« 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント | トップページ | 横浜FC 0-0 鳥栖、いろんなコメント »

2008年3月20日 (木)

仙台 1-0 アビスパ、いろんなコメント

20080320第3節

●手倉森誠監督(仙台):
・相手のクロスボールの対応をもう一度確認。
・ボールを取ったときの判断を早くしよう。

●リトバルスキー監督(福岡):
・DFラインをしっかり押し上げてMFとの間をつめること。
・大久保、黒部の高さを活かそう。
・ボールを持ったら「前へ」の意識を持とう。

●手倉森誠監督(仙台):
「今日のゴールはPKだった(笑)。開幕戦が最少失点の負け、第2節はオウンゴール、そして今日はPK。一つ一つ確実に階段を上がってきたなという感じ(会場笑)ゲームの流れは、序盤に先制点を取れて、攻撃にリズムを作ったときにチャンスを作れた。しかしその後、攻撃の出方のバランスが悪くて押し込まれてしまい、福岡にはかなりてこずった。後半はそれを修正し、特にブロックを形成した守備を心がけることで、1-0で勝つゲームをしようと。最後まで粘り強く守ってくれたことが勝因だった。チームコンセプトの、SENDAIのN。NEVER GIVE UP、諦めないというのを「粘り強く」に変えようかとも思った(笑)」
Q.後半、具体的にどのように守ろうとしたのか?
「福岡はボールを蹴ってきて、時間が経てば経つほど、どんどんゴール前に入れてくる。ただ、後方からのボール(で始まる攻撃)は、ダイレクトにゴールには向かわない。それを考えれば、ボールの落下地点、競り合っている周りをまず読み、2つ目のボールを触れればいいだろうということで、ブロック形成が必要だった。関口は最後まで元気だったし、それと田ノ上が、相手の長いボールを蹴ってくる出所にアプローチできればいいと思い、それを意識してやらせた」
Q.ホームで勝つ喜びは、アウェイのそれと違うか?
「やっぱり違う。このくらいの粘り勝ちが出来たのは、周りの声援のおかげだったなと思う。選手は周りからエネルギーをもらって、それをピッチで表現してくれた。サポーターには感謝している」
Q.相手に主導権を握られ始めた前半25分からハーフタイムまでは、この状況をどう打開しよう、あるいは耐えようと思っていた?
「あの時間は、ボールを取って前線につなぐのか、一回切るのか。地域を挽回することも必要だとはハーフタイムで話をしたが、そういうのは前半のサッカーの流れで、ピッチにいる選手が判断してやらないと。あそこでの失点が今日はなかったからいいが、もう少し精度のあるチームだったらやられかねない。そこの判断が必要だと感じた」
Q.粘り勝ちで勝点3を取ったことの意味は?
「今シーズン始まる時は、我々には外国人助っ人もいない中で、一体感を持って戦って行くとなった時、こういうゲーム、こういうシーズンになるというのを覚悟してシーズンに入った。理想のサッカーと、現実的に勝点3を取って行くのとを比べたら、昇格にとってはそっち(後者)の方が大切なので。我々がやろうとしていくサッカーができないときに、こういう試合をものにしていくというのは、これからずっと必要になってくる。僕らはこのサッカー、こういうメンタリティーでサッカーをやっていくしかない」
Q.今日も得点は1だったが、決定的な場面も、遠巻きからのシュートも増えたように思う。その辺りについてどのように考えているか?
「やっぱり選手は、どうしても自分が取りたいというのを表現してくれたと思う。人もボールも動く、ポゼッションの部分が今日少なかったのは確かだ。だが攻め込まれる前半の25分までは、ゴールに向かったプレーがかなり多かった。それが点を取りたいという選手の気持ちが表れた攻撃だった。そこにエネルギーを使いすぎた部分も、前半の25分過ぎに攻め込まれた理由なのかなと。だからペース配分も少し考えなくてはいけないし、流れの中で点を取れていないからこそ、こういうことになっているのだとも思う。連勝したことで、次のゲームでは、ポゼッションをするのか、ゴールに向かうのか、その判断をもう少し上手くやれるようになれば、このチームは完成していくのだと思う」
Q.PKに結びついた場面もそうだが、今日はセットプレーでチャンスを多く得ることが出来た。非公開練習などでのトレーニングが活きた形だが、その辺りの手ごたえは?
「セットプレーも武器の一つなので、これ(セットプレーからのゴール)もそろそろ一つほしいと思っていた。今週のユアスタでのトレーニングもそうだし、昨日もFKを確認していた。今度はPKではなく、ダイレクトに得点したい」
Q.2勝1敗という成績については、今の段階でどう考えている?
「やっぱりベストだ。開幕戦に負けたときに、片目を開けたいというプレッシャーを感じたが、今日の勝利で両目を開けることが出来た。これからは視界良好で戦っていけるかなと思う」
Q.今後の自信に繋がる勝利だったか?
「今日の戦い方は、選手がメンタル的にもかなり戦えることを表現した勝利だった。次は中2日の試合、またライバルチームのセレッソと対戦する際に、今日の戦い方は相手にプレッシャーを与えられるものだったと思っているので、3連勝できるように頑張る」
Q.どういう形で崩して点を取るのか、というイメージはあるか?
「ポゼッションから、クサビに対してスイッチを入れたいというのは実際にある。いつも言っているのは、広がりと深みと奥行き。グラウンドを広く使って、相手のユニットを広げた時に、縦パスを入れて絡んでいきたいというのがある。あとは、よく見ろ、という話をしている。相手のユニットにギャップができたところをどんどん突いていきたいというのがあるので。そのために、人に食いつかせるのかボールに食いつかせるのかというのをトレーニングでやっている。ずっと続けていけば、精度は上がると思っている」
Q.試合前、サポーターに向けた謝罪をした時の心境は?
「やっぱり、ホームに帰ってきて、ここのピッチでプレーする前に、一つの節目というか、サポーターの皆さんの前で謝罪してから、このピッチで戦う姿を見せたいと思い、これはぜひやりたいと思った。選手にも、しっかりとした正装で挑んでもらおうということで。迷惑をかけたのは我々現場だから、不祥事に報いるために、ピッチで表現していこうと考えたら、まずこのピッチで公式戦を戦う前に、サポーターの皆さんに頭を下げるというのは必要なことだと思い、みんなと話をしてやった」

●リトバルスキー監督(福岡):
「立ち上がりから25分まで、我々のチームはかなり引きすぎ、それによって仙台の方が攻めの体制に入った。それからだいぶリズムを取り戻し、ハーフタイムからはいくつかのチャンスを演出した。後半に関しては、われわれの方が主導権を握ったと思うし、ボールに触る回数も多かった。いい攻撃のシーンを作ったが、残念ながらものにすることが出来なかった。今日の試合について、何人かの選手はもっといいパフォーマンスができると信じている。(ジャンボ)大久保選手とタレイ選手は結構いいプレーを見せてくれたと思うが、仙台のホームで勝つためには全員の力が必要。全員がいいプレーをして、いい結果を得ることが出来ると思う」
Q.後半に中村選手をボランチにあげて、両SBを交代した理由は?
「まず城後選手が足をつり、それによって北斗(中村)選手を中に入れるしかなかった。もう一つ、両サイドからのボールに高い精度を求めていたので、単純なサッカーではあるが、ダイアゴナルボールの方が効果的だと思っていた」
Q.仙台のチームの印象は?
「立ち上がり25分は、仙台の方が攻めるサッカーをしていて、上手くローテーションしながら、1点に値するサッカーをしていたと思う。しかしそれからは、われわれの方が主導権を握った。だが試合の最後まで1点を守りきり、そのまま終わった」
Q.昨年の4戦全敗に続き、去年から仙台との試合は、厳しい結果に終わることが多いことについて、どう考えている?
「仙台のホームでプレーすることに関しては、どのチームでも厳しい状況に置かれると私は思っている。こういう雰囲気の中でプレーすることで、選手たちもかなり感情的になったり動揺する部分があって、選手だけでなく監督コーチも、そういう影響力を受けることもある。特に後半、ウチのチームが仙台よりもポゼッションの高いプレーをしたが、作られたチャンスをものに出来なかったため、勝点をもぎ取ることが出来なかった」

●岡山一成選手(仙台):
「ただの初勝利じゃなくて、いろんな想いが詰まった中で、ずっとユアスタでやりたいと思っていた、その想いの中で勝てたのですごく嬉しいです」
Q.PKでの1点を守っての勝利ということについては?
「今のうちは、成長していくチームだと思っているので、これで完成形と言うつもりは一切ないんです。ただその中で、ディフェンスが安定していないと、いくらいい攻撃していても長いJ2のリーグ戦は絶対に戦っていけない。まずは守備を安定させた上で、攻撃陣にいろいろバリエーションを持って、思い切りやってもらいたいと思っているので。こういう戦い方を攻撃陣にさせてしまっているのはホント申し訳ないと思っているんですけど、まずはブロックを組んでやっていくという、チームの統一の意識を持ってやっています」
Q.その守備への評価を。
「今はディフェンスだけでなく、中盤や、前の人たちも、相手を追い込んでいく守備をやってくれているので、僕たちは連動して動く部分を迷いなくやれています。チームとして今、守り方はすごく出来てきているかなという部分があります。あとはこれを安定させた上で、攻撃のバリエーションを増やしていきたいですね」
Q.中2日で次はセレッソ戦だが、今後に向けて一言。
「ウチのやり方的には、今日みたいに、まずはしっかりブロックを作って、その中からいろんな凌ぎ合いが出てくる。ウチも向こうも昇格を意識したチームなので、そういう戦いになると思います」
Q.試合後にはサポーターと、ユアスタでの初騒ぎを楽しめたと思うが?
「自分たちが本当に、ああいう風に浮かれちゃっていいのかなという思いもありますし、本当にいろいろ考えました。でもホームで勝った時は、みんなで喜びを分かち合いたいとみんなが言ってくれたので、一年通して、一回でも多く、みんなと喜びを分かち合いたいですね」

●梁勇基選手(仙台):
「内容はどうであれ、ホームでしっかり勝点3を取れたということは、満足しています」
Q.前半、いい時間と悪い時間の間に、どのような変化があったのか?
「最初はこっちが主導権を握っていたと思うんですけど、途中から相手がFWの大きい選手にロングボールを入れ始めてきて。それを拾った後に、もうちょっとシンプルに裏にボールを運べばよかったんですけど、足元ばっかりになってしまい、相手のプレッシャーを受ける形になって、こっちが前に押し込めなくなったんだと思います」
Q.自分たちによる得点がほしい、という中での試合だったと思うが、そのあたりは?
「もちろんいい形から得点を決められれば、それに越したことはないんですけど、PKという形であれ、その前の過程もあるんで、そんなに下を向かずに、今やっていることを続けていこうと思えます。みんなも今のサッカーに自信を持ってやれているので」
Q.2勝1敗という結果は?
「3連勝していれば一番良かったと思うんですけど、まだまだシーズンは長いので、これから1試合1試合大事に戦って、勝点3を確実に拾えるように、みんなで頑張っていきたいと思います」
Q.厳しいスケジュールで次節が待っていますが?
「簡単な試合じゃないということはみんなわかっていますし、簡単に勝てないということもわかっています。中2日ですけど、まずはしっかりコンディションを回復させて、試合に出た選手は今日のように勝ちたい気持ちをピッチで表現していきたいです。相手は今日負けたと聞いているし、チーム状態もあまり良くないと思うので、アウェイですけどしっかり勝点3を持って帰りたいです」

●大久保哲哉選手(福岡):
「立ち上がりの時間帯が良くなかった。入り方の問題だ。ただ、90分間通しては、ウチの方がゲームを支配できたと思っている。結果は伴わなかったけれど、次があるので、切り替えるしかない。まだ2試合目なので、コンビネーションの部分で難しいところもあるけれど、試合を重ねればよくなっていくし、自分のコンディションも悪くないので、このまま続けていけばいい」

●布部陽功選手(福岡):
「立ち上がりの時間に、セカンドを拾われていたのが良くなかった。DFラインで跳ね返したボールを、中盤との距離が開いていたので、特に引きすぎていたとは思わなかったんだけど。もう少し縦のラインでユニットで動けるようにしていきたい。それは試合の中で修正できたが、もっとやっていきたい。この負けを引きずらないように、次の試合に向けてどう捉えていくかが大切だ。次の試合まで、気を抜かないように、気持ちを高めて臨みたい」

●久永辰徳選手(福岡):
「まず0で抑えるのが今年のテーマなので、1失点したということは問題があったということだ。ただ取られ方がPKなので、流れの中では守れたと前向きに捉える必要がある。攻撃面では形がある程度ないと、個人個人のアイデアだけでは難しい。開幕をピークに持ってきたわけではないので、上位陣と離されないようにしつつ、自分たちのサッカーのベースを作って行きたい。その中で勝点をとっていけば、第2、第3クールに繋がるはずだ」

|

« 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント | トップページ | 横浜FC 0-0 鳥栖、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台 1-0 アビスパ、いろんなコメント:

« 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント | トップページ | 横浜FC 0-0 鳥栖、いろんなコメント »