« U-20,ナイジェリア戦後、いろんなコメント | トップページ | 7/8、U-20、いろんなコメント »

2007年7月 8日 (日)

アジアカップ2007、カタール戦前日のオシム監督(日本代表)コメント

*記者会見にはオシム監督と川口能活選手(磐田)が出席。基本的に英語で行われました。下の一問一答の回答は、基本的にオシム監督で、一部だけ川口選手が答えました。

●オシム日本代表監督・川口能活選手(磐田):
(オシム)「私からは何も言うことはありません」
Q:こういった大会の初戦の重要性をどう感じているか?
(オシム)「アジアカップは重要だし、これはアジアでは非常に大きなトーナメント。でも初戦の重要性とは別だ。それと同じ質問を日本人記者にしたいと思う」
Q:カタールチームをどう思うか? ムソビッチ監督はかつて同じチームでプレーした友人だと聞いているが?
(オシム)「ゲームとプライベートとは関係がない。我々はいい友人だが、ゲームには関係ない。私はプレーヤーではないし、長いコメントはない。カタールについては川口に聞いてほしい」
Q:このグループ、トーナメント全体を見て、どこが強いと思うか?
(オシム)「このグループは特徴が非常に異なるチームが揃っている。でも大会全体についてはまだ少しのインフォメーションしかない」
Q:1次リーグを突破できなかったら辞めるのか?
(オシム)「我々のサッカー協会には会長もチームマネージャーもいる。彼らが決めるだろう。これは笑いごとではない。もしも我々が永遠にチャンピオンでい続けるならアジアのサッカーは面白くない。何でそんな挑発的なことを聞くのか。私は本当にこのグループはタフだと思う。しかし私からは何も言わない。あなた方が考えてください」
Q:川口選手に質問だが、アジアチャンピオンを守るというプレッシャーはあるか?
(川口)「我々にはプレッシャーはない。我々は若いチームで、とてもいいトレーニングをしている。いいコンビネーションとチームワークもある。それに我々はチャレンジャーだ。だからプレッシャーはない」
Q:川口選手に質問だが、カタールにどう勝つのか?
(川口)「最初のゲームはとても難しい。ビッグトーナメントの初戦はつねに難しい。しかし我々はメンタル、フィジカル両面の準備をしている。いずれにしてもカタール戦は難しい試合になるだろう」
Q:今回のチームに海外組の数名の選手を呼んでいない理由は?
(オシム)「我々の代表はベストプレーヤーを集めている。これがベストチームだ」
Q:川口選手に質問だが、前回大会を経験して、今回はキャプテンの重責を担うが、それについてはどうか?
(川口)「僕は自分のためにプレーするだけ。特に何も考えていないし、自分にはプレシャーもない」
Q:日本代表のどの部分がよくて、どの部分が不安なのか?
(オシム)「チームというのは1つのチーム。分けることはできない。サッカーは1つの方向に向かっているし、チームとしての1つの固まりだ。選手もオフェンシブ、ディフェンシブとかではなく、何でもできるという考え方がある、それがいつ実現するか分からないが、サッカーはそういう流れになるし、そういう方向に向かっている。日本チームもオフェンシブとか、ディフェンシブとかじゃない。チーム全体で1つである」
Q:川口選手に質問ですが、過去2回のアジアカップを制したが、今回はオーストラリアも参加している。それについては?
(川口)「オーストラリアはいいチーム。今回はとても難しい大会になる。我々は国のためにサッカーをする。今大会は暑さや湿度もあり、プレーするのも難しい気候だ。かなり大変な大会になるだろう」
Q:川口選手に質問だが、UAEについての感想は?
(川口)「UAEは守備が強固なので、ゴールをするのが難しい。でも僕らは多くのゴールを取れると信じている」
Q:川口選手に質問だが、あなたは以前、メディアのインタビューに対し「日本は時々集中力を欠くことがある」とコメントしているが、どういう意味か?
(川口)「覚えていません」
Q:カタール戦に対しての特別な考えはあるか?
(オシム)「全ての次のゲームが私の人生において重要だ。私にとって次のゲームはカタール戦。今の自分にとっては最重要だ。この試合で私は何かしようと試みている。次の試合がイタリア、ブラジル戦であったとして、つねに次のゲームが一番大事だ」
Q:UAEはタイに負け、ガーナに勝つなど、安定性を欠いているように思うが?
(オシム)「全ての大会が難しい。選手次第で良くも悪くもなる。全てのゲームで新しい情報が入ってくる。カタール側も日本についての情報は全て知っている。こちらも今なおカタールの情報を集めようとしている。莫大な情報が集まっているので、それを分析して、明日のゲームをどうするか決める。次の90分にどちらがいいプレーをするか。この1時間半の間に全てが決まる。その以前でも以後でもない」
Q:大会が迫っているが、3連覇へのムードが足りないのではないかと話す選手もいるが、そのあたりについてはどうか?
(これは日本語でまずオシム監督が回答)「私はこれから日本語だけで話したい。日本のジャーナリストは日本の取材をよくしているのだから、日本代表がどんな状況がよく知っている。どんな準備をしたか、いつ到着し、何をしたかを知っているはず。質問自体はいい質問とは言えない。タイトルを守るという質問も分からない。結果はやってみなければ分からない。この質問はとてもデリケートです」
(川口が日本語で回答)「準備期間はベトナムに入ってからも日数が少ないけど、試合が始まる時はアドレナリンが上がるし、モチベーションも高まる。今はしっかりとした準備が大切だ。試合になったら100%の状態でスタートを切ること。その大切さは各自分かっている。試合が始まってからチームとして戦う雰囲気はもっと強くなる」
(ここから英語でオシム監督が追加)「もし失敗した時のことを聞くのは不適切だ。選手のモチベーションを提げることになる。ジャーナリストは我々にプレッシャーをかけている。あなたたちはサッカーのスペシャリストなのだから、これは公平ではない。強い相手が我々の前に立ちはだかっているのだから、そういう質問をすると相手が日本はうまくいっていないと考える。つねに対戦相手は強いモチベーションを持っているのに、それをさらに高めるようなことをする理由がどこにあるのか」

|

« U-20,ナイジェリア戦後、いろんなコメント | トップページ | 7/8、U-20、いろんなコメント »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ2007、カタール戦前日のオシム監督(日本代表)コメント:

« U-20,ナイジェリア戦後、いろんなコメント | トップページ | 7/8、U-20、いろんなコメント »