« モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 | トップページ | モンテネグロ戦後 選手コメント2007年06月01日 »

2007年6月 1日 (金)

モンテネグロ代表フィリポビッチ監督会見

前半、私たちは苦労した。試合をコントロールできなかった。日本の強さが前半に出て、突然2点入った。(こうした展開は)予想していなかった。1点目はわれわれのミスによるものだと思う。1点目が入って、チームのリアクションも遅かった。後半は少し違う感じになった。選手たちにもう少しリスクを冒してもいいと伝え、前半よりいいプレーをしたと思う。こちらがボールを持つ時間が長くなり、得点のチャンスもあった。PKを外したのは残念だ。PKが入っていれば、選手のリアクションはもっとよくなったと思う。選手たちにとっては、今日の試合は非常に大事だと思う。若い選手が多く、今夜の雰囲気のような試合でプレーしたことがなかったからだ。
――突然2点とおっしゃったが、失点することは予想していなかったのか?
守備だけでなく、全体的なチームの集中力が足りなかったと思う。
――試合後、オシム監督と長く話していたが
日本のチームのプレーに対して、私たちは何もできなかった。オシム監督がどういう作戦を立てるのか、われわれには分からなかった。日本の選手たちは運動量が豊富だし、FWだけでなく、サイドの選手も空いているスペースをうまく使っていた。オシム監督が持っている知識、哲学を見せてくれたと思う。彼のサッカー哲学は昔から変わっていない。
――日本チームと選手の印象は?
日本のプレーはビデオで見ていたので、いい守備、得点力があるチームだと予想はしていた。1人だけ選手を挙げることはできない。チームの全体的なつながりが大事だと思う。日本代表にはいい選手がたくさんいると思う。
――PKを蹴らせた選手(ブルザノビッチ)について
彼は(独立後初の国際試合となった)ハンガリー戦でPKを決めているのだが、PKは彼に蹴らせるべきではなかった。私は大声を出したが、聞こえなかった。
――PKは誰に蹴らせたかったのか
彼以外の誰かだ。

|

« モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 | トップページ | モンテネグロ戦後 選手コメント2007年06月01日 »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンテネグロ代表フィリポビッチ監督会見:

« モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 | トップページ | モンテネグロ戦後 選手コメント2007年06月01日 »