« アジアカップ韓国戦後、いろんなコメント | トップページ | 徳島 0-3 アビスパ、いろんなコメント »

2007年7月29日 (日)

大会終了後のメディアアクティビティにおける監督・選手コメント(07.07.29)

日本代表は29日、帰国に先立ち、インドネシア・パレンバンにおいて行われたメディアアクティビティで、AFCアジアカップ2007を振り返りました。

オシム監督コメント(抜粋)】
「試合が終わってからの分析は、手遅れである。いいタイミングで分析をしないと役には立たない。終わってから分析が始まるのではなく、私は常に毎日適切な時間に分析はしている。その積み重ねで、より完璧な分析ができるのである。終わってからの分析は、自分が最後に見た試合に大きく左右されるから、気をつけた方が良いだろう。つまり、日本代表が負けた試合を基準にすると、全体的につまらない試合をしたかのように思ってしまうかもしれない。いま、特に何かを分析しないといけないというのはない。試合内容は、これまで1年間、私が話してきたことが表れたと思う。時々、女房は変えたいと思うが(笑)、自分自身は変えたくない。それがベストがどうか断言はできないが、いまの方向でよりエレガントで効果的な方向に進めればいいと思う。それはオシムのスタイルではなく、いまのサッカーの方向なのである。ヨーロッパの強いリーグのチームは、同じ方向性を目指している。しかし、そのリーグの選手と日本代表の選手には差がある。日本代表の選手がヨーロッパの一流選手のような役をして、その役に扮して演じるということはできると思う。そして、ある期間は、それがうまくいった。しかし、今度はその役を演じるのではなく、自分自身が良いプレーヤーになるべきである。
ポジティブな評価をできる点は、ひとつはJリーグの試合直後に合流して、準備期間のない中ある程度の戦いができたのはいい経験である。結果的に6試合戦うことができた。それぞれの選手は、多く走り、ファイトし、いい試合をした。ただ、ほんの少し幸運が足りなかった。幸運以外で日本のサッカーに欠けているものは、きょう始まったものではない。この大会以前、何年も前から日本サッカーが抱えてきた点が、不足している点なのである。個のレベルアップなしには進まない。サッカーというのはそういう特別なスポーツなのである。
(4ヶ国で主催したことに関して)初めて主催した国々ばかりである。サッカーの人気、底辺を広めるためには、このようなことがあってもいいと思う。今回は、ある種の試みだった。ただ、アジアという地域で行うことにおいて、気温、湿度などを考慮した場合、夏に開催するというのはいかがなものかということを申し上げておきたい。サッカーの素晴らしさを伝えるのが目的なのであれば、普通にサッカーができるコンディションを整えるべきだ。

【川口 能活選手コメント(抜粋)】
「サッカー漬けの毎日だった。アジアの大会というのは独特の戦いがあって、初めて経験する選手も多かったし、経験という意味ではいい勉強になったと思うが、チームの底上げはしていかないといけない。ただ、1年経って、着実に進歩しているが、足りなかったところがあったから勝てなかった。暑い中で集中するのは難しいが、この大変さを活かすことが大事だと思う」

【中澤 佑二選手コメント(抜粋)】
「チームとしての方向性は見えたと思うので、あとは個のレベルのアップ。上にあがるにつれ、(対戦相手の)個が強くなってきている。僕が若い選手の評価をする立場ではないが、(初めてアジアカップを経験した若い選手たちは)移動も大変だったし、がんばったと思う。良いプレーと悪いプレーが自分の中でわかったと思うので、それを次までにどこまで修正できるかが重要だ」

【中村 憲剛選手コメント(抜粋)】
「結果は4位だったが、このような経験をしたのは初めてだったので、個人的にはアジアの国との真剣勝負で得るものが多かった。6チームと対戦し、どれもタイプが違い、引いてくる相手もいれば、ガツガツくる相手もいた。それに対して、試合ごとに自分の役割が変わっていく中で、暑い中でミスをしないでボールを回すというのが大切だった」

【中村 俊輔選手コメント(抜粋)】
「優勝はできなかったが、どの試合でも日本の形ができたので、個人の感覚としては悪くないと思う。アジアカップというだけで、前の大会と比較しすぎるのは良くない。残りの3年をどう活かすか、どう変わるか。今回の反省を活かして、強い国と戦って前に進まないといけない」

【高原 直泰選手コメント(抜粋)】
「自分たちが、こういうサッカーを目指しているという根本的なものを、今後はより膨らませて、もっといろんなバリーションなり、攻撃の質なりを上げていく必要がある。今大会に限っては、自分たちの目標は果たせなかったが、チームの骨格は見えてきたし、監督が考えるサッカーの浸透度を選手が汲み取って、質をあげないと監督が考えているところに追いつかないと思う

|

« アジアカップ韓国戦後、いろんなコメント | トップページ | 徳島 0-3 アビスパ、いろんなコメント »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大会終了後のメディアアクティビティにおける監督・選手コメント(07.07.29):

« アジアカップ韓国戦後、いろんなコメント | トップページ | 徳島 0-3 アビスパ、いろんなコメント »