« アビスパ 2-0 徳島、いろんなコメント | トップページ | アビスパスレ338、その1 »

2007年11月18日 (日)

愛媛 1-2 鳥栖、いろんなコメント

●望月一仁監督(愛媛):
・相手のギャップを狙っていこう。

・ドリブルで仕掛けよう。
・メリハリのあるDFをしよう。

●岸野靖之監督(鳥栖):
・良いところを出せていない。
・守備では後手を踏んでいるので、パターンを変えよう。
・後半はやり直しだ。

●望月一仁監督(愛媛):
「本当に残念な試合だった。前半はある程度、距離感を保って自分達のサッカーができたが、後半の立ち上がりに不用意な失点をして人とのバランスを崩し、向こうにも引かれた事でリズムを失った。まだまだやる事が多いと感じた」
Q:後半はFWのところで相手のボランチのプレスがきつくなったこともあり、バランスを崩してしまったが?
「もう一度サイドから攻めようとしたが、距離感があるのに中、中になっていたので交替した選手にもサイドから攻めようと伝えていた。もう少しサイドからイニシアチブをとりたかったので、もう一度そういうところは徹底したい」
Q:J加盟後、初の5連敗となったが?
「積み重ねの中で3連勝もしたが、その後の5連敗では不用意なミスから失点をくらっている。もう少し試合の作り方や終わらせ方のコントールが整理できれば5連敗まではなかったと思う。今日も切り替えなどでしっかり守っていると、こういうミスも起こらなかった。ミスは付きものでサッカーは上手くいかない事が多いが、そこでどれだけ我慢できるかという部分は世の中の流れと一緒。我慢するしかないし、そこはこつこつ続けていくしかない。ミスを怖がってプレーする事が余計にミスなので、ミスを怖がらずに積極的にやりながら積み重ねてほしい。選手も凡ミスをしたくてしているわけではないし、ちょっとした距離感の運動量や、引いた相手にも狙いをはっきり持って対応をしていけるようにしたい」
Q:ミドルシュートが少ないような気がするが?
「チャンスにもっと仕掛けてほしいと思う。後半は仕掛けようという話をしたが、先に点を取られてボールを大事にしようとし過ぎてしまった。前半はある程度ボールの動かし方も良く、仕掛けのところで大胆にやれれば面白いと思っていたが、最後の詰めでゴールを意識する事が大事。そこを修正して後半は送り出したつもりだった。主導権をとられて相手に合わせてしまったが、もう少し自分達で仕掛けられればと思う」
Q:今季の残り2試合どのように戦うか?
「全く消化試合だとは思ってはないし、まだまだ積み重ねてやれるので2試合を大事に戦いたい。また足を運んでもらうためにも、サポーターにはいい内容のゲームを見てもらいたいし、天皇杯も含めて課題を少しずつ修正したい。そういう形でいい結果になるか悪い結果になるかは分からないが、結果は後からついてくるものだと思って、内容と選手のがんばりを見てもらえるようにしていきたいと思う」

●岸野靖之監督(鳥栖):
「非常に苦労した試合だったが、今日は勝点3を取ることが非常に大事だった。それを結果として成し遂げた事は、選手達にご苦労さんと言いたい。試合は特に前半、愛媛の中盤の選手をつかみきれず、プレスをかけたかったが、なかなかかけられなかった。その中でセットプレーから点を取ってそのまま行きたかったが、ちょっとしたマークのミスから取られてしまった。ボールを奪いきれず、なかなか展開をさせてもらえなかったが後半はFWでボランチを消す事が前半よりできた。その中でカウンターから追加点を取る事ができたが、その後が問題。試合を決めてしまう事ができなかった事は、これからのトレーニングで反映させたい」
Q:試合前には確実に勝利を収める戦いをしたいと言っていたが、その点に関して今日の試合は?
「鳥栖のよさは前からプレスをかける事だといつも見ている人は知っていると思うが、今日はそれが出来ていなかった。ハーフタイムに言ったのは、内容自体は悲観する事はなく、プレスをかけられていないだけだということだった。それが何故かということを整理して後半は送り出した。後半は愛媛にいい形はなかったと思うが、それを消しながらボールを出そうということだった。苦労したが、確実に勝つ事ができた。サッカーとはそういうもので当然楽な試合はないし、難しい試合の中で勝利のために何をするかということで、それをやったことで今日は確実に勝てた。終わって勝ったから言えることかもしれないが、今日はそういうことにしておいてください」
Q:守備では先程の言葉にあったFWの選手に加えて、サイドの選手も関われていた事に関しては?
「サイドはボランチが近くにくれば消すように言っていた。引き寄せられるとサイドを使われてしまうので、ボールサイドのところはサイドバックにはサイドがアタックして、逆サイドが中にしぼってボランチが見切れないスペースに入るという事だった。今日特に言った事ではなく、いつも基本的にやっていること。ボールサイドにフリーの選手を作らないということだが、いつもの約束事で、ボールサイドでしっかりアタックしてやった。後半はFWのくさびをボランチではさみに行けたり、色々考えながらできたと思う。逆に自分達が前にアタックに行く事でその背後を突かれてスピードをうまく使われたのは、愛媛が逆手に取っていたので勉強になった。後半はそこを理解してやってくれたので勝てたのではないかと思う」
Q:藤田が24得点目を決めた事に関しては?
「1点ずつの積み重ねでここまできたが、彼自身ボールの受け方やシュートの精度を点を取るために毎日トレーニングして磨いてきた。チームメートの助けもあったことは事実だが、彼自身の努力の結果なので、あと2試合もまだまだこれを積み重ねてほしい。今日もまだ取れた場面もあったし、次は自分の背番号(25)を抜いたらほめてやりたい。今日はよくやったと思う」

●近藤徹志選手(愛媛)
「細かいミスが多く、上手く攻撃につなげられなかった。最初の失点の場面は自分の判断が遅かったことが原因でCKになった。取り返そうと思ったし、得点の場面は宮原さんからいいボールが来たので頭で合わせるだけだった。後半はディフェンスで後手に回って上手くボールを奪えずに、攻撃につなげられなかった。サイドを使われていたので試合中に修正できればよかったが、上手くいかなかった。連敗中なので、とにかく次は勝点を取れるようにがんばりたい」

●青野大介選手(愛媛)
「今日はボール回しで動かしながら、先々のプレーを考えようということはあったがフィニッシュになかなか持っていけなかった。前・後半いい感じで回せても、FWに入ったところでもうひと工夫必要だったと思う。後半は追い越す動きもなくて崩す事が出来ず、無理やり中から攻めようとしたところもあったし、サイドを変えようとしたこともあったが、そのクロスからの精度が悪かった。まだまだやらなければならない事は多く、残りの試合では来季に繋がるよう、そしてサポーターにも楽しんでもらえる試合をしていきたい」

●田中俊也選手(愛媛)
「負けている状態で入ったので、点を取りたかった。前の試合でも今日の試合でもサポーターの声援は良く届いていた。今日もいいシーンもあったが、切り返しまでは良くても前ならシュートできた場面で後ろに体重が残って打てなかった。そのあたりは怪我の前と比べてもう少しだが、徐々に良くなっている」

●飯尾和也選手(鳥栖)
「愛媛はいいポゼッションをしていたので、もう少しラインを上げていいプレスをしたかったが、試合中にそこを修正できた事は進歩だと思う。点を取られても慌てることなく、精神的に落ちついて対処できていた。1点先に取られるとやばいと思いがちだが、0-0の感覚だと思わせるようにしっかり声を出していった」

●藤田祥史選手(鳥栖)
「点を取った場面は金信泳からいいボールが来た。それ以外はチームとしても自分自身も良くなかったし、まだまだ。ハーフタイムにしっかり切り替えることができて、内容が悪くても勝てたことは良かった。残り試合が少ない中で勝てたことも大きかった。みんな声を出して、勝てていることが自信にもなっている。自分自身も点を取り出して自信がついたし、要求して動き出しを繰り返せばボールも出てくるし、詰めたらボールがこぼれてくるようになった事は良かったと思う」

|

« アビスパ 2-0 徳島、いろんなコメント | トップページ | アビスパスレ338、その1 »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛 1-2 鳥栖、いろんなコメント:

« アビスパ 2-0 徳島、いろんなコメント | トップページ | アビスパスレ338、その1 »