« 草津 1-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント »

2007年7月25日 (水)

サウジアラビア戦後、いろんなコメント

オシム監督会見
サウジアラビアに「おめでとう」と申し上げる。それはまず言っておかねばならない。同時に、日本の選手もよくやってくれた。負けたわけだが、試合の最後まで全力を出してくれた。残念ながら疲労が上回ってしまった。特にチームの重要な選手にそれが起こってしまった。疲労から集中力が失われたり、アイデアが出なかったり、それが残念。サウジアラビアは結果として勝ったわけだが、こちらは2回追いついて、3回追いつくことができなかった。今後、克服しないといけない課題もあるだろう。だが日本の力が劣っていたとは思わない。試合の内容からいえば、チャンスの数ははるかに多かった。ただし向こうの方が運があった。こちらの得点が決まらないうちに疲労がたまってしまった。つまり、効果的に(ゴールに)結び付けるプレーができていなかった。彼らは3回のチャンスを全部、得点に結び付けた。こちらの集中が途切れた時間帯に、それが起こった。そういう内容だった。向こうの(攻撃の)3人と、こっちのDFの3人の関係をスコアが表している。
――日本は、スローなビルドアップだったのはなぜか?
スローなプレーにはそれなりの理由がある。最初の理由は疲労だ。もう一つの理由は、速いプレーを許されなかったこと。(サッカーは)相手なしで自由にできる競技ではない。確かにプレー全体がスローだった。中心選手が疲れからアイデアを欠いていた。つまり疲れていると、アイデアがわくのもスローになる。
――克服しなければならない課題とは?
何を解決しないといけないか、話すと長くなる。それはわれわれのベストな部分を、さらによくしなければならないということだ。世界のサッカーに沿った発展をしないといけない。最もアイデアのある選手たちは、よりスピードがあり、より多く走ることができて、選手の全面的な能力を備えている。全面的とは、さまざまな役割を果たすことができるということ。つまり今の中心選手の中には、自分にはできない、あるいは苦手なポジションがあるということだ。誰とは名前を挙げないが、よく試合を見ていれば誰について話をしているか分かると思う。
――1試合も失点ゼロに抑えられなかったのは、何が原因だったのか
どういうシーンで失点したかを分析しないといけない。もう一つ、われわれはリスクを冒してプレーしていたということだ。だからリスクを冒すということは、失点する確率が高いということだ。相手の2トップに対して、2人のストッパーで守備を長い時間続けたわけだ。そのリスクを冒すことで、もう一つ別のポジションでフリーになる選手が1人出てくる、という考え方だ。それがプレーメーカーだったり、素晴らしい選手だったりするわけだが、逆にリスク回避してリベロを置く、つまり3ストッパーを相手の2トップに付けるとするならば、中盤での数的優位を失われることになる。そのどちらを選ぶかだが、私は今のサッカーの信奉者である。その方が魅力的ではないだろうか。その方がオープンなゲームになるし、美しいフットボールになる。残念ながら、何かが伴わなかった。何が足りなかったかは、お分かりだろう。

サウジアラビア代表ドス・アンゴス監督会見
非常にタフで、ベストゲームの一つ。今日の勝利をうれしく思う。これまでわれわれに対して「幸運だ」と言ってきた人々に対し、ひとつの答えが出せただろう。今日の勝因は、選手たちのスキル、能力、そしてボールポゼッションが良かったことだと思う。
(選手が疲れていると言っていたが)協会が素晴らしいフィジオセラピスト(理学療法士)をブラジルから用意してくれた。彼はグレミオのスタッフで、困難なジャカルタからの旅において、いい対応をしてくれた。
 今日の勝利は中東のサッカーにとってハッピーなことだ。イラクにとっても決勝進出は祖国に幸せをもたらすことだろう。サウジアラビアとイラク、2つの国にとって幸せなことだ。

■中澤佑二(横浜F・マリノス)
同点に追いついても、相手のたった1回の攻撃をはね返せなかった。相手を勢いづかせてしまい、止められる能力がなかった。相手のいいところを出させてしまった。ドリブルが得意なら、それをやらせないようにしないといけなかった。
 同じことを繰り返していたら成長しない。しっかりと振り返って、ワールドカップ予選につなげたい。

■中村俊輔(セルティック)
サウジの2トップは強烈だった。いい2トップがいることで、ほかの8人が守備に専念できる。ずっと8人で守っていて、やりにくい相手だった。向こうの守備も、よく日本を研究していた。相手の戦術にはまってしまった。追いかける展開では、タフさが必要になる。
 個人技を出すタイミングがまだ難しいが、チームの基盤は見えた。手ごたえがあったし、大会に参加できてよかった。
(3位決定戦で当たる)韓国とはやってみたかった。本当は決勝でやりたかったけれど。

■鈴木啓太(浦和レッズ)
失点してはいけない時間帯にやられた。後半の頭や、攻めようとしている時間での失点が痛かった。疲労の問題ではなく、自分たちのミスが多かった。失点シーンも、人数がいる中でやられている。目立つのはフィニッシュの部分だが、実際はその前から始まっている。いろいろなミスが重なった結果として失点した。サウジは非常に日本を研究していたと思うし、強い相手だった。
決勝に行きたかったが、これが現実。負けるべくして負けた。自分たちの力をしっかり出せなかった。サウジはいいチームだったが、非常に悔しいし、残念。

■川口能活(ジュビロ磐田)
みんな頑張っていた。やろうとしているサッカーを体現しようとしていた。ゲームの流れをいかに変えるかは、代表チームに限らず重要なこと。それは交代選手だけの責任ではなく、出ている選手が変えられるようにならなければいけない。常に同じリズムで戦うのではなくて、流れを読み取って、ボールの運び方なりを変えられるチームにならないと。このチームは、まだそこまでには達していない。

■川淵三郎(日本サッカー協会会長)
残念だが、これも勝負。弱点があるからこれだけ点を入れられる、とオシム監督も言っていた。今日の気候は過ごしやすくて、サウジに有利だった。逆に日本は4試合の疲れが出たのでは。最後に1点取られたのを取り返せなかった。
オシム監督のサッカーへの理解度は深まっている。結果は残念だが、チームはいい方向に向かっている。あとは負けたことをどう生かすかだ。サウジには、9番(マレク)のように1人で突破できるFWがいる。ああいうFWが日本にも育たなければいけない。3連覇はそう簡単ではない。日本のやるべきサッカーを追及して、最後まで頑張った。チームづくりの過程としては、順調に来ている。それは評価していい。

●駒野友一選手(広島):
「今日もセットプレーから2得点をあげ、1失点している。改めてセットプレーの重要さを痛感した。リードされている状況でも、今までと変わらずにボールを前に入れて、周りが動いていこうという形だった。相手の3点目が入ってからは、サイドにスペースができていた。だけど、それは向こうにうまく誘導されていたのかもしれない。サイドはスペースが空いていたけれど、中央は固められていた。3位決定戦もしっかり戦っていきたい」

●高原直泰選手(フランクフルト):
「内容はよかった。ただ、最後の部分でうまくいかない面があった。サウジアラビアは決定機をしっかりモノにした。その差だと思う。自分たちがやれること、やるべきことは明確になっていた。ただ、今日に限ってはミスも多かったし、自分たちのプレーをすることができなかった。まだ始まったばかりのチームだし、これで終わりではない。まだまだ先は長い。確かに相手は厳しかったけど、こっちは動いていないし、ミスも多かった。リズムをつかめずに、ミスから失点してしまい、後手後手に回った。チームとしていい形で何とか2度、同点に追いつけたことはよかった。ただ、3点目が同点に追いついたすぐ後だったのがすごく痛かったと思う」

●阿部勇樹選手(浦和):
「2点目の場面はポジション的にカバーに行くのか、ニアを切るのか…。(迷ったのか?)自分的にはニアを切った。ニアを切りながらセンタリングに対していければと思ったので。ボールがすばらしかったとしかいいようがない。それを決められてしまって、目の前にいたのは自分だし、何とかカバーして、シュートを打たせないプレーをしなければいけなかった。3点目は個で完全にやられた。完全に見たまんまだと思う。
(サウジのFW?)イメージしていたのより能力が高かった。全て抑えられたら完璧だけど、そこで抑え切れなかったということ。DFは1つのミスで失点につながってしまうので。それくらいで重いところだと思うので。それを止められなかったのが全てだった。最後のところで止められていたら失点はなかっただろうし…」

●加地 亮選手(G大阪):
「(足?)問題ないです。しっかり頭の整理をしたい。(相手攻撃陣の守り?)その問題から失点したのではない。ミスからの失点だった。相手には一発があるから、(得点した9番と20番について)技術もしっかりしていたし、足元のうまさ、速さを警戒していたけど、やられてしまった。反省している。自滅という感じは確かにある。ミスとミスの連発。そのツケが回ってきた感じ。(疲れ?)みんな確かに疲れてましたよね。(相手は元気だった?)相手はしっかり守りきってからのカウンターをしていたのに対し、僕らは攻めているのに崩せなくてカウンターを食らう。その方が精神的に来るものがあった」

●遠藤保仁選手(G大阪):
「決定力の差が出たし、一発目のセットプレーなんか、今大会を通して修正できなくて残念だった。また次に切り替えていきたい。(最終ラインが深かった?)後半と前半では違うけど、人と人との距離が開いてテンポよくボールを回せなかった。相手に合わせてしまった。(疲れとプレッシャー?)相手のプレスはそんなに速いとは思わなかった。自分たちの責任。今日はあまりうまくいかなかった。人と人が離れて流れるようなボール回しができなかったし、つまったらサイドチェンジというのも相手にバレていた。もう少し強引に前へ行ってもよかったかなと思う。そこらへんを考えながら今後はやりたい。
今日は相手にあわせて守るつもりだった。相手の中盤が攻め残ることもあるから。でも取られてカウンターってのも多くて自滅気味だった。ミスを少なくしてシュートで終わることができず、相手を崩しきれなかった。センターバック2人が2トップにつくのはリスクもあるし、僕らより相手の方が仕掛けてくるから、啓太(鈴木)がカバーしながらやっていた。1対1でも前を向かせないようにと心がけたけど、スペースができた。3点目なんかは2対1で数的優位だった。ああいう時はボールを取らないといけない」

|

« 草津 1-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビア戦後、いろんなコメント:

« 草津 1-5 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 日本 vs 韓国、試合前日、いろんなコメント »