« 鳥栖 1-0 山形、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント »

2008年3月16日 (日)

アビスパ 2-1 水戸、いろんなコメント

20080316、第2節

●リトバルスキー監督(福岡):
・良いプレーはしているけれども、もっと良いリズムでプレーできると思う。
・相手のサイドの裏を使っていけ。
・守備を前半のようにしっかりして、後半、得点につなげるように。

●木澤正徳ヘッドコーチ(水戸):
・ロングボールに対してしっかりブロックすること。
・セカンドボールに集中すること。
・攻守の切り替えを早くすること。

●リトバルスキー監督(福岡):
「この試合は選手の姿勢で勝ち取った試合だったと思っています。なぜかと言うと、残念ながら負傷した選手が3人もいたにもかかわらず、ピッチに立っていた選手たちが戦ってくれたために結果を得ることが出来たからです。
今日のゲームは典型的な開幕戦と言える試合でした。みんな緊張していましたし、アタッキングサードに入ったところで、パスが遅かったり、短かったり、長かったり、精度に欠けていた部分がありました。しかし、今日は勝ち点3を手にしたことが何よりも良かったと思います。
今日の良かった点は、CBの2人とボランチの2人がいい仕事をしてくれたということです。加えて、GKの神山も決定的なところでチームを救ってくれ、それが勝ち点3につながったとも思っています。ゴールを決めた黒部、そして大久保も、チャンスを作る場面以外のところでも、ボールを奪ったり、モビリティのある仕事をしてくれたと感じています。
試合を振り返れば、今日は中々流れを掴みきれない展開でしたが、北斗の長い距離を走ったプレーからPKを取って流れを呼び込んだと言えると思います。水戸は戦いにくい相手でしたし、去年と比べると非常に攻撃的で積極的なサッカーをしていました。今日のゲームに関しては、とてもハードなゲームだったと思います。
また、今日のレベルファイブスタジアムはサポーターがスタンドを埋めてくれましたし、本当に素晴らしい雰囲気でした。サポーターの声援が選手たちを支えて、本当に感謝しています」

Q:最後まで迷われていたDFラインに中村選手と長野選手を起用した理由を教えてください。
「長野を起用した理由は、ルダンが欠場しているというチーム事情があったため、ルダンと同じく空中戦に強く、競り勝つ選手がピッチ内に必要だったからです。また、ベンチにはいい選手である山形辰徳が控えていましたが、今日の開幕戦では中村北斗がリズムを取り戻すためには、彼を出場させる必要があると判断したからです」

Q:同じく先発が最後まで決まらなかった中盤を、最終的にベテラン4人で固めた理由を教えてください。
「開幕戦では良くあることですが、中々リズムがつかめない状況の中では、やはり経験というのが大事な要素になると思います。私の予想では、水戸は少し引いて右サイドを空けないだろうと思っていましたので中払を起用しました。城後はボランチで十分にプレーできる選手ですが、中盤は運動量の多いポジションなので、その負担をみんなで分担しようということでした」

●木澤正徳ヘッドコーチ(水戸):
「お疲れ様でした。監督が不在と言うことでチーム状態がどうかなというのはあったんですけれども、前半から選手たちが素晴らしいプレーをしてくれて、自分たちが目指すサッカーは出来たと思っています。PK、リスタートから点を取られたのは残念ですけれども、それは修正して次につなげたいと思いますが、やり方としては、このまま自分たちのサッカーを続けていきたいと思っています」
Q:特に前半、左サイドを疲れることが多かったように思いますが?
「相手の久永選手は外に張っているんですけれども、それを気にしてしまうと中が空いてしまうので、大事な中をケアさせて、外に出されても十分に対応できると思っていたので気にはしていませんでした」

●久藤清一選手(福岡):
「今日は開幕戦という独特の雰囲気の中で、みんな緊張している部分もあったと思いますし、それで前半はセーフティにDFラインから蹴ってというのが多かったですけれども、試合を続けることでもっと良くなっていくと思います。つなげるところはつなげるようになるし。形はこれからどんどん出来てくると思うし、同じメンバーでやればやるほど良くなっていくと思います。今日は内容が悪いなりにも勝てたというのはいいんじゃないかと思います。黒部選手のゴールは高さがありましたね。らしさが出たゴールだったし良かったと思います」

●長野聡選手(福岡):
「天気も良かったですし、お客さんも大勢入ってくれていたので絶対に勝ってやろうと思っていました。水戸は去年とは全く違っていたので戸惑った部分はありましたけれど、やることははっきりしていたし、守備はキャンプからいい感じだったので、それは出せたかなと思います。ただ1失点した場面は修正していかないといけないなと思います。セットプレーの後でマークがずれてしまったところがあったので、クリアしたところでしっかりとプレーを切ることを徹底すれば問題はないと思います。ずっと調子は良かったので、今日もやれる自信はあったし、体も張れたので、自分としては良かったと思います。チーム内の競争も激しいですし、1試合、1試合がアピールの場だと思うので、結果を出していきたいと思います」

●黒部光昭選手(福岡):
「長丁場のリーグ戦の中でチームにずっと貢献し続けるためにはどうすればいいのだろうかというプレーが出来ましたし、その中で、前半のようにアグレッシブなプレーも出来た。これからも、サッカーを楽しんでやるということを意識しながらやっていきたいと思います。自分に求められるものはすごく多いと思うし、自分自身が他のベテランの選手たちを引っ張っていかなければいけない中で、自分がやらなければいけないことは点を取ることだし、チームが得点機を演出することだと思っているので、得点を取れて自分も安心したし、タレイのPKでチームが勝ち点3を取ったということは大きなことだと思っています。とりあえず今日は勝ち点3を取ったことがうれしいです」

●布部陽功選手(福岡):
「開幕戦ということで緊張がありましたけれど、これが開幕戦という感じですね。その中でも、けが人が出ても入ってきた選手がしっかりと仕事をしてくれて、今年のうちらしいゲームだったと思います。自分のCBとしてのプレーはまだまだですね。崩されるのはあんまりなかったので、それは続けていきたいんですけれども、声の出すタイミングが遅れたときにピンチになった場面があって、それだけで相手の流れに変わってしまうことがあるので、それを気をつけてパーフェクトに近づけるようにしていきたいです。チームの仕上がり具合はまだまだだと思います。もっと、もっとやっていきたいです」

●赤星貴文選手(水戸):
「今日はチームは悪くはなかったんですけれども、僕自身の出来は良くなかったですし、もっともっとやらなければいけなかったと感じています。もっとチャンスを作れる形があったと思います。点が取れるというのは後1本のところですが、それを突き詰めていかないと結果もついてこないですし、作れているチャンスを決められるかどうかで、これからが決まってくるのかなと思っています。先制点を奪われた後に切り替えて同点にしたことは良かったと思いますし、PKの場面は微妙なところで仕方がないことですし、悪い流れからゴールを奪われているわけではないので、点を取られたところ以外で悪かったことをみんなで修正して、次の試合で、今日以上のいい試合をやりたいと思います」

●本間幸司選手(水戸):
「PKは決められてもともとですから、運が良ければ止められるかなというのがありましたけれども、情報不足というのはありましたね。監督は不在でしたけれども、チームも、スタッフも、やるべきことというのは分かっているので、後はそれをやるだけだと言うことで普通に出来ました。結果にこだわってやっているので、結果が出ないのが一番苦しいです。ひとつ勝てば、どんどん勝てるになるチームと思いますし、新しいチームなので、本当に勝ち点3が欲しいですね。そうすれば、去年までの水戸とは違うサッカーが出来るし、違う順位にもいけるという自信はあります。やっているサッカーが全く変わったので、見ている皆さんも感じてくれていると思います」

|

« 鳥栖 1-0 山形、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント »

アビスパ福岡2008関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アビスパ 2-1 水戸、いろんなコメント:

« 鳥栖 1-0 山形、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 1-0 セレッソ、いろんなコメント »