« 水戸 0-2 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 草津、いろんなコメント »

2007年10月24日 (水)

東京V 3-2 鳥栖、いろんなコメント

●ラモス瑠偉監督(東京V):
・ディエゴがフリーになっている。もっと使って攻撃しよう。
・1対1で負けないように。
・3点目をとって試合を決めよう。

●岸野靖之監督(鳥栖):
・2点ビハインドしている。後半は点をとりに行くぞ。
・1点目のように危険な位置でのファウルは厳禁。
・もっと積極的にボールを奪いに行くこと。

●ラモス瑠偉監督(東京V):
「ミーティングで、前節の山形戦で10分か15分ぐらいボーっとしていたところがあったので、それだけは許さない。立ち上がりでもみんなが集中して入れば必ず良い結果が出ると(話しました)。
今日は、失点の場面だけぼやけたけど、そこまでは両方とも私たちが予想していた戦いだった。(失点して)ちょっと下を向いてしまったけれど、鳥栖も良いチームなので、そこ相手に3-2で勝てて、僕としては満足です。ただ、2点目の失点はもったいないと思いますが、それよりも3点取ったという方が僕にとっては非常に大きい。ほとんど集中力もきれずに最後まで我慢して闘ってくれたと思う」
Q:苦しい展開が続いたと思いますが、それを勝ちきったことは大きいのでは?
「最後の10分、15分は相手は3-1で負けているわけだから、ドーンと攻められるのは当たり前だと思っていた。どうやってそこで私たちが踏ん張って耐えられるか。その意味でさっき言ったように2点目がもったいなかった。あの2点目は納得いかないけれど、あとはみんな自信をもって今はやっている。
でも、どこのチームでも90分間集中して戦わなければいけないとは思いますが、相手は前から言っていますがウチと当たるときは目の色が違う。気持ちが全然違うしモチベーションが高いし、これからの残り4試合も全部そうだと思います。それはずっと言い続けています。どんな試合でも苦しい時間はくる。そこを冷静に耐えられないといけないなと。
選手たちも自分たちで反省していると思います。
耳にたこができるぐらい言っていますが、『地に足をつけて』。楽な試合は1つもないです。最後の10分間内容が悪いながらも(勝利という)結果を残したので自信はつけたと思います。
また日曜日大変な試合がアウェーで待っているのであと3日間で悪いところを修正していきます」

●岸野靖之監督(鳥栖):
「勝ちに来ていたので、負けて残念です」
Q:ゲームプランとしたら「無失点」だと開幕からおっしゃっていますが、今日としては特に2失点目(オウンゴール)が大きな意味をもっていたと思うのですが、失点について。
「失点として考えれば先制は痛いですが、3点が入ると勝負が決まるじゃないですか。2失点目に関しては、(最後に触った)選手が精一杯やったプレーなのでこれを責めるわけにはいかないです。サッカーの世界にはよくあることです。その後必死になって取り返しにいこうという姿も見えていたので、彼が成長するには非常に大きなオウンゴールになるのかなと思います。(1点目の)FKに関しては、GKが軽く取るのかと思ったのですが、いきなり入ってビックリしました。でもシュート自体はすばらしいシュートだったと思います。3点目は勝負が決まるゴールだったので、3点取られてから頑張ってもなかなか勝負にならないのかなと。やっぱりわれわれが東京Vと戦うのであれば、先制すること。先制する前に失点しないこと。ということでしょう」
Q:残り5試合の戦い方は?
「第4クールが始まったときからずっと言っていたのですが、『残り全部勝つ』と。(第4クールの)12試合全部勝つと言ったのにまだ1試合しか勝っていないんですよ。だから僕は大うそつきかもしれませんが、『残り試合全部勝つ』。残り全部勝ちますよ。『京都と札幌には全部勝ってくれ』と誰かに言われました(笑)。誰とは言いませんが、そのために勝つのではなく、『サガン鳥栖』のために、応援してくれている全ての方のために残りの5つは全部勝つ。最後のダービーのアビスパ戦の終了のホイッスルが鳴るまで全て出し切って勝ちに行くということが、ぼくらサッカーをやっている者の最低限のマナーだと思います。
今日の最後の方では今までよりも前へ前へいく姿勢が非常に見えたので、次の京都戦ではそれを最初からやることが大事なのかなと思います」
Q:この敗戦で今季のJ1昇格の可能性は消えてしまったことについて。
「可能性が『0』になったわけですから、ただ『残念』です。佐賀県、鳥栖、われわれの身近なところで非常に昇格に大きな期待をいつも寄せてくれているのはひしひしと感じているので、可能性が0になってしまったということで応援してくれている人の目標が1つ無くなったということで非常に残念です。でも、これは選手が常に一生懸命やっているので、監督として一番良い監督は『勝たす』監督ですから、勝っていく結果として昇格が最後についてくると思いますが、それをさせてあげられなかったことに関しては全てぼくの責任だと思います。でも、世の中全てがそんなに上手くいくとは思わないので、もっともっといろいろなことをトライして、本当に自力というのをつけてサガン鳥栖は前に進むというのをやりたいです。
東京Vはこれで大丈夫でしょう(笑)」

●フッキ選手(東京V):
「チームが調子良いので、自信に溢れてプレーすることができています。(1点目のFKは)狙い通りでした。残り4試合ですが、相手を軽視しないでしっかりと戦っていきたい」
Q:リーグ最多得点記録に迫っていますが?
「東京VでJ1に昇格することがずっと目標ですが、結果として頑張った成果が今の成績につながっていると思うので、あと2点で偉大な記録を破れるとしたら、意識はしていくと思います」

●高木義成選手(東京V):
「2失点しましたが、今はとにかく勝ち点『3』を得ることが何よりも大事だと思います。なので、もちろん反省するところは個人個人、チームとしてそれぞれ反省し、あとは今日のことは忘れて次の草津戦に向けて気持ちをスッパリと切り替えていくだけです。今、この位置にいられることがありがたい。悪い内容でも『勝っている』ということを良しとしたいです。次、またしっかりと頑張ります」

●廣山望選手(東京V):
「勝ててよかったです。結果として、フッキとディエゴというウチの良い形で得点できたので良かったと思います。あのフッキの先制FKも素晴らしかったですね。
リードした後も鳥栖の選手たちは全く落ち込むことがなくて、3点目が入っても良いサッカーを続けてきました。
今日は何度かあった大きなチャンスをウチがものにしていれば、大量得点の可能性もあった試合だったと思います。反省すべきところはしっかりと反省して、次の試合に集中していきたいです。
他の(上位)チームも勝っているので、今日は2失点したことよりも負けなかったことを評価したいと思います。苦しい試合が続きますが、コンディションを整えて次に挑みます」

●海本幸治郎選手(東京V):
「まず勝ってよかったです。相手が鳥栖だったので、厳しい試合になることはみんなわかっていました。ただ、早い時間に先制したので相手のDFもでてきてくれたので、今日のような戦い方ができたと思います。
守備に関しては2失点しましたが、ヘディングで決められましたがそんなに『崩された』という感じはしていません。
残り4試合、自分たちの形が作れれば必ず勝てると思うので、まず自分たちのサッカーを続けていくことが大切だと思います。
今は次の試合のことしか考えていません。良い準備をして次ぎの草津戦に挑みたいと思います」

●土屋征夫選手(東京V):
「最後は向こうの運動量に負けてしまう部分もあったけれど、何とか勝てたことは大きい。鳥栖は最後まであきらめず攻めてきた。あと5分あったらわからなかったね・・・。
(8連勝ですが)今、数字を気にしている選手は本当に誰一人としていない。今日は内容が悪いながらも勝ち点「3」をしっかりと奪えたことは良いことだと思う。周りの上位チームも負けない以上、ぼくたちも負けるわけにはいかない。残り4試合全部勝ては自然に昇格できるのだから、1試合1試合しっかりと集中して勝ち続けていくだけです」

●大野敏隆選手(東京V):
「良かった。ウチは相手が攻めてきてくれればカウンターで点を取りにいけるし、攻めてこなければこないで中盤でポゼッションできたり、多くの攻めのバリエーションがあるチーム。後半相手にボールを回される時間帯もあったけれど、それは『回させてる』というイメージがあれば問題はなかった。
次の草津戦も簡単にはいかないことはわかっています。まず勝ち点「3」をとって、2週間空いたところでさらに強化して最後まだ戦いたいと思っています。

●廣瀬浩二選手(鳥栖):
「相手は裏をかかれるのがイヤだったと思うので、裏のスペースを衝いていこうと(後半頭から)入りました。DFの裏や前にできたスペースを意識しながら動いてボールを受け、しっかりとつないで中へ入っていくプレーを心掛けたのですが、1点目のアシストにつながったのである程度はできたとは思うのですが、もっとやらなければいけなかったと思います。
ただ、3失点目に絡んでしまったのでそれが何よりも反省です。
残り5試合ですが、サポーターのみなさんがこんなに応援してくれるのに僕たちが諦めるなんてあり得ない。次の京都も上位チームなので、そこに勝てれば『サガン鳥栖やるな!』と思わせることができると思うので、最後まで意地を見せたいです」

●吉田恵選手(鳥栖):
「失点0でいけば何とかウチのサッカーができるんじゃないかなと思っていたのですが、立ち上がりすぐに失点してまい、個人の差が出てしまいました。
(先制点を奪われてからは徐々に立て直したように見えましたが?)徐々にじゃダメなんですよ。。。最初から最後まで自分たちのサッカーをやることができないといけません。特に今日は自分たちのミスから招いた失点ばかりだったので、せっかく前節修正できて勝ったのに、また繰り返してしまったという感じです。
ただ、その後鳥栖の一番良いところでもある『最後まであきらめない』という部分が出せて2点奪えたことは大きな収穫だと思っています。
今日の後半で見せたような、前からプレスをかけ、ボールを奪ってパスをつなぎながらどんどん攻めて行く、そんな鳥栖のスタイルをこれから残り5試合でも続け、来年もっと強固なものにできるようにしたい。あとは、失点0が目標です」

|

« 水戸 0-2 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 草津、いろんなコメント »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京V 3-2 鳥栖、いろんなコメント:

« 水戸 0-2 鳥栖、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 草津、いろんなコメント »