« アビスパ 1-2 札幌、いろんなコメント | トップページ | モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 »

2007年5月31日 (木)

モンテネグロ戦、前日練習後のオシム監督(日本代表)コメント

●オシム監督(日本代表)
「私の仕事はおしゃべりではない。トレーニングをすることだ。質問があればみなさんからしてください」
Q:交代枠も多いし、たくさんいる選手を使ってプレーするのか、メンバーを固定して戦うのか? どちらの考えを持っているのか?
「選手交代できる余裕のある試合になるといいが、始まってみないと分からない。理想は先発で出場した選手が90分戦うこと。もし交代が必要なら代えるかもしれない。ゲームの進め方で必要な交代はいいが、サポーターのためやテレビ映り、マスコミ対策の交代はげームを壊しかねない。世界中の監督の中にはこういう親善試合で交代枠を全部使って戦う人もいる。ゲームの流れが悪い時、試合そのもののリズムを壊すために全員一度に代えることもある。それはリードしていて途中から流れが悪くなった時、よくやる手段だ。私の場合はなるべく代えずに先発する人がずっと戦うのがいいと思う。
特に今回は初めて呼んだ選手にチャンスを与えてプレーしてもらういい機会だし、こちらも観察するためのチャンスだ。これまで呼んでいてサッカースタイルが分かっている人は出場しない可能性もある。これまでの日本代表に出続けている選手は、Jリーグの日程も立て込み疲れているので、必ずしも出場させない可能性がある。サッカー界の普通の考えなら、まだ少ししか出ていない人にチャンスを与えるのだろう。が、サッカー界の常識もさまざま。いい試合をするために、その時点でのいい選手を出さないといけないというところに、監督は追い込まれる。コンディションが悪かったり、ケガをしている選手も出さなければいけない。そういう声もよく聞かれる」
Q:稲本(フランクフルト)と中田(バーゼル)は練習をフルにこなしているが、試合で使えそうか?
「先ほど、間接的に申し上げたつもりだ。私の知る限りだと、キリンカップは1試合ではなく2試合ある。明日出すとか出さないとか言って、自分の手を縛るつもりはない」
Q:モンテネグロはFIFAに正式加盟した最初のゲームで、全力でぶつかってくるだろうが、どう戦うのか?
「すぐ後ろの列にモンテネグロのジャーナリストがいる。直接、彼らにお聞きになった方がいいかもしれない。もちろん彼らのモチベーションは高い。そういう質問もしてくるということは片方が新鮮でモチベーションが高く、もう一方はモチベーションが高くないといいたいのですか? そういうことを前提に質問しているのなら、日本代表に問題があるかもしれない。日本の選手もモンテネグロと同じモチベーションで戦うでしょう。日本代表も日本の代表としてプレーするはずだ。モチベーションというのは何パーセントと数字では計れない。数字で計れないほどのスーパーモチベーションということもある。逆にモチベーションが高いけれど、責任感やミスを恐れる気持ちが強すぎてモチベーションを生かせない人もいる。試合中はモチベーションを発揮できないことも起こりえる。一言でモチベーションと言っても複雑だ。しかもモチベーションはつねに永久に続くものではなく消費されるものだ。選手によって、どの試合、どのチームにモチベーションを強く持つかという違いはある。海外から来た人はどうか。日本には彼らより高いモチベーションを持った人はいないのでしょうか? そこで大事になるのが『リ・モチベーション』だ。これは一度下がったモチベーションをもう一度上げるという意味で使うのだが、それをわさわざここで言うことはないでしょう」
Q:モンテネグロをどう評価しているのか?
「対戦が決まる前なら冗談で言えたが、今はそうではない。まずあなた(モンテネグロ人記者)が自分たちのチームを紹介して、それから私に質問した方がいい。私は1試合ビデオを見ただけ。ビデオは参考にはならなかったから教えてほしい。特にあの試合に出ていなかった若い選手のことを。モンテネグロは独立したばかりで、自分たちの存在を世界に知らしめたいだろう。サッカーの代表チームが最高の見本となるのはよく知っている。もちろん多くの選手が欧州の一流クラブでプレーすることも知っている。ただし若い選手がどういうタレントなのか。チャンピオンズリーグや国際試合に出ていればもっと知るチャンスがあるのだが、まずは紹介してほしい」
Q:我々モンテネグロはまだ1試合しかやっていなくて、7回の練習しかしていない。そういうチームが日本と互角に戦えるのか?
「そういう旧ユーゴスラビア風の質問はやめてほしい。7回しか練習していないけど、こちらの方が強いとはっきり言ったらどうですか。特に伝統のあるチームに勝つことは簡単ではないと知っています」
Q:あなたは旧ユーゴスラビアの監督だったが、そのことをどう思っているか?
「私は生き残った。それだけです」
Q:明日はテレビの生中継があるが、日本の選手の発音を練習したいので、スタメンを教えてほしい。
「まずモンテネグロのスタメンを教えてほしい。全員のリストがあるから、それで練習したらどうか。誰をスタメンにするかはコンディションによって考える。例えば稲本(フランクフルト)は昨日到着した。ブンデスリーガ移籍が決まっておめでとうと言いたいが、コンディションのことは別だ。対戦相手の情報もない。何度もビデオを見たが、相手の出方にどう対応するか考えないといけない。
そして得点力をどうするかも悩みどころ。世界中のビッグクラブでもゴールするのはロナウド、シェフチェンコ、ドログバだ。モンテネグロのリストを見てすぐに気づくのは背が高いこと。190cm以上の選手がたくさんいる。だからこちらの条件も高さへの対応に絞られる。これ以上、ディテールに入り込めませんが」

|

« アビスパ 1-2 札幌、いろんなコメント | トップページ | モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 »

オシム関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モンテネグロ戦、前日練習後のオシム監督(日本代表)コメント:

« アビスパ 1-2 札幌、いろんなコメント | トップページ | モンテネグロ戦後 オシム監督会見2007年06月01日 »