« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | アジアカップ2007,サウジ戦前、いろんなコメント »

2007年7月21日 (土)

オーストラリア戦後、いろんなコメント

オシム監督会見

――PK戦を見ていなかったのか。心臓は大丈夫か?
 病気でなくても、心臓に悪いので見なかった。私はここでは死にたくない。故郷のサラエボで死にたいので、発作を起こしたくない。だから見なかった。それに、私が(PK戦を)見ていると勝てないというジンクスがある。
――オーストラリアの選手が1人退場し、日本にアドバンテージがあったのに、なぜ120分でも勝てなかったのか?
なぜなら、私たちのサッカーが完成の域に達していないからだ。ハンドボールや水球では、退場者がいる間に点が入るが、サッカーはそうでない。サッカーは足でやるスポーツなので、よりボール扱いが難しい。それほど正確なパスを出せるなら、もっと楽に勝てるのだが。またサッカーはビリヤードとも違って、狭いスペースにボールがうまく転がるわけでもない。それよりも、われわれの内容がよかったことを、もっと見てほしい。いつも心掛けているサイド攻撃は機能していた。オーストラリアに優秀なGKと優秀な4~5人のDFがいたことは、われわれの責任ではない。それに疲れもある。1人退場で少なくなるのも、サッカーにはつきものの事件であるから、われわれの側に責任があったわけではない。それに少ない方のチームが、モチベーションを強めて、しっかりしたプレーをすることもある。むしろそれが普通だ。人数が1人少ない方が勝つことだって、世界中のサッカーではよくあることだ。アンリ(※フランス代表FW、バルセロナ所属)という選手がもし日本にいたとすれば、10人になったとしてもカウンターによって勝つ可能性がある。それにオーストラリアにはキューウェルが途中から入ってきたし、1対1で勝負する選手もいた。個人的には、日本がこの試合でしたこと以上に何ができたか、ということを教えてほしい。退場者が出る前も、出た後も、日本の方がいいプレーをしていたことは事実だと思う。ひょっとすると、別の見方ができるのかもしれないが。
――守備が非常によかったが、中澤と阿部が非常によい仕事をしたのでは?
専門のジャーナリストがそうおっしゃるのなら、信用するしかない。ありがとう。
――次のゲームはさらに難しくなるのではないか
その通りだ。
――PK戦の模様を控え室で見ていたようだが、ベンチを引き上げる前にどのようなことを考えたか? そして勝利が決まった後は?
ロッカールームでは見ていない。情報も入ってこなかった。特に感想はない。私が見たくないというのに、生中継を見ていたというのはおかしな話ではないか。
(勝利を知った後は)喜んでジャンプして天井に頭をぶつけそうになったが、このとおり元気で生きている。
――オーストラリアは後半の最後は疲れていたし、日本の選手も疲れがあった。もう少し早く選手交代してチャンスを増やすことは考えなかったか
PKの前に(勝負が)決まればよかったが、そうしたくても相手がそうさせてくれなかった。それが答えでよいだろうか。
――フィジカルで上回る相手に勝利したことで、就任以来のテーマである「日本化」の手ごたえは感じたか?
勝ちはしたが「日本化」するというところまでは、まだできていない。怒らないでほしいのだが、よく日本人のジャーナリストからそういう質問を受けるが、意図が分かりかねることがある。オシムが監督で勝った方がいいのか、それともオシムのせいで負けた方がいいのか。つまり、日本を応援する立場で記事を書いているかどうか、はっきりしてほしい。結論を急がないでほしい。まだ時間はある。私としては、結論をできるだけ先に引き延ばそうと思っている。つまり、皆さん(ジャーナリスト)と反対のことをしようとしているのだ。
――いつも「満足してはいけない」と言っているが?
私が「満足してはいけない」と言っているのは、それ以上進歩しないことになってしまうから、監督として満足してはいけないと申し上げた。しかし、本心とは別に、ここで「満足した」と申し上げようか? この会見を終わらせるためにはそうした方がいいかな(笑)。あるいは、私が(「満足した」と)言ったと記事を書いても構わない。

●田嶋幸三 日本サッカー協会 専務理事
「ちょうど去年の今日、オシムさんと契約した。その日にベスト4に入ったことは大きい。でもリベンジという意識はあまりなかった。これから韓国も中国も何度も戦うんで、1回1回リベンジとは言っていられない。相手は10人になってからもタイトに守ってきた。ウチも暑さの中、中盤もトップもそれなりの仕事をした。なかなか勝負をかけられないでいたが、PKで勝ったことは大きい。こちらも昨年とはメンバーがほとんど変わった。そういう中で対等にやることができた。それだけ選手層が厚いということ。オーストラリアとはこれからも何度もやっていく。今回の日本はこの環境に適応したサッカーをやっていた。テレビで見た人には物足りなかったかもしれないけど、あそこで勝負に出たら墓穴を掘ることになってしまう。そういう展開を耐えて勝てたことが大きかった。
(オシムさんがPK戦を見ていない?)でも喜んでいましたよ。ロッカールームから出てきた時は喜んでいたから。もう1試合、きちんと勝つようにしたいと思う。(内容で圧倒した?)日本の中盤のスキルは高い。戦術的にも中盤が余って数的優位を作る形をしっかりやっていた。グループリーグからずっとそうだが、日本のサッカーをしたと思う。いい形で高原も点を取り、最後まで自分たちのサッカーをした。高原は本当のストライカーだね」

●鈴木啓太選手(浦和):
「(勝った時は)正直、うれしかったです。(守備面について?)相手の研究はもちろんできていたし、前半は危ないシーンもあったけど、やるべきことはハッキリしていたし、相手の情報への対応はある程度できたと思う。(ブレシアーノのマークとビドゥカのケア?)チーム全体としてだいたいはできた。サイドバックの加地君や駒野が中を絞りながらケアをしていた。うまくいったと思う。オーストラリアはサッカーをよく知っていた。個人個人もそうだったし、今までの相手より組織だっているというか、パスをつながせるところとボールを取りに行くところはハッキリしていて、もちろん強かった。次やったら勝てるとはいえない。それだけの相手だった。
(失点の時間帯?)難しい時間帯だった。セットプレーは彼らの武器。警戒はしていたけど、やられた。それでも焦らなかったし、すぐに取り返すことができて落ち着けた。でも今日の勝利の価値を大きくするのも、小さくするのも自分たち次第。これからだと思う」

●川口能活選手(磐田):
「(PK?)集中力を切らさないようにやっていた。その前の試合はみんな頑張っていたし、何とかそれに応えたかった。佑二(中澤)中心に守りも集中していたし、タカ(高原)も決めてくれた。そんな頑張りになんとしても応えたかった。PK戦は運もあるけど、GKの責任も大きい。何とかモノにすることができた。相手のオーストラリアの選手はプレミアでやっている人が多かったんで警戒した。
(何で止められたか?)分からない。こういう試合をモノにすることの積み重ねが大事。まだ2試合あるし頑張りたい」

●今野泰幸選手(F東京):
「(出た時?)中が偏っていたんで、サイドから入れたり揺さぶって揺さぶって点を取れるかなと思っていたけど。試合の中で決めておきたかった。(自分の役割?)まず守備でファウルをしないように。相手には一発があるから、しっかり対応したかった。攻撃ではサイドで出たんで、クロスを入れるのか1回戻すのかをしっかり判断すること。そしてアシストできればよかったと思う。((中村)俊さんへの決定機のパス?)90分以上頑張ってきたんで、ああいうシュートを外してしまうのもしょうがないと思う。(内容では圧倒していた?)でも僕は守備の選手なんで、最悪なことを考えてまずはスペースを埋めることを考えた。カウンターを出させないことを考えなきゃいけないなと思ってやった。監督からの指示は特になかった。すぐに入れと言われただけ。(イメージ通り?)そうだったけど、惜しいチャンスがありながら同点にできなかったのが残念。PKじゃなくて崩して勝ち越して勝ちたかった」

●巻 誠一郎選手(千葉):
「(得点シーン?)その前の失点の部分が問題。あの直前でマークが変わった。そこまでは阿部がアロイージについていたのに、阿部が前へ行って、自分がアロイージについた。それでやられたから自分のミス。それを取り返すためにも、早く同点にしないと厳しいなと思っていた。タカ(高原)さんのシュートはタカさんがうまかった。あの時間帯に失点してすぐに同点にできたのはよかったし、気持ちを落とさずに攻めようという気持ちを持てたことはよかった。(課題?)全体にフィニッシュの部分。相手のセンターバックをどう引き出すかというところ。前半はうまくいっていたけど、10人になってから相手がベタ引きになり難しかった。引いた守備陣の手前のスペース、(中村)憲剛とか、(中村)俊さんとか、ヤット(遠藤)さんとかのところでスペースをうまく作ってミドルシュートを打つとか、そういう動きがよりゴールに近づくと思う。危険な動きが加わるとゴールへの選択肢も増える。今日は早い時間帯に相手が中盤とディフェンスラインをつながせない守備をしてきたことで慌てた部分がある。でも今日の勝利は後から出る人も仕事をしてくれるという安心感があって得られたもの。チームみんなの勝利だと思う」

●高原直泰選手(フランクフルト):
「(苦しい時間帯の同点弾?)今日は切り替えしが引っかかることが多かった。そういうシーンが沢山あったけど、ここぞというところでああいうプレーができてよかった。(失点した時?)まだ時間があったし、まずは同点に追いつくこと。取られてから早く追いつけたからこそ勝てたと思う。(気温は)今までの中では涼しかったかなと思う。(立ち上がりの時間帯にミスが続いた?)相手も最初は動けるし、プレッシャーもある。そこをしっかり抑えられれば問題はないと思った。あとは高さがあるからそれを注意した。(ゴールシーン?)オーストラリアのビデオを見た時、キックフェイントに簡単に引っかかっていた。で、実際にやったら簡単に引っかかってくれた。シュートはGKを見て動けばよかった。すぐに追いつけたんで、流れが悪くなるところを持ちこたえることができた。同点になってすごくよかった。(オーストラリアをやっつけたという印象?)これから何度も当たる相手だと思う。でもこれから対戦するかもしれない相手に何度も負けるのはよくない。そういう意味でPKだけど勝ててよかった」

●佐藤寿人選手(広島):
「時間は20分ちょっと。そこでしっかりと点を取ることを求められていた。だから点を取れなくてくやしいけど、勝てたことはよかった。ホントに最初から出ていたFWの2人が運動量多く走っていたんで、息切れすると思った。そこで自分にチャンスが回ってくるかもしれないと考えていた。(決定的なシュート?)DFが来ているのは分かっていた。ニアに低くて速いボールが来たけど、DFに寄せられた状態でうまくボールを捉えることができなかった。プレッシャーがきた時、どれだけシュートをコントロールできるかだ。ここまできたら頂点に立ちたい。一番強い相手に勝ったんで、勢いに乗っていきたい」

●中村憲剛選手(川崎F):
「試合を重ねるごとによくなってきているし、チームとして1つになっている。(前半相手がワンボランチ気味だった?)ワンボランチで、2トップとダブルオフェンシブハーフが自分と(鈴木)啓太のところにきた。そのオフェンシブの2人をはがして前へ行けばチャンスになると思っていた。それでフリーランニングを増やしたら、相手はあんまりついてこなかった。真ん中のプレスはきつかったんで、それを頭に入れつつ前へ出るように心がけた。ウイングの(中村)俊さんとヤットさん(遠藤)がいい形で入ってくれるから、ゆっくりとうまくボールを回そうと思った。
前半はボールを走らせつつ、仕掛けられる時はスピードアップしようと意識した。2トップを最終ラインの2人で見つつ、ブレシアーノを啓太が見て、自分は5(クリナ)を見た。ビドゥカのポストプレーが一番怖い。彼を挟み込むことが課題だった。ゴール前に運ばれるシーンが怖かったんで、そこをしっかりとケアした」

●中村俊輔選手(セルティック):
「攻撃のバリエーションは確実に増えてきている。今日は自分たちが走ってボールを動かすことをやっていたけど、暑いという部分があった。暑くなければオーストラリアももっと走るしパワーが出てくる。特殊な大会だと始まる前から言っていたけど。今日は今日だけど、もっと気温が低い時にどうなるか詰めていく必要がある。そういう意味では参考にならないかな。相手の3バックは分かっていた。ブレシアーノがトラップする回りを警戒していた。そこを(鈴木)啓太が見ていたんで、自分はサイドをケアした。
(同点ゴールにつながったクロス?)一応、起点になったからよかった。本当は中に入れるのをやめて回そうと思ったけど、あの時間帯は勝負のパスをどんどん入れないといけない。そうしないと固めてカウンターという向こうのペースになってしまう。前半だったらやめてたけど、あの時は行った。(延長後半の決定機?)中に入ってって、今ちゃん(今野)からボールが来たけど、当たらなかった。両足でジャンプした時、ふくらはぎが初めてつった。GKもよかったけど、『ここでつるか』という感じ。でもPKを決められてよかった。俺は今日は走ったと思うよ。そういう達成感はある」

●加地 亮選手(G大阪):
「(足が腫れている?)今はちょっと分からない。捻挫の可能性があります。オーストラリアはしっかりつないで出てくる力があった。10人になったらやりにくくなった。キューウェルとかスピードでこられた方が嫌だった。(前回の中国のアジアカップを思い出すか?)そうですね。何かありますよね。(ひと山超えた?)とりあえずという感じではありますけど。(オーストラリアを相手にして?)1年ぶりのオーストラリアということで、勝ちたい試合だった。フィジカルはJリーグでは味わえないものだった」

|

« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | アジアカップ2007,サウジ戦前、いろんなコメント »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦後、いろんなコメント:

« 鳥栖 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | アジアカップ2007,サウジ戦前、いろんなコメント »