、福岡さんも近いうちにいい結果を出せるのではないかと思っています。」

Q:ストヤノフ選手の状況は?
「膝に打撲があるんですけれども、いま腫れていて冷やしているんですけれども、詳しい状況は分かっていません」

●中村北斗選手(福岡):
「今日はそんなに悪くなかったと思うんですけれども、失点のところが悪かったんじゃないかなと思います。もう少し試合前に話し合って、引いて相手にボールを回させているというイメージで試合をしていけばよかったなと思います。勝つしかないと思います。選手自体はみんなピッチの中でやっていると思いますけれども、負けたら周りからやっていないといわれるのは当たり前なので、勝てばそういうものも変わってくると思います。後半はセカンドボールが拾えるようになって、自分も底から散らして行こうと思っていたんですけれど、2点目が入って流れが変わってしまいました。それまでは、1点返せばどうなるか分からない試合だったので、そんなに悪い試合ではなかったと思います。勝てばよくなってくると思うので、システム変更した最初の試合にしては良かったと思います」

●布部陽功選手(福岡):
「選手の間では3バックのほうがいいと思っている選手が多いんですけれど、どういう方法でやるかというのは監督が決めることなので。今は戦術云々よりも、個人、個人がいかに頑張れるかというところだと思います。選手はすごくまとまっているし、また次もあるし、ロッカールームでは、1人、1人が頑張ろうと言っていました。気持ちは離れていないので、なんとかきっかけをつかめるように個人、個人で頑張るということです。監督が言うように、1人、1人が10%、20%、上げていくというところをやっていきたいと思います。」

●大久保哲哉選手(福岡):
「青山と森崎を自分の前に置いて見て、攻撃の時は前に出て行くということを監督から言われていました。やられたシーンは僕が青山につられて横パスを出されて、森崎にドリブルで仕掛けられ、ボランチは2枚あまっていたと思うんですけれども、ある程度人任せにしてしまった部分があって高い位置まで運ばれて、ノリ(山形)も我慢できなくなって、そこから佐藤寿人に出されてワンツーという形でした。前半は0-0でいきたいと思っていたんですけれど。今日の試合は相手は首位のチームだったので、ある程度ポゼッションされるのは仕方ないので、回させていると考えれば余裕が出来ると思っていたんですけれども、ああいう形で失点して、後半の立ち上がりに決め切れなくて、そしてセットプレーでやられて。ゲームのないように関してはまあまあだったと思うんですけれども、結果としては3-0。疲れました」

●森崎和幸選手(広島):
「(前半は)焦りはなかったんですけれど、DF面で上手くいかず修正もできませんでした。相手の攻撃的なMFが前に出て、FWが降りてきて、そのマークが上手くいっていなかったので、マークの受け渡しをしっかりしようとハーフタイムに話しました。(後半の立ち上がりは)もう1点取れば相手が攻撃に出て来れないので、どこかで1点取ろうという気持ちもありましたけれど、もう少しボールに対して厳しく行こうと話していました。連敗だけはしたくなかったですし、引き分けでもチームの雰囲気が良くなくなると思っていたので、この試合はどうしても勝点3がとりたかったので、そういう点では収穫だったと思います。ただ、修正点も多くあります。前半のように相手に支配されるのではなく、うちが支配するような試合を毎試合続けていけたらなと思います」

●森脇良太選手(広島):
「あのCKの時に、これは来るんじゃないかなという予感はありました。槙野がニアに行きたいということだったので、自分はその後ろでセカンドボールを拾おうとしていたらボールが来ました。つなぐという選択肢もあったんですけれど、自分自身はフリーで、前にもスペースがあり、ワンタッチコントロールからシュートというイメージが沸いたし、左足からのシュートにも自信があったので思い切り打ちました。でも、自分自身には、まだやるべきことが多いので、今日がよかったからいいというものではないと思うので、次の試合ではしっかりと0で抑えて、そのためにタイトに行くということをやって生きたいと思います。前半は大久保選手が下がってくるので戸惑いがあったんですけれども、前半の途中からは相手にハードにいくということは出来ていたので、それ以外の部分では怖さは感じませんでした」

|

« 湘南 2-1 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 広島、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 0-3 広島、いろんなコメント:

« 湘南 2-1 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-1 広島、いろんなコメント »