« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | 仙台 3-0 鳥栖、いろんなコメント »

2008年4月26日 (土)

山形 0-0 アビスパ、いろんなコメント

20080426J2、第9節

●小林伸二監督(山形):
・マークの受け渡しとカバーリング・アプローチをしっかりとしよう。
・相手DFラインをよく見て、タイミングよく抜けてボールをもらおう。
・シュートを思いきって打っていこう。

●リトバルスキー監督(福岡):
・最初の15分間はボールを動かしてリズムを作ろう。
・風が強いのでパスミスが多くなるが全員でカバーしよう。
・DFは常に冷静に対応しよう。特に2列目からの飛び出しに注意すること。

●小林伸二監督(山形):
「前半はセカンドボールを拾えたということがすごく良くて、キープできたという感じがします。アビスパさんがハーフウェイラインから10mのところにラインをコンパクトにしていた前半のときに、自陣からダイレクトにボールを蹴るのであれば、もう少しFWの選手がバックラインを見れれば、何回かオフサイドにならずに済んだし、逆にラインが上がるのが早いのであれば、1回どこかに付けておいて背後に蹴るという、ちょっとした駆け引きがあったらもう少し裏が取れたのかなと思います。押し込んだ場合に、もう少しバイタルの中央のところにくさびを入れてコンビネーションができなかったのかなと。そういう形でハーフタイムは話をしました。
後半は前半より広がった形でチャンスをつくれたと思いますけど、前のゲームに比べるとクロスが一本調子でなく、マイナスがあったり、少し裏に蹴ってみようかなというところがあったと思うんですけど、やっぱりその精度のところと、それを呼び込む動きがもう少し欲しいなと思います。と同時に、センターフォワードに入ったときに、もう少し3人目の動きで絡めるところを……脚力が欲しいのか、1回広がったところで逆サイドから入る時間をつくるのかというところで、トップに絡む動きが中央でできれば、広がりがあって中央があるという形ができたのかなと思っています。いいところまで行ってるんですけども点が取れていないというのは、残念なところです。勝ち点1を取ったというところと、今日もそうなんですけれど、メンバー交代をして、選手がうまく機能して、もうひとつ馬力が上がってきているので、それはすごく効果的だなと感じています。
ここへ来てちょっと怪我人が出ているんですけど、今のメンバーでこの連戦を乗り切っていきたいと思います」
Q:木藤選手を左SBに入れて、石川選手を上げた意図は?
「彼らは両方できるので、いつか石川を前に上げようと思っていたのと、向こうの田中佑昌、中村北斗といったところが、特に前半、北斗がオーバーラップしたりというところでちょっと手こずったのがあったし、CKになる前のクロスで、少し石川のアプローチが甘くて放り込まれたのがあったので、逆に石川のクロスがもっと高いところで生かせるためには、木藤を後ろに下げたほうがいいのかなというのと、仮に木藤がオーバーラップしても、テイクオーバーしてくれる石川がいると、縦の2人のポジションチェンジでうまくいくのではないかなというところがありました。石川のほうが前でずっとプレーできたというのも、木藤がきちっと後ろでやってくれたからということで、すごく効果的にできたなと思っています」
Q:途中出場の本橋選手の評価は?
「前半、自陣からのボールが縦パスになるので、押し込んだときに幅がなかなかつくれなかったので、そういう意味では、本橋に展開してほしいなというところがありました。あまり彼ができることはなかったんですけど、公式戦にこうやって、膝が悪いなかで去年やっていたのが今年もプレーできたというのは、彼本来の展開力をさらに活かしていけるようになるのではないかなと期待をしています」
Q:2トップの坂井選手、長谷川選手の評価は?
「前半は元気が良かったんですけど、少しラインが浅いということがわかっていたなかで、どうしても背後のラインは見えないので、見えるところのバックのポイントを見ながら、要するにチェックの動きを入れてできるようになるとおもしろいなというのと、ワンプレーして戻りきれないうちに後方からボールを蹴られているので、一呼吸置いたなかで蹴ってもらって、ラインに1回吸収されて出ていくというタイミングを覚えるともう少し良かったのかなというのと、バイタルに入れる中盤の選手と、バイタルでもらう2人の呼び込みがもう少し必要だったんじゃないかなと思います。ただ、随分動けるし、スペースに出て起点になってくれるし、守備もハードワークしてくれるし、そういう意味では後ろの選手も助かってるし、最終ラインがすごく安定していたというのは、センターフォワード含めて、サイドハーフの守備に方向性をつけてくれてるというのはあると思います。そういう意味では、ハードワークしてくれたと思います。ですから、坂井が代わったあとに長谷川がいいところで点を取ってくれたりすると、そういうものが報われるのかなと思うんですけど。それは次に期待しておきたいなと思います」
Q:今日フル出場した根本選手の評価は?
「身体能力、ジャンプ力とドリブルからの突破ですよね、それがサイドでも中央でも見えたと思います。中央については、突破してからのシュートというプランニングが点になるんですけど、サイドは当然、突破したあとにクロスというもうひとつの仕事がありますよね。そこのボールの精度だったり、視野の広さが出てくると、それが点につながるんじゃないかなと。いい形でもぐり込んでペナまで入ったんですけど、そこから直線的なボールになったので、それが合わせられるようにするとすごくサイドでもやっかいな選手だし、今日みたいに途中から中でワンポイントで仕事ができる選手になってもらえればいいなと思います。この前の試合と併せて、右サイドで随分いい仕事をしてくれていると思います。前半、ボールをもらうときに、もう少し高い位置からチェックしてもらうのか、高い位置から中にもぐり込んでもらうようなことができると、もっと相手のサイドバックが難しいし、ボランチも難しいプレーヤーになっていくと思うんですよね。そういうところを覚えれば、もっともっと良くなると思います」
Q:セットプレーから何度かチャンスをつくられる場面が、特に後半ありましたが、その原因は?
「ひとつは、前半のCKのときにキーパーのオブストラクションがあって、それをレフェリーが取ってくれてないんですね。後半もそうなんですけど、キーパーの前に11番(田中)がいて、キーパーにはぶつからないんだけど進行方向に立っているので、ブロックしてるんですよね。今日みたいにボールを置いてこられたとき、クリアもそんなに強いボールにならないし。そういうところですね。もっとアピールすべきだったという話をしましたけど、なかなか取ってもらえませんでした。危ない場面はそうです。前半もそうですけど、後半も抑えられてるんですよね。そこは難しいところでもありますよね。どうしても上背は向こうのほうがあるものですから、とにかくジャンプしろと。早くジャンプをするか、ジャンプしてまともにヘディングをさせないといったところはやってくれたと思いますけれども、そういうところは今後、覚えるところがあると思います」
Q:第3節の岐阜戦以降、チームは負けていませんが、どう評価しますか?
「負けていないというより、勝っていないというほうが。とにかく勝ちたいので。1回勝つとポンとジャンプするんですよね。今は我慢しなくちゃいけないところではあるんでしょうけど、今日のゲームはとにかく勝ちたいなと。ただ、守備が安定してきたということは言えると思いますので、もう少しそこをみんなが理解できると、攻撃のほうでバリエーションがもっと増えて、そこで点が取れればいいなと思います」
Q:リチェーリ選手がベンチにもいませんでしたが?
「昨日のトレーニングでもも裏をちょっと痛めたんですよね。2週間で4試合あるので、ちょっと我慢したほうがいいなというところですね」
Q:リトバルスキー監督は、「小林監督は福岡の選手を知っているので有利なのではないか」と話していましたが、やはりスカウティングなどでは有利な部分は感じましたか?
「そうですね、正直言って。キーパーの吉田と黒部についてもセレッソ時代にやっているので、今日のメンバーのなかでやっていないのは外国籍選手だけなんです。あとは去年1年、福岡で見ている選手もいれば、2000年に入った選手もいるし。ビデオを3ゲームくらい観ましたけれども、それ以上におそらく、負けが2つ続いたあとに勝って、メンバーをいじらないだろうということになると、それぞれの選手もわかるし、途中から出てくる選手の特徴もわかるので。城後が入ったらロングスローだったりとか、いろいろわかるのでやりやすかったのはあります。それだけに、私としては勝ちたかったというのがひとつと、もうひとつは、そういう教えた選手が簡単に勝たせてくれなかったというのもまたうれしい。1年間付き合っている選手なので、それは思います」

●リトバルスキー監督(福岡):
「今日の結果は両チームにとって公平な結果になったと思います。J2のレベルでいうと最善のレベルではなかったと思いますが、しかし、引き分けという結果は公平だったと思います。この試合では、どこが良かったかというと、守備の面ですね。守備の対応の仕方が良くて、特に前半は攻撃面ではあまり機能しませんでした。パスがうまくつながらずにボールを失うケースが多く、2~3人でコンビネーションしようとしたんですけども、うまく前までつなぐことができませんでした。
後半に入ってから、試合の流れのなかでいい時間帯があって、そのなかでゴールバー、ポストに何回か当たって、残念ながら点にはつながらなかったんですけども、パスワークはよりいいパスワークになっていました。終盤に入って、山形がかなり前線から押し上げてきて、両サイドからも攻撃で押し込んできて、その時間帯ではディフェンスラインとキーパーがうまく対応できたと思います。両チームに勝利はふさわしくないとしても、勝ち点1を稼いで福岡に戻ることができます」
Q:今日は昨年、一緒に仕事をした小林監督との対戦でしたが、どんな気持ちを抱いて試合に臨みましたか?
「小林さんのほうは、我々の選手をほとんど見ていて把握していて、選手たちの長所も短所もわかっているので、有利な点はあると思います。我々の選手はより集中して、相手が高いモチベーションで臨んでくるということを整理したうえで戦わなければいけませんでした」
Q:守備のほうは2試合続けて完封でしたが、攻撃のほうはシュートまでもいけませんでした。そのあたりの評価は?
「前半は2~3人の選手でボールを回していたんですが、うまくつながりませんでした。幅を有利に使っていませんでした。ディフェンスのときに選手たちが中央に寄ったり、ボールサイドに寄ったりしていました。自分たちのプレー範囲が狭くなっていました。もうひとつのポイントとしては、山形の両SBとうちの両SH、石川対佑昌(田中)、宮本対久永のマッチアップでは、我々が相手を上回ることができませんでした」
Q:後半、風上に立つところで、ハーフタイムにボールを動かすような指示がありましたが、風を利用するのではなく、つなごうとした理由は?
「特に前半、ボールの精度があまり良くなく、蹴ってもボールが流れてしまっていました。ロングボールも風を利用して使いたかったんですけど、今日は技術的な部分が十分ではなかったので、それよりもリズムをつかむという意味でボールをつないでいくという考えでした」
Q:2試合連続無失点でしたが、今回のDFラインの4人はかなり固まってきたと考えていいでしょうか?
「私も同感です。この4人で一緒にプレーしていて、よりコンパクトな形でプレーすることができました。この2試合、このメンバーでやってきて、これからもいい見込みがあると思います」

●石川竜也選手(山形):
「お互いピンチもチャンスもあったんですけど、1点決めて勝ちたかったというのが本音です。でも、失点していないというのは、すごく評価できると思います。開幕からそこまで守備に問題があったわけではなくて、岐阜との試合でリズムが悪くなったということで、僕らが意識を高く持ってできているということだと思いますけども、守備に関してはみんな高い意識を持ってできています。その点に関してはすごくいいと思いますけれども、やっぱり点を取らないと勝てないので、そこはもっとレベルを上げていかないといけないと思います」

Q:今日はシュートチャンスも少なかったですが、得点できなかった要因は?
「前半からシュートが少なかったのは僕らも感じてますし、FWだけじゃなくて、チーム全体としてもっと点を取る気持ちだったり、最後の精度だったり、そこをコミュニケーションやふだんの練習で修正していくことは必要だと思います」

Q:2列目に入ったのは今季初めてでしたが?
「去年、何回かあったかもしれないですけど……問題ないですよ(笑)。ポジションが上がって、僕が楽しかったというのはあると思います(笑)。ボールがいっぱはい来て、ボールに触る機会が増えるので。木藤もオーバーラップしてくれますし。ああいう形でもしっかりと戦えればいろんなオプションもできるし、僕としてもチームとしても、新しいオプションとして使えればいいなと思います。僕がハーフに入ったら、やっぱり点を取りたいと思います。ゴール前に上がっていけるし、センタリングも僕の特長でもあるし。DFよりも点に絡む仕事ができるなとは思いました」

●本橋卓巳選手(山形):
Q:今季初出場の感想は?
「いや、別に。落ち着いて入れたので。でも、入ったなかで何本かチャンスがあったので、そこで決めないといけないかなと思います。あそこで決めれたら勝てたと思います」

Q:途中出場で難しい部分はありましたか?
「もっと浮き足立つかなと思ったんですけど、思ったより大丈夫でした」

●佐藤健太郎選手(山形):
Q:今季初スタメンの感想は?
「スタメンで気合い入りすぎたのか、緊張しました。パスのときもあまり周りが見えてなくて、もうちょっと冷静にできれば良かったんですけど、焦ってパスミスが多くなっちゃいました。山形でゲームしたなかで、今日が一番パスミスが多かったと思います」

Q:先発を言われたのはいつですか?
「言われたのは今日なんですけど、昨日のセットプレーの練習のときに先発組で入っていて、なんとなくあるかなとは思っていたので、気持ちの準備はしていました」

Q:福岡の攻撃はかなり抑えていたのでは?
「思ってたよりそんなに迫力がなかったので、そこまでピンチの場面はなかったです。DFラインの人が中心になって声出して頑張ってくれたので、助かりました」

Q:0-0という結果については?
「ホームはどんな相手でも絶対に勝たなきゃいけないと思うので、勝ちたかったですけど、うちのピンチもありましたし、そこを0点で防げたのは良かったと思います。あとは攻撃で1点でも取れれば勝てたので、そこは悔しいところです」

●清水健太選手(山形):
Q:0-0の評価は?
「やっぱり、勝ち点2を失ったという気持ちが強いです。草津戦ではギリギリ追いついたんですけど、そこでも勝点2失ったという気持ちが強かったので、ちょっとフラストレーションが溜まる感じです」

Q:風が強かったですが、プレーで難しい点はありましたか?
「もちろん関係ないというわけではないですけど、そんなに影響はなかったですね。風に邪魔されたということはなかったです。このスタジアムは結構来ますね。そのへんは付き合っていかなくちゃいけないところだと思います」

●吉田宗弘選手(福岡):
「勝てなかったですけど、無失点に抑えることができたのは評価できると思うし、前々節、岐阜にホームで1-5で負けて、そこから守備を少しずつ修正していこうというなかでやれているので、そこはアウェイということも考慮したら、0-0というのは悪い結果じゃないと思います」

Q:2試合続けて無失点ですが、守備の修正の手ごたえは?
「まだパーフェクトっていうことじゃないと思いますけど、本当に個人個人が粘り強く、我慢強く守備ができていると思いますし、ラインも上げてコンパクトにできていると思うし、前半は風下で難しい部分もありましたけど、勇気をもってラインを上げて対応していた部分もあるので、僕はそこは評価できると思います。みんな最後のところで、体張って守ってくれてるし、集中も切らさないで守ってくれていると思います。継続することが必要だし、ディフェンスは守備の部分で、0に抑えたら自分たちの仕事がしっかりできたという意識でやれればいいんじゃないかなと思います」

●城後寿選手(福岡):
Q:後半からの出場でしたが、どんな指示を受けていましたか?
「中盤がガラ空きだからパスをつないでいけ、と。それぐらいですね。パスはあれぐらいできて普通だと思うので、もっとチャンスをつくれたらいいんですけど」

Q:得点を取るために必要なことは?
「今のチーム状況だと後ろから長いボールというのが多いので、つないでつないでサイドに当てて、FWのジャンボさん(大久保)とかでかいので、そこに合わせていけば。あとはミドルシュートです」

Q:山形には小林監督がいましたが、やりにくさはありましたか?
「いや、別に。うちのチームはそんなに意識してませんでした。逆にあっちが意識してくるかなと思いました。別にいつもと変わらなかったです」

|

« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | 仙台 3-0 鳥栖、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形 0-0 アビスパ、いろんなコメント:

« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | 仙台 3-0 鳥栖、いろんなコメント »