« 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント »

2007年7月28日 (土)

札幌 1-1 鳥栖、いろんなコメント

ハーフタイムコメント
●三浦俊也監督(札幌):
・もう一度FWからの守備を心がけよう
・3ラインの距離を短く保つように
・もっとアグレッシブに攻めて、シュートを打っていこう!
・残り45分、チームでしっかりとプレーして、勝点3を取ろう!

●岸野靖之監督(鳥栖):
・チャンスをチャンスで終わらさず、シュートを打つこと
・風が強いので、それを考慮してプレーすること
・あたりさわりのないプレーばかりせず、強引なプレーも必要

●三浦俊也監督(札幌):
「まず前半ですが、開始から相手にチャンスを作られて危ない場面があったと思いますが、その原因は明らかで、コンディションの差にあったと思います。なのでどちらかというとラッキーな形でゼロに抑えられたかな、と思います。後半からは多少良くはなったのかもしれませんが、ただ、チーム全体のパフォーマンスとすれば、ほとんどの選手がアベレージ以下のパフォーマンスだったと思いますし、言い訳になるかもしれませんが、原因として考えるならばそこしかないかなと思います。仙台戦を終えて中2日のゲーム、鳥栖の方はゲームがなかった。もちろん鳥栖の方はリベンジという意識で来ていましたから、そういうものが大きかったと思います」
Q:西嶋選手の欠場と、その影響について
「昨日の夜から熱が出て、それが下がらずということで。影響は、今日の相手は2人のストライカーが高さのあるポストプレイヤーだったので、それに対処するという意味では影響はあったのかもしれません。仮定の話になりますが」
Q:前半風下で、後半は風上となった。その辺りについては狙いなどを含めどういったことを考えていたのか?
「言えない部分もありますが、風上と風下ではやはり違うやり方をしなければいけないと思います。具体的にどう、ということは言えないですが」
Q:コンディション等々の話しをしていたが、そういう意味では前向きに捉えることのできる勝ち点1と言えるのか?
「結果だけを見ている方は、下位のチームに引き分けたと落胆されるかもしれませんが、トータルで考えた場合には仙台とのアウェイで勝ち点3を取ったのは大きなことでしょうし、第3クールの4試合で勝ち点8というのは、要するに3倍すれば勝ち点24ですから、目標を達成するためのアベレージの勝ち点は取れたと思います」

●岸野靖之監督(鳥栖):
「札幌との試合でしたが、さすがに強いという印象を受けました」
Q:今日のプレーについて、監督から見てどういう評価をしているか?
「勝ってないので、ようやった、と手放しで喜べる状況ではないと思います。また、過去2回0対1で負けていますし、同じ相手に連敗することはサッカー選手としては情けない。そういうハートの部分について試合前に話をして送り出しました。ボクが彼らに伝えたやるべきことは一生懸命やろうとしてましたし、最後のところはまだまだ課題はありましたが、少なくとも鳥栖の最低限やらなければいけないことはみんなやろうとしていたと思う。ただし、引き分けでオッケーということはあり得ないので勝たない限りは『ようやった』とはいいません。ただ、その姿は感じました」

●曽田雄志選手(札幌)
「全体的にボールの取られ方が悪かったと思う。相手の2人のFWに起点を作られてしまったことも大きかったと思う。あの2人は体系もガッチリしていて、いい形でボールを受けていたので、そこで起点を作られてしまった。PKを得たが、後半には自分がPKを与えてしまったので、そこは申し訳なく思う。どの選手も今日の悪かった部分はしっかりわかっていると思うので、切り替えてやっていきたい」

●芳賀博信選手(札幌)
「2点目を取ることができなかったのが大きかったと思う。疲れは多少なりともあったが、そうしたなかでいかに勝つかという部分が大事。次の試合までにしっかり体を休めて、疲れを取りたいと思う」

●大塚真司選手(札幌)
「ホームなのでやはり勝ち点3を取りたい試合だった。コンディションは確かに100%ではなかったが、だからといって勝ち点1でよしということにはしたくない。そうしたなかでも勝ち点3を取れるように、しっかりとチームとして取り組んでいきたいと思う。試合はまだまだ残っているので」

●藤田征也選手(札幌)
「1点を取られてから押し込まれてしまい、攻撃の形がなかなかできなかった。全体としては中盤とディフェンスラインの間を使われて、セカンドボールを拾えなかったことが響いたと思う」

●高橋義希選手(鳥栖)
「前半にあったチャンスを決められなかったことが痛かった。相手のゴール前でもっとシュートを打つ意識が必要だったと思う。横パスが目立ってしまったので、もっと積極的にいくようにしなければいけない」

●飯尾和也選手(鳥栖)
「風がすごく強かったので、カバーリングの部分をしっかりやろうと試合に入った。チーム全体としてはしっかり攻撃の形ができていたのだが、やはり相手は中2日のチームなので、勝つチャンスがあったことを考えれば、勝ち点1では満足してはいけない試合だった」

|

« 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌 1-1 鳥栖、いろんなコメント:

« 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント | トップページ | アビスパ 2-1 ヴェルディ、いろんなコメント »