« 第19節:福岡 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | コロンビア戦前日 オシム監督会見2007年06月04日 »

2007年6月 2日 (土)

第19節:水戸0-1鳥栖、いろんなコメント

ハーフタイムコメント
●前田秀樹監督(水戸):
・クロスボールに対して中の入り方を工夫すること。
・積極的にシュートを打っていこう。
・後半も集中してプレーすること。

●岸野靖之監督(鳥栖):
・サイドからのクサビが入れにくいので、外してサイドから展開。
・中盤はワンタッチプレー。真ん中を空けない。
・DFラインは早く展開。
・ユンは中盤の背後でボールをもらい、ラストパス。
・相手のDFラインの背後に出たボールにしつこく。

●前田秀樹監督(水戸):
「本当に残念です。最悪でも引き分けなくてはいけないゲームだった。ウチの方が前半から攻守においてアグレッシブにプレーし、鳥栖のいいところを出させなかった。ボールを奪ってからの速いパス回しでサイドをえぐってクロスを入れるという狙いはできていた。後半に尹が入ってくるとことは計算づく。彼にプレスをかけないといいボールを入れられてしまうので、椎原と村松には厳しく行けといっていた。だが、さすがに尹はうまかった。彼が入ってきて鳥栖にリズムが出てきた。ただ、彼にミスが出たらウチのチャンス。お互いに決定的な部分が出ると思っていた。失点の時間帯も悪くはなかった。ただ、武田のミスキックもあって、あの時だけラインが崩れてしまった。そこですよね。椎原と村松も一瞬だけ遅れてしまった。さすがの尹だけに精度の高いキックだった。でも、あれだけかな。負けはしたが、素晴らしいゲームを選手たちはしてくれた。1点入れば、自信になる。最低でも今日のゲームをやれれば自ずと自信はついて、一皮剥けるはず。選手たちを褒めたい。あとはゴールが決まれば。このゲームを続けていきたい。正直、ここ3戦、私も迷いました。負けが込むと選手たちは自信をなくしてしまう。なので、シンプルに裏に蹴るサッカーをやろうと考えていたが、考え方が変わって、やっぱり自分たちはポゼッションしてパスをつないでゴールに向かうということを貫いてきた。だから、選手たちにはアクションサッカーをやりましょうと話をした。選手たちはその通りやってくれた。それと吉本が入ったことによって、ラインが落ち着いた。安心できましたね。そこが今日の収穫。ようやくリーダーが戻ってきて、チームが引き締まった。小椋も代表から帰ってくれば、中盤でリーダーシップを見せてくれるはず。もう下がるところまで下がったので、これからいいチームになるだけだと思います。今日は負けはしましたが、本当に素晴らしいゲームを選手たちはやってくれたと思います」
Q.けが人や代表選出で選手を多く欠きましたが、出場した選手たちはアグレッシブなプレーをしていました。
「本当にその通りだと思います。塩沢や岩舘も自分の能力を出してくれた。ひたむきに守備をしたし、それに対して周りも反応していました。あとはミスをなくしていかないといけない。もっと精度を高く。ボールを大切にすることが大事ですね。今日選手たちに伝えたのは『自分たちがこれまでやった中で一番いいイメージを浮かべてプレーをしよう』ということでした。椎原はマイナスに物事を考えてしまうところがあった。でも、彼は昨年の横浜FC戦でゴール前に侵入して素晴らしいゴールを決めている。そのゴールを思い描きなさいと伝えました。金も湘南戦ですごいゴールを決めているので、それを思い浮かべなさいと。もう一度いいイメージを思い浮かべて出て行こうと選手たちに伝えましたが、その通りプレーをしてくれたと思います。選手たちは素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います」

●岸野靖之監督(鳥栖):
「勝ててよかったです。なかなか点が取れなくて、非常に工夫が必要だった。なんとかしぶとく1点を取れた。この価値は大きい。水戸がしっかり守って、背後にボールを入れてくるという徹底したサッカーをしてきた。危ない場面があったけど、何とか守ってくれた。守備がしっかりしたチームに対してどう点を取るのかというところで鳥栖は今季苦しんできた。1点しか取れなかったが、1点も取られず1対0で勝つことができた。苦しんだけど、粘り強く選手たちはプレーをしてくれた。選手たちに感謝したい。また、アウェーまで来て、応援をしてくれたすべての方に感謝したい」
Q.前半はがっぷり四つの展開で、攻撃に工夫が必要だったということですが、どういった工夫が必要だと思いましたか?
「なかなかサイドに入れなかった。真ん中で相手に厳しく来られて、サポートも距離ができてしまった。前線にボールが入っても次のところを狙われてしまった。水戸の守備が堅く、素早くサポートできなかったのが攻められない原因だった。後半はポストに当てた後の動きが少しずつ増えてきた。中を固められたので、外を狙ったが、水戸の攻守の切り替えの速さに苦しんだ。そこからどう点を取るのかというところで、1つはロングシュート。もう1つは背後を狙うということで、前半は点を取れないと見えていたが、それを繰り返す中でゴールは生まれると思っていた。シュート打てるシーンがあったが、枠をとらえず精度を欠いたが、数少ないチャンスを決めてくれた」
Q.いつもは後半途中で交代をすることが多かったが、今日は後半の最初からメンバーを代えましたが。
「いかに崩すかというところで、変化をつけたかった。1点勝負だと思っていたので、後半からGOしないとダメだと思った。我々は攻めていくという姿勢が必要だった」

●鈴木良和選手(水戸):
「あの一発。それだけだった。やっぱり尹はいい選手。決定的な場面を作ることができる。反面、ウチはセンタリングやシュートの精度が低かった。チームとしてはうまく戦えたが…。吉本が入って、盛り上げてくれて、後ろからコミュニケーションを取ってくれたのでチームはよくなった。ただ、尹が入って、ボールがおさまるようになって、DFラインが引いてボランチもプレスに行ききれなくなってしまった。そこで決定的な仕事をされてしまった。チームとしていい戦い方ができたけど、自分としては決定的な仕事ができず、自分に腹が立ちました。個人の精度をもっと高めていかないといけない。金も前にボールをつけてくれて、よかった。今までDFは蹴っていただけだけど、今日はしっかりつなげた。岩舘もボールをよくおさめてくれて起点になっていた。前半はお互いきっちりした戦いが出来ていただけに後半の最初のチャンスを決めたかった」

●椎原拓也選手(水戸):
「あの一発だけでしたね。僕の足に当たって、いいコースに行ってしまった。もっと早く詰められていたら…。後悔しますね…。相手にはあれ以外、チャンスを与えずウチがやりたい守備がやれていた。相手に何もさせなかったけど、先に決めることができなかった。これを試練だと思って、やっていくしかない。やり方自体は前の試合と変わっていないけど、相手より先手を取ろうということは心掛けてやった。取った後の動き出しもよかったと思う。あとは最後のところですね」

●金基洙選手(水戸):
「全体的に計算どおりで自分たちのペースでやれていただけに悔しい。久々に試合に出場した感じだけど、サテライトなどでやっていた。自分のサッカーができればと思っていたし、できたと思う。その分、あの失点は悔しい。試合前のミーティングで監督から前に蹴ったボールに対して、ボールがおさまらなくても前から追えばミスがミスでなくなるということを全員で心掛けていた。そこから自分たちは押し上げることができた。行く時と引く時のやり方がうまくいっていた。けが人が多い状況だけど、常にチャンスがあると思って、今までも全力を尽くしてやってきた。サテライトの試合も含めて1試合1試合、試合に出られる喜びを噛み締めてやってきた。今日はグラウンドに子どもと手をつないで入っていったけど、本当に喜びを感じた。その思いを常に持ちながら、プレーをしていきたい。全体的に今日のプレーは悪くない、これを続けていって、課題を修正していきたい」

●吉本岳史選手(水戸):
「やっと復帰できたので、前半からサッカーを楽しんでやれた。自分も、チームもしっかりやれていたと思う。内容はすごくよかった。体力的には相手がボールを蹴ってきて、きつかったけど、90分気持ちが充実していたので、大丈夫だった。シミュレーションの練習で周りの選手には僕を見てほしいと伝えていたし、ゲームの中でも声を出しながらやれていた。加藤もよく声をかけてきてくれたし、プレーの中でその都度問題を解決できた。はじめての割りにはうまくいったと思います。最後のFKは蹴った瞬間、入ると思った。とにかくあの失点の場面だけだったので、悔やまれますね。ただ、あの失点の前からプレスが後手を踏むようになってきていた。もっと押し上げてプレーをできればよかった。ほんの一瞬。集中が切れてしまった。ウチが我慢しきれなかった。前半は相手にお付き合いして、蹴るサッカーをしてしまったけど、ウチには村松や鈴木良といった足元がうまい選手がいる。なので、もっと楽しいサッカーができると思う。1つ勝てば、自信を持てると思う」

●鈴木和裕選手(水戸):
「いいサッカーはできたが、結果につながらなかった。勝てなくては意味がない。直すところはいっぱいある。ただ、吉本が入って、彼は声も出せるし、このチームで長い間やっていただけに周りからも信頼されているので、チームが安定した。1試合目にしてはよかったと思う。今日は右サイドバックだったけど、特に後半はフリーで待つことが多かったのにサイドチェンジのボールが来なかった。(金澤)大将も生きなかった。もうちょっと大きくふれたら、もっと攻められたと思う。これまで同じメンバーでできず、苦しんできたけど、吉本が真ん中に入って引っ張ってくれた。やりやすかった。ただ、残り15分で運動量が落ちてしまった。その時にどういうふうに守るのか。課題というか、試合の中で状況に応じて、自分たちで変えていかないといけない」

●柴小屋雄一選手(鳥栖):
「今日は水戸の戦い方にはまってしまった。パスも取られ方が悪く、ウチのサッカーはできなかった。危ない場面が多かった。取られた後もうまく攻められてしまった。こういう相手とやる時にどうやるのかという面でいい勉強になった。後半から2人が入ったが、彼らが入ると点を取る意識が強くなる。でも、後半もなかなかボールをつなげず、水戸の方が攻撃はできていたと思う。ただ、ウチは守備の面でやることが決まっているので、うまくしのぐことができた。こういうゲームで負けずに、さらには勝てたことが大きい。これで4連勝ですが、今年のJ2はどこが勝ってもおかしくない。なので、ウチもこれから連敗するかもしれないので、気を抜けない。甘い考えを持たず、毎試合毎試合、勝つことだけを考えてやりたい。古巣の水戸相手でしたが、かつて一緒にやれた選手とやれることは楽しみでした。やっぱり思い入れのあるチームですよね。でも、試合をやる上ではJ2の中の一つのチームとしてしか意識はしませんでした」

|

« 第19節:福岡 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | コロンビア戦前日 オシム監督会見2007年06月04日 »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19節:水戸0-1鳥栖、いろんなコメント:

« 第19節:福岡 2-1 徳島、いろんなコメント | トップページ | コロンビア戦前日 オシム監督会見2007年06月04日 »