« アビスパ福岡 2-2 C大阪、いろんなコメント | トップページ | J2:第12節:鳥栖 vs 東京V、コメント »

2007年4月29日 (日)

J2:第12節、徳島0-1 アビスパ、いろんなコメント

主審:早川一行、3941人

FW  リンコン
 兄    アレックス  田中
     布部   久藤
久永 亨    川島     弟
GK 神山

控え:六反、長野、本田、宮崎、林

ハーフタイムコメント
●今井雅隆監督(徳島):
・前半途中でボールがつなげなくなったのでしっかり修正していこう。
・最後まで集中してやろう。

●リトバルスキー監督(福岡):
・得点は80分でもよいので、まずは無失点でいくことを考えて。
・自陣ゴール付近でのFKを与えないように十分注意して。
・DFラインからの斜め方向へのパスは危険だから、中盤以上で有効に使うこと。 

●今井雅隆監督(徳島):
選手は90分通して高い集中力を保ち、なおかつハードワークをしてくれました。最後はちょっとした部分を福岡との力の差でやられましたがそれは理解していることですし、今後もこれまでと同じようにチーム強化を進めていきたいです。とにかく、選手はよくやってくれました」
Q:思っていた通りのゲームプランを進められたか?
「概ねそうでした。今日は先制点を取りたかったです。ビッグチャンスがありましたが、それを逃して0-0となりましたがその展開に違和感はありませんでした。最期はセットプレーが分かれ道だろうというのも予想の範囲内でした。経験の差、高さの差、スキルの差ということもありますが、集中力は高く保って戦ってくれたと思います」
Q:古巣との対戦だったが、何か思い入れは?
「質問の期待にはお応えできませんが、特にはありません。数名の知っている方とは話をしましたが、まぁこういう職業ですので」

●リトバルスキー監督(福岡):
「今日のチームはかなりのハードワークと、質の高いサッカーをしてくれました。ボールを回しながら進めましたが、得点にはいたりませんでした。ハーフタイムには選手に根気強くプレーすることを求めました。特に相手が完全に下がっている場合はなかなか点が入らないので、80分に入ればいいんだと言いました。最後まであきらめずに続けた結果実現できてうれしく思います。最後にもう一度だけ言いますが、この気候の中で選手は最後までハードに動き、フィジカル面の強さを見せてくれたと思います」
Q:リンコン選手について、今日の評価を聞かせてください。
「リンコンはセレッソ戦からいいパフォーマンスを見せており、特にコンビネーションで崩すプレーができます。相手の河野選手に対しては足元が強くないと見ており、そこで仕掛けていきました。プレーはよかったと思います」
Q:徳島守備陣の印象は?
「ペナルティーエリア周辺では人数をかけて守るのでなかなか点を取れません。特に前半は羽地選手のみ前に張っており、その他の選手は下がって守るというカタチでしたので突破しにくかったです」
Q:点が入らない時、ややもすれば蹴りあいになりがちだが、最後までつないで攻めたのは自信の表れか?
「今日は選手が思っているように戦ってくれたと思います。うれしかったです。徳島を崩すにはつなぐサッカーが有効だと信じていたので、最後までよく我慢してくれました」

●島津虎史選手(徳島):
「連戦で疲れもピークだったがそれは相手も同じこと。勝ちたいという気持ちで上回って試合に入るようにしました。後半キープされる時間帯が長くなりましたが、我慢して戦うことができました。失点場面のCKは一度は防ぎましたが、セカンドボールに詰められてしまいました。自分自身もいいセーブができましたし、チームとしても一丸となって戦えたと思います」

●河野淳吾選手(徳島):
「最後のリンコンには翔吾(西河選手)と僕の両方を上手くはずされてしまいました。失点はしましたが、最後まで集中力は切れずにプレーできたと思います。この内容をベースに次につなげていきたいです。攻撃面では距離のあるシュートが多いので、崩してバイタルエリアに入ってからシュートしたいです。全員の意識で守備は安定してきたので、攻撃面でもレベルを上げていきたいです」

●小山拓土選手(徳島):
「ゼロ封できたので守備面はよかったと思います。ただ、チャンスもあったのでそれは決めたかったです。我慢できていたし、最低でも勝ち点を取りたかったです」

●丹羽大輝選手(徳島):
「決定力の差が出てしまったと思います。後半の終盤には足が止まってしまったが、守備ではブロックを作ってうまく守れていたし、マークの受け渡しもスムーズでした。結果が出ないのが残念ですが、このままやり続けていかないと」

●羽地登志晃選手(徳島):
「チームがやろうとしていることはある程度出来たと思います。勝った後の試合では立ち上がりが大切だったのでその点は注意しました。シンプルにシュートへ結びつけるというカタチもあったと思います。ただ、少しのところで相手との差を感じました。(セレッソ時代共にプレーした)布部選手や久藤選手はやはりいい選手だと思います。動きの量もそうですが、経験が豊かでゲームをコントロールされました」

●リンコン選手(福岡):
「みんなが執念を貫いて、意識してチーム全体がつないでくれた。僕が好調なのは、チーム全体の連携や努力を惜しまないからだ。いい得点、いい勝ち点を取れてよかった」

●久藤清一選手(福岡):
「前半のヘディングが入っていれば違った展開になったと思います。でもまぁ最後に取れてよかったです。相手は完全に引いていたので簡単なミスをしないように気を付けました。きっとチャンスは来ると信じていました。これからはこういう引いた相手も出てくるし、それをクリアして勝てたのは大きいです。そして何より、最後までパスをつなげていたのでそれもよかったです」

|

« アビスパ福岡 2-2 C大阪、いろんなコメント | トップページ | J2:第12節:鳥栖 vs 東京V、コメント »

アビスパ福岡2007関連コメント」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J2:第12節、徳島0-1 アビスパ、いろんなコメント:

« アビスパ福岡 2-2 C大阪、いろんなコメント | トップページ | J2:第12節:鳥栖 vs 東京V、コメント »