« ACL、川崎F 0-0(PK4-5)セパハン、いろんなコメント | トップページ | 山形 1-2 アビスパ、いろんなコメント »

2007年9月29日 (土)

鳥栖 1-1 草津、いろんなコメント

●岸野靖之監督(鳥栖):
・いい動きをしている選手がいても、パスを出す方が見逃している。
・プレッシャーをかける時は全員でかけろ!

●植木繁晴監督(草津):
・前半のプレーを続けよう
・攻撃はフィニッシュまで持っていこう
・守備は相手の二列目からの飛び出しに気をつけて

●岸野靖之監督(鳥栖):
「90分通して非常に悪いパフォーマンスだった。結果・内容ともに非常に残念です。そういうゲームをしてしまった責任は痛感している」
Q:前半途中で内間を変えた理由は?
「戦術的なところです。やるべき仕事ができてなかった。非常に緊張(余裕がない)状態が続いていたので、早い段階で動いてあげないとチーム全体に負担がかかると思った。送り出すときは当然いろんないい形で送り出すが、まずそれができてなかった。攻守ともに、いいところが出せない状態が続いていた。待つのか次の手を打つのか…そういうところで次の手にいった。清水は変化がなかった。僕らは勝ちにいっているので勝つためにどうするかを考えた」
Q:失点の場面を監督はどう考える?
「ベンチから角度的に誰がどうするのかよく見えなかったが、僕の覚えている範囲ではシュートを打った瞬間はフリーだった。あの得点エリアでフリーの選手がいること自体、あってはいけないこと。選手として声を出せないのが原因にある。選手として大きくなりたいならまずそこから。守備っていうのは組織で守るので自分がどうしてほしいのか言ってもらいたい。今年の失点の3分の1は声出しができてないせい」

●植木繁晴監督(草津):
「前半、いい時間にチャンスがあったのに点が取れなかった。後半、点を取ってからは全体が間延びして失点につながってしまった。GK退場後については良く頑張ったと選手を評価したい」
Q:前半から前が動いていい形だったと思うが狙いは?
「少しパワープレー気味に動いて、セカンドチャンスを狙っていた。高田・カレカが前線で起点になるように頑張ってくれ、狙い通りできたと思う」
Q:キーパーが退場になって、代役のGKに高田を選んだ理由は?
「高田に関しては練習の時にキーパーに入ることが多く、よく好セーブをしているから。評価については特にありません」

●柴小屋雄一選手(鳥栖)
「ラインの駆け引きもできず、サイドに流れては押し込まれるシーンが多かった。はまって守備できるシーンが少なかった」

●レオナルド選手(鳥栖)
「上手く連携が取れていない。ボールをもらうタイミングや出すタイミングなど、僕が焦っているところもある。もっとコミュニケーションを取って点を取りたい」

●高橋義希選手選手(鳥栖)
「上手く前線から抑えることができずに押し込まれてしまう。セカンドボールも拾えず、自分たちで苦しくしてしまっている。勝ちたい気持ちは強いのだが…。頑張るしかない」

●金信泳選手選手(鳥栖)
「仙台戦あたりから、相手選手と競り合うシーンが多く、腰に負担がかかっていた。59分に競り合ったときに一気に痛みが出た。骨ではないので、大丈夫です」

●吉田恵選手選手(鳥栖)
「立ち上がりの20分くらいは、草津の攻撃にはまってしまった。その後、修正ができつつあった。後半に入り、隙を作ってしまい失点した。その隙を作ったことには責任を感じます。でも、きちんとプレーできたところもあるし、みんなで良い時を思い出して戦えるようにしていきたい。問題は連携だけなので、自分たちで声を掛け合って修正していくしかない」

●櫻田和樹選手(草津)
「カレカと氏原をポイントにして、セカンドボールを拾うことを心掛けてプレーをした。前半に決めるところを決めておけば、結果は違っていた。自分がもっとボールに触ることができれば、こんな結果にはならなかった。勝点2を失った内容だった」

●松下裕樹選手(草津)
「前半は良く動いていた。後半も先に点を取れたが、その後に余裕あるプレーができなかった。あと1点を取れるようにしないといけない」

●高田保則選手(草津)
「(84分からGKの守備に入り)選手として、初めての経験。鳥居塚さんに『やれ!』と言われて、『ハイ!』と返事しました(笑)。あのシーンではDFラインは崩したくなかったし、動けなくなっていたので(GKを)やりました。今日は1本もシュートを打っていないので、3本のシュートを止めてよかったです(笑)」

●鳥居塚伸人選手(草津)
「多くのチャンスがあったのに2点目が取れないといけない。特に前半のうちに取っておかないと。点を取るまでの流れを90分間続けるようにしないといけない。勝ちゲームを失ってしまう。
(高田をGKに指名したのは)彼は、ミニゲームなどでGKしたら上手いので、信じて指名した。シュートを打つ側の選手に打たれる側のプレーをさせたので、非常に恐縮している。次節は、気持ちよくシュートを打ってもらえるようにします」

●氏原良二選手(草津)
「監督のプラン通りに前半からいけた。でも、シュートは決めておかないといけない。柴小屋選手(鳥栖)が強いので、苦労した。(前半で交代は)仕方ありません。前半から一杯一杯だったので…」

|

« ACL、川崎F 0-0(PK4-5)セパハン、いろんなコメント | トップページ | 山形 1-2 アビスパ、いろんなコメント »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖 1-1 草津、いろんなコメント:

« ACL、川崎F 0-0(PK4-5)セパハン、いろんなコメント | トップページ | 山形 1-2 アビスパ、いろんなコメント »