« J2:第12節、徳島0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 第13節:山形 2-1 鳥栖、いろんなコメント »

2007年4月29日 (日)

J2:第12節:鳥栖 vs 東京V、コメント

ハーフタイムコメント 
●岸野靖之監督(鳥栖):
・ロングボールとディエゴ・フッキのワンツーに気をつけよう。

●ラモス瑠偉監督(東京V):
・自分たちのミスでやられた。下向かず最後まで自信を持ってプレーしよう。
・中盤でしっかりパスをつないで攻撃を組み立てよう。

●岸野靖之監督(鳥栖):
「(安堵の表情を浮かべて)何から話せばいいやら・・・。とにかく、選手が『勝つ』ということをプレーで表現してくれた試合だった。それが結果に出て非常に嬉しい。昨日、一昨日と短い時間練習時間だったが、身体の疲れを取りつつ頭を使いながら、結果に結びつけくれた。
しかし、まだ3つしか勝っていない。勝ち越しゴールを今日の試合では入れてくれたが、今までは先制しても同点にされ、逆転される試合ばかりだった。やはり失点せずに終われる試合をしないといけない。次の試合がすぐにあるので、今日の勝利に調子に乗ることなく次に備えたい」
Q:この試合で、選手が勝ちたい気持ちを出すことができ、勝利できた要因は?
「一昨日、選手たちだけで京都戦のVTRを見ながら話し合った。今までは、こちらから説明したりしていたが、自分たちだけで考えて修正できるところを確認しあったことがチーム力につながったと思う」
Q:今までの守備の仕方と違ったようだが、その意図は?
「私は『出来るだけ前から行け!』と話してはいるが、90分間を通してできるわけではない。どのタイミングで行くのか、どこから行くのかを選手たちが自ら判断してプレーした結果。最後までそれが解けることなく、曖昧になることが少なかった」

●ラモス瑠偉監督(東京V):
「そうですね・・・。この悔しさをどう伝えればいいでしょう。
前半の内容は、鳥栖がワンチャンスを決めたもの。後半は、永井と飯尾を入れて流れを変えた。その結果1点を入れたが、勝ちたいというより負けたくないという気持ちが強くなって、20分過ぎから自分たちのサッカーができなくなった。選手の気持ちは分かるが、もう少し冷静になってどう対応するかを選手たちがみんな同じ考えて戦えれば結果は違っていた。4月1日の山形戦以来勝利していないが、次の自分たちの庭である国立競技場で流れを変えることができると信じているし、そのために手を打つ。国立競技場の神様がついていてくれるので、次は必ず勝つと信じている」
Q:菅原を左サイドDFに起用して、守備的な布陣を引いていたが・・・
「まず勝つためには失点を抑えることからしないといけない。前半はあの1点以外は、狙い通りの守備ができていた。後半に入って、もっと鳥栖の選手を走らせるようなプレーを行えば、疲れて足が止まっていたと思う。負けているときは守備から入らないといけない。試合のテーマは『点を取らせない』だったので、守りから入った」
Q:カウンターで点を取られることが多いが・・・
「1点目は誰のせいでもない。同点になって、攻めたい気持ちと守りたい気持ちが半分ずつになってそこをやられてしまった。2点目はカウンターからやられたかもしれないが・・・。木曜日までに修正する」
Q:次節、フッキとディエゴが出場停止となるが。
「平本の足の状態がわからないので、紅白戦をやって中盤とFWを決める。今のところは誰を使うか分からない。彼らの代わりに入る選手が、結果を出したいと考えているだろう。守るが、仕掛けることができる選手も連れて行く」

●日高拓磨選手(鳥栖):
「試合が終わって泣きそうになるくらい嬉しかった。東京Vの攻撃を防ぐことができて自信になった。でも、まだ修正しないといけないところがあるが、昨季とは違う自分を見せることができると思う」

●飯尾和也選手(鳥栖):
「自分たちで話し合って、プレッシャーをかけるところと引き気味になるところをコントロールできた。フッキは、バランスを見ながら挟むところと遅らせるところを使い分けた。でも、失点したところは集中力を切らしたところなので、反省しないといけない」

●吉田恵選手(鳥栖):
「チーム全員で、守備の意識のところを話した。その内容ができていた。DFは最後のところで狙ってボールを奪えたのでよかった。今日の状態を次に続けないといけない」

●山城純也選手(鳥栖):
「やれることはやりつくした。みんながやることをやれれば、結果はついてくる。今日の試合を続けないといけない」

●柴小屋雄一選手(鳥栖):
「前半の入りはきつかった。船越さん(東京V)に競り負けるところもあったが、フッキは縦に行かせずに数人で抑えることができた」

●藤田祥史選手(鳥栖):
「高地さんが良く出してくれた。あのシーンは冷静にシュートが打てた。勝ててよかった」

●廣瀬浩二選手(鳥栖):
「自分の持ち味を出せたと思う。初心に帰った気持ちでプレーできた。(決勝点は)あのコースを狙って蹴った。土屋さん(東京V)が、絶対にスライディングに来ると思ってフェイントをかけた。あのシーンは、ムッチャ冷静やったんですわ。(笑)」

●村主博正選手(鳥栖):
「守備に関しては、上手くいった。行く時と引く時とを後ろから声を出し合ってタイミングを取ることができた。でも、後半の入り方が悪かった。そこは大いに反省」

●永井秀樹選手(東京V):
「(取り囲んだサポータに対して)自分たちが『どうのこうの』と言うことではなく、チーム全体で一生懸命やるだけ。次は必ず勝つ。相手に負けない強い気持ちを持っていくしかない」

●服部年宏選手(東京V):
「今よりも絶対に強くなれる。結果は偶然じゃなくて必然のこと。でも、最後まで監督や選手同士を信じて戦っていくしかない。
自分のサッカー人生の中で、ここまで結果が伴わなかったのは初めて。サポータの人には悪いが、勉強になっているのも事実」

|

« J2:第12節、徳島0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 第13節:山形 2-1 鳥栖、いろんなコメント »

サガン鳥栖2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2:第12節:鳥栖 vs 東京V、コメント:

« J2:第12節、徳島0-1 アビスパ、いろんなコメント | トップページ | 第13節:山形 2-1 鳥栖、いろんなコメント »