« 仙台 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 新潟 2-3 鳥栖、いろんなコメント »

2007年10月28日 (日)

鳥栖 3-0 京都、いろんなコメント

●岸野靖之監督(鳥栖):
・ゴール前はしぶとく攻めて、もう1点取ろう!
・危ない場面がいくつかあった。はっきりしたプレーをしよう。

●加藤久監督(京都):
・得点を取りに行かないと勝つチャンスがない。積極的にいこう!
・冷静に戦うこと。

●岸野靖之監督(鳥栖):
「結果として失点しないこと、強い京都を相手に3点取ってゲームを終えたことを支えてくれたサポーターの方々、実現してくれた選手たちに感謝したい。
ゲームプランとして、はじめから言っている失点しないことを(厳しい時間帯も含めて)90分通して選手がしてくれたと思う。もう1点、2点を取りに行く攻めの姿勢を忘れないようにこれからもやっていこうと思う」
Q:京都の中盤(3人)に対しサイドをよく起用していたが狙っていた?
「我々がサイドを使うように京都にもサイドを使われていた。我々もサイドを2人で守るようにハーフタイムに修正した。京都の中盤3人の背後をつければ・・・と選手に伝えた。何回かそこからいい形があったと思う。1点目はすごくいい形だった。チームに対しても先制点は大きかった」
Q:「もう失うものはなくなった」という声が試合前に選手たちからも聞こえたが、J1昇格が見えなくなっていい意味で切り替えた?
「我々の選手はいい意味でも悪い意味でも負けた次の日にはケロっとしている。最大の目的(J1昇格)は今年なくなったが、選手として成長を目指して常にやっていかなければいけない。勝利に対する意欲はいつも持ってきて欲しい。敗戦の後、前に行こうという意思は見えていた。やるべきことをはっきりさせて粘り勝ち、失点しないようにこれからもやっていきたい」
Q:試合内容は100点満点中何点?
「100点は基本的にない。いつもは50~60点だが今回は80点あると思う。彼らが持っているものをゲームの中に出したので80点。
京都相手、佐賀で最後という中で結果を出せたのは評価したい。また後でビデオ見て反省したら変わるかもしれない。20点足りないのは相手と競り合う中で勝つことや球際をもう少し強くしていかなければいけないと感じた部分だ」
Q:次節に向けて一言お願いします。
「天皇杯はJ1と戦える大事な大会。我々の力でどう戦えるかと、出せる力を出したい。
楽しみです」
Q:飯尾選手の評価、守備の評価は?
「まだまだ不用意な守備の弱さは顔をのぞかせた。危ないシーンはあったが最後までみんなで集中を切らさなかったのが失点0へとつながった。本当は危ないシーンを防ぐようにいつもトレーニングしている」
Q:柴小屋選手の負傷で加藤選手が活躍しているが評価は?
「彼は出場期間がなくて苦しい期間を過ごしていたと思う。その期間を機に練習にも緊張感が出てきた。柴小屋の怪我によって必然的に彼が出てきた。前節のゲームより彼のパフォーマンスは高かった」

●加藤久監督(京都):
「鳥栖は、仙台や東京Vに負けていましたが非常にタフなゲームをしていて、難しいゲームになると思っていた。前半に一瞬の隙をつかれて3点取られてしまい、勝負としては完敗だった。1点目までのチームのリズムは悪くなかったが、その1点で変わってしまった。私個人としては、今日の鳥栖の勢いだと2点目までは、ある程度覚悟しなくてはいけないと思っていましたが、3点目は予想外でした。後半はリスクを背負ってでも点を取りに行こうと選手達には伝えてありましたので、鳥栖が前半に作ったチャンスと後半に作ったチャンスは意味が違うと思います。こちらがだいぶ前掛かりになっていましたので何度かカウンターを受けた場面もありましたが、それはこちらが点を取り返しにいかなくてはならなかったということで仕方ないと思います。悔やまれるのは一瞬の隙が失点に繋がったこと。それほど押し込まれていたわけではないですし、こちらがいいリズムで戦っていた時に精神的な隙を突かれてしまった。しかし、選手を責める気持ちはありません。鳥栖の持っている勢いとチームとしての完成度の高さが上回った、素晴らしかったのだと思います。
残り4試合となりましたが、今までは少し後ろに下がっても余裕がありましたが、今日の敗戦で、次からは下がったらJ1への昇格レースからは脱落してしまう状況になりました。本当に後がない状況です。しかし、このような苦しい状況から這い上がったチームがいくつもあります。
今日もたくさんのサポーターの方が佐賀まで駆けつけてくれましたし、京都からも多くの方が応援してくれていたと思います。そんなサポーターの皆さんのためにも「自分達は絶対に(J1に)上がる」という強い気持ちを持って戦おうと試合後に選手達へ声を掛けました。次の戦いまでにしっかりと準備をして、今度は隙のない試合をして、勝ち上がりたいと思います。

●高橋義希選手(鳥栖):
「勝つことは勝ったけど、立ち上がりの20分くらいまでに攻められたのが課題。中盤での攻防を取られてしまって・・・。無失点で戦うと言うコンセプトを貫けたのは良かった。第4クール、ホームで初勝利・・・時間がかかりすぎました。すみません」

●赤星拓選手(鳥栖):
「(パウリーニョの決定的なシュートを正面でガッチリとキャッチ)読み勝ち!必ずあのコースに打ってくると読んで、あのコースに入った。危ない場面もあったが、DFと連係して守ることが出来た。最後まで声を出し合って、集中力も切らすことが無かった。昇格は無くなったが、自分たちのサッカーをやり続けて、上位を苦しめて行きたい。次の札幌戦は、必ず勝ちたい」

●尹晶煥選手(鳥栖):
「全員で一緒に守備にいけたのが大きかった。声を出し合い、最後まで戦えた。みんなが日頃から一生懸命、練習している結果」

●日高拓磨選手(鳥栖):
「3点取れたのが、大きかった。先制点から10分かからずに続けて取れたので、相手の修正前に試合を決めてしまったのが良かったと思う。次節のホーム戦でも同じように勝てるように頑張る。天皇杯も含めて・・・」

●藤田祥史選手(鳥栖):
「残り試合が少なくなってきたが、全力で一試合一試合を戦う。エッ、今日の試合ですか?・・・すみません、課題だらけです。(決定的な好機をポストに当てて、チーム記録となる24点目を逃して・・・)」

●高地系治選手(鳥栖):
「疲れた。(久しぶりのDFに)後ろに誰もいないと気が抜けない。チャンスがあれば、攻撃参加も狙っていたけど、相手の攻撃に対応する場面が多かった。4試合も残しているので、一試合ずつを大事に戦いたい」

●金信泳選手(鳥栖):
「試合中、ミスが多かった。もっと頑張ります。得点は嬉しかったけど、みんなに申し訳ない。加藤さんや飯尾さんが、守備に頑張っていただけに、僕がもっと頑張らないといけない」

●加藤秀典選手(鳥栖):
「(3点目のシュート)ダメ押し点となって嬉しい。得点した瞬間に、開幕戦での骨折などの色々なことが思い浮かんだ。守備でも前の方からハードワークしてくれていたので、後ろでも頑張ることが出来た。今季、札幌には1回も勝っていないので、必ず勝ちます」

●森岡隆三選手(京都):
「今日は良くなかった。先制されることも、追加点を奪われることもサッカーだからあり得ること。しかし、自分たちで集中力を切らしてしまったことが一番いけない。ゲーム中に取り戻さないといけない肝心なところを欠いてしまった。前半にラインコントロールが出来ず、相手に自由にボールを入れられてしまった。昇格のチャンスが消えてしまったわけではない。0-3になっても前向きに戦えたことは評価したい。この試合で受けたストレスは、次の試合で返さないといけない。残り試合を一試合一試合戦うだけ。無様な試合でサポーターには申し訳ない」

●平島崇選手(京都):
「次に気持ちを切り替えます。残りの4試合を全部勝てるように頑張ります」

|

« 仙台 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 新潟 2-3 鳥栖、いろんなコメント »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖 3-0 京都、いろんなコメント:

« 仙台 1-0 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 新潟 2-3 鳥栖、いろんなコメント »