« U22日本 1-0 U22ベトナム、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-0 水戸、いろんなコメント »

2007年8月22日 (水)

日本 2-0 カメルーン、いろんなコメント

オシム監督会見

ご覧の通り、何ができて何ができないかが、はっきりした試合だった。また、強いリーグのチームでプレーしている(カメルーンの)選手と、そうでない日本の選手との違いもはっきりした。もちろん身体能力の違いもあるし、コレクティブ(組織的)かどうかの違いはそれほど大きくはなかったと思う。カメルーンのような強いチームと対戦する機会はなかなかないから、ここで選手が何かをつかんでくれればと思う。フィジカルの違う相手との戦い方、ボールをめぐっての競り合い、そういった経験を積んでもらえたと思う。カメルーンのような対戦相手は、日本には存在しない。体格の差などのハンディについては、もっと走ったり、コンビネーションを使ったりして補わないといけない。
今日の試合では、中盤で簡単にボールを相手に渡してしまった。ボールだけでなく、ゲームコントロールできない時間帯が長く続いたのは、皆さんがご覧になった通りだ。そういうところで、強いチームはミスをしない。必要のないところ、本来すべきでないところでミスをして、ボールを相手に渡してしまったのは反省すべきだ。
ただし、一部の選手が予想以上に興味深いプレーをしてくれたのは収穫だった。昨日話したように、(前日練習では)DFのための練習をしていて、攻撃のための練習はほとんどしなかった。(この日の試合は)しっかりと守備を固めれば、強敵に勝つこともできるという例だったかもしれない。スタメンの11人がスタミナがある間は、いいサッカーができたと思う。もちろん、それだけでカメルーンに勝てるとは思ってはいなかった。これはテレビのインタビューでも言ったことだが、今日の試合は序章、第2章と、まったく違う展開のサッカーの本を書いてしまったようだ。ただしその本は、行間を読まなければならない本である。
――スタメン11人はスタミナあるうちはよかったが、遠藤などは後半疲れてしまった。また強じんなフィジカルの相手にけがをする選手もいた。これは予想していたことだろうか?
そうした問題があるのは秘密ではない。遠藤が立ち上がりから終わりまで、速いテンポでプレーできれば理想的だ。しかし、これまでと違う点にも気付いてほしい。カメルーンの選手は、個々がボール扱いがうまい。彼らがリードされている展開では、チーム全体が攻撃的になっていた。しかし、われわれは残念ながら、攻撃的なグループ、守備的なグループに分かれてしまっている。中盤では、サイドの右と左はまずまずだったが、カメルーンがプレッシャーをかけてきたら、問題がどんどん出てきた。特に中盤の攻撃的な選手とFWの選手は、所属チームでディフェンスすることに慣れていない。もちろん守備だけでなく、強い相手に対して攻撃に行くことは、さらに難しかった。
例えばラインの高さ、あるいはDFを含めてどれだけミスをせずにパスを回せるか。それらを比べてみても、いかに日本がつまらないミスをして、相手のチャンスのお膳立てをしていたか。つまり純粋にスキルが低いということだ。パス、ボールタッチのテクニック。本当に基本的なところだが、いかに実戦の中で力を発揮できるかどうか。この分野では、日本のサッカーはまだまだ子供であると言わざるを得ない。プロの国際試合で起こってはならないミスが起こってしまった。
私も場合によっては、「危ない時には観客席に届くくらい遠くにボールを蹴れ、常にエレガントである必要ない」と選手に言う用意はできている。しかし、守備陣がパニックに陥って「とにかくクリアだ」と、タッチラインの外にボールを蹴り出すことは感心しない。その点について話すと長くなるが、今日の試合で見ることができたのは、就任からこれまでの1年間、選手に分かってもらおうと話し続けたことの内容の一部ではなかったかと思う。コレクティブなプレーの中で、個人のクオリティーをどう結び付けるか。強い相手と対戦するときに、個々のクオリティーが問題になる。カメルーンの選手との1対1でのボールの奪い合い、スピードの比較。さまざまな部分で考えるべきポイントは少なくなかったと思う。
もちろん、よかった点もある。一つは現実を直視する、客観的にサッカーを観察することが大事だということを、今日のような試合の後、選手も記者の皆さんも身に付けられたならば、それは歓迎すべきことだ。しかし強豪カメルーンに勝ったからといって、日本が世界チャンピオンになったかのような錯覚をしてしまったら、話はまた振り出しから始めなければならない。今日の試合をどう評価するかについては、メディアの皆さんにお任せしたいと思う。
選手同士の関係、走る量と質、自己犠牲のプレー、プレーへの意欲。それらはトップレベルに近いものを日本の選手は出していたと思う。ただしそれは、十分ではないことを認めなければならない。より高いレベルのサッカーをする上では十分ではない。選手たちは、リーグ戦の日程が詰まっている中でよくやってくれた。アジアカップで出場した選手は、疲労がまだ取れていなかったのかもしれない。休暇もなしにJリーグ、今日の試合と続いていた。しかし、アジアカップに出場した選手は何とか走れていたが、そうではない選手がエネルギー切れを起こす時間帯があったことは、何とも皮肉なことだ。
いずれにせよ今後、様子を見なければならないし、錯覚しないようにしたい。短いニュース速報、例えばCNNのニュースなどで「日本がカメルーンに勝った」と報じられたら、そこで日本はカメルーンより強いと思ってしまうかもしれない。どういう内容の試合だったか、ニュースを読む時間のない人はそう思ったかもしれない。だが毎回話しているように、最近のサッカーは結果がすべてだ。どんな試合だったか、良かったことも、悪かったことも、翌日には結果しか残らない。
――前半は4バック、後半は3バックになっていたが、守備の練習だったのか? それとも勝つためだったのか?
予定を立てていても、相手があることだ。向こうは後半の頭から2トップで来た。それに対応したものだ。その点について、細かくは選手たちとこれから話したい。私の印象では、選手がよく考えた結果、そうしたのだと思う。つまり2トップに対して、最後列で1人余らせる守備を選択した。そういう選手の意思は尊重すべきではないか。ただしその際、中盤で選手が1人減るわけだ。その減った分、選手が余計に走るなり、工夫したりすべきなのだが、それができていなかった。遠藤が守備的な位置まで引かないといけない。もちろん悪くないプレーだった。しかし、阿部のポジションで遠藤がしっかりした守備ができるとは私は思わなかった。阿部や啓太(鈴木)が、遠藤のような攻撃能力を備えて、守備をできればよかった。あるいは、阿部や啓太といった守備のできる選手が、遠藤のような攻撃力があればよい。しかし天は二物を与えずというか、特に日本では、まだ選手の役割分担がはっきりしている。モダンなサッカーに追いつくには、攻撃も守備もできる選手を増やしていかないといけない。
 今日は、カメルーンに勝ってしまった。皆さん、五輪代表の試合を見たくないですか(笑)。
――スタメンの選手が疲労していなかったら、最初のメンバーで最後までいきたかったのか?
基本的にはそういうことだ。スタッフ、コーチの間では、3人の攻撃的なグループを、後半の頭から別の3人に交代させる計画はあった。これは事前に選手には話さなかった。しかし前半を見ると、スタメンの3人はいいプレーしていた。そこで後半は、様子を見ることにした。しかし、あるところで交代を決断した。代えてみて、少々残念に思ったのは事実だ。結果として、3人を交代して6人を試すことができた。田中達也、大久保、前田の3人は、もっとスタミナがあってコンディションがよくて、最初のプレーのリズムを維持できたら、もっと長くプレーさせていた。ハーフタイムで特に攻めの選手には、力をセーブせずに、できるところまでやれと指示した。もし後半に投入した3人を先発させていたら、また違った試合になっていたかもしれない。ひょっとしたら、今日のスタメンの選手よりも、もっといいプレーをしていたかもしれない。逆に、今日のスタメンの選手が、あまりパッとしないプレーをする可能性もあった。自分のチームがリードしているときに、攻撃の選手が途中で入って、いいプレーをするのは難しい。相手の守備力が高い場合は、なおさらだ。カメルーンが追いつく、あるいは逆転するという展開になれば、交代が失敗したと言われるのは決まりきったことだ。そこでわれわれは、皆さんがどんな記事を書くか気にはしないだろう。

カメルーン代表ニョンガ監督

今日はいい試合だった。2つの偉大なチームの対戦だったわけだが、日本はわれわれの弱点をうまく突いてきた。まず、今日のわれわれはキレがなかった。中盤での弱点を突かれて押し込まれてしまった。こちらは疲れていて走ることができず、中盤で止められてしまった。
 試合の取っ掛かりが大変だったが、後半になると日本に比べてこちらがアドバンテージを握っていたと思う。最後まで(ゴールを)決めることができなかったが、後半は頑張っていたと思う。
日本について言えば、将来性のあるチームだと思う。何年後かになれば、われわれと肩を並べるだろう。日本は今後、質の高いサッカーを発展させるだろう。敏しょう性に富んでおり、しっかりした意思を持って戦えるチームになると思う。日本は若いチームで、今後、試合を重ねることで成熟していくだろう。ただし戦術面では、あまり変化がなかったと思う。今回の試合でも同じ戦術で、バリエーションが感じられなかった。もっとバリエーションを持たせるべきだろう。今後、とてもいいチームになる条件は、すべてそろっている。あとは練習することだと思う。よりハイレベルになるためには経験を積んで、(戦い方に)バリエーションを持たせることに重点を置くべきだろう。
われわれは、今回の試合から学ぶことができた。あとはそれを練習することで改善していく。どのチームにも言えることだが、いろいろなことを疑問に思いながら、よりよいパフォーマンスができるようにしていきたい。
――カメルーンは満足いく出来ではなかったと思うが、パスが流れたのはコンビネーションよりも、疲れによるものだったか?
われわれのチームは一緒にプレーすることに慣れており、しかもコレクティブ(組織的)である。一番の問題は、試合会場でウォーミングアップができず、芝の状態を確認できなかったため、最初は戸惑ったことだ。つまりコンビネーションの問題ではない。それからフィジカルな意味でキレがなかった。パスが流れたかもしれないが、本来なら楽々とパス回しができるはずだ。われわれはアフリカのトップチームであり、選手もハイレベルなリーグでプレーしている。今日の問題点は何よりもキレがなかったことだ。
それから、今回一番残念だったのは、カメルーンの本当の姿を見せられなかったことだ。もっとも、数カ月後にはわれわれの国に来てもらう計画がある。現在、カメルーンのスタジアムが現地の日本企業によって改修中なのだが、そこに日本代表をお迎えするという話が出ている。このことについては、両国の責任者が話をしている段階だ。ぜひ、具体化することを期待したい。

■田中マルクス闘莉王(浦和レッズ)
(中澤とのコンビについて)中澤というより、みんな一丸となってやった。高さは計算できるし、経験もあるし、そういうところはよかったんじゃないか。でも最後は5バックになってしまったのがつらい。アジアカップでは、内容はよかったけれど、結果が出なかった。監督は内容にこだわっているのかもしれないけど、結果を出しながら内容をよくしていくのが一番。
(得点について)自分よりでかい選手ばかりで、高さで勝つのは難しい。相手より前で触れれば、何とかなると思っていた。遠藤からいいボールが来たので触るだけでした。GKが出てきたのは分かっていた。狙い通りに行ってよかった。

■山瀬功治(横浜F・マリノス)
(試合を)落ち着かせる時間をどこかで作れればよかったけれど、行ったり来たりの展開になってしまった。途中から出る選手は、何とかチームを落ち着かせるのが仕事。今日は流れの中では何の仕事もできず、不完全燃焼のゲームだった。
(プレスの掛け方は)所属チームも違うし、やり方も違う。どこに追い込むかも違ってくるので、どうしても違うタイミングになってしまった。ゴールという結果はあったけど、大事なのは内容。ゴールは後半40分くらいの間のほんの1、2秒でしかない。40分通して、どうだったのかが大事。

■大久保嘉人(ヴィッセル神戸)
先発はアップの前に言われた。ポジションはMFでもFWでもなくて「そのへんにいろ」という感じ。前半は、どこまで下がっていいのか分からず、きつい部分もあった。ハーフタイムに監督に確認したら「好きなようにやっていい」と言われた。チーム(神戸)と同じようなイメージでやってみた。ノーゴールという結果は仕方がない。

■加地亮(ガンバ大阪)
フィジカルが強くて、速い相手と対戦したのは、いい体験だった。(流れの中からのゴールがなかったが)とにかく勝てばいい。課題は常にあるし、勝った中でも見つけながら修正していくことが大事。今日はもう少し、冷静につなぐべき場面があったのに、蹴るサッカーになってしまった。
 こっちのフォーメーションと相手のフォーメーションを判断して、変えていくことに気を使った。最初は4バックで、相手も3トップで来たので4のままで行った。後半ずるずる下がってしまい、中盤も薄くなってしまった。でも前半は収穫が多い試合だった。

■遠藤保仁(ガンバ大阪)
前半はサイドも突破できていたし、そんなに悪くなかった。後半は、もっとボールキープができればよかった。勝っている状況だから、もっと落ち着いてやれればよかった。(後半3バックにしたのは)相手が2トップで来たから、3-5-2っぽくした。(中盤で)キープすることを考えると4-4-2とか4-3-3がよかったけど、失点しないという前提があったから。
簡単にボールを失う場面も多かった。もっと正確につなげればよかったと思う。前の3人はスピードがあるし、できるだけ相手の裏に行けるようなパスを意識した。ただし相手のDFも速かったので、結局は裏より足元でもらう回数が多かった。
(ゴールシーンのアシストは)闘莉王の動きは見えていた。そこまでは狙ったつもりはないけど。

●鈴木啓太選手(浦和):
「暑かった。どうしてドームの屋根を締めたんだろうという感じだった。相手の力、個人の能力が非常に高かった。そういう中でどう崩すか。トレーニングでもやっていて何回かいい形ができたことは自信になる。もう少し自分たちのプレーができたらよかったけど。阿部とのボランチは、前半うまくできていたと思う。中盤のうまさもあったけど、後半はそれほど優位性を使えなかった。後半はサイドも引いて5バック気味になってしまった。中盤ががら空きになり、しんどかった。そこは課題。(アジアカップ後すぐのゲームだったが?)結果はよかったけど、個人個人の差は感じますし、2-0という結果、点差だけみるといい結果だけど、そういうゲームではなかったと思う。どうポジションを取るのか、どこで数的優位にするのかという課題が残った」

●大久保嘉人選手(神戸):
「先発はアップの前に言われた。ポジションは中盤でもMFでもFWでもなかった。俺はFWじゃないし、そのへんにいろという感じ。前半はどこまで下がっていいのか分からなかったんできついところもあった。それでハーフタイムにオシム監督に聞いたら、好きなようにやっていいといわれた。チームと同じようなイメージでやっていたけど。(代表20試合目でゴールがなかった?)ノーゴールという結果はしょうがない」

●遠藤保仁選手(G大阪):
「前半はそんなに悪くなかった。サイドも突破できていたし、後半はちょっと…。もっとボールキープができればよかったけど。勝っている状況だし、落ち着いてやれればよかった。(後半は3バックだった?)相手が2トップできたからその対応。3-5-2っぽくした。キープを考えると4-4-2とか4-3-3がよかったけど、失点しないという前提がある中でしょうがないと思った。前半は前の3人が裏へ積極的に出て行ったし、守備も大きな混乱がなくよかった。でも簡単にボールを失う場面も多かったから、もっと正確につなげればよかったと思う。前の3人はスピードがあるし、できるだけ相手の裏にいけるようにパスを意識していたけど、相手のDFも速いし、結局は裏へというより足元でもらう回数が多かった。勝負できる3人だったからよかった。ゴールシーンに関しては、闘莉王の動きは見えていた。そこまでは狙ったつもりはないけど。(流れの中からのゴールがなかったが)セットプレーはアジアカップから引き続きいい感じできているけど、流れの中はね。自分も1本あったし、崩せる形はあった。フィニッシュの問題が大きい。チャンスを増やせばさらによくなると思う」

●山瀬功治選手(横浜FM):
「落ち着かせる時間をどこかで作っていけばよかったけど、なかなかできなくて、行ったり来たりの展開になってしまった。本来、途中から出る人というのは何とかチームを落ち着かせるのが仕事。ボールを落ち着かせることをできればいいと思ったいたけど、今日は流れの中では何の仕事もできていない。不完全燃焼のゲームだった。プレスをかけることに関しては、チームも違うし、みんなやり方も違う。どこに追い込むかも違ってくる。プレスに行くにしてもどうしても違うタイミングになってしまった。相手のボランチにつながれた時もコースを限定するとか何とかしたいと思ったけど、そのへんもまだまだ。ゴールという結果はあったけど、大事なのは内容。ゴールは後半45分くらいの間のほんの1、2秒でしかない。45分通してどうだったのかが大事だから」

●田中マルクス闘莉王選手(浦和):
「湿度の高さはやばかった。Jでやっていて分かっているけど。代表に来たら慣れないといけないと思う。しっかりJでやらないと。今日は何とかできたと思う。(中澤とのコンビの手ごたえ?)中澤選手というより、阿部ちゃんとかみんな一丸となってやった。高さは計算できるし、経験もあるし、そういうところはよかったんじゃないか。でも最後は5バックになってしまってつらいですね。この間のアジアカップでは内容がよかったけど結果が出なかった。監督は内容にこだわっているのかもしれないけど、結果を出しつつ内容をよくしていくのが一番いい。そういうことを理解したうえで頑張りたい。得点については、自分よりでかい選手ばかりだったし、高さで勝つのは難しい。相手より前で触れれば何とかなるんじゃないかと思っていた。ヤット(遠藤保仁)からいいボールが来て触るだけでした。GKが出てきたのは分かっていた。あの位置ならちょっと体をひねらないといけないけど、狙い通りに行ってよかった。自分は守りだけじゃない。攻撃ももとめられている。これからもそういう部分を見せていきたい」

●加地亮選手(G大阪):
「相手のフィジカルが速いし強いし、いい体験だった。体に染み付いたというか。(前半の終わりにいいチャンスメイクをしてましたが) チームが勝てば、どういう形でも勢いはついていく。(流れの中からのゴールがなかったが)取れればもちろん一番いいけど、とにかく勝てばいい。流れでもセットプレーでも点を取ったら問題ない。これで負けていたらまたどうしてかといわれる。課題はつねにあるし、勝った中でも見つけつつ修正していくことが大事。今日はもう少し冷静につなぐべき場面があった。蹴るサッカーになってしまった。攻め込まれると人数もくる中で焦ってしまう。(闘莉王が入って?)相手がうまくて速いし、最初は3トップできた。そのカバーとかポジショニングをどうするかを判断しながらやった。こっちのフォーメーションと相手のフォーメーションを判断して変えていくことに気を使った。3枚への変化、相手が2トップにしてきたから。入りは4バックで考えていてどうなるかと思ったけど、最初は3トップで来たんで4のままで行った。後半ずるずる下がってしまったのは相手に当てはまってしまったということ。中盤も薄くなった。でも前半は収穫が多い試合だった」

●前田遼一選手(磐田):
「シュートを打てなかったのが残念だけど、ボールにいっぱい絡めたのがよかった。(いい落としをしてましたが)ヘッドはあまり勝てなかった。達也(田中)と嘉人(大久保)とかがタイミングよく入ってきてやりやすかった。先発はアップの前に言われた。3トップの真ん中でやったけど、センタリングにあわせられなかった。もうちょっとコミュニケーションを取らないといけない。もっとゴール前で時には相手に怖がられるようなことをしないといけない。アップの時には嘉人たちとプレッシャーがきつかったらダイレクトで、はたこうという話をした。(代表初出場ですが)長かったけど、そんなに特別な感情はない。次はチームで結果を残せるようにしたい。代表にも定着したい」

|

« U22日本 1-0 U22ベトナム、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-0 水戸、いろんなコメント »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本 2-0 カメルーン、いろんなコメント:

« U22日本 1-0 U22ベトナム、いろんなコメント | トップページ | 鳥栖 0-0 水戸、いろんなコメント »