« アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント | トップページ | 大会終了後のメディアアクティビティにおける監督・選手コメント(07.07.29) »

2007年7月29日 (日)

アジアカップ韓国戦後、いろんなコメント

●オシム監督(日本代表):
Q:敗戦の原因を何だと感じているか?
「ゴールを挙げられなかったことだ。ただし正確には負けたとは思っていない。PK戦まで行ったのだから。それはサッカーにおいて負けにはならない。質問に何か意図が隠されているように思うが…。つまり0-0、延長も0-0。負けたのはPK戦だけ。幸運と集中力の差だけだった。
 昨日の会見でも話したが、負けた場合にはチームをいじるという原則がサッカーにはある。それが一般的になっている。私はそれと反対のことにトライした。負けてもチームを変えなかったのだ。レギュラーの選手たちにもう一度、チャンスは与えられるようにした。私が選んだメンバーがよかったのか悪かったのか、もう一度見たいという考えが方針としてあった。結果については選手には何も文句は言いたくない。個人的にそう考えている。
 戦術的な選手の配置については、1人の選手が複数の役割を担わなければならないスタイルを取っている。選手がもう少しだけ個人のテクニックを上げることができていたら、さらに2~3人のよりスピードある選手を使うことができた。加えて、これは極めて大事なことだが、より優れたFWがいたら…。これには注釈があって、今のFWがよくないといっているのではない。もっと優れたFWがいたらという仮定の話だが、それに多少の経験を積んだ選手がいればもっとよかっただろうと思う。
 これはアジアカップの結果だが、これでサッカーが終わるのではない。今大会の内容として、約20日で6試合をこなした。これがハードであったことが1つ。厳しい条件の中で選手はよくやってくれた。日本よりもはるかに強い相手と対戦することができなかったので、つねにこちらが主導権を取ることができた。
 私の話をどう解釈するかはみなさんの自由だが、まだお聞きになりたいというのならもっと話すこともできる。しかし、これ以上は沢山だと思う人もいるだろうから、このへんで一応のまとめにしたい。これが敗因についてのコメントです」
Q:選手交代が固定化しているように感じられたが?
「もちろん交代のオプションは数多くある。背の高い選手と対戦するなら試合展開はキック&ラッシュに変わる。他の選手はハイボールを蹴ることになる。そういう勝負になれば韓国の方が強いだろう。背が高く、ジャンプ力もある。だから、別の方法を採ろうと思った。プレーを通じてディフェンスラインの裏のスペースを使う、あるいはビリヤードで言うところのフリッパーショット(ボールを早く動かすこと)などだ。それは何度か成功した。背の高い選手の後ろのスペースにボールを運ぶことができたと思う。しかし、その方法を採った結果、疲労も早い時間に蓄積されてしまった。そのためアイデアが沸かなくなり、テクニックが不正確になり、コンビネーションもうまくいかなくなった。選手交代の結果がよかったかどうかはフィフティ・フィフティだったと思う。
 今日は高原を長く残した。フィジカル的には無力であったにもかかわらず残したのは、彼は疲れていても、何とか試合を決めてくれるではないかと期待したからだ。その意味で、矢野の投入は遅すぎたのかもしれない。あの時、相手のディフェンスがパニック状態になった。最後の時間帯で2~3のチャンスを作ることができた。だから、幸運とフレッシュな状態が少し足りなかったといえる。もちろん、もっと背が高くてジャンプもあるとか、個人能力が高い選手などがいれば、こちらがゴールを決めてPK戦の前に試合を決めていたかもしれない。それが選手交代についての説明だ。
 もちろん、他にも代えたほうがよいと見受けられた選手はいた。鈴木啓太、中村俊輔、駒野、加地。そういうところだ」
Q:これで大会が終わったが、試合内容を受けて、日本が変えていかなければならない課題は何か?
「それについては、これまでの答えの中で触れているはず。今日はあえてリスクを冒してメンバーを組んだ。今日の試合を含めてこの大会はそうであったわけだが、相手が2トップできても2ストッパーで対応し、その隣にサイドがいるが、事実上真ん中の2人のストッパーとボランチ2人のうち1人の3人で中央を守る。そういうリスクのある守備をしつつ、中盤のプレーメーカーを自由にさせる。もちろん、クオリティの違いもあるし、相手の戦術にもよる。その時点で使える選手が、どんな能力を持っているかにもよるが、そういうリスクを冒しながらプレーするサッカーが、日本人には合っていると思う。そういうものを見たいと思う方には、変えるべき点が見えると思う。
 もちろん他にも解決策はあるかもしれない。たとえば今日、あらかじめ韓国が2トップでくると分かっていたら、われわれは坪井を加えて3バックでスタートしたかもしれない。しかし、そうではなく、最初は1トップに2人で対応し、中盤の真ん中は3対3で試合が始まった。韓国のチーム力はサウジよりはるかに上だったと思うが、2ストッパーとボランチでも大きな破綻はなかったと思う。もちろん、人間だからミスは出る。サウジ戦で負けたが、もう一度、同じチャンスを与えた意味はそこにあった。もっとも、そのチャンスを生かせたかどうか。チャンスは3度ないかもしれない。私の故郷サラエボの諺で『同じチャンスは2度来ない』というのがある。それを2回与えて結果を出せなかった人間には、もうチャンスはないかもしれない」
Q:オーストラリアには勝ったが、サウジと韓国に敗れた。このことについてどう思うか?
「私が何と答えれば満足するだろうか?」
Q:素直な気持ちを答えていただければ結構です。
「サッカー監督とジャーナリストとは思考回路が違う。つまりサウジに負けたことと今日の敗戦、つまりPK戦での敗戦について『2回続けて負けた』、つまりチームがカタストロフィー(破綻)に陥ったという雰囲気を作ろうとしてるのであれば、そしてオシムをクビにしようというのであるのなら……」
Q:そんなつもりはないが(笑)
「ありがとう(笑)。興味のある方は、日本がアジアカップで優勝した当時の映像と、今日の試合の映像とを比べてみてほしい。細かいところまで、よく比べてほしい。その分析の結果、どちらの日本代表のほうがよいサッカーをしていたか、感想を言ってもらえるとうれしい。負けた勝ったではなく、試合の内容を見てほしい。
 もちろん、トルシエ、ジーコといった歴代監督、そして当時の選手に対しては私は敬意を持っている。しかし、どちらのサッカーがいいサッカーをしていたのか。もちろん、違う意見の方もいらっしゃるかもしれないが、私は私の考えを持っている。今日の試合は…こういう比喩は顰蹙(ひんしゅく)を買うかもしれないが『2回ズボンを下ろして見せるべきでないものを2回見せてしまった』ということになるだろう(苦笑)」

●高原直泰選手(フランクフルト):
「2列目から積極的に飛び出していく形を試合前からやっていたけど、うまくいった部分がある反面、攻めあぐねて相手の中盤の守備、プレッシャーによって自分たちのつなぐサッカーがエンストしてしまった面もある。サウジ戦もそうだったけど、プレッシャーがかかった中でいかに自分たちのサッカーをやるのかということも1つのポイントだと思う。もちろん今日にしてみれば、コンディションとかいろんな問題はあったけど、そういう中でも自分たちがやらなきゃいけなかった。ここで結果を出すことで自分たちの内容とか、そういうものを証明したかった。今日の結果は残念だったけど、とにかくこの大会で得たものをまたゼロにするのではなく、ここで得たものをもっともっとよくする形で続けていければいい。今日もそうだけど、相手が1人少ない状況で自分たちがチャンスを作りながら勝ちきることができない、押し切ることができないということは自分たちの弱さだと思う」

●山岸智選手(千葉):
「絶対この結果で納得はできない。初戦に先発で出してもらえて、それから4試合出場できなかったにも関わらず、今日先発のチャンスを与えてくれて、監督の期待がまだまだあると感じられた。そういう期待に応えられなかったことは僕もやりきれない思いだし、満足できない。(移動に2日かかったことでの疲労?)僕はこれまで試合に出ていたわけではないし、体が重いとは思わなかった。もう少し前の選手がゴールに直結プレーをできればよかった」

●水野晃樹選手(千葉):
「これからが大事。こういう悔しい思いをしたんで。こういう気持ちを次につなげていかなきゃいけない。自分にとっても出場機会があったけど、必要な時に出られず、そこに対しては悔しい思いをした。自分の未熟さも感じた。難しい試合で使われるように上を目指してやらなきゃいけない」

●坪井慶介選手(浦和):
「大会を通じてみんなよく走った。前回は出ることもできなかった。それを考えるとよくなかった。これを生かすのは自分次第。悔しさもよかったこともある。生かすも殺すも自分次第。こういう立場でチームの中での年齢も上だし、チームのことを考える割合も多かった。その分考えてやっていることが多かった」

●中澤佑二選手(横浜FM):
「(引いてくる相手に苦しんだ?)でも結局は崩せなかった。仕方なかったのかな。ゴールネットを揺らすことはできなかった。オーストラリア戦を含めて10人になった相手をどう崩していくかということは、もっと考えていけないといけない。例えばミドルシュートとか、ただのクロスを上げるだけじゃなく、相手が嫌だと思うようなプレーをしなければいけない。相手が守ったら崩せないでは、これからもアジアの戦いは厳しくなる。守って崩せないとみんな守ってくることになるから。
(チームの成長は?)どうかなあ。そのへんはまだ分からない。まだまだ伸びる可能性はあると思う。チームとしての方向性については、通用する相手とそうでない相手がいた。サウジのようなチームを相手にした時は今回のような形だけでは崩せない。そのことをみんなが感じていれば大会は意味があったし、もっとチームが強くなっていくと思う」

●加地亮選手(G大阪):
「(疲れていた?)延長まで行けばね…。(ミスが多かった?)それは疲れより技術の問題だと思う。反省しないといけない。(今大会を振り返って?)押した展開でやれたのはよかったけど、最後のところで決め切れるところだったり、パスの精度だったりが今ひとつだった。こういう大会というのは勝てば乗っていくけど、結果が出ていないから。サッカー的に悪くなくても結果がついてこなかった。全て結果。今回は押してて結果が出ないけど、前回は内容が悪いのに勝ったということ。大会を通じて思ったのはミスを減らすこと。全体的にまずはそこ。集中力の問題もあったと思う。90分ずっとミスせずにはできないし、疲れた中ではミスが出るのも仕方ない。そういう中でも勝てるようにならないといけない」

●遠藤保仁選手(G大阪):
「PK戦はもうしょうがないね。その前に決定機があったし、10人になってからもチャンスを作れた。点を取れればよかったけど、残念です。攻撃陣のパスミスが多くて、流れが止まってしまうところがあったのは反省点」

●羽生直剛選手(千葉):
「(PK戦の最後のキッカーになってしまったが?)僕のミスです。あれで試合が終わり、大会が終わった。それだけです。(6人目のキッカーは決まっていた?)6人までは名前が挙がったんで。正直、蹴りたくなかったけど、あえて名前を挙げてくれたから、何かの意味を感じて蹴るようにした。こういう機会が初めてだったけど、蹴る時は集中して決めるつもりで蹴った。(出るタイミングも難しかった?)相手が少なかったんで、ディフェンスラインの背後に出るとチャンスになると思った。そこで起点を作ることを心がけた。中盤とディフェンスラインの間で受けて起点を作ることも大事だった。(今日も決定機があった?)初戦でもビッグチャンスを逃したし、僕の感覚では入る時は全部入る。入らない時は全部入らない。そんな感じ。今大会では初戦の重みをすごく感じた。あそこで点が取れていればその後は伸び伸びできたと思う。チームに貢献できなかった」

●鈴木啓太選手(浦和):
「相手の情報の中からウイークポイントをどう突くかが大事だった。どの大会、どの試合でも一緒なんで。僕はアジアカップという公式戦に代表として初めてのぞんだ。この大会が一番の目標でないとは言っていたけど、最終目標でないとはいえ結果を残せなかったことは悔しいし残念。責任の重さもすごく感じる。それでも自分はまたサッカーをするしかない。今大会を通じて、引いた相手をどう崩すかという課題に直面した。大会でやってきたことをビデオを見直して『ああだこうだ』と言っていれば、120分の試合なら3倍くらい時間がかかると思うけど、細かい作業をしていくしかない。Jリーグとはまた違った大会だったけど、自分の中でイメージを持ってやったり、トレーニングの中からチャレンジしていくことが大事。もっと高いところを見なければいけない」

●川口能活選手(磐田):
「国際経験ではもっとタフさが必要だと感じた選手は多い。タフさをチームとして求めていくべき。そうはいってもみんなよく頑張った。ベトナムは特に暑かったし、この移動も僕自身、経験したことのないものだった。そういう中でみんな頑張った。でも勝つためにタフさが必要だと思う。
 PK戦に関しては僕が悪い。1本でも止めていれば羽生があんな思いをすることがなかった。ああいう状況でも止められるようにしたい。方向は何本かあっていたけど、結局は止められなかった。もっと練習してもっと止められるようにしたい」

●呉章銀選手(韓国):
「1人退場して厳しい試合だったけど、みんなで1つになって戦った。(足がつって途中交代?)久しぶりの先発で感覚的によくなかった。できる限りやった。日本にはうまい選手が沢山いるけど、日韓戦というのはそういうのは関係ない。韓国がメンタル的に強かった。気持ちで勝ったと思う」

|

« アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント | トップページ | 大会終了後のメディアアクティビティにおける監督・選手コメント(07.07.29) »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ韓国戦後、いろんなコメント:

« アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント | トップページ | 大会終了後のメディアアクティビティにおける監督・選手コメント(07.07.29) »